【口をぱくぱく】開け閉めすると…内臓、血管、筋肉、神経が元気になるってホント?

【口をぱくぱく】開け閉めすると…内臓、血管、筋肉、神経が元気になるってホント?

口をぱくぱくと開け閉めすると、体と心の中にいる「インナードクター(内なる医師)」が呼び起こされ、腰痛、不眠、肩こり、高血圧、胃腸炎、頻尿、便秘、顎関節症、アトピー性皮膚炎、更年期障害など、さまざまな病気や不調が改善する可能性があるのです。【解説】筒井重行(風楽自然医療研究所所長)


筒井重行
 1971年、九州歯科大学卒業。東京医科歯科大学、昭和大学歯科病院をへて、88年、歯学博士取得。95年、早稲田医療専門学校鍼灸科卒業。鍼灸師。2008年、風楽自然医療研究所開設。40年以上、顎関節症の治療に従事する中で、西洋医学と東洋医学をベースにした新たな医療体系を開発。自律神経失調症、頭痛、腰痛、耳鳴りなど、多くの症状を改善させている。著書に『「口をぱくぱくする」と超健康になる』(マキノ出版)がある。

原初的な生命活動を担う迷走神経

 私はかねてから、「人間の体には、健康体になるための未知のスイッチがある」と考えていました。
 そして、ついに、最強のスイッチを発見しました。それが「口ぱくぱく法」です。

 口をぱくぱくと開け閉めすると、体と心の中にいる「インナードクター(内なる医師)」が呼び起こされ、必要な働きが自発的に行われて、内臓、血管、筋肉、神経が元気になります。
 そして、腰痛、不眠、肩こり、高血圧、胃腸炎、頻尿、便秘、顎関節症、アトピー性皮膚炎、更年期障害など、さまざまな不調や病気が自然と改善していくのです。

 では、なぜ口ぱくぱく法で、体の不調がよくなるのでしょうか。その理由はずばり、口を開閉することで、「迷走神経」という、重要な神経の働きを活性化できるからです。

 迷走神経は、脳神経の一つです。脳神経とは、脳から末梢の組織に延びている12対の神経で、それぞれに異なる特徴と役割があります。
 迷走神経の最大の特徴は、12対の脳神経の中で最長の神経で、体内に最も広く分布している、原初的な生命活動を担う神経だということです。
 ほかの11対の脳神経は、どれも首から上に分布しているのに対し、迷走神経は、脳神経の中で唯一、胸部や腹部にまで延びています。栄養を取り込む口と排泄する肛門、それをつなぐ消化器をコントロールする神経だった迷走神経は、進化によって内臓が分化するにしたがって、受け持ちが増えていきました。
 その結果、迷走神経は、体内で複雑に枝分かれしつつ、肺、心臓、胆嚢、脾臓、食道、胃、膵臓、副腎、腎臓、小腸、大腸の上まで延びるようになったのです。

 迷走神経を活性化することは、自律神経のバランスを整えることにもつながります。
 自律神経には、拮抗して働く「交感神経」と「副交感神経」があります。アクセルとブレーキに当たる、この二つの神経のバランスが取れているのが、健康な状態です。
 しかし多忙な現代人の多くは、不規則な生活、ストレス、運動不足などにより、交感神経が優位になった状態が慢性化しています。すると、体内は興奮・緊張状態になり、消化や吸収などの働きが低下し、体の不調が生じやすくなるのです。
 そこで、交感神経の働きを抑えるために、体内を安静化させる副交感神経の働きを高めることが、心身の健康のために不可欠です。その副交感神経を活性化させる最大の鍵が、迷走神経です。

 実は、解剖学的には、交感神経、副交感神経という神経はありません。交感神経、副交感神経というのは、その機能による分類なのです。
 そして副交感神経機能の大部分を占めているのが迷走神経です。すなわち、迷走神経を活性化することこそが、副交感神経の活性化にほかならないのです。

脳の近くの瘀血を押し流す効果がある

 では、口をぱくぱくすると、なぜ迷走神経を活性化できるのでしょう。

 実は、迷走神経が脳幹から内臓に向かって延びるのが、口の開閉によって動く下あごの骨や、側頭骨(耳の周囲を形成する骨)からの振動が、ちょうど伝わりやすい位置なのです。
 つまり、口をぱくぱくと動かすことで、直に、迷走神経を刺激することができるのです。

 また、上あごの後方の奥には、翼突筋静脈叢という血管の密集する場所があります。脳を回った血液は、この静脈叢を通って心臓に戻りますが、ここは瘀血がたまりやすい部分です。
 瘀血とは、東洋医学でいう血流の滞りのことで、それが原因でさまざまな不調や病気が起こるとされています。

 口ぱくぱく法は、この静脈叢にも刺激を与えることができます。それによって、静脈叢を浄化することができ、瘀血を解消できると考えられるのです。
 口ぱくぱく法を行ったら、そのまま静かに体の声を、できれば15分ほど聞いてみましょう。
 中には、手足がバタバタと動いたり、体が揺れたりといった動きが、意志とは無関係に現れる人がいます。おなかがグルグルと鳴ったり、指先が熱くなったり、あくびが止まらなくなったりする人もいます。

 現れ方は人それぞれですが、全部、体と心が本来あるべき状態に戻ろうとするインナードクターからの処方せんです。その体の変化に身を任せてください。
 たとえ最初は、これといった体の変化を感じられなくても、体内は確実に健康な状態に変化しています。毎日続けているうちに、その効果を実感できるようになるはずです。  以前、講習会で、「KPPでPPKやな」とうまいことを言ってくれた人がいました。その心は「口(K)ぱく(P)ぱく(P)でピン(P)ピン(P)コロリ(K)」だそうです。みなさんもぜひ続けてください。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


星野源さんもやせた「キャベツダイエット」のやり方 !糖尿病や高血圧も改善する

星野源さんもやせた「キャベツダイエット」のやり方 !糖尿病や高血圧も改善する

キャベツを食べるだけでも、おなかはかなり満たされます。おかずは今までどおりの量でかまいませんが、ご飯を半分程度にします。それでも、私の経験では「おなかいっぱいで、もう食べられない」というくらいの満腹感が味わえます。キャベツの食物繊維の作用で、次回の食事までの空腹感も感じにくくなります。【解説】寺師義典(寺師医院院長)


【血圧を下げる対策】日本人に多い食塩感受性高血圧とは?「しょうゆスプレー」がお勧め

【血圧を下げる対策】日本人に多い食塩感受性高血圧とは?「しょうゆスプレー」がお勧め

日本の食は全般的にヘルシーですが、一つ大きな難点があります。それは塩分が過剰だということです。減塩することはとても重要ですが、高塩分に慣れた人が塩分を減らそうとしても、物足りなさを感じて難しいものです。そこで、まず簡単にできる減塩の入門として私が提唱しているのが「しょうゆスプレー」です。【解説】日下美穂(日下医院院長)


非アルコール性脂肪肝炎(ナッシュ)が改善!生活習慣病を予防する「ファイトケミカルスープ」とは

非アルコール性脂肪肝炎(ナッシュ)が改善!生活習慣病を予防する「ファイトケミカルスープ」とは

私の治療の理想は、患者さんが薬だけに頼るのではなく、食事など生活習慣の重要性に気づいて見直していただくことです。そうすれば、難しい病気であっても改善する可能性はじゅうぶんにあります。【解説】髙橋弘(麻布医院院長・ハーバード大学医学部元准教授)


【慈恵医大の入院食】食後血糖値を下げる効果 お昼の「麦ごはん」で患者さんの便秘も解消

【慈恵医大の入院食】食後血糖値を下げる効果 お昼の「麦ごはん」で患者さんの便秘も解消

東京慈恵会医科大学附属病院では、入院患者さんへの昼食に、毎日、大麦が3割入ったごはんを出しています。大麦は、ビタミンB群やミネラル類を多く含む栄養豊富な食材です。成分の中でも特筆すべきなのが、食物繊維の多さです。【解説】濱裕宣(東京慈恵会医科大学附属病院 管理栄養士)


【便秘を解消】人気の慈恵医大式「大麦レシピ」で免疫力もアップ!

【便秘を解消】人気の慈恵医大式「大麦レシピ」で免疫力もアップ!

東京慈恵会医科大学附属病院では、入院患者さんへの昼食に、毎日、大麦が3割入ったごはんを出しています。調理が簡単で美味!便秘を解消し免疫力もアップと人気の慈恵医大式「大麦レシピ」をご紹介します。【監修】濱裕宣(東京慈恵会医科大学附属病院・管理栄養士)


最新の投稿


【ブロッコリーの栄養】茹ですぎに注意!便秘解消・シワ対策に効果のある食べ方・使い方

【ブロッコリーの栄養】茹ですぎに注意!便秘解消・シワ対策に効果のある食べ方・使い方

ブロッコリーは、野菜の中でも栄養が飛び抜けて豊富で、多くの健康効果や美容、ダイエットにも効果を期待できる、まさに「野菜の王様」です。体にいい成分の宝庫であるブロッコリーを、積極的に食生活に取り入れない理由はありません。【解説】木村至信(秋山眼科医院耳鼻咽喉科部長、木村至信BANDリーダー)


【肩こり・五十肩を改善】痛みやしびれをすぐに解消する体操「手首振り」

【肩こり・五十肩を改善】痛みやしびれをすぐに解消する体操「手首振り」

手のしびれ、肩こり、五十肩、腱鞘炎、腕や手の疲れとそれによる痛みなど、手・腕・肩のトラブルに悩まされている人は多いものです。わずか1〜2分で簡単にできるバンザイ手首振りは、血液とリンパ(体内の余分な水分や老廃物、毒素などを運び出す体液)の流れを劇的に改善させます。【解説】宮本啓稔(新宿西口治療院院長)


【直腸性便秘】便を出す効果的な方法「考える人のポーズ」 大腸肛門科専門医が実験で確認

【直腸性便秘】便を出す効果的な方法「考える人のポーズ」 大腸肛門科専門医が実験で確認

便秘は①大腸の動きが遅く便がなかなか直腸まで下りてこない②便は直腸まで下りてきているが、うまく排出できない のタイプです。②を「直腸性便秘」と呼びます。便意を感じにくくなる、便が非常に硬くなる、残便感がある、排便時に痛みや違和感があるなどの特徴があります。【解説】高野正太(大腸肛門病センター高野病院肛門科部長)


【生活習慣病を予防】漬けるだけで超簡単「酢ピーナッツ」の作り方

【生活習慣病を予防】漬けるだけで超簡単「酢ピーナッツ」の作り方

ピーナッツと酢を組み合わせた「酢ピーナッツ」は、さまざまな健康効果をいいとこ取りした食品です。カリカリ食感とほどよい酸味が絶妙で、お茶請けやお酒のおつまみなどにぴったり!漬けるだけでできる超簡単な酢ピーナッツを、ぜひ皆さんもお試しください!【料理・栄養計算・スタイリング】五十嵐ゆかり(料理研究家・管理栄養士)


【肝臓病とは】A型肝炎 B型肝炎 C型肝炎の違いは? 急性と慢性の違いは? (子供でも分かる大人の病気)

【肝臓病とは】A型肝炎 B型肝炎 C型肝炎の違いは? 急性と慢性の違いは? (子供でも分かる大人の病気)

肝臓は多数の肝小葉という単位が集まった臓器で、「人体の化学工場」といわれ、胆汁を生成して消化を助けるほか、栄養分の分解や貯蔵、解毒、排泄など、重要な働きをしています。【解説】川嶋朗(東洋医学研究所附属クリニック自然医療部門医師・東京有明医療大学教授)