【作り方】薄毛や抜け毛、白髪の解消に役立つ「酢コンブ」はおいしい育毛剤

【作り方】薄毛や抜け毛、白髪の解消に役立つ「酢コンブ」はおいしい育毛剤

皆さんは、「酢コンブ」を食べたことがあるでしょう。駄菓子、もしくは、おつまみの一つというイメージが強い酢コンブですが、手作りして、定期的に食べるようにすると、薄毛や抜け毛、白髪の解消に役立つのです。【レポート】菊池 薫(医学ジャーナリスト)


75歳男性は髪が黒々! 67歳女性は毛が生えた

 皆さんは、「酢コンブ」を食べたことがあるでしょう。駄菓子、もしくは、おつまみの一つというイメージが強い酢コンブですが、手作りして、定期的に食べるようにすると、薄毛や抜け毛、白髪の解消に役立つのです。

 そこで、簡単にできる酢コンブの作り方をお教えします。また、実際に酢コンブを食べて健やかな髪を取り戻したかたの、数々の体験例をご紹介しましょう。

 まずは、56歳の女性Aさんの体験です。Aさんは、酢コンブを作って、常備菜として冷蔵庫にキープしています。ご飯のおかずとして食べるのはもちろん、ちょっと小腹がすいたときのおやつとしても、食べているそうです。
 こうして10年ほど前から酢コンブを食べ続けてきた結果、髪は元気そのもの。たいていは、50歳を超えると、女性でもだんだん髪が薄くなってくるものです。しかし、Aさんの場合、そんな兆候はありません。パーマをかけているのに、髪は全く傷まずツヤツヤのまま。しかも、若い人のように、ふんわりとした弾力があります。髪に自然なボリュームが出て、髪のセットにも苦労しないといいます。
「美肌やダイエット効果も高く、まさに酢コンブは、充実の美容食だと思います」とAさんはおっしゃいます。

 58歳の女性Bさんは、毎食酢コンブを食べるようにしたところ、10ヵ月で6㎏の減量に成功。肌がスベスベになっただけではなく、髪が黒々としてきたといいます。58歳という年齢のわりに、「白髪が少ないわね」と、よく周囲の人からいわれるほど。多少の白髪はあるものの、まだ全く染める必要がないほどの黒さを維持できているそうです。

 75歳の男性Cさんは、10年前から酢コンブを食べる習慣をお持ちです。もともと酢コンブに注目したのは、子供のころ、母親から「海藻類は髪を黒くするし、体にもいい」と聞かされていたからでした。また、海藻類は、体内の余分な塩分を体外に排出するのにも役立つ、という話を聞いたこともありました。
 そこで、コンブと、血液をサラサラにする酢を組み合わせたら、健康にも髪にもいいだろうと考えたといいます。
 酢コンブは、出来上がるまでに数日かかるので、いつも2瓶漬け込んでおくようにしているそうです。この酢コンブを毎朝5〜6枚ずつ食べます。漬けておいた酢も、さかずきに1杯飲むようにしました。
 この10年、酢コンブを食べ続けた結果、高めだった血圧は、基準値内でしっかり安定。現在、Cさんは75歳という年齢にもかかわらず、髪は黒々としていて、フサフサです。これはきっと酢コンブのおかげと確信しているそうです。

 57歳の女性Dさんは、知人から勧められて、酢コンブを食べるようになりました。酢コンブは、食事のあとや、食間のおなかがすいたときに食べます。1回につき、3〜5枚の酢コンブを摂取。平均して、1日に2回は欠かさず食べるようにしているとのこと。酢も飲むようにしています。
 Dさんは、50歳を過ぎたころから、髪がだんだん薄くなってきていました。特に頭頂部の辺りが薄く、将来が不安でした。また、もともとネコッ毛で、髪がすぐにペシャンとしてしまうのも悩みの種だったのです。
 それが、酢コンブを食べ続けていたところ、髪が濃くなり、頭頂部の心配も解消。髪にコシが出てきたので、ふんわりとしたヘアスタイルを維持できるようになりました。また、白髪も多かったのですが、このごろは減ってきたといいます。

 主婦のEさんは、67歳。化粧品にかぶれたことから皮膚の病気になり、低刺激の石けんで髪を洗っていました。そのせいかどうか、髪がパサパサになり、抜け毛が多かったといいます。特に秋口になると、ドッと毛が抜けるのが悩みでした。
 そこで、酢コンブを漬けた酢をリンスとして使ったところ、抜け毛がほとんどなくなり、美容師からは、「新しい毛がいっぱい生えてきていますよ」といわれるようになったのです。
 今は髪がフサフサで、白髪もかなり少なくなりました。さらに、以前は、月に1回は髪を染めていましたが、今は、数ヵ月に1回で済んでいると喜んでいます。

髪の材料を補給して 新陳代謝を高める

 では、なぜ酢コンブが髪にいいのでしょうか。その理由について、昭和大学保健医療学部・元客員教授の中山貞男先生に、ご解説いただきましょう。

「コンブが髪の健康に役立つことは、昔からいわれてきました。髪はたんぱく質から作られており、それを構成する成分がアミノ酸です。コンブやワカメといった海藻には、アミノ酸が豊富です。さらに、海藻類には、ミネラルやビタミンがたっぷり含まれ、新陳代謝を高めてくれます。酢コンブは、髪の材料となるアミノ酸の補給になり、かつ、体の新陳代謝を促すので、髪の状態にもよい影響が出てくると考えられるのです。酢にコンブを漬けると、コンブが消化されやすくなるうえにミネラル分も吸収されやすくなります」(中山先生)

 体験例の中にも出てきましたが、酢コンブには、ダイエット効果や美肌効果、高血圧の改善効果など、優れた健康効果が目白押し。よい髪の状態をキープしつつ、健康維持も可能です。今日から早速、作ってみてはいかがでしょうか。

これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに掲載しています。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

これらの記事にある情報は、効能や効果を保証するものではありません。専門家による監修のもと、安全性には十分に配慮していますが、万が一体調に合わないと感じた場合は、すぐに中止してください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


原因不明の足のしびれが改善 「酢ショウガ」健康法でひざの痛みも解消

原因不明の足のしびれが改善 「酢ショウガ」健康法でひざの痛みも解消

ズンズンとした足のしびれに悩まされるようになったのは、2~3年前のことです。しびれは特に夜にひどくなり、体に響いて、よく眠れません。特に思い当たる原因もなく、困っていました。【体験談】主婦・68歳 村上れい子


【酢ショウガの作り方】私も10kgやせた冷え取り調味料 血管も骨も強くなる!

【酢ショウガの作り方】私も10kgやせた冷え取り調味料 血管も骨も強くなる!

体が冷えると血管が収縮し、全身の血流が悪くなります。その結果、内臓の働きが衰え、便秘、肌荒れ、頭痛、肩こりなどの不調や、高血圧、糖尿病などの病気を招きます。この、冷え→血流障害→冷えの悪化、という悪循環は、老化に拍車をかけることをご存じでしょうか。【解説】石原新菜(イシハラクリニック副院長)


【医師考案】ダイエット外来でやせた人続出!「ひじ湯」の効果

【医師考案】ダイエット外来でやせた人続出!「ひじ湯」の効果

言うまでもありませんが、食べすぎてはいけない、運動は大切、など知識があっても実践できないのがダイエット。当院を訪れる人のほとんどが失敗した経験をお持ちです。しかし、当外来を卒業する頃には、平均7~8kgの減量に成功しています。【解説】工藤孝文(工藤内科副院長)


血圧が下がり26kg やせた!減量のスペシャリストに教わったダイエット法

血圧が下がり26kg やせた!減量のスペシャリストに教わったダイエット法

開業医でありながら、身長が183㎝で、体重が120㎏もあった私は、すし屋で「うちのジムに来ませんか」とボクシングジムの井岡弘樹会長に声をかけられたのです。私のダイエットメニューは、ジム通いと会長に教えていただいたコマツナジュースを朝食に取り入れることでした。【解説】大森孝平(大森クリニック院長)


【自分で治せる】耳に刺激を加え、腰痛や坐骨神経痛の痛みやしびれの症状を取る「耳介療法」

【自分で治せる】耳に刺激を加え、腰痛や坐骨神経痛の痛みやしびれの症状を取る「耳介療法」

私はダイエットやアンチエイジング、腰痛などの痛みの治療に、「耳介療法」を取り入れています。現代の腰痛の二大疾患である、脊柱管狭窄症と椎間板ヘルニアの症状改善にも、耳への刺激がすばらしい効果を発揮するのです。家庭療法として行う方法としては、「耳つまみ」が最適です【解説】長谷川亮(長谷川亮・鍼灸院院長)


最新の投稿


股関節の“今ここにある”痛み ― その場で消失する刺激点はココ!

股関節の“今ここにある”痛み ― その場で消失する刺激点はココ!

左右のバランスの崩れは、腰、股関節、ひざなど、さまざまな関節に痛みを引き起こします。そうはいっても、一朝一夕には、足の不自然な動きを矯正することはできません。「今ここにある痛み」をどうにかしたい…!そんな時に痛みを和らげる「足の甲刺激」のやり方をご説明いたします。【解説】石橋輝美(大津接骨院院長)


酢ショウガのおかげで喘息の息苦しさが緩和され、高いコレステロール値も低下

酢ショウガのおかげで喘息の息苦しさが緩和され、高いコレステロール値も低下

私はもともと呼吸器系が弱く、60歳過ぎには、カゼをこじらせてぜんそくになりました。ぜんそくで入院したのは3回。平成23年以降は落ち着きましたが、それでも無理をしたり、疲れがたまったりすると、息苦しさを感じていました。【体験談】主婦・75歳 松本恵美子(仮名)


仕事を辞めなくては…と思うほどのひじや肩の痛みが「酢ショウガ」の常食で消えた

仕事を辞めなくては…と思うほどのひじや肩の痛みが「酢ショウガ」の常食で消えた

特につらかったのは、ひじです。湿布をはってしのいでいましたが、いよいよ耐えられなくなってきました。「仕事を辞めなければならないか」と悩んでいた今年の春頃、書店で「酢ショウガ」の本を見つけました。【解説】清掃業・65歳 羽柴幸子


原因不明の足のしびれが改善 「酢ショウガ」健康法でひざの痛みも解消

原因不明の足のしびれが改善 「酢ショウガ」健康法でひざの痛みも解消

ズンズンとした足のしびれに悩まされるようになったのは、2~3年前のことです。しびれは特に夜にひどくなり、体に響いて、よく眠れません。特に思い当たる原因もなく、困っていました。【体験談】主婦・68歳 村上れい子


【酢ショウガの作り方】私も10kgやせた冷え取り調味料 血管も骨も強くなる!

【酢ショウガの作り方】私も10kgやせた冷え取り調味料 血管も骨も強くなる!

体が冷えると血管が収縮し、全身の血流が悪くなります。その結果、内臓の働きが衰え、便秘、肌荒れ、頭痛、肩こりなどの不調や、高血圧、糖尿病などの病気を招きます。この、冷え→血流障害→冷えの悪化、という悪循環は、老化に拍車をかけることをご存じでしょうか。【解説】石原新菜(イシハラクリニック副院長)


ランキング


>>総合人気ランキング