【女性医療】即効!尿トラブルには「ダブルカイロ」―更年期症状にも効く

【女性医療】即効!尿トラブルには「ダブルカイロ」―更年期症状にも効く

昔から、「冷えは女性の大敵」などといわれます。実は、中高年の女性に多い頻尿や尿もれなどの尿トラブルは、寒い時期に悪化しがちです。私のクリニックでは、尿トラブルの治療は骨盤底筋トレーニングと腹式呼吸が基本です。【解説】関口由紀(女性医療クリニック LUNAグループ理事長・医学博士)


ダブルカイロを勧める関口先生

切迫性尿失禁はその場で改善

 昔から、「冷えは女性の大敵」などといわれます。実は、中高年の女性に多い頻尿や尿もれなどの尿トラブルは、寒い時期に悪化しがちです。

 私のクリニックでは、尿トラブルの治療は骨盤底筋トレーニングと腹式呼吸が基本です。
 骨盤の底では、骨盤底筋群と呼ばれるハンモック状の筋肉や靭帯などが、膀胱や子宮などを支えています。尿トラブルの大きな原因の一つは、この骨盤底筋群の衰えです。

 骨盤底筋トレーニングは、骨盤底筋群を動かし、鍛えるトレーニング法です。具体的にはイスに腰掛けた状態で、肛門と膣を収縮させて、骨盤底筋をしっかり締めます。その状態で下腹部を緊張させたまま、息を吐きながら、締めた骨盤底筋をギュッと持ち上げます。

 患者さんの状態にもよりますが、骨盤底筋トレーニングを続けて3ヵ月ほどで、尿もれの7割は改善されます。
 ほかにも、過活動膀胱などによる頻尿の治療では、抗ムスカリン薬などの薬を用いることもあります。こちらも7割程度は改善されます。

 このような治療の効果がなかなか出ない人は、尿トラブルだけでなく、強い冷えを訴えている例が少なくありません。詳しい理由はわかりませんが、冷えと尿トラブルは深いかかわりがあるようです。実際に、冷えを漢方薬や使い捨てカイロ、腹巻きなどで解消すると、尿トラブルの多くが改善するのです。
 なかには、使い捨てカイロで骨盤内部を温めただけで、尿トラブルが改善した例もあります。カイロによる温めは、すぐに効果が表れるのが特徴です。
 特に、トイレに行く途中で間に合わずに尿がもれてしまう切迫性尿失禁は、温めるとその場で改善します。

骨盤内部を温めたら第2子を妊娠した!

 寒い時期には、生理痛を含む下腹部痛も悪化しがちです。こちらも使い捨てカイロなどで骨盤内部を温めると、すぐに痛みが消えます。更年期の女性の中には、顔や上半身はのぼせたりほてったりするのに、下半身は冷えているという人が少なくありません。このような更年期ののぼせにも、有効です。

 ほかにも、私のクリニックでは不妊に悩む人にも、骨盤内部を温めるように勧めています。温めることで、子宮などの働きを高めるのが目的です。
 実は私自身も第1子出産後、2人目をなかなか授からずにいました。当時は、おなかが痛むほど強い冷えを感じていたのです。そこで、骨盤内部を温めてみると、第2子を無事に妊娠・出産することができました。

 では、骨盤内部を効果的に温める使い捨てカイロの使い方をご紹介しましょう。私は、下腹部とお尻の割れ目の上の2ヵ所にカイロをはる、「ダブルカイロ」を勧めています。

 おへそから指4本分下がった位置に、関元というツボがあります。関元は、生命エネルギーを補充できるツボとして知られています。さらに、関元より指1本分下がった位置には中極というツボがあります。中極は排尿痛や下腹部痛に有効なツボです。下腹部は、この二つのツボの上に使い捨てカイロを当てます。
 もう1ヵ所は、お尻の割れ目の上です。お尻の割れ目の上にある骨の先端には中髎、中髎から指2本分上がった位置には次髎というツボがあります。これらは、いずれも尿トラブルに有効なツボとして知られています。

 低温ヤケドを避けるため、使い捨てカイロは肌に直接当たらないようにしてください。また、糖尿病や脊椎損傷などの知覚障害の出る可能性がある人は主治医に相談しましょう。低温ヤケドにさえ気を付ければ、一日中、カイロを当てっ放しでいても構いません。
 使い捨てカイロを二つも用意するのが面倒という人は、どちらか一方を温めるだけでもよいでしょう。冷えを強く感じる人は、体を冷やす作用のあるコーヒーや緑茶、果物、アルコールなども控えてみてください。

 頻尿や下腹部痛に関しては、ダブルカイロをしてすぐに変化を実感できるでしょう。3ヵ月ほど続ければ、より大きな変化を実感できるはずです。
 この冬をトラブル知らずで元気に過ごしたい人は、ぜひダブルカイロをお試しください。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【EDを改善したい】女性の性力アップにも効果!感じる力を高める「ふくらはぎマッサージ」を性セラピストが指南

【EDを改善したい】女性の性力アップにも効果!感じる力を高める「ふくらはぎマッサージ」を性セラピストが指南

ふくらはぎマッサージにより、停滞している二酸化炭素や老廃物を含んだ血液は、心臓に戻ります。そして、酸素をたくさん含んだ血液が、全身の隅々まで行き渡ります。その結果、新鮮な血液がペニスにドッと流れ込んで勃起を促し、EDを改善するのです。【解説】回氣堂玄斎(性セラピスト・鍼灸師)


【不妊】卵巣機能が向上して卵子の数が増えた!「骨盤ゆらゆら」で肩こり・首こりも軽快

【不妊】卵巣機能が向上して卵子の数が増えた!「骨盤ゆらゆら」で肩こり・首こりも軽快

私は3年前から不妊治療を始めましたが、ずっと思わしくない結果が続いたので、1年前に思い切って病院を変えてみました。新たに通い始めたクリニックは、運動療法も行っています。教えてもらったのは、「骨盤ゆらゆら」という運動です。妊活に効果がありそうだなと思いました。【体験談】M・S(仮名・41歳・会社員・埼玉県)


【生理痛が改善】生理痛 "ないのが普通" 不妊症、便秘に効果「子宮を温める体操」

【生理痛が改善】生理痛 "ないのが普通" 不妊症、便秘に効果「子宮を温める体操」

私のクリニックに不妊治療で来院される患者さんの平均年齢は40代前半です。不妊で悩まれている患者さんには1つの共通点があります。それは骨盤内の臓器が冷えて固まっていること。もちろん子宮も含まれます。骨盤内が冷えているということは、血流が悪いということです。【解説】出居貞義(大宮レディスクリニック院長)


【医師考案】不妊や生理不順・生理痛も改善する「さずかり体操」を大公開!

【医師考案】不妊や生理不順・生理痛も改善する「さずかり体操」を大公開!

さずかり体操で足や下半身をケアすることで、子宮、卵巣、膣などの緊張を取り、足から子宮などの骨盤内、そして全身を温めることができます。日常にすぐ取り入れることができ、赤ちゃんを迎える体づくり、また妊娠中の体調管理にもとても活躍してくれるということで好評を得ています。【解説】佐々木綾(AYAウィメンズクリニック院長)


子宮を温める【もぐさの使い方】 デリケートゾーンのかぶれ、痔、便秘が改善した!

子宮を温める【もぐさの使い方】 デリケートゾーンのかぶれ、痔、便秘が改善した!

私の鍼灸院には、不妊や生理痛、生理不順など、女性特有の症状に悩む患者さんが多く訪れます。皆さん、おなかやお尻が、驚くほど冷えています。私は、もぐさライナーなど、体を温める生活習慣のアドバイスをしているわけです。【解説】星野さおり(鍼灸院寿彗代表)


最新の投稿


【ダイエット効果】14kgやせて二段腹解消!「太学功ストレッチ」で冷え症も便秘も改善した

【ダイエット効果】14kgやせて二段腹解消!「太学功ストレッチ」で冷え症も便秘も改善した

「気(一種の生命エネルギー)が不足しているから、エネルギーを得ようとして食べ過ぎてしまうんです」太学功の先生の説明に、私は「なるほど」と大きくうなずいていました。というのも、当時の私は銀行で営業をしており、激務に心身とも疲れ切っていました。【体験談】富谷直子(主婦・40歳)


【名医が解説】カイロプラクティックとは?最も得意とするのは「首の痛み」

【名医が解説】カイロプラクティックとは?最も得意とするのは「首の痛み」

頸椎症は、カイロプラクティックが得意とする症状の一つです。整形外科とカイロプラクティックとの診断法は、共通している部分もありますが、一つ大きな違いがあります。それは、カイロプラクティックでは「触診」を非常に重視することです。【解説】竹谷内康修(竹谷内医院カイロプラクティックセンター院長)


【糖尿病を改善】トマトの「リコピン」でインスリンの効きがよくなる!コレステロールも下がる「ホットトマト」

【糖尿病を改善】トマトの「リコピン」でインスリンの効きがよくなる!コレステロールも下がる「ホットトマト」

私は糖尿病の専門医として、患者さんたちに食事や運動の指導をしています。なかでも食事指導は最も重要です。私のクリニックで柱となるのは1日に摂取する糖質の量を150g以内に抑える糖質制限食です。この食事療法を実践する際に、補助手段として私がお勧めしているのが、トマトです。【解説】泰江慎太郎(銀座泰江内科クリニック院長)


薄皮ごと活用!ピーナッツ簡単自在レシピ(和風・洋風)

薄皮ごと活用!ピーナッツ簡単自在レシピ(和風・洋風)

ピーナッツに含まれる油は、体内の脂肪を減らす手助けをし、薄皮に含まれるポリフェノールは高い抗酸化作用で体の老化を防いでくれます。健康を意識する人にこそ食べてほしい、薬効高い食材です。【料理・栄養計算】検見﨑聡美(管理栄養士・料理研究家)


【鎮痛剤の種類】痛み止めの強さ ロキソニンとカロナールの違い リリカは切り札

【鎮痛剤の種類】痛み止めの強さ ロキソニンとカロナールの違い リリカは切り札

よく使われるようになった鎮痛薬。その一つが「プレガバリン」という薬で、商品名は「リリカ」といいます。中枢神経系に働きかける薬ですが、アセトアミノフェンとは違うメカニズムで痛みを止めます。従来の鎮痛薬に比べると、鎮痛作用の強いのが特徴です。【解説】竹谷内康修(竹谷内医院カイロプラクティックセンター院長)


ランキング


>>総合人気ランキング