【上も下も降圧効果】意外「キウイフルーツが血圧を下げる食べ物」と最新研究で判明

【上も下も降圧効果】意外「キウイフルーツが血圧を下げる食べ物」と最新研究で判明

日本でもすっかりおなじみになった、キウイフルーツ。実は、このキウイフルーツに優れた血圧降下効果があることが、最近の研究でわかってきました。最大血圧だけでなく、最小血圧の改善にも有効です。「下が高い」という人は、ぜひ積極的にとってみてはいかがでしょうか。【解説】本橋 登(元明治薬科大学理事・教授・薬学博士)


最大血圧、最小血圧ともに下がった!

 日本でもすっかりおなじみになった、キウイフルーツ。実は、このキウイフルーツに優れた血圧降下効果があることが、最近の研究でわかってきました。
 研究を行ったのは、ノルウェーのオスロ大学病院労働環境医学科、メッセ・スヴェンセン先生です。2011年の米国心臓協会・学術会議で発表された内容を、早速ご紹介しましょう。

 研究では、最大血圧が135〜150ミリ、最小血圧が85〜99ミリのいずれか、あるいは両方を満たす35〜69歳の118人が協力しました。
 この人たちを二つのグループに分け、一つのグループには1日3個のキウイフルーツ、もう一つのグループには、1日1個のリンゴを、それぞれ8週間にわたり食べてもらい、血圧の変化を調べたのです。
 8週間後の最大血圧を調べると、キウイフルーツグループはリンゴグループと比べて、3.6ミリ低くなっていました。キウイフルーツを食べていたグループのほうが、有意に(統計学的に意味のある差で)高血圧の改善が見られたのです。
 また、最小血圧においても、キウイフルーツグループがリンゴグループより1.9ミリ低くなっており、やはり有意差があることがわかっています。

 こうした結果から、スヴェンセン先生は、「1日当たり3個のキウイフルーツを摂取するほうが、1日1個のリンゴを摂取するより血圧降下作用が高い」と結論づけています。

 ではなぜ、キウイフルーツには、このように血圧を下げる効果があるのでしょうか。
 実験を行ったスヴェンセン先生によると、キウイフルーツが血圧を下げる要因の一つとして、ルテインを挙げています。
 黄色い色素ルテインは、カロテノイドの仲間の一つで、抗酸化力が強いことで知られています。その抗酸化作用により、血液中の悪玉コレステロールの生成が抑制され、血液中の余分なコレステロールをへらす効果があります。ルテインのこうした働きによって、血流が改善され血圧が下がったと考えられるのです。
 キウイフルーツには、このルテインが最低でも100g中1.8マイクログラム(1マイクログラムは100万分の1g)含まれています。一方、リンゴに含まれるルテインの量は、1.4マイクログラムにすぎません。つまり、キウイフルーツは、リンゴの1.5倍ものルテインをより多く含んでいることになります。この豊富なルテインが、血圧によい影響を与えた可能性があるでしょう。

αカロテンの量が221%もふえていた

 ただ私は、血圧の改善には、ルテイン以外の成分も関与しているのでは、と考えています。

 カロテノイドには、ルテイン以外にもβカロテン、αカロテン、リコぺンなどがあり、これらの成分もキウイフルーツに含まれています。
 例えば、キウイフルーツに含まれるβカロテンの量は、100g中0.4マイクログラム。これはほかの果物と比べても、かなり高い数値です。ルテインと同様、キウイに含まれるαカロテン、βカロテン、リコぺンといったカロテノイドの仲間にも、優れた抗酸化作用があるので、これらが血圧の改善に役立ったことは間違いないでしょう。

 さらにもう一つ、この研究で注目したい点があります。
 八週間キウイフルーツを食べた後に、血漿(血液の液状成分)中に含まれるαカロテンの量を調べてみると、αカロテンが221%もふえていたのです。また、βカロテンも50%、ルテインも37%増加していることがわかりました。
 ところが、キウイフルーツ自体には、八週間食べ続けたにせよ、これだけの量のαカロテンは含まれていません。そこで、私は次のように考えました。

 αカロテンを含めたカロテノイドは、もちろん、ほかの野菜などにも含まれています。実験期間中、被験者は、これらの野菜などからもカロテノイドを摂取していたはずです。
 そして、キウイフルーツ中に含まれているなんらかの成分が、キウイフルーツ由来を含めた食品中のカロテノイドを、血漿中に保持する役割を果たしているのではないでしょうか。

 一般的には、血圧が1ミリ下がると、心筋梗塞(心臓の血管が詰まって起こる病気)などで死亡するリスクが、2〜3%下がると考えられます。
 血圧が気になるかたは、キウイフルーツを積極的にとってみてはいかがでしょうか。

これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに掲載しています。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

これらの記事にある情報は、効能や効果を保証するものではありません。専門家による監修のもと、安全性には十分に配慮していますが、万が一体調に合わないと感じた場合は、すぐに中止してください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【医師解説】干しブドウ酢の健康効果 お酢との相乗効果で便秘や高血圧が改善

【医師解説】干しブドウ酢の健康効果 お酢との相乗効果で便秘や高血圧が改善

日本では、古くからさまざまな食品の「酢漬け」が作られ、保存の効く健康食として重宝されてきました。そんな流れをくむ新たな酢漬けが、「干しブドウ酢」です。【解説】済陽高穂(西台クリニック理事長)


【血圧を下げる】ポイントは「ふくらはぎを温める」こと 生理痛が緩和され腰痛も改善

【血圧を下げる】ポイントは「ふくらはぎを温める」こと 生理痛が緩和され腰痛も改善

昔からよく「足を冷やすな」といわれますが、あなたはこの「足」がどこを指すか、おわかりになりますか?足の裏、足の指先と考える人が多いかもしれませんが、本当に冷やしてはいけない場所は、「ふくらはぎ」なのです。【解説】関 博和(せき接骨院院長)


【元クリスタルキング】田中昌之さん 心筋梗塞後の順調な生活 秘密は「耳ひっぱり」

【元クリスタルキング】田中昌之さん 心筋梗塞後の順調な生活 秘密は「耳ひっぱり」

もう痛い目にあうのはごめんだったので、タバコはもちろん、医者が「アカン!」と言ったことは全部やめました。そんな僕が体調管理の1つとして始めたのが、耳ツボの「神門」を刺激する耳ひっぱりです。【体験談】田中昌之(元クリスタルキング・ロック歌手)


【降圧レシピ・ベスト4】お酢の血圧を下げる効果を促進する「飲み方」と「食べ方」

【降圧レシピ・ベスト4】お酢の血圧を下げる効果を促進する「飲み方」と「食べ方」

お酢の健康効果として代表的なのが、高めの血圧を下げる降圧作用です。今回は、お酢を毎日の食生活に取り入れやすくする、四つの方法をご紹介します。【解説】小泉幸道(東京農業大学応用生物科学部醸造科学科教授)、岡田研吉(銀座・研医会診療所漢方科)、村上祥子(料理研究家・管理栄養士)


【医師が実践】野菜スープを飲んで2ヵ月で16kgやせ! 高血圧も痛風も水虫も改善

【医師が実践】野菜スープを飲んで2ヵ月で16kgやせ! 高血圧も痛風も水虫も改善

私のクリニックに来院されるガン患者の多くは、手術や抗ガン剤治療、放射線治療などで思うような結果が得られなかったかたがたです。そのため多くの患者さんが来院されたときには消化力が落ちて食事が取れずにいて、栄養が不足している状態になっています。そこで、最初に勧めるのが食事療法です。【解説】石黒栄紀(いしぐろクリニック院長)


最新の投稿


【精神治療の現場より】ウォーキングは心の健康に効果有り ― うつ・不安障害・統合失調症の改善例

【精神治療の現場より】ウォーキングは心の健康に効果有り ― うつ・不安障害・統合失調症の改善例

ウォーキングには、特別な器具や場所が必要ありません。患者さんにも安心して勧められます。いつからでも簡単に始められますし、家にこもりがちな人には屋外に出るよい機会になります。【解説】大西 守(精神科医)


【足の爪の切り方】正しく切れば、冷えやむくみが解消 巻き爪も改善する

【足の爪の切り方】正しく切れば、冷えやむくみが解消 巻き爪も改善する

足の爪を切るとき、ほとんどの人は「短くすればいい」「形よく整えればいい」と考え、自己流で爪切りをしていると思います。しかし、爪切りは正しく行うと、巻き爪や角質など指先のトラブルが緩和されるだけでなく、全身の血の巡りが劇的に改善し、全身の健康にさまざまな効果をもたらします。【解説】室谷良子(日本フットケア協会師範)


【医師解説】野菜スープは強力な「解毒スープ」 放射能の健康被害も防ぐことができる

【医師解説】野菜スープは強力な「解毒スープ」 放射能の健康被害も防ぐことができる

私たちが日々食べる食品に、残留農薬、食品添加物、合成保存料、化学物質などが入っていないかどうかはとても気になるところです。理由は、それらが発がん物質になるからです。【解説】髙橋 弘(麻布医院院長・医学博士 ハーバード大学医学部元准教授)


【野菜スープ】食事制限なし!メタボや糖尿病をストレスなく解消できると医師が解説

【野菜スープ】食事制限なし!メタボや糖尿病をストレスなく解消できると医師が解説

私は、患者さんには厳しく制限をするよりも、ファイトケミカルたっぷりの野菜スープ(ファイトケミカルスープ)を生活の中に取り入れることによって、自然な形で食事の改善ができるように指導しています。【解説】髙橋 弘(麻布医院院長・医学博士 ハーバード大学医学部元准教授)


指圧名人が極意を伝授!脊柱管狭窄症の症状を改善する「腰のツボ」刺激

指圧名人が極意を伝授!脊柱管狭窄症の症状を改善する「腰のツボ」刺激

私の治療院にも、脊柱管狭窄症で悩んでいるかたがたくさんいらっしゃいます。そうした皆さんに試して、効果を上げているツボがあります。ここでは、その特効ツボを紹介します。【解説】佐藤一美(日本経絡指圧会会長)


ランキング


>>総合人気ランキング