血液も腸も肌もきれいに!「こうじ納豆」は高血圧や脳梗塞、骨粗鬆症にまで有効

血液も腸も肌もきれいに!「こうじ納豆」は高血圧や脳梗塞、骨粗鬆症にまで有効

私が、納豆の中に血栓を溶かすナットウキナーゼという酵素を発見したのが1980年、以来さまざまな発酵食品の研究をしてきました。微生物の力で人間にとって有用な成分を生み出す発酵食品には、計り知れないパワーがあると実感しています。 「こうじ納豆」は大変優れた組み合わせだといえます。【解説】須見洋行(倉敷芸術科学大学教授) 


→こうじ納豆の作り方はコチラ

計り知れないパワーの 優れた組み合わせ

 私が、納豆の中に血栓(血液の塊)を溶かすナットウキナーゼという酵素(体内での化学反応を促進する物質)を発見したのは、1980年のことです。それ以来、さまざまな発酵食品が持つ生理作用に関心を持ち、研究を続けてきました。

 微生物の力で人間にとって有用な成分を生み出す発酵食品には、計り知れないパワーがあると実感しています。
 発酵食品の一つ「こうじ納豆」は、糸引き納豆とこうじを合わせて作りますが、これは、そうしたパワーという意味でも、大変優れた組み合わせといえるでしょう。
 納豆は、よく知られているとおり、煮大豆を納豆菌で発酵させて作る食品です。また、こうじはカビの一種で、みそやしょうゆ、酒、酢、みりんなど、日本を代表する発酵食品に欠かせない菌です。

 それではまず、それぞれの食品の持つ主な機能性を簡単にご紹介しましょう。

【納豆の主な作用】
①血管の詰まりを防ぐ
 納豆に含まれるナットウキナーゼには、血栓を溶かす強力な作用があります。血栓によって血管が詰まって起こる脳梗塞や心筋梗塞、老人性認知症などを防ぐ効果が期待できます。

②血圧を下げる
 納豆のレシチンやリノール酸は、血液中の中性脂肪や悪玉コレステロールを減らし、血液をサラサラにする働きがあります。また、納豆のたんぱく質は血管の弾力性を高めてくれるので、これらの作用で高血圧や動脈硬化の予防に役立ちます。

③骨粗鬆症を予防する
 納豆に含まれる女性ホルモン様のイソフラボンという成分は、加齢とともに増える女性のカルシウム消失を防ぐのに有効です。また、納豆菌が作り出すビタミンK₂が、カルシウムの吸収を促進するので、骨粗鬆症(カルシウム不足によって骨がもろくなる病気)の予防も期待できます。

④腸をきれいにする
 納豆の食物繊維が腸の蠕動運動(腸が内容物を肛門のほうへ送る動き)を促進し、納豆菌が腸内の善玉菌の活性を促します。つまり、腸内環境が整い、便秘を予防・改善してくれます。

⑤肌をきれいにする
 腸がきれいになり、新陳代謝が促進されることで、肌の代謝もよくなるし、納豆に含まれる酵素によって、体の内側から肌をきれいにしてくれます。

⑥食中毒を防ぐ
 納豆菌には、食中毒の原因となるO-157やサルモネラ菌に対する抗菌作用があります。

こうじ納豆は病気予防の最強食品!

放射性物質の 除去効果も期待

 次に、こうじです。

 こうじ菌の種類は、200種類以上あり、菌の種類によって働きも異なります。例えば、「紅こうじ」のようにコレステロール値を下げる効果のある菌もあります。
 日本でみそや日本酒、米酢、みりんなどによく使われているのは、「ニホンコウジカビ(学名アスペルギルス・オリゼー)」で、「黄麹菌」とも呼ばれます。

【こうじの主な作用】

①消化吸収を助ける
 でんぷんをブドウ糖に分解するアミラーゼ、たんぱく質をアミノ酸に分解するプロテアーゼ、脂肪をグリセリンと脂肪酸に分解するリパーゼなど、こうじから生まれる消化分解酵素が食べ物の消化吸収を助けます。
 また、食品にこうじを加えることで、食品の糖の甘味やたんぱく質の旨味を引き出し、おいしさが増します。

②ビタミンB群を作る
 こうじは、ビタミンB₁やB₂を豊富に作り出します。こうじで作る甘酒は「飲む点滴」といわれ、古くから夏のビタミン補給として飲まれてきました。

③血圧を下げる
 ネズミの実験などで、こうじには血圧を下げる作用のあることがわかっています。

④肌を白くする
 こうじに含まれる「こうじ酸」には、メラニン色素を抑制する働きがあり、美白化粧水にも使われています。

⑤腸内環境を整える
 こうじ菌によって乳酸菌が増殖しやすくなり、腸内の善玉菌を増やして腸内環境を整えてくれます。
 納豆とこうじは、組み合わせてもそれぞれの菌がケンカすることはありません。それぞれが持つ作用は、そのまま生きてくると思います。それどころか、納豆特有のにおいは少なくなるので、より食べやすくなるでしょう。

 両方のいいとこ取りができるこうじ納豆は、血液、腸、肌をきれいにし、病気予防にも役立つ素晴らしい発酵食品といえるのではないでしょうか。
 さらに注目すべきは、放射性物質の除去効果が期待できることです。長崎に原爆が落とされたとき、みそ蔵にこもって、毎日みそを食べていた人が、後遺症もなく助かったという話があります。これはおそらく、みそを作るときに使うこうじの作用だと考えられます。

 また、納豆に含まれるジピコリン酸にも、放射性物質の除去効果があることがわかっています。
 多くの可能性を秘めたこうじ納豆の発酵食品パワーを、ぜひ皆さんの健康に役立ててください。

発酵食品の研究者・須見先生

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【便秘改善】「ショウガ緑茶」で下剤いらず!血管年齢が10歳若返り、母の不眠も解消した

【便秘改善】「ショウガ緑茶」で下剤いらず!血管年齢が10歳若返り、母の不眠も解消した

職場の健康診断で、悪玉(LDL)コレステロール値が高いと言われるようになったのは、4年ほど前からです。1年前には200mg/dlまで上がり、薬を処方してもらったこともありました。しかし、副作用で全身に筋肉痛に似た痛みが出たので、1〜2週間で薬をやめました。【体験談】白石真紀(看護師・40歳)


【大学病院の実験で判明】コラーゲンはやはり「効果あり」食べると血管が若返り動脈硬化が改善する

【大学病院の実験で判明】コラーゲンはやはり「効果あり」食べると血管が若返り動脈硬化が改善する

医学界・科学界では「コラーゲンを経口摂取しても、体内のコラーゲンは増加しない」というのが定説です。しかし、私が行った実験で、その定説を覆す実験データが出ました。ブタ由来のコラーゲンに、動脈硬化改善作用があることが示されたのです。【解説】伊賀瀬道也(愛媛大学大学院老年神経総合心療内科特任教授・抗加齢予防医療センター長)


「手遅れ」と宣告された詰まった冠動脈が開通!オクラ水で妻の下肢静脈瘤も治った

「手遅れ」と宣告された詰まった冠動脈が開通!オクラ水で妻の下肢静脈瘤も治った

4年前のことです。妻に連れられて病院へ行き、カテーテルを用いた検査を受けると、3本ある心臓の冠動脈のうち、2本が詰まっていることがわかりました。医師によると、「もう手遅れ」とのこと。さらに糖尿病も見つかったのです。知人にすすめられ、私が行ったのは「オクラ水」でした。【体験談】名引文葊(兵庫県・76歳・住職) 


【高血圧を食事で治した体験談】170ミリの血圧が120ミリの正常値に 秘密は「野菜スープ」

【高血圧を食事で治した体験談】170ミリの血圧が120ミリの正常値に 秘密は「野菜スープ」

年齢のわりに健康で、薬もほとんど飲まない私の唯一の悩みが、コレステロール値が高いことでした。70歳を過ぎた頃から、健康診断のたびに、悪玉コレステロール(LDL)が170mg/dlと、基準値(140mg/dl未満)よりかなり高い状態が続いていたのです。【体験談】寺本由美子(主婦・77歳)


【糖質制限食】ダイエット期間中の食品「良い油・注意するべき油」はこれだ!

【糖質制限食】ダイエット期間中の食品「良い油・注意するべき油」はこれだ!

私のクリニックでは、糖質制限食を指導しつつ、こうした良質な脂質を摂取することをお願いしています。糖尿病の食事療法は、継続してもらわないと効果が現れません。良質な脂質をとるなど、満足感を得られる工夫をして、楽しい食事を続けていただきたいと思います。【解説】小早川裕之(小早川医院院長)


最新の投稿


【クレアチニン値を下げる運動】で腎臓病が改善!ネフローゼの尿たんぱくが陰性になった!

【クレアチニン値を下げる運動】で腎臓病が改善!ネフローゼの尿たんぱくが陰性になった!

多くの人は、太い動脈の血流には注意を払いますが、毛細血管の流れには無頓着です。しかし、全身の臓器が健康に働くためには、毛細血管がなにより大事。【解説者】渡辺完爾(渡辺医院院長)


【チーズの健康効果ベスト6】ダイエットには運動後60分以内に摂取がお勧め!虫歯を防ぐ効果も

【チーズの健康効果ベスト6】ダイエットには運動後60分以内に摂取がお勧め!虫歯を防ぐ効果も

チーズは良質のたんぱく質とカルシウムの供給源で、筋力や骨の強化を助ける食品。ダイエット効果、筋力をつける効果、骨粗鬆症を防ぐ効果、血圧を下げる効果、虫歯を防ぐ効果、認知症を防ぐ効果など代表的なチーズの健康効果をお話ししましょう。【解説】齋藤忠夫(東北大学大学院農学研究科教授)


【猫背が楽な理由】楽な姿勢なら、そのほうが体に良いのでは?

【猫背が楽な理由】楽な姿勢なら、そのほうが体に良いのでは?

良い姿勢より、ネコ背でいるほうがらくに感じます。こういう場合、リラックスすることが大切なら、ネコ背のほうが体への負担が少ないのではありませんか。【回答】竹谷内康修(竹谷内医院カイロプラクティックセンター院長)


【ダイエット】20kg10kg自然にやせる人が続出!寝る前9回でやせる「太学功ストレッチ」で便秘も解消!

【ダイエット】20kg10kg自然にやせる人が続出!寝る前9回でやせる「太学功ストレッチ」で便秘も解消!

私たちの体には、気功や中医学の世界で気と呼ばれる生命エネルギーが巡っています。気の流れが滞ったり気が不足したりすると、血液などの流れも滞ります。太学功ストレッチは、気の流れを促してこの状態を解消し、脳に「気は十分あるよ」と認識させて、やせる方法です。【解説】丁治紅(太学功 氣功療法研究所会長)


【ダイエット効果】太学功ストレッチ「猫のポーズ」のやり方

【ダイエット効果】太学功ストレッチ「猫のポーズ」のやり方

私たちの体には、気功や中医学の世界で気と呼ばれる生命エネルギーが巡っています。気の流れが滞ったり気が不足したりすると、血液などの流れも滞ります。太学功ストレッチは、気の流れを促してこの状態を解消し、脳に「気は十分あるよ」と認識させて、やせる方法です。【解説】丁治紅(太学功 氣功療法研究所会長)


ランキング


>>総合人気ランキング