人間関係で消耗しないために ― 対人関係のストレスを一瞬で解決する「魔法の言葉」

人間関係で消耗しないために ― 対人関係のストレスを一瞬で解決する「魔法の言葉」

皆さんは、相手のささいな言動を受けて、不安になったり動揺したりすることはありませんか。このような「心が揺さぶられやすい人」は、他人の気持ちに敏感で、人に気を使いすぎる傾向があります。【解説】大嶋信頼(心理カウンセラー)


人間関係の疲れは 「嫉妬」が原因だった

 皆さんは、相手のささいな言動を受けて、不安になったり動揺したりすることはありませんか。

 このような「心が揺さぶられやすい人」は、他人の気持ちに敏感で、人に気を使いすぎる傾向があります。相手の気分を害するのが怖くて、言いたいことを言えず、「いい人」を演じがちで、なかなか素の自分を出せません。当然ストレスがたまり、人間関係に疲れ果ててしまいます。

 他人に振り回されやすい人の多くは、「自分の性格や考え方に問題があるのだろう」と考えています。
 しかし、そうではありません。私たちの脳は、常に周りの人とつながって、コミュニケーションを取っていると考えられます。これはいわば、無線LANのような、「脳のネットワーク」といえます。

 感情は、自分の内側から湧いてくるだけではありません。脳のネットワークを介して、他人の感情が自分に伝染することもあるのです。
 その最たる例が、嫉妬です。

 嫉妬は、自分より立場が低い相手を見て、「自分より優れている」「自分より愛されている」と感じたときに生じる、怒りの感情です。動物全般に見られる本能的な「発作」です。

 嫉妬を起こした人の脳では、情動を司る扁桃体という部分の働きが過剰になります。
 他人からの嫉妬が、脳のネットワークを介して伝わると、自分の扁桃体の働きも過剰になり、恐怖や怒りを感じます。その結果、緊張したり不安になったりするのです。

 こうして嫉妬にさらされると、人はどんどん疲れていきます。
「私はなにをやってもダメだ」という思いにとらわれ、自分を否定したり、無力感に襲われたりします。
 ですから、他人からの嫉妬を伝染させないことが重要です。しかし、多くの人は、嫉妬への対処を間違えています。
 女性に多いのは、自分を卑下して「弱くて無力ないい人」を演じるパターンです。しかし、これは逆効果で、かえって相手の嫉妬をあおってしまいます。

 先ほど述べたように、嫉妬は、「自分よりも立場が下だ」と思っている相手に対して生まれる感情だからです。特に、優秀な人ほど謙遜して自分を卑下しがちなので、嫉妬が伝染して疲れやすい傾向があります。

 嫉妬が生じるのは、同性間だけではありません。人間関係に疲れた女性によく見られるのが、夫が「外ヅラのいい人」というパターンです。
 外では「いい人」で通っているのに、家では話を聞いてくれない、頼んだことをしてくれない夫は、意外と多いものです。

 これは、妻に対する夫の嫉妬からくるもの。立場が下だと思っている妻に負けたと感じると、「妻に協力しない」というかたちで、無意識に攻撃を加えてくるのです。

魔法の言葉で 嫉妬の伝染を断ち切る!

 嫉妬の伝染を避けるには、まず、脳のネットワークを断ち切ること。そして、他人から嫉妬を起こさせないよう、むやみに自分を卑下せず、本音で相手と接することです。

 そこで役立つのが、今回紹介する「魔法の言葉(暗示)」です。魔法の言葉には、脳のネットワークを断ち切り、自分の思いや行動を、ほんとうに望むものに修正する力があります。

 一つめの言葉は「浮き輪モード!」。ドロドロした対人関係のストレスをどうにかしたいとき、心の中で「浮き輪モード!」と7回唱えます。すると、脳のネットワークが切断され、嫉妬を受けなくなるため、ドロドロ状態から抜け出すことができます。

 二つめは「本音モード!」。苦手な人に会うときなど、人と接するときに使います。この言葉も、嫉妬をシャットアウトし、自分の本音を表に出しやすくなります。

 他人の顔色を気にせず、素の自分のまま、言いたいことを言い、やりたいことをやれるようになれば、ストレスがたまらないのはもちろん、自分にとってほんとうに必要な人と出会えるようにもなります。
 人間関係で消耗しないために、魔法の言葉を活用してください。

大嶋信頼
米国・私立アズベリー大学心理学部心理学科卒業。アルコール依存症専門病院、周愛利田クリニックに勤務する傍ら東京都精神医学総合研究所の研修生として、また嗜癖問題臨床研究所付属原宿相談室非常勤職員として依存症に関する対応を学ぶ。嗜癖問題臨床研究所原宿相談室室長、㈱アイエフエフ代表取締役等を経て現職。『「ずるい人」が周りからいなくなる本』(青春出版社)など、著書多数。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連するキーワード


魔法の言葉 人間関係の疲労

関連する投稿


【更年期障害】ホットフラッシュ、多汗、イライラが解消した「ココア豆乳」の作り方

【更年期障害】ホットフラッシュ、多汗、イライラが解消した「ココア豆乳」の作り方

私は更年期障害がひどく、ホットフラッシュや多汗、イライラなどの症状に悩まされ続けてきました。特にひどいのがホットフラッシュ。常時、体が熱く、汗がものすごく出るのです。そのため、自分だけ部屋の温度を低くしたりしていました。【体験談】中西洋子さん(仮名・50歳公務員・静岡県)


【判明】うつ患者に不足しがちな栄養素はコレ!自分に足りない栄養素ってわかるの?

【判明】うつ患者に不足しがちな栄養素はコレ!自分に足りない栄養素ってわかるの?

うつ病の患者が、ふえています。この10年間で倍増して100万人を超え、潜在患者を含めると、20人に1人はいるといわれています。これだけうつ病がふえたのは、ストレスの多い社会環境のせいだけではありません。【解説】功刀 浩(国立精神・神経医療研究センター 神経研究所 疾病研究第三部部長)


【薬に頼らない】うつが改善する「首腰枕」 首の骨の変形を治すことが大切

【薬に頼らない】うつが改善する「首腰枕」 首の骨の変形を治すことが大切

私は12年前に、福田‐安保理論に基づき、姿勢と自律神経の関係に注目。首腰枕を使った背骨のストレッチ法を開発し、指導を始めました。首腰枕は、腰痛や肩こりなど、筋骨格系の病気はもちろん、うつ病やパーキンソン病など、脳神経系の病気にも、著効を発揮しています。【解説】高木智司(日本自律神経免疫治療研究会会員・心身診療室院長)


【精神治療の現場より】ウォーキングは心の健康に効果有り ― うつ・不安障害・統合失調症の改善例

【精神治療の現場より】ウォーキングは心の健康に効果有り ― うつ・不安障害・統合失調症の改善例

ウォーキングには、特別な器具や場所が必要ありません。患者さんにも安心して勧められます。いつからでも簡単に始められますし、家にこもりがちな人には屋外に出るよい機会になります。【解説】大西 守(精神科医)


うつ病、不眠症、パニック障害から不登校まで 【腸】を診て治し続ける長崎の医師

うつ病、不眠症、パニック障害から不登校まで 【腸】を診て治し続ける長崎の医師

「人の心は、腸にある」私は常々、診察室でこう話してきました。うつ病や不眠症、パニック障害などの心の病気を、おなかを触って腸の状態を診断し、漢方薬を処方して治してきました。精神科では治らなかった心の病気が、なぜ腸を診て治るのか。私が出した答えが「考根論」です。【解説】田中保郎(西諌早病院 東洋医学研究センター長) 


最新の投稿


【ブロッコリーの栄養】茹ですぎに注意!便秘解消・シワ対策に効果のある食べ方・使い方

【ブロッコリーの栄養】茹ですぎに注意!便秘解消・シワ対策に効果のある食べ方・使い方

ブロッコリーは、野菜の中でも栄養が飛び抜けて豊富で、多くの健康効果や美容、ダイエットにも効果を期待できる、まさに「野菜の王様」です。体にいい成分の宝庫であるブロッコリーを、積極的に食生活に取り入れない理由はありません。【解説】木村至信(秋山眼科医院耳鼻咽喉科部長、木村至信BANDリーダー)


【肩こり・五十肩を改善】痛みやしびれをすぐに解消する体操「手首振り」

【肩こり・五十肩を改善】痛みやしびれをすぐに解消する体操「手首振り」

手のしびれ、肩こり、五十肩、腱鞘炎、腕や手の疲れとそれによる痛みなど、手・腕・肩のトラブルに悩まされている人は多いものです。わずか1〜2分で簡単にできるバンザイ手首振りは、血液とリンパ(体内の余分な水分や老廃物、毒素などを運び出す体液)の流れを劇的に改善させます。【解説】宮本啓稔(新宿西口治療院院長)


【直腸性便秘】便を出す効果的な方法「考える人のポーズ」 大腸肛門科専門医が実験で確認

【直腸性便秘】便を出す効果的な方法「考える人のポーズ」 大腸肛門科専門医が実験で確認

便秘は①大腸の動きが遅く便がなかなか直腸まで下りてこない②便は直腸まで下りてきているが、うまく排出できない のタイプです。②を「直腸性便秘」と呼びます。便意を感じにくくなる、便が非常に硬くなる、残便感がある、排便時に痛みや違和感があるなどの特徴があります。【解説】高野正太(大腸肛門病センター高野病院肛門科部長)


【生活習慣病を予防】漬けるだけで超簡単「酢ピーナッツ」の作り方

【生活習慣病を予防】漬けるだけで超簡単「酢ピーナッツ」の作り方

ピーナッツと酢を組み合わせた「酢ピーナッツ」は、さまざまな健康効果をいいとこ取りした食品です。カリカリ食感とほどよい酸味が絶妙で、お茶請けやお酒のおつまみなどにぴったり!漬けるだけでできる超簡単な酢ピーナッツを、ぜひ皆さんもお試しください!【料理・栄養計算・スタイリング】五十嵐ゆかり(料理研究家・管理栄養士)


【肝臓病とは】A型肝炎 B型肝炎 C型肝炎の違いは? 急性と慢性の違いは? (子供でも分かる大人の病気)

【肝臓病とは】A型肝炎 B型肝炎 C型肝炎の違いは? 急性と慢性の違いは? (子供でも分かる大人の病気)

肝臓は多数の肝小葉という単位が集まった臓器で、「人体の化学工場」といわれ、胆汁を生成して消化を助けるほか、栄養分の分解や貯蔵、解毒、排泄など、重要な働きをしています。【解説】川嶋朗(東洋医学研究所附属クリニック自然医療部門医師・東京有明医療大学教授)