ウコンとみそで作る「ウコンみそ」は万人にお勧めの調味料―その効果と作り方

ウコンとみそで作る「ウコンみそ」は万人にお勧めの調味料―その効果と作り方

アーユルヴェーダは、インドに古くから伝わる伝承医学です。でも日本人にはあまりなじみがなく「難しそう」と思っている方も多いでしょう。そこで私は、少しでもみなさんに身近に感じていただけるように、日本人でも取り入れやすいアーユルヴェーダの活用法をご紹介してきました。【解説】西川眞知子(日本ナチュラルヒーリングセンター代表)


野菜スティックにつけてもおいしい!

ショウガ科のウコンと みそを合わせた新調味料

 みなさんは「アーユルヴェーダ」のことをご存じですか?
 アーユルヴェーダは、インドに古くから伝わる伝承医学です。でも、日本人にはあまりなじみがなく、「難しそう」と思っている方も多いでしょう。
 そこで私は、少しでもみなさんに身近に感じていただけるように、日本人でも取り入れやすいアーユルヴェーダの活用法をご紹介してきました。

 今回お勧めする「ウコンみそ」も、その一つです。
 みそは、日本を代表する発酵食品です。アーユルヴェーダの古典医学書によると、発酵食品には物を変換させる力があり、消化を助けて代謝を活性化する作用があるとされています。
 実際に、みそにはさまざまな健康効果があることがわかっています。そういう日本のすばらしい調味料に、インドで最高のスパイスといわれる「ウコン」を組み合わせたのが、ウコンみそです。

 ウコンは、ターメリックとも呼ばれるショウガ科の植物で、カレーに使われる香辛料として、よく知られています。
 同じ科のショウガとは性質が似ており、同じような作用を持っていますが、ショウガのほうが辛味が強く、より代謝を活性化して、強力な消化促進作用をもたらします。その点、ウコンは作用がソフトで、体内の代謝を適切な状態にしてくれます。

 ウコンとみそは、味の組み合わせとしても最高です。
 アーユルヴェーダでは、甘味、塩味、辛味、渋味、苦味、酸味の六味がそろうと味のバランスがよく、どんな体質の人にも合うとされています。
 みそは、甘味と塩味と少しの辛味があり、さらに発酵食品なので、酸味もあります。一方のウコンには、みそに足りない渋味と苦味と辛味があります。
 ですから、この二つを合わせると六味のバランスが整い、味的にも薬効的にもオールマイティに近い、ベストの食品になるのです。

 また、ウコンにはたんぱく質の消化を助ける作用があります。大豆でできているみそは、たんぱく質のかたまりです。ウコンはその消化を促してくれるのです。
 食材の性質はともに熱性で、体を温める作用があります。しかしウコンは、熱性ではあるけれど、それを過剰にさせない性質があるため、どんな体質の人にも合いやすいのです。

 こうした性質を持つウコンみそに、どのような健康効果が期待できるでしょうか。
 まず言えるのは、腸活作用です。みそにもウコンにも腸内細菌叢を改善する作用があり、相乗効果で腸を健康にします。腸が健康になれば、免疫力(病気に対する抵抗力)が高まり、病気になりにくくなります。

 二つめは血液浄化作用です。どちらも血流をよくして、体を温める作用があります。
 アーユルヴェーダでは、体内にたくさんの「管」があると考えられています。西洋医学でいう血管や消化管のように、目に見える管ではありませんが、血液や神経やエネルギーが流れている管です。ウコンはそれらの詰まりを取って、流れをよくする作用があるのです。

 三つめは、消化を助けて代謝を活性化することです。
 代謝が適切に行われず、消化力も弱いと、食べた物がきちんと消化・燃焼されず、体内に「アーマ」と呼ばれる未消化物が残ります。
 これがたまると、さまざまな病気の引き金となります。
 ウコンには消化力を高め、代謝を上げる作用があります。さらに、代謝の過剰と不足を整える作用もあり、アーマをたまりにくい状態にしてくれます。

油と一緒にとるとさらに吸収がよくなる

 ウコンみその作り方は、簡単です。みそ10に対して、ウコンを0・5~1の割合で混ぜるだけです。
 ウコンに抵抗のない人は、ウコンの量をもっと増やしてもいいでしょう。私は10対3の割合で作っています。その都度混ぜ合わせてもいいですし、まとめて作って、冷蔵庫に保存しておいてもいいでしょう。使ったみその賞味期限までは保存ができます。

 ウコンみそは、普通のみそと同じように使えます。みそ汁や豚汁といった汁物、野菜やナスや厚揚げなどのみそ炒め、みそ田楽、野菜スティックのディップなど、どんなものにも合います。
 渋味や苦味のある食品は、普段は敬遠しがちです。しかし、ウコンみそにすれば、簡単に渋味や苦味がとれます。
 しかも、渋味と苦味が加わることによって、みその味が引き締まり、こくが出ます。試しに、おにぎりにウコンみそをつけ、焼いて食べてみてください。ウコンみそのおいしさが、ストレートにわかります。

 また、味にこくがあるので、煮物などは、だしを取らなくてもおいしく作れます。使うみその量も少なくてすむので、減塩にも役立つと思います。
 食べるときは、油と一緒にとると、ウコンの有効成分の吸収がさらによくなります。みそ汁などには、エゴマ油などのオメガ3系の油を、最後にちょっとたらすといいでしょう。

 ウコンは、春ウコンより秋ウコンのほうが、有効成分であるクルクミンが多いので、お勧めです。店頭で売っているターメリックは、ほとんどが秋ウコンです。
 このウコンみそなら、手軽にウコンのよさを感じていただけるでしょう。ぜひご家庭に常備して、新しい味の世界を発見してください。

西川眞知子
 上智大学外国語学部を経て、佛教大学卒業。第24代ミス横浜。幼少期に病弱だったのを自然療法で克服したのをきっかけに、大学時代にインドやアメリカを歴訪し、ヨガや自然療法に出合う。その経験と研究をもとに「日本ならではのアーユルヴェーダ」を提唱。
『アーユルヴェーダで我慢しないアトピー生活』(農文協)、『ヨガのポーズの意味と理論がわかる本』(マイナビ)など、著書多数。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連するキーワード


ウコンみそ

関連する投稿


お通じがよくなり、美肌になったと評判の手作り「ウコンみそ」って何?

お通じがよくなり、美肌になったと評判の手作り「ウコンみそ」って何?

私はスパイスが好きで、普段からよく料理に使っています。ヨガやアーユルヴェーダの生徒さんたちにも、折に触れ、スパイスのよさを伝えてきました。ところが、私がいくら勧めても、実際にスパイスを使いこなせる人は少なく、しかも長続きしません。【体験談】アーユルヴェーダプランナー&シニアヨガティーチャー・60歳 満田三惠子


最新の投稿


【医師】私はコレで糖尿病を克服した! ― 46kgの減量に成功した辛くない食事法

【医師】私はコレで糖尿病を克服した! ― 46kgの減量に成功した辛くない食事法

私は幼少時から、おいしいものが大好きで、物心がついたころから太っていました。大人になってお酒を覚え、ますます肥満に拍車がかかって、ピーク時には、身長が181㎝で体重が146㎏もあったのです。当然ながら糖尿病になり、血糖値を下げるインスリン注射をしないといけない毎日でした。【解説】内場 廉(長野市国保大岡診療所所長)


【奥で響くサイレン音】耳もみで耳鳴りとふらつきを解消

【奥で響くサイレン音】耳もみで耳鳴りとふらつきを解消

朝早く布団から起き上がったその瞬間、頭がふらついて倒れそうになりました。めまいとも立ちくらみとも違う、初めての経験で、「これはおかしい」と思いました。【体験談】福島県◎86歳◎主婦 佐藤トヨ子


ストレスを取り耳鳴り、めまい、難聴の症状に効果「耳の3点もみ」公開

ストレスを取り耳鳴り、めまい、難聴の症状に効果「耳の3点もみ」公開

首や肩のコリは、耳の後ろと鎖骨を結ぶ、胸鎖乳突筋がこることで血流が悪化し、発症しやすくなります。胸鎖乳突筋がこると、耳がついている側頭骨周辺の筋肉もかたくなります。その結果、側頭骨と後頭骨の間を通る神経や血液の流れが悪化し、耳鳴りやめまいが起こりやすくなるのです。【解説】村山哲郎(戸塚鍼灸院院長)


【キーン、ジージー】幼少期からの耳鳴りが「耳たぶさすり」で改善

【キーン、ジージー】幼少期からの耳鳴りが「耳たぶさすり」で改善

私は幼いころから、耳鳴りの症状がありました。今思えば、そのきっかけとなったのは小学生のときに発症した中耳炎でしょう。【体験談】愛知県◎41歳◎主婦 金田やすえ(仮名)


【実験で判明】ココアは強力な温めドリンク ― 不眠やうつ症状改善にも有効

【実験で判明】ココアは強力な温めドリンク ― 不眠やうつ症状改善にも有効

ココア豆乳は、体の冷えや自律神経の乱れに悩んでいるかたにお勧めしたい飲み物です。冷えは今や女性特有の症状ではなく、子どもや男性まで、年齢や性別を問わず見られる症状になりました。東洋医学では、「冷えは万病の元」とも言われ、体の不調を知らせるシグナルだと捉えられています。【解説】南雲久美子(目黒西口クリニック院長) 


ランキング


>>総合人気ランキング