変形性股関節症を自分で治す!手術も回避できる!医師推奨「股関節らくらく日記」

変形性股関節症を自分で治す!手術も回避できる!医師推奨「股関節らくらく日記」

私は、変形性股関節症の多くは、保存療法で股関節の機能を十分に再建できると考えています。日常生活の中で、筋肉と神経を疲弊させない程度に痛みをコントロールできれば、手術療法に頼らなくても、股関節の修復は可能という事実をお伝えしたいのです。【解説】矢野英雄(富士温泉病院名誉院長)


痛みをコントロールして股関節を修復

 私は、変形性股関節症の多くは、保存療法で股関節の機能を十分に再建できると考えています。もちろん、手術療法を100%否定するつもりはありません。ただ、日常生活の中で、筋肉と神経を疲弊させない程度に痛みをコントロールできれば、手術療法に頼らなくても、股関節の修復は可能という事実をお伝えしたいのです。

「股関節らくらく日記」は、痛みのコントロールに、大いに役立ちます。これまでに私は、変形性股関節症の患者さん1300人に、股関節らくらく日記をつけて、痛みをコントロールするように勧めました。その結果、個人差はあるものの、1〜2ヵ月ほどで患者さんの多くに改善傾向が見られたのです。

 変形性股関節症の多くは、加齢や生活習慣に原因のある生活障害ととらえるべきでしょう。
 私たちが意識しなくてもバランスをくずすことなく、一定の歩幅とリズムで歩けるのは、全身の骨や筋肉、神経で構成される精妙な運動調整システムのおかげです。
 しかし、加齢により運動神経が衰えると、このシステムにミスが生じやすくなります。それでなくても、上半身の重みを常に支える股関節は、ほかの関節と比べると、負担の大きい関節です。ささいなミスでも、股関節には損傷が生じます。股関節臼蓋形成不全という特性を持った人であれば、さらに損傷は生じやすくなるでしょう。

 加齢によって治癒能力が衰えているため、この損傷の修復は容易ではありません。その結果、歩行の運動調整システムはよりミスを犯しやすくなり、股関節の損傷は大きくなります。ついには、激しい痛みと関節の変形にいたるわけです。

 しかし、年を取っても、治癒能力が完全になくなるわけではありません。十分な安静を保てば、股関節は修復します。ただ、実際には、日々の生活の中で、股関節を完全な安静状態に保つのは不可能です。そこで必要となるのが、
“痛みのコントロール”です。

 痛みは、筋肉や神経の緊張・疲労を招きます。この状態が長く続けば、血流が悪くなるため、股関節はますます痛みやすくなります。変形性股関節症は、痛みによって進行するといっても過言ではありません。
 痛みをできる限り取り去り、筋肉の緊張・疲労を解いてやれば、完全な安静を保たなくても、股関節はゆっくりと修復に向かいます。これが、痛みのコントロールです。

 股関節痛に限らず、すべての痛みは主観的なものです。しかし、痛みのコントロールを図るためには、痛みの程度を客観的に把握する必要があります。

 股関節らくらく日記では、痛みのスケール(度合)を10段階に分け、前日と比較してどれだけ痛むか、痛まないかを、日々記録していきます。ある程度の期間にわたって記録すれば、痛みを客観的に把握する「ものさし」となるはずです。
 これをもとに、痛みの少ない生活を心がけていけば、股関節は修復へ向かいます。

日記をつけると生活の改善点が判明

 実例をご紹介しましょう。

 70歳の女性Nさんは、2007年1月の初診時には、左変形性股関節症の末期でした。杖を使っての歩行はせいぜい10分。通院していた整形外科では、手術を勧められたそうです。
 そこで、トレーニング等と併行して、Nさんに股関節らくらく日記をつけてもらいました。2007年4〜5月は痛みが強く、記録はつけられませんでした。また、6〜9月の約3ヵ月間は、入院治療で股関節の安静を保ちました。
 日記をつけていくうちに、Nさんは4000歩以上歩くと痛みが増すことに気付きました。そこで、日課だった散歩を股関節への負担が少ないサイクリングに切り替えたのです。

 ほかにも、家でうつうつとしていると痛みが増すため、運動量(歩数)を意識しながら観劇やカラオケなどを楽しんだようです。現在のNさんは、杖を忘れて来院する日もあるほど痛みが和らいでいます。レントゲンとCTでも、臼蓋と骨頭の修復が確認できました。

 現代の医学では、痛みを感じるメカニズムは正確にはわかっていません。痛みのメカニズムは体(外傷)だけでなく、心や脳、神経にまで広範囲にまたがっていると思われます。
 なかでも、心の状態は痛みの度合を大きく左右するようです。私が診てきた変形性股関節症の患者さんの例でいうと、生活への影響を思い悩んだり、治療を焦ったり、将来を悲観したりする人は、実際の状態よりも強く痛みを感じる傾向が見られます。
 Nさんの場合、運動量(歩数)の調整と併行して、前向きに生活を楽しんだのが、痛みの軽減と股関節の修復につながったものと思われます。

 自宅で英語塾を開いているYさん(54歳・女性)は、ご両親が2人ともアルツハイマーを患っていました。さらに、Yさん自身は、2006年に別の医療機関で、左股関節の人工股関節置換術を勧められています。このとき、医師から「手術までの間、自己管理をするように」と言われたものの、具体的な指示はありませんでした。

 Yさんは、2007年7月から股関節らくらく日記をつけています(44ページの図参照)。これにより、痛みの波がご両親の病状と重なっていることがわかりました。痛みのスケールの高い2007年10月と、2008年3〜4月、7〜8月はご両親の介護に追われていた時期です。ご両親の介護を医療機関やほかのご親族に任せた2008年8〜9月以降は、痛みが半減しています。
 2009年4月に、一時痛みが強くなっていますが、この時期はご親族の間でトラブルがあったそうです。その心労が、痛みとなって現れたのでしょう。
 くり返しになりますが、生活の中で痛みの原因を取り去ることで、変形性股関節症は改善します。進行期でも末期でも、年齢も問わずに改善は期待できます。ただし、自分で痛みをコントロールする意志のない人には、効果はありません。

 痛みをコントロールできれば、積極的な社会参加も可能です。「変形性股関節症を自分で治す」という意志を持って、ぜひ挑戦してください。

これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに掲載しています。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

これらの記事にある情報は、効能や効果を保証するものではありません。専門家による監修のもと、安全性には十分に配慮していますが、万が一体調に合わないと感じた場合は、すぐに中止してください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


股関節の痛みの原因を自分で取り除く!変形性股関節症が改善する「ノルディックウォーク」

股関節の痛みの原因を自分で取り除く!変形性股関節症が改善する「ノルディックウォーク」

私は、変形性股関節症の患者さんたちに対して、股関節に過度な負荷をかけない生活を送りながら、痛みや歩行能力の改善を促す、保存療法に取り組んでいます。手術療法を否定するつもりはありませんが、必ずしも手術に頼らなくても、保存療法で股関節の機能を十分再建できると考えています。【解説】矢野英雄(富士温泉病院名誉院長)


【手術を回避】歩くのもつらかった股関節痛が消えて腰痛まで改善

【手術を回避】歩くのもつらかった股関節痛が消えて腰痛まで改善

アキレス腱を切った右足をかばうせいか、持病の腰痛が悪化していきました。50歳のときに、急に腰の力が抜けて立てなくなり、病院に運ばれました。検査を受けると、椎間板ヘルニアとのこと。手術はしませんでしたが、1ヵ月入院しました【体験談】長崎県◎65歳◎無職 竹本 鈴


【セルフケア】腰痛、ひざ痛、股関節痛を一掃する「足の中指回し」

【セルフケア】腰痛、ひざ痛、股関節痛を一掃する「足の中指回し」

腰、ひざ、股関節の痛みに悩む患者さんは、後を絶ちません。痛みのきっかけはさまざまですが、原因はただ一つ、「体のねじれ」です。では、ねじれはどこから起こるのでしょうか。人間が立つとき、地面に唯一接しているのは足底(足の裏)だけです。【解説】内田泰文(豊中愛鍼灸整骨院院長)


【股関節痛の克服体験記】股関節の軟骨がリハビリで修復・再生!ノルディックウォーキングの効果

【股関節痛の克服体験記】股関節の軟骨がリハビリで修復・再生!ノルディックウォーキングの効果

私は、母の左股関節の異常に気づきました。歩くとポキポキと音が鳴るのです。母は80代後半に腰椎すべり症と外反母趾の手術を受けた後、歩行が困難になっていました――。これは、ノルディックウォーキングで股関節痛や腰痛が改善した体験記です。【体験談】高橋めぐみ(音楽家)


【名医が指南】抗炎症作用がある「痛み軽減食」とは

【名医が指南】抗炎症作用がある「痛み軽減食」とは

脊柱管狭窄症は加齢が原因の疾患ですが、患者数は年々ふえています。理由の1つとしては高齢化社会が挙げられますが、昔に比べて肥満の人がふえたことも原因なのです。脊柱管狭窄症を予防し、その痛みの軽減に役立つ食事についてお話をしていきます。【解説】石部基実(石部基実クリニック院長)


最新の投稿


【精神治療の現場より】ウォーキングは心の健康に効果有り ― うつ・不安障害・統合失調症の改善例

【精神治療の現場より】ウォーキングは心の健康に効果有り ― うつ・不安障害・統合失調症の改善例

ウォーキングには、特別な器具や場所が必要ありません。患者さんにも安心して勧められます。いつからでも簡単に始められますし、家にこもりがちな人には屋外に出るよい機会になります。【解説】大西 守(精神科医)


【足の爪の切り方】正しく切れば、冷えやむくみが解消 巻き爪も改善する

【足の爪の切り方】正しく切れば、冷えやむくみが解消 巻き爪も改善する

足の爪を切るとき、ほとんどの人は「短くすればいい」「形よく整えればいい」と考え、自己流で爪切りをしていると思います。しかし、爪切りは正しく行うと、巻き爪や角質など指先のトラブルが緩和されるだけでなく、全身の血の巡りが劇的に改善し、全身の健康にさまざまな効果をもたらします。【解説】室谷良子(日本フットケア協会師範)


【医師解説】野菜スープは強力な「解毒スープ」 放射能の健康被害も防ぐことができる

【医師解説】野菜スープは強力な「解毒スープ」 放射能の健康被害も防ぐことができる

私たちが日々食べる食品に、残留農薬、食品添加物、合成保存料、化学物質などが入っていないかどうかはとても気になるところです。理由は、それらが発がん物質になるからです。【解説】髙橋 弘(麻布医院院長・医学博士 ハーバード大学医学部元准教授)


【野菜スープ】食事制限なし!メタボや糖尿病をストレスなく解消できると医師が解説

【野菜スープ】食事制限なし!メタボや糖尿病をストレスなく解消できると医師が解説

私は、患者さんには厳しく制限をするよりも、ファイトケミカルたっぷりの野菜スープ(ファイトケミカルスープ)を生活の中に取り入れることによって、自然な形で食事の改善ができるように指導しています。【解説】髙橋 弘(麻布医院院長・医学博士 ハーバード大学医学部元准教授)


指圧名人が極意を伝授!脊柱管狭窄症の症状を改善する「腰のツボ」刺激

指圧名人が極意を伝授!脊柱管狭窄症の症状を改善する「腰のツボ」刺激

私の治療院にも、脊柱管狭窄症で悩んでいるかたがたくさんいらっしゃいます。そうした皆さんに試して、効果を上げているツボがあります。ここでは、その特効ツボを紹介します。【解説】佐藤一美(日本経絡指圧会会長)


ランキング


>>総合人気ランキング