【逆流性食道炎】症状と治し方 原因は食いしばり 対策は"口を開ける"こと 耳鳴りも改善

【逆流性食道炎】症状と治し方 原因は食いしばり 対策は"口を開ける"こと 耳鳴りも改善

逆流性食道炎、頭痛、肩こり、腰痛、生理痛、耳鳴り、めまい、うつ、眼瞼けいれん、味覚障害、高血圧──。こうした症状に悩む患者さんたちに、私は「10秒、口を開けるくせをつけてください」とアドバイスをしています。【解説】吉野敏明(誠敬会クリニック銀座院長)


目、耳、口、脳をつなぐ神経が圧迫される

 頭痛、肩こり、腰痛、生理痛、耳鳴り、めまい、うつ、眼瞼けいれん、味覚障害、高血圧、逆流性食道炎──。
 こうした症状に悩む患者さんたちに、私は「10秒、口を開けるくせをつけてください」とアドバイスをしています。

 一見、脈絡なく感じられるこれらの症状は、実は「食いしばり」が元凶となって起こっているという共通点があります(食いしばりについては後述)。
 食いしばりの害をなくすいちばん簡単で効果的で、お金もかからず誰にでもできる方法が、口を開けることなのです。
 耳の前辺りに指先を当てて、奥歯をぐっと嚙みしめてみてください。筋肉がぐっと盛り上がるのが感じられるはずです。
 ちょうどこの辺りに、脳から直接出てくる脳神経である、内耳神経や三叉神経、顔面神経が通っています。これらは耳や目、口(舌)と脳をつないでいるとても重要な神経です。

 無意識に食いしばっていると、筋肉のこり(硬結)や骨の圧迫によって、これらの神経が機能不全を起こし、耳、目、口、脳の不調が起こります。ちょうど正座でひざの裏の神経が圧迫され、足がしびれて動けなくなるようなものです。
 また、下あごは、全身のバランサーとしての働きがあります。体が傾いたとき、下あごは上下前後左右にやじろべえのように微細に動いて、傾きの影響を吸収し、姿勢を整えているのです。 
 ですから、下あごはゆらゆらと自由に動ける必要があります。ところが、食いしばって下あごががっちり固定されてしまっていると、あそび(ゆとり)がなくなり、全身の骨格にゆがみがもろに伝わって、筋肉や関節が障害されてしまうのです。

 具体的な症状で説明しましょう。食いしばりであごの関節の位置がずれると、、平衡感覚をつかさどる三半規管や蝸牛などの内耳組織を強く圧迫し、耳鳴りやめまいを起こします。
 また、食いしばることで頸椎の位置がずれ、さらに胸椎・腰椎へと雪崩的にゆがみが及ぶので、腰痛になります。
 この腰椎のゆがみが骨盤の仙腸関節に及ぶことで、消化器や生殖器の機能が落ち、便秘や月経困難などを誘発します。
 骨盤がゆがめば足の長さが変わりますから、ひざ関節にも負担がかかります。
 さらに、食いしばると、食物の受け入れ態勢を取ろうと、胃の入り口である噴門が反射的にゆるみます。寝た姿勢で食いしばれば、ゆるんだ噴門からたやすく胃酸が逆流して、逆流性食道炎や酸蝕歯(酸によって歯が溶ける症状)を起こすのです。

 このように、食いしばりは全身に影響を与えて、不調を誘発する元凶なのです。
 実際、食いしばりによる筋肉の過緊張をほぐしたら、その場ですぐ、高かった血圧が20~30㎜Hg下がったり、耳鳴りの音が小さくなったり、ひざが痛くて歩けなかった人がすたすた歩けるようになったといった例は、私たちのクリニックでは日常茶飯事です。

ストレスとパソコン作業が食いしばりを誘発

「私は食いしばっていないから大丈夫」。そう他人事のように考えているかもしれません。
 しかし、残念ながら、私の臨床実感では、日本の現代人の90%以上が、上唇と下唇を閉じたとき、上下の歯がどこかで当たっている「食いしばり」を起こしています。
 たとえ強く嚙みしめていなくても、歯と歯が少しでも当たっていれば、食いしばりなのです。唇が接していても、上下の歯の間には2〜3㎜のすき間があるのが、正常な状態です。

 これほど食いしばりが多くなった原因は、現代のストレス社会と生活環境が大きく影響しているのでしょう。
「歯を食いしばって耐える」という表現があるように、強いストレスや苦痛があるとき、私たちは無意識に歯を食いしばります。食いしばると、鎮痛作用を持つ「βエンドルフィン」という脳内麻薬が分泌され、苦痛が軽減されるからです。
 強いストレスに常にさらされている人は、手っ取り早く脳内麻薬を分泌しようと、意識しないうちに食いしばるのが癖になってしまうのです。 

 また、パソコンやスマートフォンなどの普及も、食いしばりに拍車をかけています。
 ためしに、スマートフォンを手に持ち、画面を見ながら口を開けてみてください。首が前に倒れて頭が落ちた姿勢で口を開けるのは、とてもやりにくいはずです。その状態だと、上下の歯がついていませんか?

 また、パソコンはさらに悪影響です。頭を前に突き出して画面を見ながら、手のひらを下にして机の上に手を置くような姿勢を取ると、肩が前に巻き込まれてネコ背になりやすく、食いしばりを誘発します。

 そこで私が患者さんたちに勧めているのが、「開口ストレッチ」です。巻き込んだ肩を広げてから、10秒くらい、ゆっくり、ぽかんと口を開けてみてください。
 口を開けながら、食いしばることはできません。そして、ときどき口を開けることを意識することで、上下の歯と歯が接さないように、意識できるようになるのです。
 開口ストレッチを1日1回以上続けていると、食いしばりが起こりにくい頸椎やあごの位置になります。肩こりや頭痛にも効果がありますし、ストレートネック(※)の治療にもなりますから、ぜひお勧めします。

 顎関節症でも、口を開けるとカクカクと音がするだけなら、特に気にする必要はありませんが、痛みが出る人は、無理をせず、痛まない範囲で、ゆっくりと、力を入れずに口を開けてください。続けるうちに、しだいに滑らかに口が開くようになっていきます。

吉野敏明
 神奈川県横浜市出身。1993年、岡山大学歯学部卒業。歯学博士。日本歯周病学会指導医・専門医。歯周病原細菌検査を用いた歯周治療の、日本における第一人者。医科(内科)と歯科が連携し、東洋医学と西洋医学を包括した治療を実践。『健康でいたいなら10秒間口を開けなさい](PHP新書)、『口元美人化計画』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)など著書多数。「アスクレピオスの杖」(TOKYO MX)などテレビへの出演も多い。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【腰椎圧迫骨折が改善】ぎっくり腰、膝痛にも効果を発揮した「アザラシポーズ」Before&After

【腰椎圧迫骨折が改善】ぎっくり腰、膝痛にも効果を発揮した「アザラシポーズ」Before&After

高齢者でも簡単にでき、効果の高い動作を厳選した「アザラシポーズ」と「上体起こし運動」を採用し、さまざまな症例の患者さんにこの二つの体操を行ってもらったところ、想像以上の効果が得られました。しっかりと実践したすべての例で、腰痛が改善し、姿勢がよくなったのです。【解説】太田邦昭(太田整形外科院長)


【突発性難聴】耳鳴りと音割れの症状が「耳こすり」で改善!あご痛も軽減した

【突発性難聴】耳鳴りと音割れの症状が「耳こすり」で改善!あご痛も軽減した

2年前の冬の朝、テレビの音が聞こえないことで、左耳の不調に気づきました。 検査の結果、突発性難聴で「症状は重め」と診断されました。ステロイド剤の点滴などで、低い音域は聞こえるようになりましたが、高い音域は戻らなかったのです。そうこうするうちに、耳鳴りが始まりました。【体験談】佐藤沙織(仮名・会社員・32歳) 


【歯科医推奨】顎の痛みが取れた!「足の中指をもむ」と全身の歪みが取れる小顔になる!

【歯科医推奨】顎の痛みが取れた!「足の中指をもむ」と全身の歪みが取れる小顔になる!

私の歯科医院では、あごや歯の治療と並行して、足の指の調整を行い、症状の改善に効果を上げています。足の指の調整を行って、体のゆがみを取り除くことで、症状の再発を防ぐこともできるのです。【解説者】笠茂享久(笠茂歯科医院院長)


【夜間頻尿・便秘を改善】30秒当てるだけで自律神経が整う「仙骨シャワー」のやり方

【夜間頻尿・便秘を改善】30秒当てるだけで自律神経が整う「仙骨シャワー」のやり方

「腰が痛くて長時間座れない」「体がいつも疲れている」「夜中に何度も目が覚めてトイレに行く」「不妊治療を続けているが妊娠の兆しがない」――。根本的な原因を探っていくと、すべて2つの原因(①血流の悪化②自律神経の乱れ)に集約されます。【解説】中野朋儀(自治医科大学附属病院麻酔科・鍼灸師)


【不眠改善】私のイチオシの入眠方法は「枕元に○○」を置くだけ 睡眠導入剤に頼らなくてよくなった!

【不眠改善】私のイチオシの入眠方法は「枕元に○○」を置くだけ 睡眠導入剤に頼らなくてよくなった!

2年ほど前のことです。健康雑誌を読んでいたところ「タマネギをみじん切りにして枕元に置くと不眠に有効」という記事を見つけました。におい成分に、眠りを誘う効果があるのだそうです。薬嫌いの私にとって、この方法はまるで天からの贈り物のように感じられました。【体験談】和田太郎(仮名・大阪府・84歳会社員)


最新の投稿


【クレアチニン値を下げる運動】で腎臓病が改善!ネフローゼの尿たんぱくが陰性になった!

【クレアチニン値を下げる運動】で腎臓病が改善!ネフローゼの尿たんぱくが陰性になった!

多くの人は、太い動脈の血流には注意を払いますが、毛細血管の流れには無頓着です。しかし、全身の臓器が健康に働くためには、毛細血管がなにより大事。【解説者】渡辺完爾(渡辺医院院長)


【チーズの健康効果ベスト6】ダイエットには運動後60分以内に摂取がお勧め!虫歯を防ぐ効果も

【チーズの健康効果ベスト6】ダイエットには運動後60分以内に摂取がお勧め!虫歯を防ぐ効果も

チーズは良質のたんぱく質とカルシウムの供給源で、筋力や骨の強化を助ける食品。ダイエット効果、筋力をつける効果、骨粗鬆症を防ぐ効果、血圧を下げる効果、虫歯を防ぐ効果、認知症を防ぐ効果など代表的なチーズの健康効果をお話ししましょう。【解説】齋藤忠夫(東北大学大学院農学研究科教授)


【猫背が楽な理由】楽な姿勢なら、そのほうが体に良いのでは?

【猫背が楽な理由】楽な姿勢なら、そのほうが体に良いのでは?

良い姿勢より、ネコ背でいるほうがらくに感じます。こういう場合、リラックスすることが大切なら、ネコ背のほうが体への負担が少ないのではありませんか。【回答】竹谷内康修(竹谷内医院カイロプラクティックセンター院長)


【ダイエット】20kg10kg自然にやせる人が続出!寝る前9回でやせる「太学功ストレッチ」で便秘も解消!

【ダイエット】20kg10kg自然にやせる人が続出!寝る前9回でやせる「太学功ストレッチ」で便秘も解消!

私たちの体には、気功や中医学の世界で気と呼ばれる生命エネルギーが巡っています。気の流れが滞ったり気が不足したりすると、血液などの流れも滞ります。太学功ストレッチは、気の流れを促してこの状態を解消し、脳に「気は十分あるよ」と認識させて、やせる方法です。【解説】丁治紅(太学功 氣功療法研究所会長)


【ダイエット効果】太学功ストレッチ「猫のポーズ」のやり方

【ダイエット効果】太学功ストレッチ「猫のポーズ」のやり方

私たちの体には、気功や中医学の世界で気と呼ばれる生命エネルギーが巡っています。気の流れが滞ったり気が不足したりすると、血液などの流れも滞ります。太学功ストレッチは、気の流れを促してこの状態を解消し、脳に「気は十分あるよ」と認識させて、やせる方法です。【解説】丁治紅(太学功 氣功療法研究所会長)


ランキング


>>総合人気ランキング