【耳にカイロ】全身の血流をアップする「耳の温め方」 脳血栓や高血圧、糖尿病の改善に

【耳にカイロ】全身の血流をアップする「耳の温め方」 脳血栓や高血圧、糖尿病の改善に

私のクリニックでは温熱療法を取り入れています。体が温かくなると自律神経の働きがよくなり、内臓の機能が改善するからです。すると、免疫力が高まって生活習慣病であるガンはもとより、精神疾患、慢性疲労症候群や線維筋痛症などの難病に至るまで治療効果が現れます【解説】班目健夫(青山・まだらめクリニック 自律神経免疫治療研究所院長)


脳の血流がよくなり脳血栓を防ぐ

 私のクリニックでは、さまざまな病気の治療に温熱療法を取り入れています。体が温かくなると、自律神経の働きがよくなり、内臓の機能が改善するからです。すると、免疫力が高まって、生活習慣病であるガンはもとより、精神疾患、慢性疲労症候群(原因不明の強度の疲労が長期間、継続する病気)や線維筋痛症(全身に激しい痛みが生じる原因不明の病気)などの難病に至るまで治療効果が現れます。

 特に冬場は、日常的に体を温めて冷えを解消し、全身の血流をよくすることが大切です。その際、どの部位を温めたらいいのかは、その人の症状によって異なります。ただし、多くの症状に効果が現れやすい部位は、耳です。ですから、耳を温めるのがお勧めです。

 耳には、全身のあらゆるツボが集まっています。さらに、耳には脳神経である迷走神経(運動神経や知覚神経および、自律神経の副交感神経を含む混合神経)が走っています。そのため、耳を温めると迷走神経を介し、気管支や食道、心臓、胃、腸などの、内臓機能の働きが活性化するのです。
 これにより、便秘や下痢、頭痛や胃痛、心臓疾患や呼吸器疾患を予防することができます。さらに、内臓の働きがよくなれば、全身の血行も改善されて、全身に活力がみなぎり、疲れにくい体になります。

 耳を温めることは、うつ病や不眠症などの精神疾患にも、有効です。これらは、脳の血流障害が大きな原因ですが、耳を温めると脳全体の血液循環がよくなり、症状が改善するのです。
 実際、うつ病や不眠症の患者さんの耳を温めると、すぐに効果が現れます。それは、精神科で処方された抗うつ剤よりも、効きめが早いほどです。「気分が落ち着く」「不安感が軽減する」「眠りやすくなる」といった声を多く聞きます。

 また、耳鳴りや難聴、三半規管(内耳にある平衡感覚をつかさどる器官)の障害によるめまいといった、耳にまつわる疾患にも効果が期待できます。これらも、脳の血流がよくなることで改善するのです。
 そのほか、耳を温めて、脳の血流をよくしておくことは、脳血栓や高血圧、糖尿病などの予防や改善にもつながります。

気持ちいいと感じると免疫力が高まる

 ところで、私のクリニックでは、お灸で耳を温めています。耳にお灸をすると、ゆっくりと熱が体に入っていき、悩んでいた症状がびっくりするほど早く改善するのです。しかし、この方法を家庭で行うのは、難しいことでしょう。

 そこで、家庭でも簡単に実行できる耳の温め方を、いくつかご紹介することにしましょう。
 まず、湯たんぽ、またはホットパット(電子レンジで温める温熱器具)を使って温める方法です。耳を中心に顔の側面に当て、じっと温めてください。両耳で5~10分も温めると、全身が温まり、快適になります。熱すぎたり、熱いのを我慢したりすることで、ヤケドしないように、注意してください。

 次に、使い捨てカイロを用いる方法です。カイロで、耳の表側と裏側の両方を温めます。これを両耳で行ってください。時間は、片耳で2~3分当てるのが目安です。こちらもヤケドに注意してください。
 さらに、ドライヤーで温めてもいいでしょう。ドライヤーの温度を弱から中に設定し、耳から10cmくらい離して温風を当てます。耳が「アチチッ」と感じたら終了です。時間にすると、10秒ほどでしょうか。反対側の耳も温めます。

 また、耳をマッサージするのも効果的です。両手で両耳のあちこちを、グニャグニャと折りたたむようにして刺激します。耳が温かくなって、気持ちよく感じるまで続けてください。

 これらの方法のうち、どれをやってもけっこうです。いちばん気持ちいいものを習慣にするといいでしょう。首の血流もよくなり、首のこり、頭痛も楽になるはずです。
 特に、就寝前に温めると、昼間の冷えが取れて眠りやすくなります。翌朝には、顔の血流もよくなって、美肌効果も得られるでしょう。

 冬場は、外出時に耳を冷やさないことも重要です。耳当てや毛糸の帽子をかぶるなどして、防寒に努めましょう。
 体が温まって、「気持ちいい」と感じると、内臓の働きを支配する自律神経のうち、副交感神経が優位になります。すると免疫力が高まるので、ぜひ自分に合った温め方で、しっかりと冷えを撃退してください。

班目健夫
1954年、山形県生まれ。岩手医科大学大学院にて、医学博士号取得。現在、青山・まだらめクリニック自律神経免疫治療研究所院長。著書に『「湯たんぽを使う」と美人になる』(マキノ出版)などがある。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


星野源さんもやせた「キャベツダイエット」のやり方 !糖尿病や高血圧も改善する

星野源さんもやせた「キャベツダイエット」のやり方 !糖尿病や高血圧も改善する

キャベツを食べるだけでも、おなかはかなり満たされます。おかずは今までどおりの量でかまいませんが、ご飯を半分程度にします。それでも、私の経験では「おなかいっぱいで、もう食べられない」というくらいの満腹感が味わえます。キャベツの食物繊維の作用で、次回の食事までの空腹感も感じにくくなります。【解説】寺師義典(寺師医院院長)


【血圧を下げる対策】日本人に多い食塩感受性高血圧とは?「しょうゆスプレー」がお勧め

【血圧を下げる対策】日本人に多い食塩感受性高血圧とは?「しょうゆスプレー」がお勧め

日本の食は全般的にヘルシーですが、一つ大きな難点があります。それは塩分が過剰だということです。減塩することはとても重要ですが、高塩分に慣れた人が塩分を減らそうとしても、物足りなさを感じて難しいものです。そこで、まず簡単にできる減塩の入門として私が提唱しているのが「しょうゆスプレー」です。【解説】日下美穂(日下医院院長)


非アルコール性脂肪肝炎(ナッシュ)が改善!生活習慣病を予防する「ファイトケミカルスープ」とは

非アルコール性脂肪肝炎(ナッシュ)が改善!生活習慣病を予防する「ファイトケミカルスープ」とは

私の治療の理想は、患者さんが薬だけに頼るのではなく、食事など生活習慣の重要性に気づいて見直していただくことです。そうすれば、難しい病気であっても改善する可能性はじゅうぶんにあります。【解説】髙橋弘(麻布医院院長・ハーバード大学医学部元准教授)


【慈恵医大の入院食】食後血糖値を下げる効果 お昼の「麦ごはん」で患者さんの便秘も解消

【慈恵医大の入院食】食後血糖値を下げる効果 お昼の「麦ごはん」で患者さんの便秘も解消

東京慈恵会医科大学附属病院では、入院患者さんへの昼食に、毎日、大麦が3割入ったごはんを出しています。大麦は、ビタミンB群やミネラル類を多く含む栄養豊富な食材です。成分の中でも特筆すべきなのが、食物繊維の多さです。【解説】濱裕宣(東京慈恵会医科大学附属病院 管理栄養士)


【便秘を解消】人気の慈恵医大式「大麦レシピ」で免疫力もアップ!

【便秘を解消】人気の慈恵医大式「大麦レシピ」で免疫力もアップ!

東京慈恵会医科大学附属病院では、入院患者さんへの昼食に、毎日、大麦が3割入ったごはんを出しています。調理が簡単で美味!便秘を解消し免疫力もアップと人気の慈恵医大式「大麦レシピ」をご紹介します。【監修】濱裕宣(東京慈恵会医科大学附属病院・管理栄養士)


最新の投稿


【ブロッコリーの栄養】茹ですぎに注意!便秘解消・シワ対策に効果のある食べ方・使い方

【ブロッコリーの栄養】茹ですぎに注意!便秘解消・シワ対策に効果のある食べ方・使い方

ブロッコリーは、野菜の中でも栄養が飛び抜けて豊富で、多くの健康効果や美容、ダイエットにも効果を期待できる、まさに「野菜の王様」です。体にいい成分の宝庫であるブロッコリーを、積極的に食生活に取り入れない理由はありません。【解説】木村至信(秋山眼科医院耳鼻咽喉科部長、木村至信BANDリーダー)


【肩こり・五十肩を改善】痛みやしびれをすぐに解消する体操「手首振り」

【肩こり・五十肩を改善】痛みやしびれをすぐに解消する体操「手首振り」

手のしびれ、肩こり、五十肩、腱鞘炎、腕や手の疲れとそれによる痛みなど、手・腕・肩のトラブルに悩まされている人は多いものです。わずか1〜2分で簡単にできるバンザイ手首振りは、血液とリンパ(体内の余分な水分や老廃物、毒素などを運び出す体液)の流れを劇的に改善させます。【解説】宮本啓稔(新宿西口治療院院長)


【直腸性便秘】便を出す効果的な方法「考える人のポーズ」 大腸肛門科専門医が実験で確認

【直腸性便秘】便を出す効果的な方法「考える人のポーズ」 大腸肛門科専門医が実験で確認

便秘は①大腸の動きが遅く便がなかなか直腸まで下りてこない②便は直腸まで下りてきているが、うまく排出できない のタイプです。②を「直腸性便秘」と呼びます。便意を感じにくくなる、便が非常に硬くなる、残便感がある、排便時に痛みや違和感があるなどの特徴があります。【解説】高野正太(大腸肛門病センター高野病院肛門科部長)


【生活習慣病を予防】漬けるだけで超簡単「酢ピーナッツ」の作り方

【生活習慣病を予防】漬けるだけで超簡単「酢ピーナッツ」の作り方

ピーナッツと酢を組み合わせた「酢ピーナッツ」は、さまざまな健康効果をいいとこ取りした食品です。カリカリ食感とほどよい酸味が絶妙で、お茶請けやお酒のおつまみなどにぴったり!漬けるだけでできる超簡単な酢ピーナッツを、ぜひ皆さんもお試しください!【料理・栄養計算・スタイリング】五十嵐ゆかり(料理研究家・管理栄養士)


【肝臓病とは】A型肝炎 B型肝炎 C型肝炎の違いは? 急性と慢性の違いは? (子供でも分かる大人の病気)

【肝臓病とは】A型肝炎 B型肝炎 C型肝炎の違いは? 急性と慢性の違いは? (子供でも分かる大人の病気)

肝臓は多数の肝小葉という単位が集まった臓器で、「人体の化学工場」といわれ、胆汁を生成して消化を助けるほか、栄養分の分解や貯蔵、解毒、排泄など、重要な働きをしています。【解説】川嶋朗(東洋医学研究所附属クリニック自然医療部門医師・東京有明医療大学教授)