【簡単】メニエール病のめまいに効果 耳鳴りや難聴も改善 「20秒の耳たぶさすり」

【簡単】メニエール病のめまいに効果 耳鳴りや難聴も改善 「20秒の耳たぶさすり」

昨今、耳鳴りや難聴の症状にお悩みのかたが多くなっています。私の治療院にも、連日、耳の不調を抱えた多くの患者さんが来院されますが、その大半が病院で診てもらったものの改善しなかったかたがたです。【解説】武智大輔(たけちはり灸院院長)


上下にさするだけで 耳全体の機能が高まる!

 昨今、耳鳴りや難聴の症状にお悩みのかたが多くなっています。私の治療院にも、連日、耳の不調を抱えた多くの患者さんが来院されますが、その大半が病院で診てもらったものの改善しなかったかたがたです。

 私の治療院では、反応点治療を用いた方法を実践し、病院やほかの治療院でよくならなかった人たちの症状に対しても大きな成果を上げています。
 反応点といっても、皆さんご存じないかと思います。これは、私の師である反応点治療研究会の河村廣定先生が確立した概念であり、治療法です。

 反応点治療の考え方によると、血管や臓器、筋肉といった体のあらゆる器官は、自律神経を介して皮膚に情報が現れるとされています。自律神経とは、私たちの生命活動の根幹を担っている最も中枢的な神経だとお考えください。

 例えば、あなたが消化不良でお困りで、胃腸の働きが悪くなっているとしましょう。すると、胃腸の状態が自律神経を介して、胃と腸に適応した皮膚上に反応として現れます。そこだけ皮膚の弾力が低下し、触れると指が皮膚に吸い込まれるようになるのです。これが、反応点です。反応点とは、東洋医学の一般的なツボとは異なり、自律神経の働きによって生じる生理的な反応といえます。

 耳鳴りやめまいなどの多くは、耳の内部にある組織の不調が根本的な原因です。耳の反応点はどこかというと、それは、耳の周辺部に点在しています。耳たぶと呼ばれる場所のつけ根辺りに、内耳点、中耳点、外耳点があります(左㌻の図参照)。内耳、中耳、外耳とは、それぞれ耳の組織の名称です。

 反応点は、刺激を加えることで、適応する器官の働きを高めることができます。つまり、内耳点、中耳点、外耳点を刺激すれば、耳全体の機能が高まり、耳鳴りやめまいといった症状の改善につながるのです。

 その方法として、最も簡単で高い効果を上げているのが、「耳たぶさすり」です。人差し指と中指で耳たぶのつけ根辺りを軽くはさんで、上下にさするだけ。誰でもどこでも行える、とても簡単なセルフケア法です。

2週間のハワイ旅行にも 行けるようになった!

 耳たぶさすりは、あまり力を入れ過ぎないようにしてください。軽く触れる程度の力で、20秒ほど上下にさすりましょう。これを1日に数回行うことで、内耳、中耳、外耳それぞれの働きが高まり、耳鳴りやめまいの改善が期待できます。もし、片方の耳にしか症状がなかったとしても、必ず両耳を同時に刺激しましょう。

 私は患者さんに対し、耳たぶさすりを必ず指導するようにしていますが、やはり改善効果が高いのは、毎日根気よく続けるかたです。
 例えば、50代後半の女性Aさんです。Aさんはメニエール病を患い、一度病院に入院されました。しかし症状はよくならず、退院後もめまいがひどくて日常生活もままならなかったといいます。仕事にも復帰できずに、そのまま引きこもり状態になってしまったそうです。

 当院に来たのは、そのあとです。めまいのせいで車を運転することができなかったので、家族が運転する車で来院されました。
 通院治療に加え、耳たぶさすりを指導し、自宅で毎日行ってもらいました。毎日熱心に続けたことが功を奏したのでしょう。徐々に症状は快方へと向かい、3ヵ月ほどで職場に復帰できるまでに回復。めまいの症状はほとんど起こらなくなっていました。

 治療開始から5ヵ月後には、全くめまいは起こらなくなり、みごとに完治したのです。2週間にわたる長期のハワイ旅行にも出かけられるようになったと喜んでおり、そのときのうれしそうな顔が印象的でした。

 耳鳴りやめまいは、中高年がかかる病気だと思われがちですが、若くして発症するかたも少なくありません。女子高校生のBさんもその一人。Bさんは、鼻炎を発症したのがきっかけで、左耳にキーンという高音の耳鳴りが響くようになりました。加えて、頭痛や吐き気もあったといいます。

 当院に来られ、治療とともに、耳たぶさすりを毎日行うように指導しました。4ヵ月経過した現在も治療中ですが、耳鳴りは、ほとんど起こらなくなりました。頭痛や吐き気も感じなくなったといいます。
 このお二人からもわかるように、治療に大事なことは、1日に何度も行って根気よく毎日継続することです。皆さんも耳たぶさすりを習慣にして、健康な耳を取り戻しましょう。

「毎日続けてください」と武智先生

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【夏太りを予防】有効成分を丸ごと「レモン酢ダイエット」とは  高血圧、耳鳴りに著効

【夏太りを予防】有効成分を丸ごと「レモン酢ダイエット」とは 高血圧、耳鳴りに著効

レモンは、数あるかんきつ類のなかでも、有効成分や機能性成分を豊富に含むフルーツです。果肉や果汁はもちろんのこと、厚みのある皮にも健康に役立つ成分がぎっしり含まれています。そうしたレモンの果肉と皮の成分をあますところなく取れるのが、「レモン酢」です。【解説】本橋登(薬学博士・インド国立大学博士論文審査官)


【不眠が改善】自律神経を整える「オルゴール療法」で不安感や頭痛も解消した

【不眠が改善】自律神経を整える「オルゴール療法」で不安感や頭痛も解消した

頭痛やめまい、不安症といった症状とともに生じる不眠は、睡眠薬などの効果が不十分であることも多く、対処が難しいのが特徴です。このような不眠に対して、私が5年前から治療に導入して、効果を感じているのが「オルゴール療法」です。【解説】星野茂(ほしの脳神経クリニック院長)


【補聴器で聞こえない】人工聴覚器の難聴治療「EAS(残存聴力活用型人工内耳)」とは

【補聴器で聞こえない】人工聴覚器の難聴治療「EAS(残存聴力活用型人工内耳)」とは

難聴になると補聴器を装用するのが一般的ですが、改善効果が得られない人もいます。しかし近年、補聴器とは異なるしくみで聴覚を代替する「人工聴覚器」が普及し、重症の難聴も治療可能になってきています。難聴の最新治療について、岩崎聡先生に伺いました。【解説】岩崎聡(国際医療福祉大学三田病院教授、耳鼻咽喉科部長)


【物忘れを改善する食事】ニンニク油で記憶力が回復 高血圧やめまいも撃退

【物忘れを改善する食事】ニンニク油で記憶力が回復 高血圧やめまいも撃退

ニンニク油は脳によい理由の一つは「アホエン」という物質です。多くの研究が行われており①抗酸化作用②血小板凝集抑制作用③血中コレステロール値改善④尿酸値改善・抗ガン作用⑤殺菌、抗ウイルス作用、また近年の研究で、記憶力の向上や認知症の予防に役立つことがわかってきました。【解説】篠浦伸禎(都立駒込病院脳神経外科部長)


【腰痛・膝痛が改善】痛みやしびれを改善する「操体法」とは ぎっくり腰もすぐ楽に

【腰痛・膝痛が改善】痛みやしびれを改善する「操体法」とは ぎっくり腰もすぐ楽に

「寝床で足をモゾモゾする」だけで病気や痛みが快方に向かう。こう言うと「えっ」と驚くかたもいると思います。しかし、これは実は「操体」という健康法の基本的な動きの1つです。では、操体とはどういうものなのでしょうか。【解説】北村翰男(奈良操体の会主宰・薬剤師・鍼灸師)


最新の投稿


【やり方】遠くの大切な人の体と心を癒す宗茂流「遠隔気功」

【やり方】遠くの大切な人の体と心を癒す宗茂流「遠隔気功」

他人の体を動かせるほどの強い気を身につけるにはかなりの鍛錬が必要ですが、この手のひらの気を自分や家族の健康に役立てることはできるかもしれません。手のひらから相手の体に気が入り、全身を巡っていくことをイメージしながら気を送ってみましょう。【解説】宗茂(宗茂気功健康塾塾長・元オリンピック男子マラソン代表)


【便秘を改善】腸内環境を整える「足の裏もみ」 揉んでる最中から便意を感じた!

【便秘を改善】腸内環境を整える「足の裏もみ」 揉んでる最中から便意を感じた!

皆さんのなかには、食事や運動に気を配ってもお通じがよくならない、という人も多いのではないでしょうか。これは、腸から脳への指令がうまく伝わっていないことが考えられます。【解説】劉勇(コリトレール治療院総院長・鍼灸師・医学博士)


【うつ改善・安眠効果】不安や恐怖、心の悩みが軽くなる「足裏タワシ」

【うつ改善・安眠効果】不安や恐怖、心の悩みが軽くなる「足裏タワシ」

実際にクリニックを開設し、日々、患者さんに接していると、「体が健康でないと、心も健康にならない」ことがわかります。例えば、「ストレスを感じると動悸がする」という患者さんは、「動悸がすると不安が強くなり、それがまた動悸につながる」といいます。【解説】木村昌幹(アイさくらクリニック院長)


【写真付き】自分に自信が持てる「アドラー式お片づけ」Before&After

【写真付き】自分に自信が持てる「アドラー式お片づけ」Before&After

衝撃の前後写真満載!生きる力と勇気がわく「アドラー式お片づけ」をご紹介します。アドラー心理学にある「目的論」の考え方。なりたい自分に向かって行動するからこそ、あなたの考え方が変わり、部屋が変わり、次第に人生が変わっていくのです。【解説】丸山郁美(勇気づけホームオーガナイザー)


【書き方】片付けスイッチをオンにする「アドラー式お片づけ練習帳」とは?

【書き方】片付けスイッチをオンにする「アドラー式お片づけ練習帳」とは?

家庭では「きれい」よりも「居場所があること」がたいせつ。完璧を目指すよりも、このサイクルを軽やかに回すことで、快適な自分たちならではの家が作られていくのです。【解説】丸山郁美(勇気づけホームオーガナイザー)