【作ってみた】私の"酢生姜"の食べ方 血圧が下がり 原因不明の足のしびれ 膝痛も改善

【作ってみた】私の"酢生姜"の食べ方 血圧が下がり 原因不明の足のしびれ 膝痛も改善

酢ショウガを食べてみると、刺激も酸味も気にならず食べやすいと思いました。天ぷらや納豆、焼き魚や焼きナスなど、あらゆる料理に加えて食べるようになりました。私はそのまま食べるのも好きです。1日に食べる量は、ショウガを100g使って作り、それを4~5日で食べ切る感じです。【体験談】主婦・68歳 村上れい子


2kgやせておなか周りがすっきり

 ズンズンとした足のしびれに悩まされるようになったのは、2~3年前のことです。
 しびれは特に夜にひどくなり、体に響いて、よく眠れません。特に思い当たる原因もなく、困っていました。
 そんなとき、書店で「酢ショウガ」の本を見つけました。もともと血圧も高めで、高血圧にいいとあったので、試してみようと思い、本を購入して、酢ショウガを作りました。今年の7月中旬のことです。

 食べてみると、ショウガの刺激も酢の酸味も気にならず、とても食べやすいと思いました。それで、天ぷらや納豆、焼き魚や焼きナスなど、あらゆる料理に加えて食べるようになりました。ちなみに、私はそのまま食べるのも好きです。
 1日に食べる量は、特に決めてはいないですが、ショウガを100g使って作り、それを4~5日で食べ切るペースです。

 こうして毎日酢ショウガを食べていたら、驚くべきことが起こりました。1週間ぐらいで、足のしびれが消えたのです。これには本当にびっくり! 夜もぐっすり眠れるようになり、助かっています。
 血圧も下がりました。酢ショウガを食べる前は、最大血圧が154㎜Hgで最小血圧80㎜Hg(正常値は最大血圧140㎜Hg未満、最小血圧90㎜Hg未満)だったのが、今は最大血圧133㎜Hg、最小血圧74㎜Hgに。

 月に1度病院に行っていますが、医師からも「血圧が落ち着いていますね」と、おほめの言葉をいただいています。酢ショウガのことを話すと、「これからも、ぜひ続けてくださいね」と言われました。
 そのほかにも、いいことがありました。まず、お通じが改善。以前は、1週間くらいお通じがないこともありましたが、最近では、3日に1回とか、1日おきにお通じがあります。

 体重も減りました。私は、身長が162㎝で体重が52㎏。もともと太ってはいませんが、それでも、現在までに2㎏やせました。特におなか周りがすっきりしたと感じています。
 また、以前は立ち上がるときなどに、ひざや腰が痛むことがありましたが、酢ショウガを食べ始めてからは、痛みが起こっていません。足のしびれの改善だけでなく、たくさんいいことがあったので、うれしいです。

効果に驚いた村上さん

生姜の鎮痛作用はアスピリンの8割ほど(イシハラクリニック副院長・石原新菜)

 村上さんの足のしびれは、血流の悪さによるものではないでしょうか。酢ショウガには強力な血流促進作用があるので、血流の悪さによるしびれの改善にも効果を発揮します。
 また、ショウガには高い鎮痛作用があり、その効果はアスピリンの8割ほどもあるとされています。ひざや腰の痛みが改善したのは、そのためでしょう。

【関連記事】酢生姜の作り方と効能はコチラ

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【ブロッコリーの栄養】茹ですぎに注意!便秘解消・シワ対策に効果のある食べ方・使い方

【ブロッコリーの栄養】茹ですぎに注意!便秘解消・シワ対策に効果のある食べ方・使い方

ブロッコリーは、野菜の中でも栄養が飛び抜けて豊富で、多くの健康効果や美容、ダイエットにも効果を期待できる、まさに「野菜の王様」です。体にいい成分の宝庫であるブロッコリーを、積極的に食生活に取り入れない理由はありません。【解説】木村至信(秋山眼科医院耳鼻咽喉科部長、木村至信BANDリーダー)


星野源さんもやせた「キャベツダイエット」のやり方 !糖尿病や高血圧も改善する

星野源さんもやせた「キャベツダイエット」のやり方 !糖尿病や高血圧も改善する

キャベツを食べるだけでも、おなかはかなり満たされます。おかずは今までどおりの量でかまいませんが、ご飯を半分程度にします。それでも、私の経験では「おなかいっぱいで、もう食べられない」というくらいの満腹感が味わえます。キャベツの食物繊維の作用で、次回の食事までの空腹感も感じにくくなります。【解説】寺師義典(寺師医院院長)


【キャベツダイエット】20kgやせて医師のメタボ腹が解消!高脂血症・イビキも治った

【キャベツダイエット】20kgやせて医師のメタボ腹が解消!高脂血症・イビキも治った

ぜひ皆さんにお勧めしたいのがキャベツダイエットです。実は私自身、キャベツダイエットで、3ヵ月で20kgという大幅減量に成功しました。キャベツダイエットのすばらしい点は、空腹感なしでやせられること。単におなかがすかないだけではありません。まずは私の体験をお話ししましょう。【解説】寺師義典(寺師医院院長)


【ぱいぱいでか美】玉ねぎヨーグルトダイエットでお腹ぽっこり解消 体重3kg ウエスト9cm減

【ぱいぱいでか美】玉ねぎヨーグルトダイエットでお腹ぽっこり解消 体重3kg ウエスト9cm減

私、ぱいぱいでか美の公式発表体重は、43kg(身長158cm)です。ところが、夜中にドカ食いをしていたら、6.3kgも太って、49.3kgになってしまいました。おなかのふくれ具合はまるで洋ナシ。ちょっと他人には見せられない状況になっていたのです。【体験談】ぱいぱいでか美(タレント・歌手)


【ダイエット】腸内フローラを改善する「玉ねぎヨーグルト」の基本の食べ方

【ダイエット】腸内フローラを改善する「玉ねぎヨーグルト」の基本の食べ方

「“やせ酸”効果で、即やせる!」「血圧・血糖値・コレステロール値が改善!」「花粉症などのアレルギー症状に有効!」など幅広い健康効果が魅力の、玉ねぎヨーグルト。管理栄養士考案のおいしい食べ方をご紹介します。【解説】森崎友紀(管理栄養士・料理研究家)


最新の投稿


【ブロッコリーの栄養】茹ですぎに注意!便秘解消・シワ対策に効果のある食べ方・使い方

【ブロッコリーの栄養】茹ですぎに注意!便秘解消・シワ対策に効果のある食べ方・使い方

ブロッコリーは、野菜の中でも栄養が飛び抜けて豊富で、多くの健康効果や美容、ダイエットにも効果を期待できる、まさに「野菜の王様」です。体にいい成分の宝庫であるブロッコリーを、積極的に食生活に取り入れない理由はありません。【解説】木村至信(秋山眼科医院耳鼻咽喉科部長、木村至信BANDリーダー)


【肩こり・五十肩を改善】痛みやしびれをすぐに解消する体操「手首振り」

【肩こり・五十肩を改善】痛みやしびれをすぐに解消する体操「手首振り」

手のしびれ、肩こり、五十肩、腱鞘炎、腕や手の疲れとそれによる痛みなど、手・腕・肩のトラブルに悩まされている人は多いものです。わずか1〜2分で簡単にできるバンザイ手首振りは、血液とリンパ(体内の余分な水分や老廃物、毒素などを運び出す体液)の流れを劇的に改善させます。【解説】宮本啓稔(新宿西口治療院院長)


【直腸性便秘】便を出す効果的な方法「考える人のポーズ」 大腸肛門科専門医が実験で確認

【直腸性便秘】便を出す効果的な方法「考える人のポーズ」 大腸肛門科専門医が実験で確認

便秘は①大腸の動きが遅く便がなかなか直腸まで下りてこない②便は直腸まで下りてきているが、うまく排出できない のタイプです。②を「直腸性便秘」と呼びます。便意を感じにくくなる、便が非常に硬くなる、残便感がある、排便時に痛みや違和感があるなどの特徴があります。【解説】高野正太(大腸肛門病センター高野病院肛門科部長)


【生活習慣病を予防】漬けるだけで超簡単「酢ピーナッツ」の作り方

【生活習慣病を予防】漬けるだけで超簡単「酢ピーナッツ」の作り方

ピーナッツと酢を組み合わせた「酢ピーナッツ」は、さまざまな健康効果をいいとこ取りした食品です。カリカリ食感とほどよい酸味が絶妙で、お茶請けやお酒のおつまみなどにぴったり!漬けるだけでできる超簡単な酢ピーナッツを、ぜひ皆さんもお試しください!【料理・栄養計算・スタイリング】五十嵐ゆかり(料理研究家・管理栄養士)


【肝臓病とは】A型肝炎 B型肝炎 C型肝炎の違いは? 急性と慢性の違いは? (子供でも分かる大人の病気)

【肝臓病とは】A型肝炎 B型肝炎 C型肝炎の違いは? 急性と慢性の違いは? (子供でも分かる大人の病気)

肝臓は多数の肝小葉という単位が集まった臓器で、「人体の化学工場」といわれ、胆汁を生成して消化を助けるほか、栄養分の分解や貯蔵、解毒、排泄など、重要な働きをしています。【解説】川嶋朗(東洋医学研究所附属クリニック自然医療部門医師・東京有明医療大学教授)