週1回の日光浴が「脊柱管狭窄症」対策にお勧めービタミンDを作り骨や筋肉を強化!

週1回の日光浴が「脊柱管狭窄症」対策にお勧めービタミンDを作り骨や筋肉を強化!

近年、太陽光線は、浴びすぎると皮膚ガンになるなどといわれ、すっかり悪者になっています。しかし、太陽光線は私たちが生存していくために欠かせないものです。将来の脊柱管狭窄症を予防する意味でも、じゅうぶんに日光を浴びて、体内にビタミンDを生成しておくことが重要なのです。【解説】宇都宮光明(サナモア中央診療所所長・医学博士)


太陽光線は私たちが 生存するのに不可欠

 近年、太陽光線は、浴びすぎると皮膚ガンになるなどといわれ、すっかり悪者になっています。しかし、太陽光線は私たちが生存していくために欠かせないものです。日光を浴びないでいる生活は、私たちの健康を脅かす行為だといってもいいすぎではありません。

 まず、日光を浴びることがなぜ私たちの健康にとって重要なのか、確認しておきましょう。
 太陽光線を浴びると、体内でビタミンDが生成されます。このビタミンDは、私たちの体の中で重要な役割をしています。腸におけるカルシウムやリンの吸収を促進させ、骨組織へリン酸カルシウムの沈着を促し、血漿中のカルシウム濃度の調節を行っています。ビタミンDは、体内のカルシウムの代謝に深く関与しているのです。

 しかも、ビタミンDは食品から必要量をとることが難しいビタミンです。ですから、日光に当たってビタミンDを生成しないと、体内のビタミンDが不足してくるおそれがあります。
 それに、年を取ると、ビタミンDを生成する力が弱まります。70代になると、若いころの半分しかビタミンDを生成できなくなるといわれています。
 ビタミンDが不足すると、骨が弱くなり、もろくなってしまいます。筋組織も弱くなり、筋力も落ちていきます。こうした結果、起こってくる最も代表的な病気が、骨粗鬆症です。
 骨粗鬆症になり骨が弱くなると、転倒が怖いといって外出を控えるかたがいます。これは、あまりほめられた行為ではありません。外出を控え、日光に当たる機会が少なくなればなるほど、ビタミンDの生成は少なくなり、骨も筋力も、どんどん弱くなるからです。

 脊柱管狭窄症も無関係ではありません。なぜなら、脊柱管狭窄症という病気自体も、主に加齢によって起こってくる病気だからです。
 脊柱管狭窄症においても、ビタミンD不足から骨がもろくなったり、筋力が落ちたりすれば、それが、脊柱管の狭窄を引き起こす要因の1つとなりかねません。すでに脊柱管狭窄症で苦しんでいるかたの場合、症状をさらに悪化させる要因となる危険性もあります。

 将来の脊柱管狭窄症を予防する意味でも、じゅうぶんに日光を浴びて、体内にビタミンDを生成しておくことは重要です。脊柱管狭窄症になっているかたも、日光浴で骨や筋肉の強化を図ることは、症状をそれ以上悪化させないために役立ちます

間欠性跛行が解消し 颯爽と歩ける!

 ちなみに、私の診療所にも、脊柱管狭窄症で悩んでいる患者さんがたくさんいらっしゃいます。私のところでは患部に光線を当てる光線治療を行っていますが、この治療によって、脊柱管狭窄症の症状が軽減するケースがあります。

 1人、症例を挙げましょう。
 70代の女性Aさんの例です。Aさんは、脊柱管狭窄症の大きな特徴の1つである、間欠性跛行があり、100〜200mしか一度に歩けないような状態でした。このため、外出にも苦労するようになっていました。
 間欠性跛行はいったん休憩すれば、また歩けるようになります。Aさんは、私の治療院に来るときも、途中で休み休み通ってきていました。
 Aさんは、私のところで半年間ほどの光線治療を受けました。この結果、かなり症状が軽減し、ごく普通に歩けるようになったのです。その後、ある百貨店で彼女とばったりお会いしたことがありましたが、そのときも、まるで脊柱管狭窄症にかかったことなどなかったかのように、颯爽と歩いていました。

 もちろん、脊柱管狭窄症が起こる主な原因である脊柱管の狭窄自体が、光線治療によって治るわけではありません。ただ、狭窄が起こっている患部周辺の血液循環が、例えば光線治療によって促されれば、痛みなどの症状がよくなるケースは少なくないのです。
 いずれにしても日光浴の重要性は、いくら強調しても強調しすぎることはないと、私は考えています。ことに現代の女性は、美白にこだわり、過度に日焼けを恐れる傾向があります。そうして日光浴を避けてきた結果、年を取って、ビタミンD不足に陥り、骨粗鬆症になってしまっては元も子もありません。

 毎日とはいいません。週に1回、日光浴をしてみてはいかがでしょうか。天気のよい日を選んで、屋外で30分以上、日光浴をすることをお勧めします。

週に1回、30分でOK!

これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに掲載しています。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

これらの記事にある情報は、効能や効果を保証するものではありません。専門家による監修のもと、安全性には十分に配慮していますが、万が一体調に合わないと感じた場合は、すぐに中止してください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【医師解説】脊柱管狭窄症は自分で治せる 名医が勧める「たった二つの運動法」

【医師解説】脊柱管狭窄症は自分で治せる 名医が勧める「たった二つの運動法」

脊柱管狭窄症は、安静にしているときには症状が出ないことも多く「どうも長く歩けない」「たまに足がしびれる」という訴えから始まることがほとんどです。症状が出始めたら日ごろからセルフケアを行いましょう。【解説】松平浩(東京大学医学部附属病院22世紀医療センター運動器疼痛メディカルリサーチ&マネジメント講座特任教授) 


血液も腸も肌もきれいに!「こうじ納豆」は高血圧や脳梗塞、骨粗鬆症にまで有効

血液も腸も肌もきれいに!「こうじ納豆」は高血圧や脳梗塞、骨粗鬆症にまで有効

私が、納豆の中に血栓を溶かすナットウキナーゼという酵素を発見したのが1980年、以来さまざまな発酵食品の研究をしてきました。微生物の力で人間にとって有用な成分を生み出す発酵食品には、計り知れないパワーがあると実感しています。 「こうじ納豆」は大変優れた組み合わせだといえます。【解説】須見洋行(倉敷芸術科学大学教授) 


【整形外科医】脊柱管狭窄症の9割は足指の変形が原因!「足の骨ぎわはがし」で痛み、しびれが改善

【整形外科医】脊柱管狭窄症の9割は足指の変形が原因!「足の骨ぎわはがし」で痛み、しびれが改善

足がしびれる、太ももの外側からお尻にかけて痛む、間欠性跛行がある―このような症状を訴えて病院へ行くと、多くの場合、脊柱管狭窄症と診断されます。脊柱管狭窄症とは、腰椎の中を通る馬尾神経の空間(脊柱管)が狭くなり、神経が圧迫されて、痛みやしびれが起こる病態です。【解説】平野薫(ひらの整形外科クリニック院長)


【今からできるひざ痛予防】2パターンの下半身強化トレ

【今からできるひざ痛予防】2パターンの下半身強化トレ

ひざが痛いと訴える人は本当に多く、40歳を過ぎると、女性の6割、男性の4割に変形性膝関節症があるという調査データが報告されています(東京大学医学部附属病院22世紀医療センター)。中高年のひざの痛みの大部分は、この変形性膝関節症によるものです。【解説】石橋英明(伊奈病院整形外科部長、高齢者運動器疾患研究所代表理事)


【自分で治せる】脊柱管狭窄症、間欠性跛行を改善する「ゴムバンド整体」

【自分で治せる】脊柱管狭窄症、間欠性跛行を改善する「ゴムバンド整体」

腰が痛くてイスから立ち上がれない、腰の周りが重くて違和感がある、足がしびれて途中で休まないと長時間歩けない、といった症状にお悩みのかたはいませんか。これらはすべて、脊柱管狭窄症の症状です。腰の痛みやしびれが生じるのが一般的ですが、足だけに症状が現れるケースも少なくありません。【解説】花谷貴之(花谷接骨院院長)


最新の投稿


【精神治療の現場より】ウォーキングは心の健康に効果有り ― うつ・不安障害・統合失調症の改善例

【精神治療の現場より】ウォーキングは心の健康に効果有り ― うつ・不安障害・統合失調症の改善例

ウォーキングには、特別な器具や場所が必要ありません。患者さんにも安心して勧められます。いつからでも簡単に始められますし、家にこもりがちな人には屋外に出るよい機会になります。【解説】大西 守(精神科医)


【足の爪の切り方】正しく切れば、冷えやむくみが解消 巻き爪も改善する

【足の爪の切り方】正しく切れば、冷えやむくみが解消 巻き爪も改善する

足の爪を切るとき、ほとんどの人は「短くすればいい」「形よく整えればいい」と考え、自己流で爪切りをしていると思います。しかし、爪切りは正しく行うと、巻き爪や角質など指先のトラブルが緩和されるだけでなく、全身の血の巡りが劇的に改善し、全身の健康にさまざまな効果をもたらします。【解説】室谷良子(日本フットケア協会師範)


【医師解説】野菜スープは強力な「解毒スープ」 放射能の健康被害も防ぐことができる

【医師解説】野菜スープは強力な「解毒スープ」 放射能の健康被害も防ぐことができる

私たちが日々食べる食品に、残留農薬、食品添加物、合成保存料、化学物質などが入っていないかどうかはとても気になるところです。理由は、それらが発がん物質になるからです。【解説】髙橋 弘(麻布医院院長・医学博士 ハーバード大学医学部元准教授)


【野菜スープ】食事制限なし!メタボや糖尿病をストレスなく解消できると医師が解説

【野菜スープ】食事制限なし!メタボや糖尿病をストレスなく解消できると医師が解説

私は、患者さんには厳しく制限をするよりも、ファイトケミカルたっぷりの野菜スープ(ファイトケミカルスープ)を生活の中に取り入れることによって、自然な形で食事の改善ができるように指導しています。【解説】髙橋 弘(麻布医院院長・医学博士 ハーバード大学医学部元准教授)


指圧名人が極意を伝授!脊柱管狭窄症の症状を改善する「腰のツボ」刺激

指圧名人が極意を伝授!脊柱管狭窄症の症状を改善する「腰のツボ」刺激

私の治療院にも、脊柱管狭窄症で悩んでいるかたがたくさんいらっしゃいます。そうした皆さんに試して、効果を上げているツボがあります。ここでは、その特効ツボを紹介します。【解説】佐藤一美(日本経絡指圧会会長)


ランキング


>>総合人気ランキング