【ネコ歩き】脊柱管狭窄症によく効く!体のゆがみを取り神経の圧迫を緩和!

【ネコ歩き】脊柱管狭窄症によく効く!体のゆがみを取り神経の圧迫を緩和!

脊柱管狭窄症という病気は、体がゆがみ、筋膜が非常にかたくなることが一因といえます。特に、高齢者の場合、筋膜の硬化が顕著です。このように、筋膜がかたくなると神経や血液の流れが悪くなるため、痛みやしびれが起こるのです。今回は脊柱管狭窄症を改善する体操「ネコ歩き」をご紹介しましょう。【解説】筒井朗晏(三起均整院院長)


自然治癒力が発揮され症状が解消

 私たちの体の不調には、すべて体のゆがみが関係しています。ゆがみというものは、見た目の体の傾きや、不均衡だけを指すのではありません。前後、左右に倒したり、回旋させたりする動作をする際、やりにくい動作があれば、体がゆがんでいると考えられます。
 こうした体のゆがみを正すと、さまざまな症状が短期間で改善します。なぜそうなるのかを容易に理解していただくために、水を通すホースを想像してみてください。

 ホースがまっすぐであれば勢いよく水が出ますが、曲がったりねじれたりしていると、水の出が悪くなります。それと同じように、私たちの体も曲がったりねじれたりしてゆがんでいると、血液やリンパの流れが悪くなってしまいます。
 そこで、このゆがみを解消すれば、血液やリンパの流れが正常になります。その結果、自然治癒力が最大限に発揮され、さまざまな症状が解消されるのです。

 それは、脊柱管狭窄症にも当てはまることです。脊柱管狭窄症という病気は、体がゆがみ、筋膜(筋を包む膜)が非常にかたくなることが一因といえます。特に、高齢者の場合、筋膜の硬化が顕著です。このように、筋膜がかたくなると神経や血液の流れが悪くなるため、痛みやしびれが起こるのです。

 そこで、筋肉を緩めて、体のゆがみを正すことができれば、脊柱管狭窄症に伴う症状が改善するはずです。
 私の均整院では、関節や筋肉を緩めて、不自然な動きの制限をなくすように体のバランスをよくする施術を行い、痛みや体の不調を的確に取り去ります。すると、即座に症状が改善するのですが、患者さんは再びふだんの生活を続けていくうちに、また体のゆがみが戻ってしまうこともあります。

【ネコ歩き】のやり方

前かがみの姿勢が痛みを和らげる!

 そこで、私は、患者さんが自分で体のゆがみを取ることができる体操を考案しました。それが、今回ご紹介する「ネコ歩き」(アニマルウォーキング)です。これを行うことで、脊柱管狭窄症による痛みが、驚くほど改善するはずです。

 では、そのやり方を説明しましょう。

①腰をかがめて、ひざを浮かせた状態で床に両手、両足をつきます。このとき、背中は丸めます(猫背の状態)。

②両手、両足を使って四足歩行で前に2~3m歩きます。

③同様に両手、両足を使って後ろに2~3m歩いて元の場所に戻ります。

④今度は同じ姿勢で、両手、両足を使って右横に2m歩きます。

⑤同様に両手、両足を使って左横に2m歩いて元の場所に戻ります。

 以上を1セットとして、まずは朝と晩に1セットずつ行うようにしてください。そして、慣れてきたら1回に行うセット数をふやしていきましょう。

 なぜこの体操が効くのかというと、四足歩行を行うことで、体のすべての関節を効果的に動かすことができるからです。これにより、かたくなっていた筋肉が緩み、神経や血液の流れが改善します。そして、前後左右に歩くことで、体のバランスを整えることができ、体のゆがみも解消してきます。

 また、脊柱管狭窄症のかたにこの体操をお勧めする理由は、ほかにもあります。脊柱管狭窄症の場合、前かがみの姿勢を取ると、それまで感じていた痛みが緩和される傾向があります。これは、前かがみになったとき、神経への圧迫が緩くなるからです。
 その点、このネコ歩きは、前かがみの姿勢で行うことができます。これにより、痛みやしびれがあって運動ができないという人でも、楽に体を動かすことができるというわけです。

 家の中で短時間のうちに簡単にできるネコ歩き。四足歩行の動物になった気持ちで、ちょっと歩くだけで悩みの症状が楽になってきますので、ぜひ試してみてください。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【腰痛改善】ほぐすのは「筋肉」ではなく「膜」だった!うつぶせでユラユラするだけで痛みが消失する

【腰痛改善】ほぐすのは「筋肉」ではなく「膜」だった!うつぶせでユラユラするだけで痛みが消失する

昨今、治療業界では「体の痛みは、筋膜のゆがみが原因」という考え方がブームになっています。筋膜とは筋肉を包んでいる薄い膜を指します。この筋膜のゆがみをリセットし、体の痛みを取り除こうと多くの治療家や識者がさまざまな手段でアプローチしています。【解説】舟波真一(理学療法士・バイニーアプローチセンター代表)


【手術を回避】脊柱管狭窄症の痛みやしびれに "かかと落とし" で症状が改善

【手術を回避】脊柱管狭窄症の痛みやしびれに "かかと落とし" で症状が改善

腰の痛みを感じるようになり整形外科を受診してMRIなどの検査を受けたところ、「脊柱管狭窄症」と診断されました。病院からもらっていた薬をうっかり切らしてしまった時、激痛が戻ってきました。「薬は対症療法にすぎず、根本的な治療にはなっていない」と気づかされたのでのです。【体験談】辻英夫(大阪府・71歳会社員)


【脊柱管狭窄症の改善】足に電気が走るような激痛が1円玉をはったら和らいだ

【脊柱管狭窄症の改善】足に電気が走るような激痛が1円玉をはったら和らいだ

立ち仕事も多いせいで、ひどい腰痛に悩まされてきました。痛みに耐えられず、何度か通院すると脊柱管狭窄症(背骨内部の神経の通り道が狭くなり、神経が圧迫されて痛みやしびれが出る病気)でもあると判明しました。痛み止めの飲み薬も処方されたのですが副作用が強くて飲み続けることができませんでした【体験談】深澤啓子(自営業・67歳)


【改善しない脊柱管狭窄症】原因は「仙腸関節」 不要な手術や注射は回避できる!

【改善しない脊柱管狭窄症】原因は「仙腸関節」 不要な手術や注射は回避できる!

脊柱管狭窄症は、一般に、脊柱管という神経の通り道が加齢によって狭くなり、神経が圧迫されて、痛みやしびれが起こる病気とされています。私のクリニックにも足腰の痛み・しびれに悩む方がよくいらっしゃいます。私たちが行っている『AKAー博田法』という手技療法をご紹介しましょう。【解説】住田憲是(望クリニック院長)


【1円玉療法】のやり方 ー 脊柱管狭窄症

【1円玉療法】のやり方 ー 脊柱管狭窄症

手術費が高額で、たとえ手術をしても鈍痛やだるさが取れないこともあるのが、脊柱管狭窄症の厄介なところです。1円玉をはって、手術やマッサージでも消えないような、つらい脊柱管狭窄症の痛みを忘れられたという声や、術後に生じるひざのだるさが消えたなど、ありがたい感想をたくさん頂いております【解説】川村昇山(弘漢療法院院長)


最新の投稿


【ダイエット効果】14kgやせて二段腹解消!「太学功ストレッチ」で冷え症も便秘も改善した

【ダイエット効果】14kgやせて二段腹解消!「太学功ストレッチ」で冷え症も便秘も改善した

「気(一種の生命エネルギー)が不足しているから、エネルギーを得ようとして食べ過ぎてしまうんです」太学功の先生の説明に、私は「なるほど」と大きくうなずいていました。というのも、当時の私は銀行で営業をしており、激務に心身とも疲れ切っていました。【体験談】富谷直子(主婦・40歳)


【名医が解説】カイロプラクティックとは?最も得意とするのは「首の痛み」

【名医が解説】カイロプラクティックとは?最も得意とするのは「首の痛み」

頸椎症は、カイロプラクティックが得意とする症状の一つです。整形外科とカイロプラクティックとの診断法は、共通している部分もありますが、一つ大きな違いがあります。それは、カイロプラクティックでは「触診」を非常に重視することです。【解説】竹谷内康修(竹谷内医院カイロプラクティックセンター院長)


【糖尿病を改善】トマトの「リコピン」でインスリンの効きがよくなる!コレステロールも下がる「ホットトマト」

【糖尿病を改善】トマトの「リコピン」でインスリンの効きがよくなる!コレステロールも下がる「ホットトマト」

私は糖尿病の専門医として、患者さんたちに食事や運動の指導をしています。なかでも食事指導は最も重要です。私のクリニックで柱となるのは1日に摂取する糖質の量を150g以内に抑える糖質制限食です。この食事療法を実践する際に、補助手段として私がお勧めしているのが、トマトです。【解説】泰江慎太郎(銀座泰江内科クリニック院長)


薄皮ごと活用!ピーナッツ簡単自在レシピ(和風・洋風)

薄皮ごと活用!ピーナッツ簡単自在レシピ(和風・洋風)

ピーナッツに含まれる油は、体内の脂肪を減らす手助けをし、薄皮に含まれるポリフェノールは高い抗酸化作用で体の老化を防いでくれます。健康を意識する人にこそ食べてほしい、薬効高い食材です。【料理・栄養計算】検見﨑聡美(管理栄養士・料理研究家)


【鎮痛剤の種類】痛み止めの強さ ロキソニンとカロナールの違い リリカは切り札

【鎮痛剤の種類】痛み止めの強さ ロキソニンとカロナールの違い リリカは切り札

よく使われるようになった鎮痛薬。その一つが「プレガバリン」という薬で、商品名は「リリカ」といいます。中枢神経系に働きかける薬ですが、アセトアミノフェンとは違うメカニズムで痛みを止めます。従来の鎮痛薬に比べると、鎮痛作用の強いのが特徴です。【解説】竹谷内康修(竹谷内医院カイロプラクティックセンター院長)


ランキング


>>総合人気ランキング