お通じがよくなり、美肌になったと評判の手作り「ウコンみそ」って何?

お通じがよくなり、美肌になったと評判の手作り「ウコンみそ」って何?

私はスパイスが好きで、普段からよく料理に使っています。ヨガやアーユルヴェーダの生徒さんたちにも、折に触れ、スパイスのよさを伝えてきました。ところが、私がいくら勧めても、実際にスパイスを使いこなせる人は少なく、しかも長続きしません。【体験談】アーユルヴェーダプランナー&シニアヨガティーチャー・60歳 満田三惠子


→ウコンとみそで作る「ウコンみそ」の作り方はこちら

これなら誰でも使えて長続きする

 私はスパイスが好きで、普段からよく料理に使っています。ヨガやアーユルヴェーダの生徒さんたちにも、折に触れ、スパイスのよさを伝えてきました。
 ところが、私がいくら勧めても、実際にスパイスを使いこなせる人は少なく、しかも長続きしません。ウコンもすばらしいスパイスなのに、なかなか使ってもらえませんでした。

 そんなとき、西川眞知子先生から「ウコンみそ」の話を聞き、「これだ!」と思いました。使い慣れたみそと合わせたら、抵抗が少ないのではないかと思ったのです。
 そこで、まず自分で試してみました。すると、本当においしくて、はまってしまいました。

 もともと私は、ウコンをよく使っていました。昔、腎臓の病気をしたせいか、体がむくみやすく、特に春先は、体重が2㎏も増えるほどむくみます。
 そういうときに、ターメリックライスなど、ウコンを使った料理を食べると、むくみが取れて、体が軽くなります。また、トイレに行く回数も増えるので、体内の水の循環がよくなるのを実感できます。

 私はときどきウコンがほしくなるので、体質に合っているのでしょう。そのウコンをみそに合わせれば、いつでも手軽にウコンをとれます。そこで、ウコンみそを常備し、毎日の料理に使うようになりました。
 ウコンみそは、みそを使うあらゆる料理に使っています。普通のみそを使ったときよりも、味に深みが出て、おいしくなります。
 本当に気に入ったので、すぐに生徒さんたちに教えました。するとやっぱり「おいしい!」という声が続出! みなさん、長く続けています。

 私自身は、ウコンみそを食べるようになって、体の循環がよくなったことを感じています。むくみにくくなったし、体が詰まるような違和感を感じなくなりました。今年の夏は、無防備に日焼けしましたが、日焼けが取れるのも早かったようです。
 生徒さんたちからも、「お通じがよくなった」「肌の調子がいいみたい」という声を聞いています。日本人はあまりウコンを使わないので、これで少しでもウコンを身近に感じてもらえたら、うれしいです。

体の管の詰まりを取り流れをよくする(日本ナチュラルヒーリングセンター代表・西川眞知子)

 ウコンには、アーユルヴェーダで「スロータス」と呼ばれる、血液や神経やエネルギーなどが流れる管の詰まりを取り、流れをよくする作用があります。満田さんが「体の循環がよくなる」と感じたのは、まさにこの働きによるものでしょう。
 ウコンみそは、スパイスを手軽に日常の料理に取り入れる方法としてもお勧めなので、ぜひ一度お試しください。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連するキーワード


美肌 ウコンみそ 便秘

関連する投稿


【ブロッコリーの栄養】茹ですぎに注意!便秘解消・シワ対策に効果のある食べ方・使い方

【ブロッコリーの栄養】茹ですぎに注意!便秘解消・シワ対策に効果のある食べ方・使い方

ブロッコリーは、野菜の中でも栄養が飛び抜けて豊富で、多くの健康効果や美容、ダイエットにも効果を期待できる、まさに「野菜の王様」です。体にいい成分の宝庫であるブロッコリーを、積極的に食生活に取り入れない理由はありません。【解説】木村至信(秋山眼科医院耳鼻咽喉科部長、木村至信BANDリーダー)


【直腸性便秘】便を出す効果的な方法「考える人のポーズ」 大腸肛門科専門医が実験で確認

【直腸性便秘】便を出す効果的な方法「考える人のポーズ」 大腸肛門科専門医が実験で確認

便秘は①大腸の動きが遅く便がなかなか直腸まで下りてこない②便は直腸まで下りてきているが、うまく排出できない のタイプです。②を「直腸性便秘」と呼びます。便意を感じにくくなる、便が非常に硬くなる、残便感がある、排便時に痛みや違和感があるなどの特徴があります。【解説】高野正太(大腸肛門病センター高野病院肛門科部長)


【便秘 便臭 ガス腹】整腸作用と抗酸化作用で劇的改善!「酢ニンニク」の作り方

【便秘 便臭 ガス腹】整腸作用と抗酸化作用で劇的改善!「酢ニンニク」の作り方

悪玉菌が増え、善玉菌が減ることにより、便秘はもちろん、肥満や糖尿病をはじめとした生活習慣病、ガン、認知症、アレルギー疾患、うつ病などの精神疾患……と、実に多くの病気の発生にもつながります。こういった活性酸素の害を除去するのが、酢ニンニクの強力な抗酸化作用です。【解説】藤田紘一郎(東京医科歯科大学名誉教授・医学博士)


【ダイエット効果】酵素パワーで便秘解消「50℃味噌汁」とは?お湯を注ぐだけでやせる

【ダイエット効果】酵素パワーで便秘解消「50℃味噌汁」とは?お湯を注ぐだけでやせる

みそ汁を50℃の湯で作る。たったこれだけで、お通じが格段によくなったり、やせたりした人が続出しています。それだけではなく、鼻炎が治まった、肌がツルツルになったという声まで聞かれます。その効果の秘密とみそ汁のおいしい食べ方を初公開!【レシピ提供】人見惠子(ミレット・スタイル代表)


【便秘解消】みそ汁は「50℃」がおすすめ!生きた酵素の効果で排泄力アップ

【便秘解消】みそ汁は「50℃」がおすすめ!生きた酵素の効果で排泄力アップ

50℃みそ汁は、50℃の湯でみそを溶きます。そのため、高温では活性を失ってしまう酵素の効果を余すところなく食べられるのです。※酵素…体内での化学反応を促進する、体にとって必要不可欠な物質。【レシピ提供】人見惠子(ミレット・スタイル代表)


最新の投稿


【ブロッコリーの栄養】茹ですぎに注意!便秘解消・シワ対策に効果のある食べ方・使い方

【ブロッコリーの栄養】茹ですぎに注意!便秘解消・シワ対策に効果のある食べ方・使い方

ブロッコリーは、野菜の中でも栄養が飛び抜けて豊富で、多くの健康効果や美容、ダイエットにも効果を期待できる、まさに「野菜の王様」です。体にいい成分の宝庫であるブロッコリーを、積極的に食生活に取り入れない理由はありません。【解説】木村至信(秋山眼科医院耳鼻咽喉科部長、木村至信BANDリーダー)


【肩こり・五十肩を改善】痛みやしびれをすぐに解消する体操「手首振り」

【肩こり・五十肩を改善】痛みやしびれをすぐに解消する体操「手首振り」

手のしびれ、肩こり、五十肩、腱鞘炎、腕や手の疲れとそれによる痛みなど、手・腕・肩のトラブルに悩まされている人は多いものです。わずか1〜2分で簡単にできるバンザイ手首振りは、血液とリンパ(体内の余分な水分や老廃物、毒素などを運び出す体液)の流れを劇的に改善させます。【解説】宮本啓稔(新宿西口治療院院長)


【直腸性便秘】便を出す効果的な方法「考える人のポーズ」 大腸肛門科専門医が実験で確認

【直腸性便秘】便を出す効果的な方法「考える人のポーズ」 大腸肛門科専門医が実験で確認

便秘は①大腸の動きが遅く便がなかなか直腸まで下りてこない②便は直腸まで下りてきているが、うまく排出できない のタイプです。②を「直腸性便秘」と呼びます。便意を感じにくくなる、便が非常に硬くなる、残便感がある、排便時に痛みや違和感があるなどの特徴があります。【解説】高野正太(大腸肛門病センター高野病院肛門科部長)


【生活習慣病を予防】漬けるだけで超簡単「酢ピーナッツ」の作り方

【生活習慣病を予防】漬けるだけで超簡単「酢ピーナッツ」の作り方

ピーナッツと酢を組み合わせた「酢ピーナッツ」は、さまざまな健康効果をいいとこ取りした食品です。カリカリ食感とほどよい酸味が絶妙で、お茶請けやお酒のおつまみなどにぴったり!漬けるだけでできる超簡単な酢ピーナッツを、ぜひ皆さんもお試しください!【料理・栄養計算・スタイリング】五十嵐ゆかり(料理研究家・管理栄養士)


【肝臓病とは】A型肝炎 B型肝炎 C型肝炎の違いは? 急性と慢性の違いは? (子供でも分かる大人の病気)

【肝臓病とは】A型肝炎 B型肝炎 C型肝炎の違いは? 急性と慢性の違いは? (子供でも分かる大人の病気)

肝臓は多数の肝小葉という単位が集まった臓器で、「人体の化学工場」といわれ、胆汁を生成して消化を助けるほか、栄養分の分解や貯蔵、解毒、排泄など、重要な働きをしています。【解説】川嶋朗(東洋医学研究所附属クリニック自然医療部門医師・東京有明医療大学教授)