【医師絶賛】子どもの持病が改善した!「医学の父」ヒポクラテスの滋養スープとは

【医師絶賛】子どもの持病が改善した!「医学の父」ヒポクラテスの滋養スープとは

私は西洋医学を学んだ医師ですが、病院の治療や薬だけで病気を治すことは難しいと思っています。長男の小児ぜんそくがきっかけでした。長男のぜんそくを治す方法を探し、行きついた療法が、アメリカのマックス・ゲルソン医師が考案した「ゲルソン療法」、そして「ヒポクラテス式野菜スープ」です。【解説】大場修治(内科医)


おおば しゅうじ
長崎大学医学部卒業。南部徳洲会病院総合診療部医長、沖縄ナチュラルクリニック院長などを歴任。高血圧、糖尿病、ガン、心臓病、自己免疫性疾患などのさまざまな病気において、食事療法を中心とした生活習慣の指導を行っている。

長男のぜんそくがみるみる改善した!

 私は西洋医学を学んだ医師ですが、病院の治療や薬だけで病気を治すことは難しいと思っています。そう考えるようになったのは、長男の小児ぜんそくがきっかけでした。

 私の長男は、2歳になる前からセキが出始め、呼吸もゼイゼイするようになりました。病院ではぜんそくと診断され、薬を飲み始めたのですが、症状はなかなか治まりません。それどころか発熱もするようになって、薬も増える一方でした。

 これは、私が診ている患者さんたちにも同じことが言えました。高血圧や糖尿病の薬を毎月もらいに来る患者さんたちは、いつまでたっても薬を止めることができません。薬を飲んでいれば症状を抑えられますが、飲まなくなると悪化します。薬では治すことはできないのです。

 西洋医学には限界があることを悟った私は、長男のぜんそくを治す方法を西洋医学とは別の方面で探し始めました。その結果、行きついた療法が、アメリカのマックス・ゲルソン医師が考案した「ゲルソン療法」、そして「ヒポクラテス式野菜スープ」です。ゲルソン療法では、全身すべての細胞を活性化し、自然治癒力を高めるために、食事・生活習慣などの指導を行います。そのゲルソン食事療法の軸になるのが、ヒポクラテス式野菜スープです。

 ヒポクラテス式野菜スープ(以下、野菜スープ)は、古代ギリシャの医学者で「医学の父」と呼ばれるヒポクラテスが、滋養食として用いたことからこの名前で呼ばれています。ヒポクラテスは、「食事で治せない病気はない」という言葉を残すほど、食事を重視していました。

 野菜スープは、セロリ、長ネギ、タマネギ、トマト、ジャガイモ、ニンニク、パセリの7つの野菜で作ります。どれも栄養の面で非常に優れた野菜です。

 私はまず、自分の家族で実践してみました。すると、長男のぜんそくは確実に回復していき、1年ほど経った頃には薬を止めることができたのです。長男とともに私も野菜スープを飲むことに加え、生活習慣を改善したことで、71㎏だった体重がわずか半年間で12㎏やせて59㎏になりました。

ガンや生活習慣病が 改善したという報告多数

 効果を実感した私は、高血圧や糖尿病などの患者さんに勧めるようになりました。野菜スープを継続した患者さんのうち、血圧や血糖値が改善し、薬を減らせた人が3年間で61人、薬を止めてもよい状態にまで回復した人が11人います。

 また、ガンや心臓病も、食事と生活習慣が大きく影響することがわかりました。心臓病の人が、食生活を変えただけで薬が減ったり、ガンで余命半年と言われた人が、食事と生活習慣を変えたことでガンが小さくなったり、治癒したりしたという報告はたくさんあります。

 野菜スープで野菜の栄養を取ることには大きなメリットがあります。野菜を食べることは体にとても必要なことですが、ガンや消化器系の病気で消化力が落ちている人は腸内の細菌バランスも悪いので、消化・吸収の悪い生野菜は負担になります。

 その点、野菜は加熱すると消化しやすくなるうえ、この野菜スープは、さらに裏ごしして繊維質を除きます。すなわち、かなり内臓が弱っている人でも、野菜の栄養をしっかり消化・吸収できるのです。
 この野菜スープでは、塩などの調味料はいっさい使いません。しかし、初めて飲んだ人はそのおいしさに驚きます。「野菜だけでここまでうま味が出るのか」と思うはずです。子どもの口にも合うので、お子さんの栄養補給にも最適です。

 食べ物の健康法はおいしくなければ続きません。野菜スープはおいしいですし、いろいろな料理に応用もできます。味を楽しみながら、健康になれるでしょう。

 野菜スープは、スープカップに1〜2杯程度、昼と夜の1日2回飲むのが理想です。ただ、それが困難な人は1日1回でも効果は期待できます。出来上がった野菜スープは、冷蔵庫で保存し、48時間以内に飲み切るようにしましょう。しかし、大きな病気のない人が、健康維持のために飲むぶんには冷凍保存しても構いません。

野菜の栄養を しっかり吸収して万病を治す ヒポクラテス式 野菜スープの作り方

●材料
(1〜2人、約2日分)

セロリの茎 2〜3本
長ネギ 中1本
タマネギ 中1個
トマト 小3〜4個
ジャガイモ 中または大2個
ニンニク 4〜5片
パセリ 少々

これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに掲載しています。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

これらの記事にある情報は、効能や効果を保証するものではありません。専門家による監修のもと、安全性には十分に配慮していますが、万が一体調に合わないと感じた場合は、すぐに中止してください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【野菜スープ】食事制限なし!メタボや糖尿病をストレスなく解消できると医師が解説

【野菜スープ】食事制限なし!メタボや糖尿病をストレスなく解消できると医師が解説

私は、患者さんには厳しく制限をするよりも、ファイトケミカルたっぷりの野菜スープ(ファイトケミカルスープ)を生活の中に取り入れることによって、自然な形で食事の改善ができるように指導しています。【解説】髙橋 弘(麻布医院院長・医学博士 ハーバード大学医学部元准教授)


血圧が下がり26kg やせた!減量のスペシャリストに教わったダイエット法

血圧が下がり26kg やせた!減量のスペシャリストに教わったダイエット法

開業医でありながら、身長が183㎝で、体重が120㎏もあった私は、すし屋で「うちのジムに来ませんか」とボクシングジムの井岡弘樹会長に声をかけられたのです。私のダイエットメニューは、ジム通いと会長に教えていただいたコマツナジュースを朝食に取り入れることでした。【解説】大森孝平(大森クリニック院長)


【自分で治せる】耳に刺激を加え、腰痛や坐骨神経痛の痛みやしびれの症状を取る「耳介療法」

【自分で治せる】耳に刺激を加え、腰痛や坐骨神経痛の痛みやしびれの症状を取る「耳介療法」

私はダイエットやアンチエイジング、腰痛などの痛みの治療に、「耳介療法」を取り入れています。現代の腰痛の二大疾患である、脊柱管狭窄症と椎間板ヘルニアの症状改善にも、耳への刺激がすばらしい効果を発揮するのです。家庭療法として行う方法としては、「耳つまみ」が最適です【解説】長谷川亮(長谷川亮・鍼灸院院長)


【まるで別人】肥満医師が45kgのダイエットに成功!高血圧が正常値になった秘密は「一口チョコレート」

【まるで別人】肥満医師が45kgのダイエットに成功!高血圧が正常値になった秘密は「一口チョコレート」

私のダイエット前後の写真を比べてもらえればわかりますが、まるで別人です。人からは15歳若返ったといわれます。減量中の食欲をおさえるために、利用したのが「一口チョコ」でした。【解説】牧 聡(医療法人牧和会牧病院院長・理事長)


【医師が実践】野菜スープを飲んで2ヵ月で16kgやせ! 高血圧も痛風も水虫も改善

【医師が実践】野菜スープを飲んで2ヵ月で16kgやせ! 高血圧も痛風も水虫も改善

私のクリニックに来院されるガン患者の多くは、手術や抗ガン剤治療、放射線治療などで思うような結果が得られなかったかたがたです。そのため多くの患者さんが来院されたときには消化力が落ちて食事が取れずにいて、栄養が不足している状態になっています。そこで、最初に勧めるのが食事療法です。【解説】石黒栄紀(いしぐろクリニック院長)


最新の投稿


【精神治療の現場より】ウォーキングは心の健康に効果有り ― うつ・不安障害・統合失調症の改善例

【精神治療の現場より】ウォーキングは心の健康に効果有り ― うつ・不安障害・統合失調症の改善例

ウォーキングには、特別な器具や場所が必要ありません。患者さんにも安心して勧められます。いつからでも簡単に始められますし、家にこもりがちな人には屋外に出るよい機会になります。【解説】大西 守(精神科医)


【足の爪の切り方】正しく切れば、冷えやむくみが解消 巻き爪も改善する

【足の爪の切り方】正しく切れば、冷えやむくみが解消 巻き爪も改善する

足の爪を切るとき、ほとんどの人は「短くすればいい」「形よく整えればいい」と考え、自己流で爪切りをしていると思います。しかし、爪切りは正しく行うと、巻き爪や角質など指先のトラブルが緩和されるだけでなく、全身の血の巡りが劇的に改善し、全身の健康にさまざまな効果をもたらします。【解説】室谷良子(日本フットケア協会師範)


【医師解説】野菜スープは強力な「解毒スープ」 放射能の健康被害も防ぐことができる

【医師解説】野菜スープは強力な「解毒スープ」 放射能の健康被害も防ぐことができる

私たちが日々食べる食品に、残留農薬、食品添加物、合成保存料、化学物質などが入っていないかどうかはとても気になるところです。理由は、それらが発がん物質になるからです。【解説】髙橋 弘(麻布医院院長・医学博士 ハーバード大学医学部元准教授)


【野菜スープ】食事制限なし!メタボや糖尿病をストレスなく解消できると医師が解説

【野菜スープ】食事制限なし!メタボや糖尿病をストレスなく解消できると医師が解説

私は、患者さんには厳しく制限をするよりも、ファイトケミカルたっぷりの野菜スープ(ファイトケミカルスープ)を生活の中に取り入れることによって、自然な形で食事の改善ができるように指導しています。【解説】髙橋 弘(麻布医院院長・医学博士 ハーバード大学医学部元准教授)


指圧名人が極意を伝授!脊柱管狭窄症の症状を改善する「腰のツボ」刺激

指圧名人が極意を伝授!脊柱管狭窄症の症状を改善する「腰のツボ」刺激

私の治療院にも、脊柱管狭窄症で悩んでいるかたがたくさんいらっしゃいます。そうした皆さんに試して、効果を上げているツボがあります。ここでは、その特効ツボを紹介します。【解説】佐藤一美(日本経絡指圧会会長)


ランキング


>>総合人気ランキング