自治医大病院の「血管若返り筋トレ」で毛細血管が増える!血圧が下がる!

自治医大病院の「血管若返り筋トレ」で毛細血管が増える!血圧が下がる!

これまで、入院患者さん向けの、いわゆる「リハビリ体操」はありましたが、外来の患者さんが希望するような体操はありませんでした。そこで私たちは、血圧を上げる要因である、末梢の「血管抵抗」を減らす筋トレを考案することにしました。【解説】金子 操(自治医科大学附属病院リハビリテーションセンター室長・理学療法士)


血圧を下げる筋トレ「血管の若返り筋トレ」とは

 これからご紹介する「血管若返り筋トレ」は、当院の外来患者さんの「高血圧予防になる運動を指導してほしい」というご要望にお応えするために、島田和幸先生と一緒に考案、採用したものです。

 これまで、入院患者さん向けの、いわゆる「リハビリ体操」はありましたが、外来の患者さんが希望するような体操はありませんでした。
 そこで私たちは、血圧を上げる要因である、末梢の「血管抵抗」を減らす筋トレを考案することにしました。血管抵抗とは、「血液の流れにくさ」のことをいいます。

 血液は、心臓から離れるほど流れにくくなります。手や足など体の末端に分布する、末梢血管へ血液を送るのは容易ではありません。
 加えて、動脈硬化が進むと血管の内径が細くなり、血液はさらに流れにくくなります。こうなると心臓は血液を末端の組織に送るために、いっそう強い圧力をかけて血液を押し出すため、血圧が高くなってしまいます。

「血管若返り筋トレ」は、体を大きく動かし、末梢の筋肉をしっかり使うように構成してあります。
 この筋トレを行うと、筋肉の動きに刺激された毛細血管が拡張し、血管の抵抗が下がって血液が流れやすくなり、血圧が下がる効果が期待できます。
 血管若返り筋トレは、四つのステップから成ります。

 いずれの動作も、運動負荷が低く、動きも単純なので、運動に慣れていない人でも取り組みやすいでしょう。どの筋トレも、体を末端まで大きく動かすことを意識しましょう。
 運動を続けていくうちに、筋肉量が増え、それにつれて毛細血管も増えて、血液が流れるルートが増えるので、血圧を下げることにつながります。

「血管若返り筋トレ」のやり方

【腕ふり足踏み30秒】

【ゆっくり腰かけ10回】

【足の引き寄せ10回】

【バンザイ背泳ぎ10回】

「ぜひお試しください」と金子先生

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


急性心不全による突然死を防ぐ入浴法「和温療法」の効果とやり方

急性心不全による突然死を防ぐ入浴法「和温療法」の効果とやり方

心不全の治療ガイドラインに「和温療法」はクラス1の補助療法として推奨されています。健康な人はもちろん、慢性心不全の予備軍である高血圧や糖尿病、脂質異常症がある人や、軽い心臓病、慢性疲労症候群のような患者さんにお勧めの入浴法が自宅でできる「和温療法」です。【解説】村松俊裕(埼玉医科大学国際医療センター心臓内科診療部長)


医師が実践【食前キャベツ】血糖値が下がって正常化!33kgやせてウエストが36‌cm縮小

医師が実践【食前キャベツ】血糖値が下がって正常化!33kgやせてウエストが36‌cm縮小

私の専門は循環器内科で、主に心臓病の患者さんを診察しています。そうした患者さんの中には血糖値が上がり、動脈硬化の遠因となる糖尿病を併発しているかたも少なくないので、日ごろから糖尿病の治療も行っています。【解説】簗瀬正伸(国立循環器病研究センター移植部医師)


血液も腸も肌もきれいに!「こうじ納豆」は高血圧や脳梗塞、骨粗鬆症にまで有効

血液も腸も肌もきれいに!「こうじ納豆」は高血圧や脳梗塞、骨粗鬆症にまで有効

私が、納豆の中に血栓を溶かすナットウキナーゼという酵素を発見したのが1980年、以来さまざまな発酵食品の研究をしてきました。微生物の力で人間にとって有用な成分を生み出す発酵食品には、計り知れないパワーがあると実感しています。 「こうじ納豆」は大変優れた組み合わせだといえます。【解説】須見洋行(倉敷芸術科学大学教授) 


腰痛、膝痛が改善!こむら返りも解消「ふくらはぎストレッチ」のやり方

腰痛、膝痛が改善!こむら返りも解消「ふくらはぎストレッチ」のやり方

人間の体は、精密機械のようなものです。どんなによい機械でも、使い続ければ調子が悪くなり、壊れやすくなります。同様に、人間の体も年齢を重ねると、あちこちに具合の悪いところが出てきます。しかし、定期的にメンテナンスをすれば、悪くなる度合いをゆるやかにできます。【解説】久野信彦(久野接骨院院長)


良く聞く「玉ねぎ=血液サラサラ」説は本当か―切った後は放置?水さらし?

良く聞く「玉ねぎ=血液サラサラ」説は本当か―切った後は放置?水さらし?

私は、これまで40年以上、タマネギをはじめとする、ネギ属の機能性成分(栄養以外のなんらかの生理作用を持つ成分)を研究してきました。そこで明らかになったのは、タマネギには、確かに血液をサラサラにする働きがあるということです。 【解説】西村弘行(北翔大学・北翔大学短期大学部 学長)


最新の投稿


【口をぱくぱく】開け閉めすると…内臓、血管、筋肉、神経が元気になるってホント?

【口をぱくぱく】開け閉めすると…内臓、血管、筋肉、神経が元気になるってホント?

口をぱくぱくと開け閉めすると、体と心の中にいる「インナードクター(内なる医師)」が呼び起こされ、腰痛、不眠、肩こり、高血圧、胃腸炎、頻尿、便秘、顎関節症、アトピー性皮膚炎、更年期障害など、さまざまな病気や不調が改善する可能性があるのです。【解説】筒井重行(風楽自然医療研究所所長)


食事制限なし運動なしで糖尿病・痛風を克服!実践した「耳もみ」のやり方とは

食事制限なし運動なしで糖尿病・痛風を克服!実践した「耳もみ」のやり方とは

私の治療室ではフランスのノジェ博士が提唱した「耳介医学」に沿って、耳針治療をしています。私が特に注目しているのは、耳の中央付近にある「星状神経節」に対応するポイントです。私は自分の糖尿病も耳への刺激治療で治しました。また、血糖値の高い患者さんに「耳もみ」を勧め効果を上げているのです【解説】塚見史博(塚見鍼灸治療室院長)


皮ごと摂取で飛蚊症改善!ダイエットや関節痛にも高い効果を発揮する【ショウガ氷】

皮ごと摂取で飛蚊症改善!ダイエットや関節痛にも高い効果を発揮する【ショウガ氷】

ショウガに含まれる、ジンゲロールとショウガオール(ショウガを加熱または乾燥すると、ジンゲロールがショウガオールに変化する)という二つの薬効成分が、病気や症状を改善する優れた効能をもたらします。【解説】石原新菜(イシハラクリニック副院長)


今日からあなたもジンジャラー!体の機能を高める【ショウガ氷】基本の作り方

今日からあなたもジンジャラー!体の機能を高める【ショウガ氷】基本の作り方

ショウガは、漢方薬の材料としても使われ、体のさまざまな機能を高めてくれることはよく知られています。ショウガを日常的に活用している人を「ジンジャラー」と呼びますが、私自身、自他ともに認めるジンジャラーです。1日に取るショウガの量は、およそ30g。さまざまな料理にショウガを使います。【解説】浜内千波(料理研究家)


【インフルエンザ予防に】ミカン丸ごと美味レシピ(2)

【インフルエンザ予防に】ミカン丸ごと美味レシピ(2)

ミカンの持つ、驚くべき薬効を知ったら、できれば皮ごとミカンを食べたくなってしまいますよね。そこで、このレシピでは、ミカンを皮ごとおいしくいただくレシピをご紹介します!どれも短時間で簡単に作れるものばかりです。【料理・レシピ考案】神田美紀(薬膳料理研究家)


ランキング


>>総合人気ランキング