免疫が高まる!血圧を下げる!干しシイタケの豊富な栄養ベスト5

免疫が高まる!血圧を下げる!干しシイタケの豊富な栄養ベスト5

食事の内容が体の健康に極めて重要であることは、今さらいうまでもありません。医師の私が、なるべくこまめにとるようにしているものの一つがシイタケです。シイタケはさらに干すことで栄養価がアップします。手軽にシイタケの豊富な栄養をとれる「シイタケ氷」を是非お試しください。【解説】蔵方宏昌(安方クリニック院長) 


血圧の上昇を抑制し 骨を丈夫にする

 私たちが食べたものが自分の血となり、肉となる以上、食事の内容が体の健康に極めて重要であることは、今さらいうまでもありません。

 私も日ごろから、食生活には注意しています。私の場合、かつて重い肝炎を患い、なんとか回復した後に、「もっと免疫力(病気に対する抵抗力)をアップさせなくてはいけない」と考えたことが、食生活を見直すきっかけでした。

 なるべくこまめに摂取しようと心掛けている食材はいくつかありますが、そのうちの一つが干しシイタケです。

 まず、シイタケに含まれる主な成分には、エリタデニン、βグルカン、レンチナン、ビタミンB₂、ビタミンD、食物繊維などがあります。
 それぞれの効能を、簡単に説明していきましょう。

 まず、エリタデニンは、肝臓で作られるコレステロールの量を調整する働きを持ちます。

 コレステロールには動脈硬化を招く悪玉コレステロール(LDL)と、逆に動脈硬化を抑える善玉コレステロール(HDL)がありますが、エリタデニンは前者を抑制し、後者を増やすことから、動脈硬化予防にパワーを発揮します。あるいは、血圧の上昇を抑制する効果なども期待されています。

 βグルカンは、キノコ類や酵母類などに含有される成分で、免疫力を高める作用があります。
 シイタケの場合、βグルカンの一種であるレンチナンが、特に豊富に含まれます。レンチナンには抗腫瘍作用があり、ガンの発生・進行を抑えるリンパ細胞を活性化させる作用や、免疫力の強化作用を持ちます。

 続いてビタミンB₂は、主に皮膚や粘膜の健康維持を助け、造血の工程でも欠かせません。
 同じビタミンでも、ビタミンDは骨を丈夫にする働きを持ちます。日光の紫外線を浴びると、皮膚内でも作られます。
 また、加齢によって起こりがちなひざなどの痛みにも効果がある、と唱えていらした医師もかつていたようです。これはシイタケのビタミンDによる造骨作用が、多少関係しているのかもしれません。

 最後に食物繊維は、ご存じのとおり便秘の予防・改善につながるほか、ガンの予防にも効果が期待できます。
 さて、ざっと挙げただけでも、シイタケにどれほど高い栄養価があるかが、ご理解いただけたことでしょう

シイタケ氷はこんなにいい!

簡単に作れる上に 保存性がよくなる

 しかも、シイタケは干すことで、栄養価がさらにアップするというのも大きな特長の一つです。生シイタケを100g取ることと、干しシイタケを10g取ることとで、摂取できる栄養の分量は同じくらいともいわれるほどです。

 先ほど挙げた成分のうち、ビタミンD以外はすべて水溶性なので、干しシイタケの戻し汁で摂取することも効果的。もちろん、一緒に戻したシイタケも食べると、なおよいでしょう。

 わが家では、週に何度か干しシイタケを使った料理が食卓に並びます。といっても、変わったものではありません。
 水で戻した干しシイタケと、その戻し汁を使って、野菜の煮物やみそ汁を作ることが多いのです。
 そう頻繁に食べるわけではないものの、干しシイタケとその戻し汁には栄養が凝縮されているため、大量摂取する必要がありません。

 現に、シイタケをはじめとして食生活のバランスを考えているおかげでもありますが、私は健康そのもの。コレステロール値も正常ですし、これといった持病もありません。
 遺伝なのか、若いときから今に至るまで血圧が高めではありますが、極端に上がることもなく「標準よりやや高い」くらいのレベルで安定しています。

 健康に不安を抱える人、今の元気を維持したい人は、おいしくて手軽に栄養を摂取できる干しシイタケを、ぜひ常食するようにしてほしいものです。

 そのためにも、戻し汁を凍らせて作る「シイタケ氷」は非常によいアイディアだと思います(基本的な作り方は下記参照)。
 簡単に作れる上に、保存性がよくなることで、いつでも、干しシイタケを取ることができるのでぜひお試しください。わが家でも、早速、取り入れ食生活にいかしています。

シイタケ氷の作り方

シイタケ氷を勧める蔵方先生

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【オクラ水とは】作り方と効果 血圧や血糖値、便秘解消に 動脈硬化も改善

【オクラ水とは】作り方と効果 血圧や血糖値、便秘解消に 動脈硬化も改善

「オクラ水」とは、オクラを一晩漬けた水を飲む健康法です。これを飲み続けて、糖尿病や高血圧が改善したり、血管の詰まりが取れたりするなど、数々の奇跡が起こっています。血流が悪くなりがちな人にぴったり。オクラ水の効果をご紹介します。【レポート】『壮快』編集部


【オクラ水の効能】動脈硬化、膝に水が溜まる"関節水腫"に効果 アトピー、便秘も改善

【オクラ水の効能】動脈硬化、膝に水が溜まる"関節水腫"に効果 アトピー、便秘も改善

私は整形外科医ですが、当院では、食事指導を治療の主軸に据えています。今回紹介するのは、オクラを一晩漬けた水を飲むこの食事療法「オクラ水」です。オクラ水は、血流改善に絶大な効果を発揮する、当院の治療の切り札です。特に、動脈硬化の改善効果には、私も大変驚いています。【解説】市橋研一(市橋クリニック院長)


【ガン治療中の食事】卵は1日3個、できれば5個摂取 最初にタンパク質をとると良い

【ガン治療中の食事】卵は1日3個、できれば5個摂取 最初にタンパク質をとると良い

ガン治療で大切なのは、ガンを見るだけでなく、患者さんの状態も診ることです。重要なのは、たんぱく質をしっかりとり、栄養状態を改善すること。そこで、筋肉をつくる良質なたんぱく源として、特に私がお勧めしているのが、卵です。【解説】星野惠津夫(空海記念統合医療クリニック院長・がん研有明病院漢方サポート科元部長)


【血糖値・血圧を下げる】「しょうが緑茶Q&A」しょうが博士が気になる疑問に答えます

【血糖値・血圧を下げる】「しょうが緑茶Q&A」しょうが博士が気になる疑問に答えます

「ショウガ緑茶」は、緑茶にすりおろしたショウガを入れて作ります。 特別な道具はいらないうえ、作るのに時間もかかりませんが、その健康効果は薬に匹敵します。高すぎる血糖値、血圧を下げて、健康に導いてくれるだけでなく、体重が落ち、シミやシワ、薄毛の改善にも役立ちます。【解説】平柳要(食品医学研究所所長・医学博士)


【血管の若返り効果】1日6杯の「生姜緑茶」で白内障が予防できる 食後に飲めば歯周病・口臭対策に!

【血管の若返り効果】1日6杯の「生姜緑茶」で白内障が予防できる 食後に飲めば歯周病・口臭対策に!

ショウガ緑茶を習慣づけて飲んでくれた人からは「らくにダイエットできた」「高かった血糖値や血圧が下がった」「悪玉コレステロールの値が下がった」「肌がきれいになった」「口臭や歯周病が改善した」など多彩な効果が見られました。どんな薬効が期待できるのかいくつか挙げてみましょう。【解説】平柳要(食品医学研究所所長・医学博士)


最新の投稿


【セラピーキャットとは】認知症や精神疾患の患者さんに変化!「猫」は五感を刺激し心を癒す存在

【セラピーキャットとは】認知症や精神疾患の患者さんに変化!「猫」は五感を刺激し心を癒す存在

私たちにとって、猫は五感を心地よく刺激する存在です。見れば愛らしく、触ってなでれば快く、鳴けば美しい旋律となって、えもいわれぬ刺激となります。それは、病気のあるなしに関係なく、すばらしい経験だといえるでしょう。【解説】小田切敬子(NPO法人アニマルセラピー協会理事長・生物科学博士)


首こり・肩凝り 症状別【チェックリスト】あなたの頚椎症は軽症?重症?

首こり・肩凝り 症状別【チェックリスト】あなたの頚椎症は軽症?重症?

頸椎症スペクトラムの全体像がわかったところで、あなたの首がいま、どんな状態にあるかチェックしてみましょう。チャートの「スタート」から始め、イエスかノーか答えながら進んでください。ゴールは1~5のどれになりましたか。それが、あなたの現在の首の状態の目安です。【解説】竹谷内康修(竹谷内医院カイロプラクティックセンター院長)


【美白・美肌を作る】アンチエイジングには「はと麦酒」がお勧め!その効果は化粧品同等 ダイエット効果も

【美白・美肌を作る】アンチエイジングには「はと麦酒」がお勧め!その効果は化粧品同等 ダイエット効果も

ハトムギは、昔から「肌にいい」といわれ、ヨクイニンという生薬として使われています。そこで、私たちはまず、ハトムギの肌への効果に着目しました。その結果、ハトムギには紫外線ダメージによる肌の乾燥や、シミを防ぐ働きのあることが明らかになったのです。【解説】清水邦義(九州大学農学部研究院森林圏環境資源科学研究分野准教授)


【血管強化食材】動脈硬化を撃退する絶品「ローストピーナッツ」レシピ

【血管強化食材】動脈硬化を撃退する絶品「ローストピーナッツ」レシピ

ピーナッツといえば、「太る」「ニキビができる」など、健康とは縁遠い食材だと思われがち。しかし、最近、その豊富な栄養素が、巷で大きな話題を集めています。便秘が解消して、やせやすくなる、血管も肌も若返ると、まさにピーナッツは優良健康食材なのです。【料理・栄養計算・スタイリング】五十嵐ゆかり(料理研究家・管理栄養士)


血糖値が正常値に下がった!「玉ねぎのオイル漬け」は親子三代に伝わる健康常備食!

血糖値が正常値に下がった!「玉ねぎのオイル漬け」は親子三代に伝わる健康常備食!

タマネギのオイル漬けを口にしているおかげか、我が家は皆、いつも元気に過ごせています。今年はインフルエンザが猛威を振るっていましたが、長男はカゼひとつ引かず、無事に受験を乗り切ることができました。【解説】奥津純子(フードデザイナー・「タラゴンの挿し木」主宰)


ランキング


>>総合人気ランキング