【耳鳴りを止めたい!】頭の中に響く耳鳴りが改善した「耳ツボ」の温め刺激

【耳鳴りを止めたい!】頭の中に響く耳鳴りが改善した「耳ツボ」の温め刺激

顔は常に外気にさらされているのに、どんなに寒い所にいても、最後まで凍傷にかかりません。なぜなら、顔は陽気(陽の生命エネルギー)が現れるところだからです。東洋医学には、陰陽という相反する概念があります。これを簡単にいうと、陽は熱くて活動的な状態で、陰は冷たくて静的な状態です。【解説】内田輝和(鍼メディカルうちだ院長)


耳をもんで温かくならなければ要注意

 顔は常に外気にさらされているのに、どんなに寒い所にいても、最後まで凍傷にかかりません。なぜなら、顔は陽気(陽の生命エネルギー)が現れるところだからです。

 東洋医学には、陰陽という相反する概念があります。これを簡単にいうと、陽は熱くて活動的な状態で、陰は冷たくて静的な状態です。
 体内では、陰陽二つの気が、バランスを取りながら流転しています。流転が滞って陽気や陰気が不足すると、体に不調が生じると考えられています。
 顔は陽の経絡(生命エネルギーの通り道)がたくさん通っており、陽のエネルギーに守られています。ですから、もし顔色が悪いときは、陽気が不足して内臓のどこかに異常がある印です。

 この、顔の陽気を微調整しているのが耳です。健康な人は耳をもむとピンク色に変わり、ポカポカしてきます。これは、そこに陽の気が十分あることを示しています。耳は顔の一部ですから、耳をよくもめば、顔の陽気も増えてくるわけです。
 一方、耳をいくらもんでも温かくならない人は、腎気(腎の生命エネルギー)が不足していると私たちは解釈しています。

 東洋医学では、耳は腎とつながっており、腎気が不足すると耳鳴りや難聴といった耳の症状が現れます。
 ちなみに腎とは、解剖学的にいえば腎臓のことですが、東洋医学の概念ではそれだけにとどまりません。
 腎は「先天の気(生まれながらの生命力)」が宿るところとされ、人間の成長や発育、生殖能力、水分代謝などに深くかかわっています。腎気は、人間が健康に生きる上で、非常に重要なエネルギーなのです。

「耳をよくもんで」と内田先生

耳がピンク色になるまでよくもむ

 このように耳鳴りや難聴は腎の低下に起因していますが、実際に強いストレスのあるときや疲れているときに、耳鳴りはよく起こります。体力が弱っているときは腎気も不足しているときですから、耳鳴りが起こりやすいのです。

 そういうときは、耳全体をよくもんで腎気を高めてください。その上で、耳鳴り・難聴のツボをもみほぐします。
①聴宮 耳の穴の前に、耳珠という三角形の突起があります。その前に、口を開けるとへこむところがあります。そのへこんだところが聴宮です。そこに人さし指の腹を当て、円を描くようによくもみます。口を開けてもむと、刺激がより深く入って効果が高まります。
②翳風 耳たぶの後ろの、骨がくぼんでいるところにあるツボです。くぼみに親指の腹を当て、軽く圧をかけながらもみます。

 耳鳴りや難聴のある人は、症状が片側だけに出ていても、左右両方のツボをもみます。耳がピンク色になるまで、2〜3分もんでください。1日に何度ももむといいでしょう。
 初期の耳鳴りや難聴なら、1週間くらい続けると改善していきます。私の経験では、高音の耳鳴りより、ブーンというような低い音の耳鳴りによく効くようです。

 ひどい耳鳴りや、進行した難聴は、耳もみだけではなかなか改善しません。しかし、次のように、重度の耳鳴りが改善したケースもありますから、あきらめないでください。

 Fさん(30代・女性)は育児の疲れが重なって、激しい耳鳴りに悩まされていました。頭がガンガンするような耳鳴りで、ノイローゼのような状態になってしまい、子育てもできなくなってしまいました。
 そこで、この耳もみをやってもらいました。もともと冷え症で、腎が弱かったFさんですが、一生懸命続けた効果が出て、体調のよいときはほとんど耳鳴りが気にならなくなったそうです。
 これで耳鳴りが完治したわけではありませんが、子育てにも支障がなくなり、気持ちが安定したと喜んでいました。

 耳鳴りはストレスや体の疲れも関係しているので、疲れをためず、気持ちをリラックスさせることも大事です。
 腎気を養うには、耳をもむだけでなく、普段から耳をよく触ってください。耳を引っ張ったりこすったりしていると、耳が温まり血行がよくなって、腎気が増してきます。

 また、寒いときは耳当てなどをして耳を温めるだけでも、効果があります。お風呂に入ったとき
は、耳をきれいに洗うといいでしょう。耳の刺激になりますし、気分もよくなります。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【突発性難聴】耳鳴りと音割れの症状が「耳こすり」で改善!あご痛も軽減した

【突発性難聴】耳鳴りと音割れの症状が「耳こすり」で改善!あご痛も軽減した

2年前の冬の朝、テレビの音が聞こえないことで、左耳の不調に気づきました。 検査の結果、突発性難聴で「症状は重め」と診断されました。ステロイド剤の点滴などで、低い音域は聞こえるようになりましたが、高い音域は戻らなかったのです。そうこうするうちに、耳鳴りが始まりました。【体験談】佐藤沙織(仮名・会社員・32歳) 


【やり方】回転性のめまいやザーっという砂嵐のような耳鳴りの症状が「わきもみ」で改善

【やり方】回転性のめまいやザーっという砂嵐のような耳鳴りの症状が「わきもみ」で改善

耳鳴りのある患者さんは、ほぼ例外なく、首や肩にコリがあります。そういう患者さんに私が必ず行う施術が、わきもみです。わきをもみほぐすと、軽い耳鳴りなら2ヵ月、重症でも1年くらいで改善しています。【解説】坂本実穂(坂本均整施術所所長・姿勢保健均整師・鍼灸師)


【耳鳴り・難聴を改善】ブーンという低音ならこのツボ刺激が有効!「耳こすり」のやり方

【耳鳴り・難聴を改善】ブーンという低音ならこのツボ刺激が有効!「耳こすり」のやり方

「ジー」「ブーン」といったボイラー音のような低い音の場合は東洋医学でいう「腎」の弱りが考えられます。「ピー」「キーン」という高音の耳鳴りなら肝臓の機能の低下、「ザァー」「サァー」といった風のような音は胃腸の機能低下が関わっていると考えられます。【解説】藤井清史(呑気堂Fujii鍼灸治療院・Tomo整骨院総院長)


【1日1分】「ジー」「ブーン」低音の耳鳴りを改善する「耳こすり」のやり方

【1日1分】「ジー」「ブーン」低音の耳鳴りを改善する「耳こすり」のやり方

あなたの耳鳴りは、どんな音でしょうか?「ジー」とか「ブーン」といったボイラー音のような低い音の場合は、東洋医学でいうところの「腎」の弱りが考えられます。内臓の中でも特に「腎」の弱りからくる耳鳴りに著効のセルフケア「耳こすり」をご紹介しましょう。【解説】藤井清史(呑気堂Fujii鍼灸治療院・Tomo整骨院総院長)


【男性更年期障害の改善】1日半個のタマネギで男性ホルモン「テストステロン」が増える!ED、うつを撃退

【男性更年期障害の改善】1日半個のタマネギで男性ホルモン「テストステロン」が増える!ED、うつを撃退

更年期障害は、女性にのみ生じるものと考えられてきましたが、近年、男性にも起こることがわかってきました。それが「男性更年期障害」です。男性ホルモン「テストステロン」が減ることで性機能の低下や精力減退だけではなく、さまざま不定愁訴が起こるのです。早い人は、40歳くらいから始まります。【解説】林督元(弘邦医院院長)


最新の投稿


【セラピーキャットとは】認知症や精神疾患の患者さんに変化!「猫」は五感を刺激し心を癒す存在

【セラピーキャットとは】認知症や精神疾患の患者さんに変化!「猫」は五感を刺激し心を癒す存在

私たちにとって、猫は五感を心地よく刺激する存在です。見れば愛らしく、触ってなでれば快く、鳴けば美しい旋律となって、えもいわれぬ刺激となります。それは、病気のあるなしに関係なく、すばらしい経験だといえるでしょう。【解説】小田切敬子(NPO法人アニマルセラピー協会理事長・生物科学博士)


首こり・肩凝り 症状別【チェックリスト】あなたの頚椎症は軽症?重症?

首こり・肩凝り 症状別【チェックリスト】あなたの頚椎症は軽症?重症?

頸椎症スペクトラムの全体像がわかったところで、あなたの首がいま、どんな状態にあるかチェックしてみましょう。チャートの「スタート」から始め、イエスかノーか答えながら進んでください。ゴールは1~5のどれになりましたか。それが、あなたの現在の首の状態の目安です。【解説】竹谷内康修(竹谷内医院カイロプラクティックセンター院長)


【美白・美肌を作る】アンチエイジングには「はと麦酒」がお勧め!その効果は化粧品同等 ダイエット効果も

【美白・美肌を作る】アンチエイジングには「はと麦酒」がお勧め!その効果は化粧品同等 ダイエット効果も

ハトムギは、昔から「肌にいい」といわれ、ヨクイニンという生薬として使われています。そこで、私たちはまず、ハトムギの肌への効果に着目しました。その結果、ハトムギには紫外線ダメージによる肌の乾燥や、シミを防ぐ働きのあることが明らかになったのです。【解説】清水邦義(九州大学農学部研究院森林圏環境資源科学研究分野准教授)


【血管強化食材】動脈硬化を撃退する絶品「ローストピーナッツ」レシピ

【血管強化食材】動脈硬化を撃退する絶品「ローストピーナッツ」レシピ

ピーナッツといえば、「太る」「ニキビができる」など、健康とは縁遠い食材だと思われがち。しかし、最近、その豊富な栄養素が、巷で大きな話題を集めています。便秘が解消して、やせやすくなる、血管も肌も若返ると、まさにピーナッツは優良健康食材なのです。【料理・栄養計算・スタイリング】五十嵐ゆかり(料理研究家・管理栄養士)


血糖値が正常値に下がった!「玉ねぎのオイル漬け」は親子三代に伝わる健康常備食!

血糖値が正常値に下がった!「玉ねぎのオイル漬け」は親子三代に伝わる健康常備食!

タマネギのオイル漬けを口にしているおかげか、我が家は皆、いつも元気に過ごせています。今年はインフルエンザが猛威を振るっていましたが、長男はカゼひとつ引かず、無事に受験を乗り切ることができました。【解説】奥津純子(フードデザイナー・「タラゴンの挿し木」主宰)


ランキング


>>総合人気ランキング