股関節の痛みの原因を自分で取り除く!変形性股関節症が改善する「ノルディックウォーク」

股関節の痛みの原因を自分で取り除く!変形性股関節症が改善する「ノルディックウォーク」

私は、変形性股関節症の患者さんたちに対して、股関節に過度な負荷をかけない生活を送りながら、痛みや歩行能力の改善を促す、保存療法に取り組んでいます。手術療法を否定するつもりはありませんが、必ずしも手術に頼らなくても、保存療法で股関節の機能を十分再建できると考えています。【解説】矢野英雄(富士温泉病院名誉院長)


疲れや痛みを感じず楽しく歩ける

 私は、変形性股関節症の患者さんたちに対して、股関節に過度な負荷をかけない生活を送りながら、痛みや歩行能力の改善を促す、保存療法に取り組んでいます。手術療法を否定するつもりはありませんが、必ずしも手術に頼らなくても、保存療法で股関節の機能を十分再建できると考えています。

 その保存療法の手段の一つとして「ノルディック・ウオーク」に注目し、約3年前から患者さんたちに指導しています。
 ノルディック・ウオークとは、スキーのストックに似た2本のポールを使って歩くウオーキング法のことで、近年は、スポーツやレジャーとして、一般の人々の間でも人気が高まっています。これまでの研究から、変形性股関節症を改善するリハビリテーションウオークとして、ノルディック・ウオークには以下の五つの効用が挙げられます。

・歩行姿勢が改善する。
・歩行速度が向上する。
・下肢(足)の筋肉の緊張が取れ、股関節の屈曲拘縮(関節が曲がったままの状態で固まること)が改善する。
・疲れずに楽しく、多く歩けるようになることで気分が高揚し、生活意欲も高まる。
・転倒やつまずきの危険が少ない安全なトレーニング方法となり、ポールさえあれば自宅の近所で手軽にできるので、コストパフォーマンス(費用対効果)の高い健康増進となる。

 杖は、体を支えて歩くための道具なので、必然的に前かがみの姿勢になりますが、ノルディック・ウオークのポールは、杖ではありません。両手にポールを持って立つだけで、おのずと背骨や腰が伸びた起立姿勢が取れます。そして、ポールをつきながら歩くことで、上半身も含めて体全体を使った、リズミカルな歩行が可能になります。歩行中のバランスの取り方や重心移動もスムーズになり、歩行姿勢が改善するのです。

 そして、歩行姿勢が安定し、自然と前足を大きく踏み出せるようになる結果、歩幅が広くなり、歩行速度も速くなります。

 私が特に評価しているのは、精神面への効果です。変形性股関節症は、40~50代の女性に多く発症します。自身の更年期や親の介護、また家族の世話などで、心労が多く多忙な年代に、股関節の痛みから外出や仕事もままならない不安が続く精神的ストレスは、想像を絶するものがあります。
 そうした「心の痛み」が体の痛みをも増幅させ、筋肉や神経の疲労を招き、股関節や骨の損傷を進行させている一面もあります。

 ノルディック・ウオークは、あまり疲れや痛みを感じずに、自力で楽しく歩ける喜びを与えてくれます。心と体の痛みが癒え、ポールを使用することで全身を正しく使って歩く訓練が自然にできるので、股関節の症状も回復に向かうのです。

 以上のことから、ノルディック・ウオークは、変形性股関節症の予防や改善に大変有用ではありますが、どれくらいの頻度や時間で行うか、という適正な運動量は、一人一人の体の状態や症状によって異なります。
 股関節に痛みと過剰な負荷を与えないよう、きちんと自己管理をしながら、生活に取り入れていただきたいと思います。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【股関節痛、ひざ痛が改善】患部の緊張を緩めて痛みを取る「かかとの8の字ゆらし」

【股関節痛、ひざ痛が改善】患部の緊張を緩めて痛みを取る「かかとの8の字ゆらし」

関節症の改善には、筋力強化が大切とよくいわれますが、私はこれも間違いだと思います。大切なことはまず、緊張している靭帯と関節包を緩めること。そうすれば痛みが和らぎ、体は自然と動くようになります。【解説】大谷内輝夫(ゆうき指圧院長)


【整形外科医】手首が痛い腱鞘炎は1日5分「脇」をほぐせば改善!五十肩、股関節にも

【整形外科医】手首が痛い腱鞘炎は1日5分「脇」をほぐせば改善!五十肩、股関節にも

慢性的な痛みで来院する方の多くは、炎症が起こって痛んでいるわけではなかったのです。痛みを取るには、その場所に影響を与えている筋肉のこわばりをほぐすことが必要です。「わきもみ」は大胸筋をほぐす手当て法で、大胸筋がこわばって起こる五十肩や腱鞘炎、股関節痛の改善に役立ちます。【解説】平野薫(ひらの整形外科クリニック院長)


【変形性股関節症が大改善】「貧乏ゆすり」をすると軟骨が再生すると判明

【変形性股関節症が大改善】「貧乏ゆすり」をすると軟骨が再生すると判明

変形性股関節症とは、股関節の関節軟骨がすり減り、痛みや炎症を起こす病気で、進行を遅らせるには、関節に負担をかけないことが大変重要です。私たちは、関節に負荷がかかる運動療法は行わず、減量する、杖をつく、歩行量を減らすことなどを推奨してきました。【解説】井上明生(柳川リハビリテーション病院名誉院長)


軟骨の再生を促し、股関節症に効果のある「貧乏ゆすり」のやり方

軟骨の再生を促し、股関節症に効果のある「貧乏ゆすり」のやり方

貧乏ゆすりは、「関節に負担をかけない持続的な摩擦運動は、軟骨の再生を促す」という実験結果に基づいた運動療法です。実際に、変形性股関節症などの股関節の手術前、手術後、病期、年齢などに関係なく、軟骨の再生に大変効果があることがわかっています。【指導】井上明生(柳川リハビリテーション病院名誉院長)


【イラスト解説】股関節症のリハビリに有効な「ノルディックウォーク」のやり方

【イラスト解説】股関節症のリハビリに有効な「ノルディックウォーク」のやり方

変形性股関節症の人が、歩行障害の改善(リハビリ)を目的に「ノルディック・ウオーク」を行う場合、本来は、医師や専門家の指導を受けることが理想です。ここでは、杖をつきながらでも1日3000歩程度は歩ける、軽度~中程度の股関節症の人向けに、やり方を説明します。【解説】矢野英雄(富士温泉病院名誉院長)


最新の投稿


【やり方】遠くの大切な人の体と心を癒す宗茂流「遠隔気功」

【やり方】遠くの大切な人の体と心を癒す宗茂流「遠隔気功」

他人の体を動かせるほどの強い気を身につけるにはかなりの鍛錬が必要ですが、この手のひらの気を自分や家族の健康に役立てることはできるかもしれません。手のひらから相手の体に気が入り、全身を巡っていくことをイメージしながら気を送ってみましょう。【解説】宗茂(宗茂気功健康塾塾長・元オリンピック男子マラソン代表)


【便秘を改善】腸内環境を整える「足の裏もみ」 揉んでる最中から便意を感じた!

【便秘を改善】腸内環境を整える「足の裏もみ」 揉んでる最中から便意を感じた!

皆さんのなかには、食事や運動に気を配ってもお通じがよくならない、という人も多いのではないでしょうか。これは、腸から脳への指令がうまく伝わっていないことが考えられます。【解説】劉勇(コリトレール治療院総院長・鍼灸師・医学博士)


【うつ改善・安眠効果】不安や恐怖、心の悩みが軽くなる「足裏タワシ」

【うつ改善・安眠効果】不安や恐怖、心の悩みが軽くなる「足裏タワシ」

実際にクリニックを開設し、日々、患者さんに接していると、「体が健康でないと、心も健康にならない」ことがわかります。例えば、「ストレスを感じると動悸がする」という患者さんは、「動悸がすると不安が強くなり、それがまた動悸につながる」といいます。【解説】木村昌幹(アイさくらクリニック院長)


【写真付き】自分に自信が持てる「アドラー式お片づけ」Before&After

【写真付き】自分に自信が持てる「アドラー式お片づけ」Before&After

衝撃の前後写真満載!生きる力と勇気がわく「アドラー式お片づけ」をご紹介します。アドラー心理学にある「目的論」の考え方。なりたい自分に向かって行動するからこそ、あなたの考え方が変わり、部屋が変わり、次第に人生が変わっていくのです。【解説】丸山郁美(勇気づけホームオーガナイザー)


【書き方】片付けスイッチをオンにする「アドラー式お片づけ練習帳」とは?

【書き方】片付けスイッチをオンにする「アドラー式お片づけ練習帳」とは?

家庭では「きれい」よりも「居場所があること」がたいせつ。完璧を目指すよりも、このサイクルを軽やかに回すことで、快適な自分たちならではの家が作られていくのです。【解説】丸山郁美(勇気づけホームオーガナイザー)