緑内障の眼圧が低下!血流が改善する「眼圧下げウォーキング」法

緑内障の眼圧が低下!血流が改善する「眼圧下げウォーキング」法

私は長年、緑内障の患者さんに生活習慣の改善を指導して、病状の進行阻止や改善を行ってきました。そのなかで、ウォーキングなどの運動は重要な柱です。【解説】山口康三(回生眼科院長)


「運動で眼圧が下がる」と 2つの大学で発表

 私は長年、緑内障の患者さんに生活習慣の改善を指導して、病状の進行阻止や改善を行ってきました。そのなかで、ウォーキングなどの運動は重要な柱です。

このことは、標準的な治療では取りあげられてきませんでした。緑内障の治療は、あくまでも薬と手術が主体で、運動や食事で進行阻止や改善ができるなどという発想はなかったのです。

 ところが、最近、大きな変化が起きています。今年の眼科学会では、九州大学医学部眼科の研究チームが、興味深い研究発表をしました。

 福岡県久山町で行った疫学調査(集団の調査を通じて病気の原因や予防法などを探ること)で、40歳以上の住民のうち、眼圧に影響を与える治療や手術をしている人を除く1871人を対象に、1週間当たりの運動回数・運動時間と、5年間の眼圧変化との関連を調べたものです。

 その結果、運動の回数と時間が多いほど、有意に(統計的に意味をもつ差があること)眼圧が低いことがわかったのです。これまでの標準的な眼科治療にはなかった、運動と眼圧との関係に着目した画期的な研究と言えるでしょう。
 また、これに先立つ2010年には、広島大学医学部眼科教授の木内良明先生が、眼科の専門誌に「運動によって眼圧が下がる」という研究発表をされています。

「被験者が有酸素運動を3カ月続けると、眼圧が下がった。その下がり方は運動の強度に比例していた。ただし、運動をやめると3週間ほどで眼圧はもとのレベルに戻った」という内容です。
 こちらも、運動と眼圧の関係を調べた貴重な発表と言えるでしょう。

ゆったり楽しんで 歩くほうが効果的

 私の経験でも、ウォーキングなどの運動で眼圧が下がった例は数多くあります。その1人、49歳の女性Aさんの例をご紹介しましょう。

 Aさんは、平成25年10月の初診時の眼圧は右目が36㎜Hg、左目が22㎜Hgでした。眼圧の正常値は10~21㎜Hgなので、特に右目はかなりの高さです。実は、当院にみえる前から、点眼薬と内服薬を使うとともに、1度手術を受けておられました。「効果がないので再度手術をする」と言われ、2度目の手術は受けたくなくて当院にみえたのです。

 当院では、当初は点眼薬も使いながら、漢方薬を処方するとともに、少食と夜9時に寝ること、1万3000歩のウォーキングを指導しました。すると、始めた翌々月、眼圧は劇的に下がって、右が17㎜Hg、左が14㎜Hgになりました。以後、多少は増減しながらも、全体としては順調に下がり、27年4月には、右が12㎜Hg、左が9㎜Hgまで下がったのです。薬もやめることができ、緑内障の症状は進んでいません。

ウォーキングの目的は 目の血流をよくすること

 当院で緑内障の患者さんにウォーキングを指導している大きな目的は、「血流をよくするため」です。緑内障といえば、眼圧ばかりが取りあげられます。もちろん眼圧も大事ですが、それ以前に目の血流、ひいては全身の血流が悪くなっていることが、緑内障の大きな原因だと、私はとらえています。

 血流障害は目の酸素不足を招きます。じゅうぶんな酸素とともに栄養素も届かないので、当然、視神経が弱くなります。正常眼圧でも緑内障を起こす例が多いのは、血流障害で視神経が弱くなっていることと深く関係すると考えられます。

 しかも、血流障害があると、眼球内の水(房水)の巡りも悪くなって、眼圧が上昇しやすいのです。その土台になっている血流障害を放置したまま、投薬や手術をしても、効果が出にくいのは当然です。ですから、今、緑内障の人は、薬などの効果を高めるためにも、ぜひウォーキングを心がけてください。

 血流をよくして酸素不足を解消し、眼圧を下げるウォーキングには、いくつかのコツがあります。

・散歩ペースで歩く

 血流促進のためには、むきになって歩くのではなく、散歩ペースで歩くほうが効果的です。筋力強化が目的ではありません。楽しみながら、ゆったり歩きましょう。それにより、目にもじゅうぶんな酸素が届きます。

・1日に1万3000歩歩く

 眼圧や緑内障に効果をもたらすには、1日の合計で1万3000歩以上歩く必要があります。
 ただし、運動習慣がない人は、ひざや腰に痛みのある人は無理をせず、痛みが出ない範囲で5000歩を目標にしましょう。

・小分けにしてよい

 1度に歩くと、疲れて続かなかったり、おなかがすいて食べ過ぎたりしがちです。30分ずつ4回など、小分けにするとよいでしょう。
 たとえば、朝30分、昼休みに30分、夕方30分、夜30分、合計で1日に最低1万3000歩歩くようにします。習慣になると、まったく苦にならず、逆に歩かないと気持ち悪いようになってきます。

山口康三先生

これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに掲載しています。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

これらの記事にある情報は、効能や効果を保証するものではありません。専門家による監修のもと、安全性には十分に配慮していますが、万が一体調に合わないと感じた場合は、すぐに中止してください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


緑内障の特効ツボを発見! こすれば視野狭窄が止まり 視力も回復する

緑内障の特効ツボを発見! こすれば視野狭窄が止まり 視力も回復する

私の治療院には、緑内障の患者さんが数多く来られます。その患者さんたちを長年施術してきて、気づいたことがあります。【解説】内田輝和(倉敷芸術科学大学生命科学部教授・鍼メディカルうちだ院長)


【眼科医も仰天】首こすりをしたら緑内障が改善し失明の危機を回避!

【眼科医も仰天】首こすりをしたら緑内障が改善し失明の危機を回避!

40歳になったころ、目を開けているのがつらくなり、テレビを見ていると、目がとても疲れるようになりました。眼科で診てもらいました。そこで検査を受けたところ、緑内障が発見されたのです。眼圧はずっと15〜16mmHgくらいを行ったり来たりしていました(基準値は10〜【体験談】松島佳代子(仮名●広島県●59歳●パートタイマー)


耳鳴り、難聴、めまいに大効果! リンパの流れをよくするセルフケア

耳鳴り、難聴、めまいに大効果! リンパの流れをよくするセルフケア

私の治療院には、突発性難聴に悩む患者さんが、たくさん訪れます。突発性難聴というのは原因不明の病気で、ある日突然に明らかな原因もなく、通常、片側の耳が聴こえなくなる病気です。【解説】藤井德治(一掌堂治療院院長)


【眼科医から】目の不調には「爪もみ」が一番!老眼や近視、飛蚊症にも効果的

【眼科医から】目の不調には「爪もみ」が一番!老眼や近視、飛蚊症にも効果的

爪の生え際にある井穴というツボを押しもみすることで、老眼などに対して高い改善効果を発揮する「爪もみ」をご紹介します。【解説】本部千博(ほんべ眼科院長)


【緑内障の名医推奨】「目の温パック」で患者の眼圧が下がった! 実用視力も回復

【緑内障の名医推奨】「目の温パック」で患者の眼圧が下がった! 実用視力も回復

現在、日本では、40代の20人に1人、70代の10人に1人が緑内障といわれています。しかし、その多くの人は、自分が緑内障だと気づいていません。【解説】平松 類(東大宮総合病院眼科科長)


最新の投稿


【精神治療の現場より】ウォーキングは心の健康に効果有り ― うつ・不安障害・統合失調症の改善例

【精神治療の現場より】ウォーキングは心の健康に効果有り ― うつ・不安障害・統合失調症の改善例

ウォーキングには、特別な器具や場所が必要ありません。患者さんにも安心して勧められます。いつからでも簡単に始められますし、家にこもりがちな人には屋外に出るよい機会になります。【解説】大西 守(精神科医)


【足の爪の切り方】正しく切れば、冷えやむくみが解消 巻き爪も改善する

【足の爪の切り方】正しく切れば、冷えやむくみが解消 巻き爪も改善する

足の爪を切るとき、ほとんどの人は「短くすればいい」「形よく整えればいい」と考え、自己流で爪切りをしていると思います。しかし、爪切りは正しく行うと、巻き爪や角質など指先のトラブルが緩和されるだけでなく、全身の血の巡りが劇的に改善し、全身の健康にさまざまな効果をもたらします。【解説】室谷良子(日本フットケア協会師範)


【医師解説】野菜スープは強力な「解毒スープ」 放射能の健康被害も防ぐことができる

【医師解説】野菜スープは強力な「解毒スープ」 放射能の健康被害も防ぐことができる

私たちが日々食べる食品に、残留農薬、食品添加物、合成保存料、化学物質などが入っていないかどうかはとても気になるところです。理由は、それらが発がん物質になるからです。【解説】髙橋 弘(麻布医院院長・医学博士 ハーバード大学医学部元准教授)


【野菜スープ】食事制限なし!メタボや糖尿病をストレスなく解消できると医師が解説

【野菜スープ】食事制限なし!メタボや糖尿病をストレスなく解消できると医師が解説

私は、患者さんには厳しく制限をするよりも、ファイトケミカルたっぷりの野菜スープ(ファイトケミカルスープ)を生活の中に取り入れることによって、自然な形で食事の改善ができるように指導しています。【解説】髙橋 弘(麻布医院院長・医学博士 ハーバード大学医学部元准教授)


指圧名人が極意を伝授!脊柱管狭窄症の症状を改善する「腰のツボ」刺激

指圧名人が極意を伝授!脊柱管狭窄症の症状を改善する「腰のツボ」刺激

私の治療院にも、脊柱管狭窄症で悩んでいるかたがたくさんいらっしゃいます。そうした皆さんに試して、効果を上げているツボがあります。ここでは、その特効ツボを紹介します。【解説】佐藤一美(日本経絡指圧会会長)


ランキング


>>総合人気ランキング