変形性股関節症を自分で治す!手術も回避できる!医師推奨「股関節らくらく日記」

変形性股関節症を自分で治す!手術も回避できる!医師推奨「股関節らくらく日記」

私は、変形性股関節症の多くは、保存療法で股関節の機能を十分に再建できると考えています。日常生活の中で、筋肉と神経を疲弊させない程度に痛みをコントロールできれば、手術療法に頼らなくても、股関節の修復は可能という事実をお伝えしたいのです。【解説】矢野英雄(富士温泉病院名誉院長)


痛みをコントロールして股関節を修復

 私は、変形性股関節症の多くは、保存療法で股関節の機能を十分に再建できると考えています。もちろん、手術療法を100%否定するつもりはありません。ただ、日常生活の中で、筋肉と神経を疲弊させない程度に痛みをコントロールできれば、手術療法に頼らなくても、股関節の修復は可能という事実をお伝えしたいのです。

「股関節らくらく日記」は、痛みのコントロールに、大いに役立ちます。これまでに私は、変形性股関節症の患者さん1300人に、股関節らくらく日記をつけて、痛みをコントロールするように勧めました。その結果、個人差はあるものの、1〜2ヵ月ほどで患者さんの多くに改善傾向が見られたのです。

 変形性股関節症の多くは、加齢や生活習慣に原因のある生活障害ととらえるべきでしょう。
 私たちが意識しなくてもバランスをくずすことなく、一定の歩幅とリズムで歩けるのは、全身の骨や筋肉、神経で構成される精妙な運動調整システムのおかげです。
 しかし、加齢により運動神経が衰えると、このシステムにミスが生じやすくなります。それでなくても、上半身の重みを常に支える股関節は、ほかの関節と比べると、負担の大きい関節です。ささいなミスでも、股関節には損傷が生じます。股関節臼蓋形成不全という特性を持った人であれば、さらに損傷は生じやすくなるでしょう。

 加齢によって治癒能力が衰えているため、この損傷の修復は容易ではありません。その結果、歩行の運動調整システムはよりミスを犯しやすくなり、股関節の損傷は大きくなります。ついには、激しい痛みと関節の変形にいたるわけです。

 しかし、年を取っても、治癒能力が完全になくなるわけではありません。十分な安静を保てば、股関節は修復します。ただ、実際には、日々の生活の中で、股関節を完全な安静状態に保つのは不可能です。そこで必要となるのが、
“痛みのコントロール”です。

 痛みは、筋肉や神経の緊張・疲労を招きます。この状態が長く続けば、血流が悪くなるため、股関節はますます痛みやすくなります。変形性股関節症は、痛みによって進行するといっても過言ではありません。
 痛みをできる限り取り去り、筋肉の緊張・疲労を解いてやれば、完全な安静を保たなくても、股関節はゆっくりと修復に向かいます。これが、痛みのコントロールです。

 股関節痛に限らず、すべての痛みは主観的なものです。しかし、痛みのコントロールを図るためには、痛みの程度を客観的に把握する必要があります。

 股関節らくらく日記では、痛みのスケール(度合)を10段階に分け、前日と比較してどれだけ痛むか、痛まないかを、日々記録していきます。ある程度の期間にわたって記録すれば、痛みを客観的に把握する「ものさし」となるはずです。
 これをもとに、痛みの少ない生活を心がけていけば、股関節は修復へ向かいます。

日記をつけると生活の改善点が判明

 実例をご紹介しましょう。

 70歳の女性Nさんは、2007年1月の初診時には、左変形性股関節症の末期でした。杖を使っての歩行はせいぜい10分。通院していた整形外科では、手術を勧められたそうです。
 そこで、トレーニング等と併行して、Nさんに股関節らくらく日記をつけてもらいました。2007年4〜5月は痛みが強く、記録はつけられませんでした。また、6〜9月の約3ヵ月間は、入院治療で股関節の安静を保ちました。
 日記をつけていくうちに、Nさんは4000歩以上歩くと痛みが増すことに気付きました。そこで、日課だった散歩を股関節への負担が少ないサイクリングに切り替えたのです。

 ほかにも、家でうつうつとしていると痛みが増すため、運動量(歩数)を意識しながら観劇やカラオケなどを楽しんだようです。現在のNさんは、杖を忘れて来院する日もあるほど痛みが和らいでいます。レントゲンとCTでも、臼蓋と骨頭の修復が確認できました。

 現代の医学では、痛みを感じるメカニズムは正確にはわかっていません。痛みのメカニズムは体(外傷)だけでなく、心や脳、神経にまで広範囲にまたがっていると思われます。
 なかでも、心の状態は痛みの度合を大きく左右するようです。私が診てきた変形性股関節症の患者さんの例でいうと、生活への影響を思い悩んだり、治療を焦ったり、将来を悲観したりする人は、実際の状態よりも強く痛みを感じる傾向が見られます。
 Nさんの場合、運動量(歩数)の調整と併行して、前向きに生活を楽しんだのが、痛みの軽減と股関節の修復につながったものと思われます。

 自宅で英語塾を開いているYさん(54歳・女性)は、ご両親が2人ともアルツハイマーを患っていました。さらに、Yさん自身は、2006年に別の医療機関で、左股関節の人工股関節置換術を勧められています。このとき、医師から「手術までの間、自己管理をするように」と言われたものの、具体的な指示はありませんでした。

 Yさんは、2007年7月から股関節らくらく日記をつけています(44ページの図参照)。これにより、痛みの波がご両親の病状と重なっていることがわかりました。痛みのスケールの高い2007年10月と、2008年3〜4月、7〜8月はご両親の介護に追われていた時期です。ご両親の介護を医療機関やほかのご親族に任せた2008年8〜9月以降は、痛みが半減しています。
 2009年4月に、一時痛みが強くなっていますが、この時期はご親族の間でトラブルがあったそうです。その心労が、痛みとなって現れたのでしょう。
 くり返しになりますが、生活の中で痛みの原因を取り去ることで、変形性股関節症は改善します。進行期でも末期でも、年齢も問わずに改善は期待できます。ただし、自分で痛みをコントロールする意志のない人には、効果はありません。

 痛みをコントロールできれば、積極的な社会参加も可能です。「変形性股関節症を自分で治す」という意志を持って、ぜひ挑戦してください。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【股関節の痛み】先天的構造が原因 人工股関節を回避する「正しい歩き方」

【股関節の痛み】先天的構造が原因 人工股関節を回避する「正しい歩き方」

日本人の場合、歩行に支障を来すような股関節の痛みを訴えるかたは、女性に多いという特徴があります。この原因は、遺伝的な体の構造にあると考えられています。【解説】石部基実(石部基実クリニック院長)


【股関節痛、ひざ痛が改善】患部の緊張を緩めて痛みを取る「かかとの8の字ゆらし」

【股関節痛、ひざ痛が改善】患部の緊張を緩めて痛みを取る「かかとの8の字ゆらし」

関節症の改善には、筋力強化が大切とよくいわれますが、私はこれも間違いだと思います。大切なことはまず、緊張している靭帯と関節包を緩めること。そうすれば痛みが和らぎ、体は自然と動くようになります。【解説】大谷内輝夫(ゆうき指圧院長)


【股関節の名医】長時間歩くと疲れる、痛みが出るを解決!30代40代から身につけたい「正しい歩き方」

【股関節の名医】長時間歩くと疲れる、痛みが出るを解決!30代40代から身につけたい「正しい歩き方」

ここで紹介する、「グッド歩行」という歩き方は、私のクリニックで人工股関節の手術を受けた患者さんのリハビリ用として取り入れたものです。もともと術後の患者さんを対象としたものですから、ほとんどのかたにとって負担は少ないと思います。【解説】石部基実(石部基実クリニック院長)


【やり方】注射もリハビリも効かないひざ痛が改善!5カ所の「筋肉はがし」

【やり方】注射もリハビリも効かないひざ痛が改善!5カ所の「筋肉はがし」

ひざ痛を解決するには、炎症を抑えるのではなく、かたくなった筋肉をほぐし、軟骨にかかる圧力を軽減することが重要になります。この理論に納得した私は、すぐに天城流の「筋肉はがし」を治療に取り入れました。すると、患者さんのひざ痛がどんどん改善していったのです。【解説】平野薫(ひらの整形外科クリニック院長)


【股関節痛の改善】名鍼灸師が太鼓判「腰ひも療法」は骨盤が整い痛みが取れる理にかなった方法!

【股関節痛の改善】名鍼灸師が太鼓判「腰ひも療法」は骨盤が整い痛みが取れる理にかなった方法!

これまで私は30年以上にもわたり、5万人を超える人を施術してきました。そのなかで、特に多い悩みが、腰や股関節、ひざなどの慢性的な痛みです。そして、慢性痛を抱える多くのかたに共通しているのが、「骨盤が整っていない」ということです。【解説】福辻鋭記(アスカ鍼灸治療院院長)


最新の投稿


【ダイエット効果】14kgやせて二段腹解消!「太学功ストレッチ」で冷え症も便秘も改善した

【ダイエット効果】14kgやせて二段腹解消!「太学功ストレッチ」で冷え症も便秘も改善した

「気(一種の生命エネルギー)が不足しているから、エネルギーを得ようとして食べ過ぎてしまうんです」太学功の先生の説明に、私は「なるほど」と大きくうなずいていました。というのも、当時の私は銀行で営業をしており、激務に心身とも疲れ切っていました。【体験談】富谷直子(主婦・40歳)


【名医が解説】カイロプラクティックとは?最も得意とするのは「首の痛み」

【名医が解説】カイロプラクティックとは?最も得意とするのは「首の痛み」

頸椎症は、カイロプラクティックが得意とする症状の一つです。整形外科とカイロプラクティックとの診断法は、共通している部分もありますが、一つ大きな違いがあります。それは、カイロプラクティックでは「触診」を非常に重視することです。【解説】竹谷内康修(竹谷内医院カイロプラクティックセンター院長)


【糖尿病を改善】トマトの「リコピン」でインスリンの効きがよくなる!コレステロールも下がる「ホットトマト」

【糖尿病を改善】トマトの「リコピン」でインスリンの効きがよくなる!コレステロールも下がる「ホットトマト」

私は糖尿病の専門医として、患者さんたちに食事や運動の指導をしています。なかでも食事指導は最も重要です。私のクリニックで柱となるのは1日に摂取する糖質の量を150g以内に抑える糖質制限食です。この食事療法を実践する際に、補助手段として私がお勧めしているのが、トマトです。【解説】泰江慎太郎(銀座泰江内科クリニック院長)


薄皮ごと活用!ピーナッツ簡単自在レシピ(和風・洋風)

薄皮ごと活用!ピーナッツ簡単自在レシピ(和風・洋風)

ピーナッツに含まれる油は、体内の脂肪を減らす手助けをし、薄皮に含まれるポリフェノールは高い抗酸化作用で体の老化を防いでくれます。健康を意識する人にこそ食べてほしい、薬効高い食材です。【料理・栄養計算】検見﨑聡美(管理栄養士・料理研究家)


【鎮痛剤の種類】痛み止めの強さ ロキソニンとカロナールの違い リリカは切り札

【鎮痛剤の種類】痛み止めの強さ ロキソニンとカロナールの違い リリカは切り札

よく使われるようになった鎮痛薬。その一つが「プレガバリン」という薬で、商品名は「リリカ」といいます。中枢神経系に働きかける薬ですが、アセトアミノフェンとは違うメカニズムで痛みを止めます。従来の鎮痛薬に比べると、鎮痛作用の強いのが特徴です。【解説】竹谷内康修(竹谷内医院カイロプラクティックセンター院長)


ランキング


>>総合人気ランキング