疲れの真犯人「脳疲労」を撃退する特効薬はなんと【ほぐしチキン】

疲れの真犯人「脳疲労」を撃退する特効薬はなんと【ほぐしチキン】

これまで、疲労が起きるのは、「エネルギーがなくなるから」「疲労物質が筋肉にたまるから」と考えられてきました。しかし、最新の研究によって、疲労が起きるほんとうの理由は、「自律神経の中枢である、脳がサビつくから」ということが、わかっています。【解説】梶本修身(東京疲労・睡眠クリニック院長)


鶏の胸肉+レモン汁は
疲れを取る最強コンビ

疲れたと感じるのは 脳がサビつくから

 あなたが「たまった疲れを取りたい」「疲れにくい体になりたい」と望むなら、疲労が起きるしくみを正しく知ることがたいせつです。
 これまで、疲労が起きるのは、「エネルギーがなくなるから」「疲労物質が筋肉にたまるから」と考えられてきました。しかし、最新の研究によって、疲労が起きるほんとうの理由は、「自律神経の中枢である、脳がサビつくから」ということが、わかっています。
 運動をしすぎたり、ストレスを抱えすぎていると、酸素の消費量が増えて、「活性酸素」が発生します。
 活性酸素が増えると、正常な細胞をサビつかせたり、傷つけたりします。これが、老化や病気の原因になります。この活性酸素が、脳にある自律神経の中枢の細胞をサビつかせると、私たちは疲労を感じるのです。
 ですから、疲れを取ったり軽くしたりするには、自律神経の中枢をサビつかせないことがたいせつです。

 疲労についての研究は、2003年に「疲労定量化及び抗疲労食薬開発プロジェクト」が始まったことで、大きく進歩しました。
 ここまで話してきた内容も、研究で明らかになったことの一つです。そしてもちろん、疲労の回復や軽減についても、科学的に実証された方法がいくつかあります。
 その中から今回は、疲れに効く食材として、鶏の胸肉を紹介します。

疲れの根本に直接効く 「鶏の胸肉」

 鶏の胸肉には、疲労を防ぐ効果が高い「イミダペプチド(イミダゾールジペプチド)」という成分が、豊富に含まれています。
 イミダペプチドが優秀なのは、自律神経の中枢の細胞が酸化するのを防いでくれるところ(抗酸化作用)。イミダペプチドを摂取すると、疲労を抑えることができるわけです。
 イミダペプチドは、体内に入ると、2種類のアミノ酸に分解されます。小さくなるので、イミダペプチドのままでは通れないところでも、血液に乗って通過でき、脳の中に入ることができます。
 その後、脳にある自律神経の中枢で、2種類のアミノ酸は再び合成され、イミダペプチドに戻ります。そこで、抗酸化作用を発揮して、疲労を防いでくれるのです。

 抗酸化作用のある成分といえば、ワインやチョコレートに含まれる「ポリフェノール」が、よく知られています。しかし、ポリフェノールが抗酸化作用を発揮してくれる時間は、約2時間と短く、自律神経の中枢に作用するのかどうかも、まだ確認できていません。
 一方でイミダペプチドは、アミノ酸がある間は常に合成され続け、持続的に抗酸化作用を発揮します。ですから、鶏の胸肉を食べることは、確実な疲労対策になるのです。
 量としては、鶏の胸肉を1日に100g食べると、イミダペプチドを約200㎎摂取できます。これは疲労を防ぐのにじゅうぶんな効果が得られる量です。
 なお、鶏の胸肉より100gあたりの含有量は劣りますが、カツオや豚ロース肉にも、イミダペプチドが多く含まれています。また、鶏もも肉や豚もも肉にもイミダペプチドは含まれますが、前述の食材と比べると、含有量は劣ります。

 とはいえ、忙しい毎日を考えると、食事のたびに鶏の胸肉を調理するのは面倒かもしれません。その点、レンジで簡単にできる「ほぐしチキン(作り方は82ページ)」を作り置きしておくと、毎食手間なく鶏の胸肉を食べられ、お勧めです。
 注意点として、肉汁にイミダペプチドが溶け出すので、スープに入れるなど、肉汁も摂取してください。
 朝・昼・夜と1日3回の食事のうち、摂取するのはいつでもOK。理想は、日中の疲労を起こす前、朝食にできるだけ取っておくといいでしょう。100gを1日に2〜3回に分けて摂取してもかまいません。

 疲労に打ち勝つ対策としては、イミダペプチドが「昼の主役」で、「夜間の主役」は深い睡眠です。朝か昼に鶏の胸肉を取っておくと、自律神経の働きが正常に保たれやすく、睡眠の質も改善に向かうはずです。

かじもと おさみ
医学博士。大阪市立大学大学院疲労医学講座特任教授。東京疲労・睡眠クリニック院長。1962年生まれ。大阪大学大学院医学系研究科修了。2003年より産官学連携「疲労定量化及び抗疲労食薬開発プロジェクト」統括責任者。『”人疲れ”が嫌いな脳 ラクしてうまくいく人間関係のつくりかた』(幻冬舎)など著書多数。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【ツボ】ストレスを解消し、うつの症状が改善する「中指の1点刺激」のやり方

【ツボ】ストレスを解消し、うつの症状が改善する「中指の1点刺激」のやり方

私は鍼灸師で、日本で一般的に行われている鍼灸治療のほか、「手指鍼」を取り入れた治療を行っています。手指鍼はその名のとおり、手や指にあるツボを鍼などで刺激して、病気や不調を改善する治療法です。【解説】松岡佳余子(アジアンハンドセラピー協会理事・鍼灸師)


カラオケで腰痛を治す!血圧を下げて血糖値を改善させる曲名は、津軽海峡…

カラオケで腰痛を治す!血圧を下げて血糖値を改善させる曲名は、津軽海峡…

「カラオケを楽しみながら、腰痛が治る」こんなことを聞いたら、驚くかもしれませんね。カラオケには、隠れた健康効果があり、脳細胞の活性化、血流促進、内臓機能の強化、筋肉増強など、さまざまな有効性が期待できるのです。【解説】周東 寛(南越谷健身会クリニック院長・医学博士)


【専門医直伝】「寝る前10分で1日を振り返る」糖尿病改善の極意4選

【専門医直伝】「寝る前10分で1日を振り返る」糖尿病改善の極意4選

糖尿病対策の根幹は、「食前キャベツ」を中心とした食事療法で減量することです。ただし、それを成功させるには、いくつかの秘訣があります。【解説】吉田俊秀(島原病院 肥満・糖尿病センター長)


【医師解説】血圧は「寝る前」に計るのが常識!睡眠時高血圧の見つけ方はコレ!

【医師解説】血圧は「寝る前」に計るのが常識!睡眠時高血圧の見つけ方はコレ!

これまで1700人に上る患者さんの24時間血圧を測定してきて、私は「日中の活動時の血圧ではなく、睡眠時の血圧が高いことが問題である」という結論に至りました。【解説】浅輪喜行(アサワ医院院長)


【医師監修】めまいの改善、予防のポイントは「ラジオ体操、水分摂取、 快便、ストレス対策」

【医師監修】めまいの改善、予防のポイントは「ラジオ体操、水分摂取、 快便、ストレス対策」

めまいを改善、予防する上で、もっとも重要なのは、食生活や運動といった生活習慣の改善です。そして、2番目が自己節制、3、4がなくて5が薬です。どんなによい薬を飲んでいても、生活が乱れ自己節制ができていないと、めまいを治すことはできません。【解説】坂田英明(川越耳科学研究所クリニック院長)


最新の投稿


【医師】私はコレで糖尿病を克服した! ― 46kgの減量に成功した辛くない食事法

【医師】私はコレで糖尿病を克服した! ― 46kgの減量に成功した辛くない食事法

私は幼少時から、おいしいものが大好きで、物心がついたころから太っていました。大人になってお酒を覚え、ますます肥満に拍車がかかって、ピーク時には、身長が181㎝で体重が146㎏もあったのです。当然ながら糖尿病になり、血糖値を下げるインスリン注射をしないといけない毎日でした。【解説】内場 廉(長野市国保大岡診療所所長)


【奥で響くサイレン音】耳もみで耳鳴りとふらつきを解消

【奥で響くサイレン音】耳もみで耳鳴りとふらつきを解消

朝早く布団から起き上がったその瞬間、頭がふらついて倒れそうになりました。めまいとも立ちくらみとも違う、初めての経験で、「これはおかしい」と思いました。【体験談】福島県◎86歳◎主婦 佐藤トヨ子


ストレスを取り耳鳴り、めまい、難聴の症状に効果「耳の3点もみ」公開

ストレスを取り耳鳴り、めまい、難聴の症状に効果「耳の3点もみ」公開

首や肩のコリは、耳の後ろと鎖骨を結ぶ、胸鎖乳突筋がこることで血流が悪化し、発症しやすくなります。胸鎖乳突筋がこると、耳がついている側頭骨周辺の筋肉もかたくなります。その結果、側頭骨と後頭骨の間を通る神経や血液の流れが悪化し、耳鳴りやめまいが起こりやすくなるのです。【解説】村山哲郎(戸塚鍼灸院院長)


【キーン、ジージー】幼少期からの耳鳴りが「耳たぶさすり」で改善

【キーン、ジージー】幼少期からの耳鳴りが「耳たぶさすり」で改善

私は幼いころから、耳鳴りの症状がありました。今思えば、そのきっかけとなったのは小学生のときに発症した中耳炎でしょう。【体験談】愛知県◎41歳◎主婦 金田やすえ(仮名)


【実験で判明】ココアは強力な温めドリンク ― 不眠やうつ症状改善にも有効

【実験で判明】ココアは強力な温めドリンク ― 不眠やうつ症状改善にも有効

ココア豆乳は、体の冷えや自律神経の乱れに悩んでいるかたにお勧めしたい飲み物です。冷えは今や女性特有の症状ではなく、子どもや男性まで、年齢や性別を問わず見られる症状になりました。東洋医学では、「冷えは万病の元」とも言われ、体の不調を知らせるシグナルだと捉えられています。【解説】南雲久美子(目黒西口クリニック院長) 


ランキング


>>総合人気ランキング