【体質改善スープ】慢性疲労・肌荒れの悩みが解消!体調良好で元気に仕事ができる!

【体質改善スープ】慢性疲労・肌荒れの悩みが解消!体調良好で元気に仕事ができる!

私が「ヒポクラテス式野菜スープ」と出会ったのは、今から3年前のことです。当時の私は、仕事が忙しくて外食続きで、慢性的な疲労感や肌荒れなどの体調不良を抱えていました。「このままでは病気になってしまう。」そんな中、ゲルソン療法を知ったのです。【体験談】瀧野直美(49歳・看護師・東京都)


体の奥までしみる 優しい味わい

 私が「ヒポクラテス式野菜スープ」(以下、野菜スープ)と出会ったのは、今から3年前のことです。

 当時の私は、仕事が忙しくて外食続きで、慢性的な疲労感や肌荒れなどの体調不良を抱えていました。「このままでは病気になってしまう。健康的な食生活に替えなければならない」と考え、いろいろな食事法や料理について学ぶなかで、ゲルソン療法を知ったのです。

 初めて野菜スープの作り方を教わったときは、正直いって「たいへんそうだな」と思いました。

 ところが、自分で作ってみるとそれほどめんどうではありません。煮込む時間はかかりますが、野菜を切って水を加えて煮るだけ、味つけなどはいっさい不要だからです。それでいて無味ではなく、体の奥までじんわりとしみわたるような、優しい味わいも気に入りました。

 私の場合、1日に1〜2回、昼食または夕食時に野菜スープを飲んでいます。野菜スープを飲み始めて1週間ほどで、味覚が変わってきたのを感じました。外食などのほかの食べ物をしょっぱいと感じるようになり、味が濃過ぎて、食べると体が重くなるような不快な感覚を覚えるようになったのです。

→ヒポクラテス式野菜スープの作り方はコチラ

疲れが取れ、元気に仕事できる!

忙しくても疲れにくい体に

 さらに野菜スープを飲み続けて2〜3週間ほどで、体調の変化を実感するようになりました。体のだるさや疲れを感じることが減り、足や顔のむくみも取れました。気になっていた肌荒れも、少しずつ改善していきました。

 現在も、野菜スープは毎日欠かさず飲み続けています。今や私の食生活にとって、なくてはならない存在です。このスープを飲んでいると体が軽く、元気に動き回ることができ、忙しくてもあまり疲れが出ないからです。

 今では肌荒れもすっかり解消し、体調は毎日良好。気がつくと、体重も3㎏落ちていました。これからも体質の維持のために、野菜スープを飲み続けていこうと思います。

肝臓や腎臓が解毒され 疲労が取れやすくなる(内科医 大場修治)

 野菜スープを続けると肝臓や腎臓が解毒され、その結果、疲れがとれやすくなります。また、ファイトケミカルなどの抗酸化物質のほか、ビタミンA、Cも多く含まれているので、それらの効果で肌の調子もよくなってきたのでしょう。これからの時期、カゼの予防にもなります。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


夫の糖尿病対策に作る食事【玉ねぎスープ】の 作り方(中島香里さん=素肌美研究家)

夫の糖尿病対策に作る食事【玉ねぎスープ】の 作り方(中島香里さん=素肌美研究家)

我が家では、5年ほど前から、ほとんど毎日、タマネギを食べています。そのきっかけは、夫の糖尿病が悪化したことでした。「なんとかしなくては」と思っていた矢先、ちょうどテレビで「タマネギが血糖値の改善に役立つ」と紹介されているのを目にしたのです。【体験談】中島香里(素肌美研究家・株式会社クリスタルジェミー代表取締役)


【血糖値コントロール】糖尿病の食事療法「長生きスープ」飲み方のコツは?NASHも改善!

【血糖値コントロール】糖尿病の食事療法「長生きスープ」飲み方のコツは?NASHも改善!

ファイトケミカルをたっぷり含んだ「長生きスープ(ファイトケミカルスープ)」は、私の治療の一つの柱として、今では欠かせないものになっています。薬だけでは十分コントロールできない糖尿病や高血圧、肥満、さらにはがんや肝炎などの病気に、有形無形の効果があります。【解説】髙橋弘(ハーバード大学医学部元准教授、麻布医院院長)


服のサイズが4LからLまでダウン!「長生きスープ」で肝臓の数値も正常に

服のサイズが4LからLまでダウン!「長生きスープ」で肝臓の数値も正常に

私はもともと大食漢でいつも人の3倍くらいの量を食べていました。体重の増加とともに、健康診断の数値もことごとく悪化。肝臓の機能を表す数値のγ‐GTPが167というとんでもない数値になっていました。お酒は飲まないので、明らかに肥満が原因の非アルコール性の脂肪肝になっていたのです。【体験談】大川孝志(税理士・54歳)


【高血圧を食事で治した体験談】170ミリの血圧が120ミリの正常値に 秘密は「野菜スープ」

【高血圧を食事で治した体験談】170ミリの血圧が120ミリの正常値に 秘密は「野菜スープ」

年齢のわりに健康で、薬もほとんど飲まない私の唯一の悩みが、コレステロール値が高いことでした。70歳を過ぎた頃から、健康診断のたびに、悪玉コレステロール(LDL)が170mg/dlと、基準値(140mg/dl未満)よりかなり高い状態が続いていたのです。【体験談】寺本由美子(主婦・77歳)


【体験談】オクラ水のおかげで"ふくらはぎの血栓"が原因の足の痛みやしびれが軽減

【体験談】オクラ水のおかげで"ふくらはぎの血栓"が原因の足の痛みやしびれが軽減

ときどき、左足に軽いしびれを感じるようになりました。お尻から足のつけ根、太ももの裏側にかけてつるような感覚で、ときどき軽い痛みもありました。血流の状態を調べる検査をしたところ、ふくらはぎに血栓(血の塊)があることがわかりました。血流をよくするためにオクラ水を始めたのです。【体験談】後藤美貴(仮名・兵庫県・38歳会社員)


最新の投稿


【管理栄養士】美容健康の有効成分たっぷり「人参」 食べるときの注意点とは?

【管理栄養士】美容健康の有効成分たっぷり「人参」 食べるときの注意点とは?

ニンジンのβカロテンには、強力な抗酸化作用があります。老化と病気の原因物質である活性酸素によって体がサビつくのを、防いでくれるのです。また、βカロテンは、体内でビタミンAに変化します。ビタミンAは、粘膜や皮膚の新陳代謝に欠かせない栄養素です。【解説】足立香代子(臨床栄養実践協会理事長・管理栄養士)


【睡眠時高血圧の見つけ方】血圧を下げる対策を医師が指南!お手本は「長野県」?

【睡眠時高血圧の見つけ方】血圧を下げる対策を医師が指南!お手本は「長野県」?

日中に血圧が高くなるのはあたりまえ。「早朝高血圧」が問題視されますが、朝は脱水状態で血液が濃くなっており心身を活動的にするために血圧を上げる必要があるので、早朝の血圧も高くてあたりまえです。問題となるのは、血圧が下がるべき睡眠時に血圧が下がらないことだったのです。【解説】浅輪喜行(アサワ医院院長)


【クレアチニン値を下げる運動】で腎臓病が改善!ネフローゼの尿たんぱくが陰性になった!

【クレアチニン値を下げる運動】で腎臓病が改善!ネフローゼの尿たんぱくが陰性になった!

多くの人は、太い動脈の血流には注意を払いますが、毛細血管の流れには無頓着です。しかし、全身の臓器が健康に働くためには、毛細血管がなにより大事。【解説者】渡辺完爾(渡辺医院院長)


【チーズの健康効果ベスト6】ダイエットには運動後60分以内に摂取がお勧め!虫歯を防ぐ効果も

【チーズの健康効果ベスト6】ダイエットには運動後60分以内に摂取がお勧め!虫歯を防ぐ効果も

チーズは良質のたんぱく質とカルシウムの供給源で、筋力や骨の強化を助ける食品。ダイエット効果、筋力をつける効果、骨粗鬆症を防ぐ効果、血圧を下げる効果、虫歯を防ぐ効果、認知症を防ぐ効果など代表的なチーズの健康効果をお話ししましょう。【解説】齋藤忠夫(東北大学大学院農学研究科教授)


【猫背が楽な理由】楽な姿勢なら、そのほうが体に良いのでは?

【猫背が楽な理由】楽な姿勢なら、そのほうが体に良いのでは?

良い姿勢より、ネコ背でいるほうがらくに感じます。こういう場合、リラックスすることが大切なら、ネコ背のほうが体への負担が少ないのではありませんか。【回答】竹谷内康修(竹谷内医院カイロプラクティックセンター院長)


ランキング


>>総合人気ランキング