骨盤の中央【仙骨】を温めると、腰痛や肩こり、便秘が大改善!やせ体質に!

骨盤の中央【仙骨】を温めると、腰痛や肩こり、便秘が大改善!やせ体質に!

私の治療院では、体の不調の改善を目的に、仙骨の矯正をしています。仙骨は骨盤の中央にあり、背骨のいちばん下とつながっている二等辺三角形の形をした骨です。一つの大きな骨に見えますが、実は五つの骨で構成されており、それぞれが微妙に動くことで体のバランスを保っています。【解説】青山 正(荻窪接骨院院長)


副交感神経が優位になり血流がよくなる

 私の治療院では、肩こりや腰痛、不眠など、体の不調の改善を目的に、仙骨の矯正をしています。

 仙骨は骨盤の中央にあり、背骨のいちばん下とつながっている二等辺三角形の形をした骨です。一つの大きな骨に見えますが、実は五つの骨で構成されており、それぞれが微妙に動くことで体のバランスを保っています。

 仙骨には八つの穴があり、そこから内臓へつながる骨盤内臓神経や、下肢(足)へつながる座骨神経などが出ています。体の使い方のくせやストレスなどによって仙骨にゆがみが生じると、これらの神経にもなんらかの影響が及ぶと思われます。不調の多くが仙骨のゆがみを矯正することで改善するのは、このためです。

「仙」という文字には、不老不死という意味があります。また、仙骨の英語名sacrumは「神聖な骨」を意味します。私たちの祖先は、仙骨が体の中で担う重要な役割に気付いていたのかもしれません。

 私は体が冷えている患者さんには、仙骨の矯正に加えて仙骨を温めることを勧めています。
 仙骨を温めれば、その内部を通る骨盤内臓神経などの働きがよくなります。骨盤内臓神経は、自律神経(内臓や血管の働きを調整する神経)のうちの副交感神経(心身をリラックスさせる神経)です。副交感神経が優位になれば、血管が拡張し、血液が流れやすくなります。

 また、温めることで仙骨周辺の血流もよくなります。そのため、内臓はもちろん、全身がよく温まるのです。
 人間の体は、36・5〜37℃の体温で最もよく働くようにできています。しかし、現代人の多くは運動不足やストレス、過食などの、体温の低下を招く生活を送っています。運動不足になれば、体内で熱を作り出す筋肉の量が減ります。ストレスは自律神経のバランスを乱しますし、過食も血液の流れを悪くするため、低体温を招きます。

 最近は、若い人でも35〜36℃程度の体温しかない人が少なくありません。特に、一日中パソコンに向かって仕事をしている女性に、低体温が多いように感じます。
 体温が低下すると、免疫力(病気に対する抵抗力)が下がるため、病気にかかりやすくなります。また、基礎代謝(安静時に消費するエネルギー)が低下するため、太りやすく、やせにくい体質になります。下半身のむくみや、便秘、肩こり、腰痛、全身倦怠感なども、低体温の人によく見られる症状です。仙骨を温めれば、こうした症状の多くは改善します。

「仙骨が大事!」と青山先生

お尻の割れ目の上を10〜15分温める

 なかでも腰痛は、すぐに痛みが和らぎます。副交感神経が優位になり、血流がよくなるため、肩こりや便秘、自律神経失調症、不眠、更年期障害なども改善します。また、仙骨は子宮に近い位置にあるため、生理痛などの婦人科系の疾患にもお勧めです。

 仙骨を温めるさいには、まず、42〜45℃程度のお湯を入れた氷のうや小さな湯たんぽを用意します。氷のうなどがない場合は、ビニール袋を3枚重ねて利用するとよいでしょう。
 これを、うつぶせに寝た姿勢で、お尻の割れ目の上に、10〜15分ほど載せて温めます。熱過ぎると感じた場合は、タオルなどを当てて調節してください。1日1回、5日〜1週間ほど続ければ、なんらかの体調の変化を実感できるでしょう。

 仙骨を温めていると、全身にじわじわと熱が伝わるのがわかるはずです。お湯を入れた氷のうの重みも心地よいものです。氷のうなどを用意するのが面倒という人は、はるタイプの使い捨てカイロを利用してもよいでしょう。この場合、一日中、仙骨にカイロを当てていても構いません。ただし、低温ヤケドには注意してください。

 便秘がちな人は、仙骨を温めた後に、同じ氷のうなどでおなかを5〜10分ほど温めるとよいでしょう。

 また、よく歩いて下半身の筋肉を鍛える、食事は体を温める根菜類を多めにし、葉野菜の生食を避ける、冷たい物を取り過ぎない、入浴はシャワーで済まさず、湯船にしっかりとつかって体を温めるなどの、生活習慣の見直しも大事です。

これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに掲載しています。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

これらの記事にある情報は、効能や効果を保証するものではありません。専門家による監修のもと、安全性には十分に配慮していますが、万が一体調に合わないと感じた場合は、すぐに中止してください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


指圧名人が極意を伝授!脊柱管狭窄症の症状を改善する「腰のツボ」刺激

指圧名人が極意を伝授!脊柱管狭窄症の症状を改善する「腰のツボ」刺激

私の治療院にも、脊柱管狭窄症で悩んでいるかたがたくさんいらっしゃいます。そうした皆さんに試して、効果を上げているツボがあります。ここでは、その特効ツボを紹介します。【解説】佐藤一美(日本経絡指圧会会長)


【医師解説】干しブドウ酢の健康効果 お酢との相乗効果で便秘や高血圧が改善

【医師解説】干しブドウ酢の健康効果 お酢との相乗効果で便秘や高血圧が改善

日本では、古くからさまざまな食品の「酢漬け」が作られ、保存の効く健康食として重宝されてきました。そんな流れをくむ新たな酢漬けが、「干しブドウ酢」です。【解説】済陽高穂(西台クリニック理事長)


【血圧を下げる】ポイントは「ふくらはぎを温める」こと 生理痛が緩和され腰痛も改善

【血圧を下げる】ポイントは「ふくらはぎを温める」こと 生理痛が緩和され腰痛も改善

昔からよく「足を冷やすな」といわれますが、あなたはこの「足」がどこを指すか、おわかりになりますか?足の裏、足の指先と考える人が多いかもしれませんが、本当に冷やしてはいけない場所は、「ふくらはぎ」なのです。【解説】関 博和(せき接骨院院長)


【即効】便秘解消すぐに出る!便秘薬が効かない人にお勧め「耳ヨガ」のやり方

【即効】便秘解消すぐに出る!便秘薬が効かない人にお勧め「耳ヨガ」のやり方

私のヨガ教室では、ヨガ中でも、トイレは我慢せずに行っていいですよとお伝えしています。ヨガをすると詰まりが解消されることが多いからです。私が必ずメニューに取り入れているのが耳ヨガです。便秘解消の効果も高いので是非役立ててください。【解説】薄 久美子(ハーモニースペースdeヨガ主宰・ビジョンヨガインストラクター)


【医師解説】生理痛や頭痛、腰痛も解消!骨盤内の臓器を温める「腹巻き一体型パンツ」

【医師解説】生理痛や頭痛、腰痛も解消!骨盤内の臓器を温める「腹巻き一体型パンツ」

「おなかがパンパンに張ってつらい」と来院された患者さんに、漢方薬を処方するとともにあるものをお勧めしました。すると、予想どおり腸の動きが改善し、おなかの張りが、ほどなく解消したのです。このとき私がお勧めしたものが、「腹巻き一体型パンツ」です。【解説】上田ゆき子(日本大学医学部附属板橋病院東洋医学科外来医長)


最新の投稿


【精神治療の現場より】ウォーキングは心の健康に効果有り ― うつ・不安障害・統合失調症の改善例

【精神治療の現場より】ウォーキングは心の健康に効果有り ― うつ・不安障害・統合失調症の改善例

ウォーキングには、特別な器具や場所が必要ありません。患者さんにも安心して勧められます。いつからでも簡単に始められますし、家にこもりがちな人には屋外に出るよい機会になります。【解説】大西 守(精神科医)


【足の爪の切り方】正しく切れば、冷えやむくみが解消 巻き爪も改善する

【足の爪の切り方】正しく切れば、冷えやむくみが解消 巻き爪も改善する

足の爪を切るとき、ほとんどの人は「短くすればいい」「形よく整えればいい」と考え、自己流で爪切りをしていると思います。しかし、爪切りは正しく行うと、巻き爪や角質など指先のトラブルが緩和されるだけでなく、全身の血の巡りが劇的に改善し、全身の健康にさまざまな効果をもたらします。【解説】室谷良子(日本フットケア協会師範)


【医師解説】野菜スープは強力な「解毒スープ」 放射能の健康被害も防ぐことができる

【医師解説】野菜スープは強力な「解毒スープ」 放射能の健康被害も防ぐことができる

私たちが日々食べる食品に、残留農薬、食品添加物、合成保存料、化学物質などが入っていないかどうかはとても気になるところです。理由は、それらが発がん物質になるからです。【解説】髙橋 弘(麻布医院院長・医学博士 ハーバード大学医学部元准教授)


【野菜スープ】食事制限なし!メタボや糖尿病をストレスなく解消できると医師が解説

【野菜スープ】食事制限なし!メタボや糖尿病をストレスなく解消できると医師が解説

私は、患者さんには厳しく制限をするよりも、ファイトケミカルたっぷりの野菜スープ(ファイトケミカルスープ)を生活の中に取り入れることによって、自然な形で食事の改善ができるように指導しています。【解説】髙橋 弘(麻布医院院長・医学博士 ハーバード大学医学部元准教授)


指圧名人が極意を伝授!脊柱管狭窄症の症状を改善する「腰のツボ」刺激

指圧名人が極意を伝授!脊柱管狭窄症の症状を改善する「腰のツボ」刺激

私の治療院にも、脊柱管狭窄症で悩んでいるかたがたくさんいらっしゃいます。そうした皆さんに試して、効果を上げているツボがあります。ここでは、その特効ツボを紹介します。【解説】佐藤一美(日本経絡指圧会会長)


ランキング


>>総合人気ランキング