全身の血流アップ! 耳鳴り、めまい、難聴に【ふくらはぎマッサージ】

全身の血流アップ! 耳鳴り、めまい、難聴に【ふくらはぎマッサージ】

内耳の血管はクモの巣のように細く、ストレスやカゼの症状、気圧の変化などでむくんでしまい、血行不良を起こしやすいのです。内耳のむくみは、めまいの原因にもなります。実際に、耳鳴りやめまいの患者さんは、5~6月、9~10月といった季節の変わり目が多いのです。【解説】坂田英明(埼玉医科大学客員教授・川越耳科学クリニック院長)


内耳の血管は細くて むくみやすい!

 私たちはふだんから、「音が聴こえてあたりまえ」と思いがちですが、そのメカニズムをご存じでしょうか。
 音というのは、わずかな空気振動が耳に入ることでキャッチされます。鼓膜が震え、中耳でその振動が増幅されて、内耳に入ると、蝸牛の中に満ちたリンパ液を揺らします。

 ここで空気振動が液体の振動に変わり、1万5000個の有毛細胞により、今度は電気信号に変換されます。信号は、周波数や強さに応じて分類されたあと、3万本の神経を伝って、最終的には脳の側頭葉に届き、知覚・認知されます。実に繊細で精密なしくみなのです。

 耳鳴りや難聴というのは、この経路のどこかに異常がある状態です。どこか、といっても、トラブルが起こっているのは、ほとんど内耳です。内耳からくる耳鳴りは、一般に、有毛細胞の摩擦が起こったあとの神経の異常興奮です。金属音や電子音に似た、キーン、ピーン、カチカチ……といったような音を感じやすくなります。
 少し難しい話になりますが、内耳に伝わった振動エネルギーを有毛細胞まで運んでいるのがカリウムイオン。そして、内耳の一酸化窒素です。

 では、どうすれば必要十分な量の一酸化窒素を、内耳に届けられるのか。「血流をよくする」というのがその答えです。
 ところが、そう容易にはいきません。なぜなら、内耳の血管はクモの巣のように細く、ストレスによる負荷やカゼの症状、気圧の変化など、ほんのわずかな影響でむくんでしまい、血行不良を起こしやすいのです。内耳のむくみは、めまいの原因にもなります。

 実際に、耳鳴りやめまいの患者さんは、5~6月、9~10月といった季節の変わりめに症状を訴えることが圧倒的に多いこともわかっています。
 内耳を子会社とするなら、脳幹や脳は親会社にたとえられます。トラブルが起こっている場所が内耳でも、脳の血流悪化がその一因になっている場合も往々にしてあります。
 ですから、耳鳴りやめまい、難聴の治療には、体内の循環をよくしてむくみを解消し、脳を含め全身の血流を極力改善することが、大前提です。

内耳のむくみを取る「寝る前4原則」

 内耳のむくみを取り、血流をよくするためにクリニックで患者さんに指導している「寝る前4原則」をご紹介しましょう。

❶ふくらはぎマッサージをする
 まず、寝る前の「ふくらはぎマッサージ」をお勧めします。代謝をよくしてむくみを取り、内耳のリンパ液や血液の循環をよくするのに役立ちます。特に下肢は重力の関係で、血液が心臓に戻りにくいので、下から上に、優しくさすり上げるように行うといいでしょう。

❷寝る3時間前に夕食を終える
 食後は、消化のため胃腸に血液が集中するので、脳に十分な血液が行き渡らなくなります。脳の血流が悪いまま眠りにつくと、日中にダメージを受けた神経が修復されず、耳鳴りや難聴の要因になります。夕食は、遅くとも寝る3時間前までに食べ終わるようにしましょう。

❸コップ1杯の水を飲む
 高齢のかたは、夜中にトイレに起きるのを嫌がり、水分の摂取を控えがちです。血流が滞ると耳鳴りなどの症状の悪化を招きます。特に入浴前と就寝前には、コップ1杯の水を欠かさないようにしましょう。

❹ぬるめのお湯で半身浴をする
 入浴の際は、38~40度のお湯で半身浴をしましょう。熱いお湯に肩までつかるのは、心臓に負担がかかり、内耳にも刺激が大きいのでNGです。ぬるま湯につかってリラックスすれば、ストレスも軽減されます。そうした面からも、耳鳴りやめまいの改善に有効です。

 患者さんには、この4原則の実行に加え、耳鳴り・めまい・難聴を起こしやすい要素を、できるだけ排除してもらうよう努めます。
 例えば、「喫煙」「カフェインを含む飲み物」「有機溶剤を使った毛染め」などは控えるに越したことはありません。
 なお、薬の内服でも難治な耳鳴りには、筋肉注射や、鼓室内注入療法といった治療法もあります。
 いずれにせよ、原因となるあらゆる可能性を探り、すぐ生活を改める。強い意思を持ちセルフケアに取り組むことができれば、耳鳴りの音は必ず小さくなります。決してあきらめないでください。

坂田英明
埼玉医科大学卒業後、帝京大学医学部附属病院耳鼻咽喉科助手を務める。ドイツ・マグデブルグ大学耳鼻咽喉科研究員、埼玉県立小児医療センター耳鼻咽喉科副部長、目白大学保健医療学部言語聴覚学科教授を経て、2016年より川越耳科学クリニック院長。『耳鳴りは1分でよくなる』(マキノ出版)など、著書多数。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【突発性難聴】耳鳴りと音割れの症状が「耳こすり」で改善!あご痛も軽減した

【突発性難聴】耳鳴りと音割れの症状が「耳こすり」で改善!あご痛も軽減した

2年前の冬の朝、テレビの音が聞こえないことで、左耳の不調に気づきました。 検査の結果、突発性難聴で「症状は重め」と診断されました。ステロイド剤の点滴などで、低い音域は聞こえるようになりましたが、高い音域は戻らなかったのです。そうこうするうちに、耳鳴りが始まりました。【体験談】佐藤沙織(仮名・会社員・32歳) 


【やり方】回転性のめまいやザーっという砂嵐のような耳鳴りの症状が「わきもみ」で改善

【やり方】回転性のめまいやザーっという砂嵐のような耳鳴りの症状が「わきもみ」で改善

耳鳴りのある患者さんは、ほぼ例外なく、首や肩にコリがあります。そういう患者さんに私が必ず行う施術が、わきもみです。わきをもみほぐすと、軽い耳鳴りなら2ヵ月、重症でも1年くらいで改善しています。【解説】坂本実穂(坂本均整施術所所長・姿勢保健均整師・鍼灸師)


【EDを改善したい】女性の性力アップにも効果!感じる力を高める「ふくらはぎマッサージ」を性セラピストが指南

【EDを改善したい】女性の性力アップにも効果!感じる力を高める「ふくらはぎマッサージ」を性セラピストが指南

ふくらはぎマッサージにより、停滞している二酸化炭素や老廃物を含んだ血液は、心臓に戻ります。そして、酸素をたくさん含んだ血液が、全身の隅々まで行き渡ります。その結果、新鮮な血液がペニスにドッと流れ込んで勃起を促し、EDを改善するのです。【解説】回氣堂玄斎(性セラピスト・鍼灸師)


【耳鳴り・難聴を改善】ブーンという低音ならこのツボ刺激が有効!「耳こすり」のやり方

【耳鳴り・難聴を改善】ブーンという低音ならこのツボ刺激が有効!「耳こすり」のやり方

「ジー」「ブーン」といったボイラー音のような低い音の場合は東洋医学でいう「腎」の弱りが考えられます。「ピー」「キーン」という高音の耳鳴りなら肝臓の機能の低下、「ザァー」「サァー」といった風のような音は胃腸の機能低下が関わっていると考えられます。【解説】藤井清史(呑気堂Fujii鍼灸治療院・Tomo整骨院総院長)


【1日1分】「ジー」「ブーン」低音の耳鳴りを改善する「耳こすり」のやり方

【1日1分】「ジー」「ブーン」低音の耳鳴りを改善する「耳こすり」のやり方

あなたの耳鳴りは、どんな音でしょうか?「ジー」とか「ブーン」といったボイラー音のような低い音の場合は、東洋医学でいうところの「腎」の弱りが考えられます。内臓の中でも特に「腎」の弱りからくる耳鳴りに著効のセルフケア「耳こすり」をご紹介しましょう。【解説】藤井清史(呑気堂Fujii鍼灸治療院・Tomo整骨院総院長)


最新の投稿


【セラピーキャットとは】認知症や精神疾患の患者さんに変化!「猫」は五感を刺激し心を癒す存在

【セラピーキャットとは】認知症や精神疾患の患者さんに変化!「猫」は五感を刺激し心を癒す存在

私たちにとって、猫は五感を心地よく刺激する存在です。見れば愛らしく、触ってなでれば快く、鳴けば美しい旋律となって、えもいわれぬ刺激となります。それは、病気のあるなしに関係なく、すばらしい経験だといえるでしょう。【解説】小田切敬子(NPO法人アニマルセラピー協会理事長・生物科学博士)


首こり・肩凝り 症状別【チェックリスト】あなたの頚椎症は軽症?重症?

首こり・肩凝り 症状別【チェックリスト】あなたの頚椎症は軽症?重症?

頸椎症スペクトラムの全体像がわかったところで、あなたの首がいま、どんな状態にあるかチェックしてみましょう。チャートの「スタート」から始め、イエスかノーか答えながら進んでください。ゴールは1~5のどれになりましたか。それが、あなたの現在の首の状態の目安です。【解説】竹谷内康修(竹谷内医院カイロプラクティックセンター院長)


【美白・美肌を作る】アンチエイジングには「はと麦酒」がお勧め!その効果は化粧品同等 ダイエット効果も

【美白・美肌を作る】アンチエイジングには「はと麦酒」がお勧め!その効果は化粧品同等 ダイエット効果も

ハトムギは、昔から「肌にいい」といわれ、ヨクイニンという生薬として使われています。そこで、私たちはまず、ハトムギの肌への効果に着目しました。その結果、ハトムギには紫外線ダメージによる肌の乾燥や、シミを防ぐ働きのあることが明らかになったのです。【解説】清水邦義(九州大学農学部研究院森林圏環境資源科学研究分野准教授)


【血管強化食材】動脈硬化を撃退する絶品「ローストピーナッツ」レシピ

【血管強化食材】動脈硬化を撃退する絶品「ローストピーナッツ」レシピ

ピーナッツといえば、「太る」「ニキビができる」など、健康とは縁遠い食材だと思われがち。しかし、最近、その豊富な栄養素が、巷で大きな話題を集めています。便秘が解消して、やせやすくなる、血管も肌も若返ると、まさにピーナッツは優良健康食材なのです。【料理・栄養計算・スタイリング】五十嵐ゆかり(料理研究家・管理栄養士)


血糖値が正常値に下がった!「玉ねぎのオイル漬け」は親子三代に伝わる健康常備食!

血糖値が正常値に下がった!「玉ねぎのオイル漬け」は親子三代に伝わる健康常備食!

タマネギのオイル漬けを口にしているおかげか、我が家は皆、いつも元気に過ごせています。今年はインフルエンザが猛威を振るっていましたが、長男はカゼひとつ引かず、無事に受験を乗り切ることができました。【解説】奥津純子(フードデザイナー・「タラゴンの挿し木」主宰)


ランキング


>>総合人気ランキング