医療大学学長が指南! 目と脳の両方を鍛える「視力アップ指回し」

医療大学学長が指南! 目と脳の両方を鍛える「視力アップ指回し」

今回ご紹介する「視力アップ指回し」をはじめとする5種類のエクササイズは、眼力を鍛えるための基本訓練です。視力がよくなる、視界がクッキリ明るくなるなどの視力アップ効果はもちろん、疲れ目や肩こりの緩和、脳の活性化による記憶力や集中力の向上、読書や計算が速くなるなどの効果も期待できます。【解説】栗田昌裕(群馬パース大学学長)


人類は手先の器用さによって 脳を発達させてきた

 私は、速読を入り口とした「SRS(スーパー・リーディング・システム)」という能力開発法を考案し、その普及と指導にあたっています。
 速読を行うには、眼球を素早く自由に動かす力や、一瞬でピントを合わせる力、視野の全体をとらえる力、見たものを理解する力など、総合的な眼力(目にまつわるあらゆる力)が必要です。
 今回ご紹介する「視力アップ指回し」をはじめとする5種類のエクササイズは、眼力を鍛えるための基本訓練です。視力がよくなる、視界がクッキリ明るくなるなどの視力アップ効果はもちろん、疲れ目や肩こりの緩和、脳の活性化による記憶力や集中力の向上、読書や計算が速くなるなどの効果も期待できます。

 なぜ、そうした幅広い効果が得られるのか、理由を説明しましょう。
 私たちは、目だけでものを見ているのではありません。目から得た視覚情報を脳が認識して初めて、「ものが見える」と感知できます。
 また、明暗に対応する瞳孔の調節や、遠近のピント調節は、自律神経が支配しています。
 したがって、視力を向上させるには、目と脳の両方を鍛えてレベルアップすることや、自律神経の働きを高めることも欠かせません。
「視力アップ指回し」も、そうした観点から考案しました。指回しは、一連の動作の中に、指を曲げる・伸ばす・閉じる・開くという4方向の動きが含まれています。指回しを行うことで、手のすべての筋肉を動かして上手に使うために必要な、体と目と脳の協調訓練ができることになります。

 人体の中で、最も微細な動きが可能で、なおかつ最も速く動かすことのできる部位は、手の指です。脳においても、手と指の感覚や運動に関連する部分は大きな割合を占めています。人類は、手先の器用さによって動物から進化し、脳を発達させてきました。
 つまり、指回しで指を素早く滑らかに動かすことは、進化のピラミッドの頂点を整えることであり、頂点を整えれば、自ずと生命の根幹からよい状態にセットすることができるのです。

指どうしが触れないように するのは意外に難しい

 写真に示したとおり、指回しは、両手の指先を合わせてドーム状の形をキープしたまま、一組の指だけを、指どうしが触れ合わないようにして回すのがルールです。
 写真で見ると簡単そうですが、実際にやってみると、指が滑らかに回らなかったり、指がぶつかってしまったり、手の形が崩れてしまったりして、なかなか難しいはずです。

 指回しの別名は「空間認知微細運動」と言い、脳の空間認知能力を鍛える効果があります。目で認知した空間と、体が認知した空間が脳でピタリと一致しないと、上手にできないのです。
 視覚に関しては、視野の中心と周辺の両方を同時に目配りするトレーニングにもなります。
 最初は上手にできないかもしれませんが、指を滑らかに確実に回すことを意識しながら練習すると、だんだん速くできるようになります。

脳幹から脳が元気になり 心身に活力がわいてくる

「眼球左右運動」は、眼球を左右に素早く動かす訓練です。
 漫然と行うのではなく、指先をきちんと見ることがポイントです。指先をしっかり見ることで、焦点を調節する力の訓練ができます。
 最初は1分間に30往復程度(1秒ごとに右を見たり左を見たりする)を目標にし、慣れたら少しずつ速度を上げていきます。

 左右の眼球運動を行うと、脳幹(呼吸など生命維持に関わる部分)の血流が増加して、脳が活性化されます。
 眼球の動きには、上下、左右、斜めの3種類がありますが、これらの動きは、それぞれ別の筋肉の動きが関係しています。
「眼球連合運動」は、眼球の上下、左右、斜めの動きを滑らかに連動させて行う訓練です。
 頭の位置は動かさず、指先をしっかりと見つめたまま、縦に8の字を描く指の動きを目で追っていくことが重要です。
 慣れてきたら、できるだけ大きな8の字を描くようにします。

「眼球輻輳運動」は、輻輳(目に近いところに視線を集める動き)と、開散(輻輳した視線を左右に分散させる動き)という2つの働きを訓練する運動です。輻輳では両目の内直筋という筋肉が働き、開散では両目の外直筋が働きます。
 これらの眼球運動は、自律神経や眼球の動きをつかさどる脳幹を刺激して、脳を活性化させる効果があります。「視力アップ指回し」や眼球運動を継続して行うことで、視力アップだけでなく、生命活動の中枢である脳幹から脳が元気になり、心身に活力が湧いてきます。

 あわせて実行したいのが、「首こりほぐし」です。眼球が動くときは反射で必ず首も動くため、目の疲労は首のこりを伴います。目の疲れを癒すには、首をほぐすことがたいせつなのです。
 ここで紹介した5種類のエクササイズは、できれば朝晩の1日2回、行うのが理想的です。ぜひ、毎日の習慣にしてください。

くりた まさひろ 
1951年生まれ。東京大学理学部卒業、同大学院修士課程修了(数学専攻)、同医学部卒業。医学・薬学博士。群馬パース看護短期大学教授、群馬パース大学教授を経て、2014年同学長に就任。座禅、ヨーガ、気功、東洋医学など多彩な能力開発を実践。速読を柱とするSRS能力開発法の提唱者であり、「指回し健康体操」で全国的ブームを巻き起こした。

これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに掲載しています。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

これらの記事にある情報は、効能や効果を保証するものではありません。専門家による監修のもと、安全性には十分に配慮していますが、万が一体調に合わないと感じた場合は、すぐに中止してください。

この健康情報のエディター

最新の投稿


【精神治療の現場より】ウォーキングは心の健康に効果有り ― うつ・不安障害・統合失調症の改善例

【精神治療の現場より】ウォーキングは心の健康に効果有り ― うつ・不安障害・統合失調症の改善例

ウォーキングには、特別な器具や場所が必要ありません。患者さんにも安心して勧められます。いつからでも簡単に始められますし、家にこもりがちな人には屋外に出るよい機会になります。【解説】大西 守(精神科医)


【足の爪の切り方】正しく切れば、冷えやむくみが解消 巻き爪も改善する

【足の爪の切り方】正しく切れば、冷えやむくみが解消 巻き爪も改善する

足の爪を切るとき、ほとんどの人は「短くすればいい」「形よく整えればいい」と考え、自己流で爪切りをしていると思います。しかし、爪切りは正しく行うと、巻き爪や角質など指先のトラブルが緩和されるだけでなく、全身の血の巡りが劇的に改善し、全身の健康にさまざまな効果をもたらします。【解説】室谷良子(日本フットケア協会師範)


【医師解説】野菜スープは強力な「解毒スープ」 放射能の健康被害も防ぐことができる

【医師解説】野菜スープは強力な「解毒スープ」 放射能の健康被害も防ぐことができる

私たちが日々食べる食品に、残留農薬、食品添加物、合成保存料、化学物質などが入っていないかどうかはとても気になるところです。理由は、それらが発がん物質になるからです。【解説】髙橋 弘(麻布医院院長・医学博士 ハーバード大学医学部元准教授)


【野菜スープ】食事制限なし!メタボや糖尿病をストレスなく解消できると医師が解説

【野菜スープ】食事制限なし!メタボや糖尿病をストレスなく解消できると医師が解説

私は、患者さんには厳しく制限をするよりも、ファイトケミカルたっぷりの野菜スープ(ファイトケミカルスープ)を生活の中に取り入れることによって、自然な形で食事の改善ができるように指導しています。【解説】髙橋 弘(麻布医院院長・医学博士 ハーバード大学医学部元准教授)


指圧名人が極意を伝授!脊柱管狭窄症の症状を改善する「腰のツボ」刺激

指圧名人が極意を伝授!脊柱管狭窄症の症状を改善する「腰のツボ」刺激

私の治療院にも、脊柱管狭窄症で悩んでいるかたがたくさんいらっしゃいます。そうした皆さんに試して、効果を上げているツボがあります。ここでは、その特効ツボを紹介します。【解説】佐藤一美(日本経絡指圧会会長)


ランキング


>>総合人気ランキング