【眼科医】緑内障の症状を改善する「目の5秒マッサージ」

【眼科医】緑内障の症状を改善する「目の5秒マッサージ」

緑内障の改善をめざすとき、重要なカギになるのが「血流」です。私は眼科医として、毎日のように患者さんたちの網膜の画像を見ています。検査機では、眼底の毛細血管の様子を観察できます。すると、緑内障の患者さんは、毛細血管が劣化し、血液がドロドロになっているのがわかります。【解説】山口康三(回生眼科院長)


緑内障患者は血液循環が悪い

 緑内障の改善をめざすとき、重要なカギになるのが「血流」です。
 私は眼科医として、毎日のように患者さんたちの網膜の画像を見ています。検査機では、眼底の毛細血管の様子を観察できます。すると、緑内障の患者さんは、毛細血管が劣化し、血液がドロドロになっているのがわかります。

 この状態では、当然、目の血流が悪くなります。このことが、緑内障の発症・悪化につながっています。
 緑内障は、眼球内の圧が高まって、視神経が障害される病気ですが、その「圧」をつくっているのは、眼球内にある房水という液体です。房水は、絶えず作られては、その分排出されるしくみになっています。ところが、目の血流が滞っていると、この排出がうまくいかなくなり、眼圧が上がりやすくなるのです。

 そこで私は、目の病気の患者さんには、血流を改善するために、1日1万3000歩のウォーキングを勧めています。
 それとともに、手軽で効果的な血液の流れをよくする方法(血液循環法)として勧めているのが、「目の5秒マッサージ」です。
 といっても、眼球そのものをマッサージするわけではありません。目の周囲にある骨、眼球が収まっている頭蓋骨のくぼみのふちを押すのが目の5秒マッサージです。

 やり方はたいへん簡単です。1日1回行うだけでも、目の血液循環が促され、緑内障によい影響を与えることができます。

顔の体操も行うとさらに効果的

 合わせて行うと、目の血流がさらによくなるのが、以下の「顔の体操」です。慣れるまでは、鏡を見ながら行うとやりやすいでしょう。

①左右の目を交互に、ギュッと閉じたり開けたりする(5~10回)。
②左右の眉毛を交互に、上げたり下げたりする(5~10回)。
③口角を上げたり口をとがらせたり、ふくらませたりする(数回ずつ)。

 このほか、まばたきするのも効果的です。1秒間に2~3回、リズミカルに20回ほどまばたきをすると、血行促進に役立ちます。
 いずれも、できる時間帯に気軽にやるだけで効果がありますので、ぜひやってみてください。

山口康三先生

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連するキーワード


緑内障 目の5秒マッサージ

関連する投稿


【スマホ老眼の対処法】眼精疲労やドライアイを予防・改善する整膚「まぶたつまみ」とは

【スマホ老眼の対処法】眼精疲労やドライアイを予防・改善する整膚「まぶたつまみ」とは

整膚による大幅な血流の改善によって、患部に新たな酸素と栄養素が供給されます。もしも、そこにコリや痛みがあるなら、血液循環の改善によって、緩和されていくでしょう。【解説】蔡晶(世界整膚連盟整膚美容師会会長・整膚通信学院院長)


【目の症状別】飛蚊症・緑内障が改善した!目に効くツボを刺激する「顔さすり」

【目の症状別】飛蚊症・緑内障が改善した!目に効くツボを刺激する「顔さすり」

目の特効ツボが数多く存在する場所は、顔です。顔を手の指でさする顔さすりは、最も簡単かつ効果的なセルフケア法といえます。緑内障・白内障・ドライアイ・眼精疲労・老眼・近視・斜視、それぞれの症状に対応したやり方をご紹介します。【解説】内田輝和(倉敷芸術科学大学教授・鍼メディカルうちだ院長)


【医師解説】円形脱毛症の原因はストレスと血流低下 対策は「爪もみ」が有効

【医師解説】円形脱毛症の原因はストレスと血流低下 対策は「爪もみ」が有効

爪もみは、交感神経の緊張を改善し、頭皮の血流を向上させるので、円形脱毛症に有効です。さらに、指先の血流もアップするので、髪と同じ組織である爪の状態も改善します。【解説】永野剛造(永野医院院長)


【眼科医解説】緑内障患者に勧める「目の温パック」とは?眼圧が下がり、手術回避も

【眼科医解説】緑内障患者に勧める「目の温パック」とは?眼圧が下がり、手術回避も

目の温パック後に、まぶたさすりを行うと、より涙の質がよくなり、リラックス効果も得られます。緑内障の発症原因の一つはストレスです。ストレスを解消することも、緑内障の進行を防ぐのに大いに役立ちます。【解説】平松類(彩の国東大宮メディカルセンター眼科部長)


【医師推奨】緑内障を改善する生活習慣は「しょうが紅茶」と「腹巻き」

【医師推奨】緑内障を改善する生活習慣は「しょうが紅茶」と「腹巻き」

体の不調の多くは、体の冷えが原因で生じると私は考えています。低体温によって余計な水分が体にたまるのです。血液中の水分が多くなると高血圧、内耳の水分が多くなると耳鳴りやめまい、目の内部の水分が多くなると緑内障といった病気にもつながります。【解説】石原新菜(イシハラクリニック副院長)


最新の投稿


【管理栄養士】美容健康の有効成分たっぷり「人参」 食べるときの注意点とは?

【管理栄養士】美容健康の有効成分たっぷり「人参」 食べるときの注意点とは?

ニンジンのβカロテンには、強力な抗酸化作用があります。老化と病気の原因物質である活性酸素によって体がサビつくのを、防いでくれるのです。また、βカロテンは、体内でビタミンAに変化します。ビタミンAは、粘膜や皮膚の新陳代謝に欠かせない栄養素です。【解説】足立香代子(臨床栄養実践協会理事長・管理栄養士)


【睡眠時高血圧の見つけ方】血圧を下げる対策を医師が指南!お手本は「長野県」?

【睡眠時高血圧の見つけ方】血圧を下げる対策を医師が指南!お手本は「長野県」?

日中に血圧が高くなるのはあたりまえ。「早朝高血圧」が問題視されますが、朝は脱水状態で血液が濃くなっており心身を活動的にするために血圧を上げる必要があるので、早朝の血圧も高くてあたりまえです。問題となるのは、血圧が下がるべき睡眠時に血圧が下がらないことだったのです。【解説】浅輪喜行(アサワ医院院長)


【クレアチニン値を下げる運動】で腎臓病が改善!ネフローゼの尿たんぱくが陰性になった!

【クレアチニン値を下げる運動】で腎臓病が改善!ネフローゼの尿たんぱくが陰性になった!

多くの人は、太い動脈の血流には注意を払いますが、毛細血管の流れには無頓着です。しかし、全身の臓器が健康に働くためには、毛細血管がなにより大事。【解説者】渡辺完爾(渡辺医院院長)


【チーズの健康効果ベスト6】ダイエットには運動後60分以内に摂取がお勧め!虫歯を防ぐ効果も

【チーズの健康効果ベスト6】ダイエットには運動後60分以内に摂取がお勧め!虫歯を防ぐ効果も

チーズは良質のたんぱく質とカルシウムの供給源で、筋力や骨の強化を助ける食品。ダイエット効果、筋力をつける効果、骨粗鬆症を防ぐ効果、血圧を下げる効果、虫歯を防ぐ効果、認知症を防ぐ効果など代表的なチーズの健康効果をお話ししましょう。【解説】齋藤忠夫(東北大学大学院農学研究科教授)


【猫背が楽な理由】楽な姿勢なら、そのほうが体に良いのでは?

【猫背が楽な理由】楽な姿勢なら、そのほうが体に良いのでは?

良い姿勢より、ネコ背でいるほうがらくに感じます。こういう場合、リラックスすることが大切なら、ネコ背のほうが体への負担が少ないのではありませんか。【回答】竹谷内康修(竹谷内医院カイロプラクティックセンター院長)


ランキング


>>総合人気ランキング