血液も腸も肌もきれいに!「こうじ納豆」は高血圧や脳梗塞、骨粗鬆症にまで有効

血液も腸も肌もきれいに!「こうじ納豆」は高血圧や脳梗塞、骨粗鬆症にまで有効

私が、納豆の中に血栓を溶かすナットウキナーゼという酵素を発見したのが1980年、以来さまざまな発酵食品の研究をしてきました。微生物の力で人間にとって有用な成分を生み出す発酵食品には、計り知れないパワーがあると実感しています。 「こうじ納豆」は大変優れた組み合わせだといえます。【解説】須見洋行(倉敷芸術科学大学教授) 


→こうじ納豆の作り方はコチラ

計り知れないパワーの 優れた組み合わせ

 私が、納豆の中に血栓(血液の塊)を溶かすナットウキナーゼという酵素(体内での化学反応を促進する物質)を発見したのは、1980年のことです。それ以来、さまざまな発酵食品が持つ生理作用に関心を持ち、研究を続けてきました。

 微生物の力で人間にとって有用な成分を生み出す発酵食品には、計り知れないパワーがあると実感しています。
 発酵食品の一つ「こうじ納豆」は、糸引き納豆とこうじを合わせて作りますが、これは、そうしたパワーという意味でも、大変優れた組み合わせといえるでしょう。
 納豆は、よく知られているとおり、煮大豆を納豆菌で発酵させて作る食品です。また、こうじはカビの一種で、みそやしょうゆ、酒、酢、みりんなど、日本を代表する発酵食品に欠かせない菌です。

 それではまず、それぞれの食品の持つ主な機能性を簡単にご紹介しましょう。

【納豆の主な作用】
①血管の詰まりを防ぐ
 納豆に含まれるナットウキナーゼには、血栓を溶かす強力な作用があります。血栓によって血管が詰まって起こる脳梗塞や心筋梗塞、老人性認知症などを防ぐ効果が期待できます。

②血圧を下げる
 納豆のレシチンやリノール酸は、血液中の中性脂肪や悪玉コレステロールを減らし、血液をサラサラにする働きがあります。また、納豆のたんぱく質は血管の弾力性を高めてくれるので、これらの作用で高血圧や動脈硬化の予防に役立ちます。

③骨粗鬆症を予防する
 納豆に含まれる女性ホルモン様のイソフラボンという成分は、加齢とともに増える女性のカルシウム消失を防ぐのに有効です。また、納豆菌が作り出すビタミンK₂が、カルシウムの吸収を促進するので、骨粗鬆症(カルシウム不足によって骨がもろくなる病気)の予防も期待できます。

④腸をきれいにする
 納豆の食物繊維が腸の蠕動運動(腸が内容物を肛門のほうへ送る動き)を促進し、納豆菌が腸内の善玉菌の活性を促します。つまり、腸内環境が整い、便秘を予防・改善してくれます。

⑤肌をきれいにする
 腸がきれいになり、新陳代謝が促進されることで、肌の代謝もよくなるし、納豆に含まれる酵素によって、体の内側から肌をきれいにしてくれます。

⑥食中毒を防ぐ
 納豆菌には、食中毒の原因となるO-157やサルモネラ菌に対する抗菌作用があります。

こうじ納豆は病気予防の最強食品!

放射性物質の 除去効果も期待

 次に、こうじです。

 こうじ菌の種類は、200種類以上あり、菌の種類によって働きも異なります。例えば、「紅こうじ」のようにコレステロール値を下げる効果のある菌もあります。
 日本でみそや日本酒、米酢、みりんなどによく使われているのは、「ニホンコウジカビ(学名アスペルギルス・オリゼー)」で、「黄麹菌」とも呼ばれます。

【こうじの主な作用】

①消化吸収を助ける
 でんぷんをブドウ糖に分解するアミラーゼ、たんぱく質をアミノ酸に分解するプロテアーゼ、脂肪をグリセリンと脂肪酸に分解するリパーゼなど、こうじから生まれる消化分解酵素が食べ物の消化吸収を助けます。
 また、食品にこうじを加えることで、食品の糖の甘味やたんぱく質の旨味を引き出し、おいしさが増します。

②ビタミンB群を作る
 こうじは、ビタミンB₁やB₂を豊富に作り出します。こうじで作る甘酒は「飲む点滴」といわれ、古くから夏のビタミン補給として飲まれてきました。

③血圧を下げる
 ネズミの実験などで、こうじには血圧を下げる作用のあることがわかっています。

④肌を白くする
 こうじに含まれる「こうじ酸」には、メラニン色素を抑制する働きがあり、美白化粧水にも使われています。

⑤腸内環境を整える
 こうじ菌によって乳酸菌が増殖しやすくなり、腸内の善玉菌を増やして腸内環境を整えてくれます。
 納豆とこうじは、組み合わせてもそれぞれの菌がケンカすることはありません。それぞれが持つ作用は、そのまま生きてくると思います。それどころか、納豆特有のにおいは少なくなるので、より食べやすくなるでしょう。

 両方のいいとこ取りができるこうじ納豆は、血液、腸、肌をきれいにし、病気予防にも役立つ素晴らしい発酵食品といえるのではないでしょうか。
 さらに注目すべきは、放射性物質の除去効果が期待できることです。長崎に原爆が落とされたとき、みそ蔵にこもって、毎日みそを食べていた人が、後遺症もなく助かったという話があります。これはおそらく、みそを作るときに使うこうじの作用だと考えられます。

 また、納豆に含まれるジピコリン酸にも、放射性物質の除去効果があることがわかっています。
 多くの可能性を秘めたこうじ納豆の発酵食品パワーを、ぜひ皆さんの健康に役立ててください。

発酵食品の研究者・須見先生

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【眼科医が解説】網膜血管閉塞症の人は「納豆」を積極的に食べることをお勧め

【眼科医が解説】網膜血管閉塞症の人は「納豆」を積極的に食べることをお勧め

血栓症といえば、心筋梗塞や脳梗塞が知られていますが、目の網膜(眼球の内壁を覆う膜)の血管が詰まる病気もよく見られます。原はさまざまですが、特に中高年の場合は、動脈硬化によるものが多いようです。納豆は、このような血栓症の改善に効果が期待できるのです。【解説】玉井嗣彦(鳥取大学名誉教授、日野病院名誉病院長)


自治医大病院の「血管若返り筋トレ」で毛細血管が増える!血圧が下がる!

自治医大病院の「血管若返り筋トレ」で毛細血管が増える!血圧が下がる!

これまで、入院患者さん向けの、いわゆる「リハビリ体操」はありましたが、外来の患者さんが希望するような体操はありませんでした。そこで私たちは、血圧を上げる要因である、末梢の「血管抵抗」を減らす筋トレを考案することにしました。【解説】金子 操(自治医科大学附属病院リハビリテーションセンター室長・理学療法士)


【美白ブームに警鐘】過度に日焼けを恐れない! ― 骨粗しょう症予防に「日光浴」を

【美白ブームに警鐘】過度に日焼けを恐れない! ― 骨粗しょう症予防に「日光浴」を

近年、太陽光線は、浴びすぎると皮膚ガンになるなどといわれ、すっかり悪者になっています。しかし、太陽光線は私たちが生存していくために欠かせないものです。将来の脊柱管狭窄症を予防する意味でも、じゅうぶんに日光を浴びて、体内にビタミンDを生成しておくことが重要なのです。【解説】宇都宮光明(サナモア中央診療所所長・医学博士)


便秘を改善し美肌をつくる!高血圧、肥満予防に!今人気の発酵食「こうじ納豆」

便秘を改善し美肌をつくる!高血圧、肥満予防に!今人気の発酵食「こうじ納豆」

日本の発酵食品(しょうゆ、みそ、日本酒など)を作る上で、こうじはなくてはならないものです。こうじは、蒸した米や麦、大豆などに、こうじ菌という微生物を繁殖させたものでこうじ菌が作った栄養成分がぎっしり詰まっています。こうじについては多少の知識がありますので、少しお話しさせてください。【解説】浅利妙峰(糀屋本店女将) 


「冬の第1月曜日の朝」が退職しても危険な理由!

「冬の第1月曜日の朝」が退職しても危険な理由!

心筋梗塞などの心臓病が最も起こりやすいのは「冬の第1月曜日の朝」といわれています。体の中で24時間の時を刻む時計遺伝子があることが知られています。最新の研究で高血圧にも、この遺伝子が深く関わっているとわかってきました。時計遺伝子に関する新しい知識をぜひ生かしてみてください。【解説】大塚邦明(東京女子医科大学名誉教授 )


最新の投稿


【口をぱくぱく】開け閉めすると…内臓、血管、筋肉、神経が元気になるってホント?

【口をぱくぱく】開け閉めすると…内臓、血管、筋肉、神経が元気になるってホント?

口をぱくぱくと開け閉めすると、体と心の中にいる「インナードクター(内なる医師)」が呼び起こされ、腰痛、不眠、肩こり、高血圧、胃腸炎、頻尿、便秘、顎関節症、アトピー性皮膚炎、更年期障害など、さまざまな病気や不調が改善する可能性があるのです。【解説】筒井重行(風楽自然医療研究所所長)


食事制限なし運動なしで糖尿病・痛風を克服!実践した「耳もみ」のやり方とは

食事制限なし運動なしで糖尿病・痛風を克服!実践した「耳もみ」のやり方とは

私の治療室ではフランスのノジェ博士が提唱した「耳介医学」に沿って、耳針治療をしています。私が特に注目しているのは、耳の中央付近にある「星状神経節」に対応するポイントです。私は自分の糖尿病も耳への刺激治療で治しました。また、血糖値の高い患者さんに「耳もみ」を勧め効果を上げているのです【解説】塚見史博(塚見鍼灸治療室院長)


皮ごと摂取で飛蚊症改善!ダイエットや関節痛にも高い効果を発揮する【ショウガ氷】

皮ごと摂取で飛蚊症改善!ダイエットや関節痛にも高い効果を発揮する【ショウガ氷】

ショウガに含まれる、ジンゲロールとショウガオール(ショウガを加熱または乾燥すると、ジンゲロールがショウガオールに変化する)という二つの薬効成分が、病気や症状を改善する優れた効能をもたらします。【解説】石原新菜(イシハラクリニック副院長)


今日からあなたもジンジャラー!体の機能を高める【ショウガ氷】基本の作り方

今日からあなたもジンジャラー!体の機能を高める【ショウガ氷】基本の作り方

ショウガは、漢方薬の材料としても使われ、体のさまざまな機能を高めてくれることはよく知られています。ショウガを日常的に活用している人を「ジンジャラー」と呼びますが、私自身、自他ともに認めるジンジャラーです。1日に取るショウガの量は、およそ30g。さまざまな料理にショウガを使います。【解説】浜内千波(料理研究家)


【インフルエンザ予防に】ミカン丸ごと美味レシピ(2)

【インフルエンザ予防に】ミカン丸ごと美味レシピ(2)

ミカンの持つ、驚くべき薬効を知ったら、できれば皮ごとミカンを食べたくなってしまいますよね。そこで、このレシピでは、ミカンを皮ごとおいしくいただくレシピをご紹介します!どれも短時間で簡単に作れるものばかりです。【料理・レシピ考案】神田美紀(薬膳料理研究家)


ランキング


>>総合人気ランキング