「死」は穏やかで安らかなもの ― ベストセラー医師からの提言

「死」は穏やかで安らかなもの ― ベストセラー医師からの提言

現在、日本人は「死」というものをまるで考えなくなってしまっています。それどころか、死を考えたり、語ったりすることは「縁起でもない」と、タブー視している風潮すら見受けられます。おそらく、「死=恐ろしいもの、苦しいもの」と思っているからでしょう。【解説】中村仁一(社会福祉法人老人ホーム「同和園」附属診療所所長)


医療が死に関与し過ぎる

 これから私が語るのは、「死」に関する話です。なぜそんな話をするのかといいますと、死を考えることで、「生」が充実したものになると思うからです。
「死に方」とは「逝き方」。「逝き方」を考えることは、つまり「生き方」を考えることなのです。

 現在、日本人は「死」というものをまるで考えなくなってしまっています。それどころか、「死」を考えたり、語ったりすることは「縁起でもない」と、タブー視している風潮すら見受けられます。
 それはおそらく、「死=恐ろしいもの、苦しいもの」と思っているからでしょう。果たして、「死」とはそんなに苛酷なものなのでしょうか。

 私は60歳を機に、それまで勤めていた病院を辞め、現在は特別養護老人ホームの常勤医師として働いています。
 病院では、食べられなくなれば鼻から入れた管や、胃ろうによって栄養を与えたり、脱水を起こせば点滴注射、呼吸が弱くなれば酸素吸入と、最後までできる限り手を尽くすのが普通です。

 ところが、老人ホームでは、「年も年なので、もう何もしてもらわなくてけっこうです」という家族の意向で、これらの処置を行わないケースが多々あります。
 ですから、私は老人ホームに勤務して初めて、最後まで点滴注射も、酸素吸入も一切行わない「自然死」というものを経験しました。
 その数は、12年間で300例以上に及びます。
 そのような死を見させていただいてわかったことは、「死」とは本来、穏やかで安らかなものであるということです。
 今は医療が濃厚に関与し過ぎて、「死」を悲惨で、非人間的なものに変えてしまっているのです。

飢餓状態になると幸せムードに満たされる

 自然死の実体とはどういうものか、説明しましょう。

 自然死は、いわゆる”餓死“(飢餓・脱水)です。
 餓死というと、非常につらく、悲惨な響きがあります。それは、空腹なのに食べ物がない、のどが渇いたのに水がない、という情景を想像するからでしょう。 しかし、死に際のそれは、そのような状況とは違います。命の火が消えかかっているときは、腹も減らないし、のども渇かず、体が「もういらない」と言っているのです。
 そして、何が起こるかというと、人間は飢餓状態になると、脳内にモルヒネ様物質が分泌され、気持ちのよい、幸せムードに満たされるようです。

 また、脱水状態になると、血液が濃く煮詰まります。すると、意識レベルが下がり、ぼんやりとしたまどろみ状態になります。
 さらに、死に際には、呼吸状態も悪くなります。呼吸状態が悪くなると、酸欠状態になります。酸欠状態のときも、脳内にモルヒネ様物質が分泌されるといわれています。
 柔道に絞め技というのがありますが、この技をかけられた人はみんな異口同音に「気持ちよかった」と言います。これは、酸欠状態で脳内にモルヒネ様物質が出ている証拠だと思います。

 もう一つ、呼吸状態が悪いと、炭酸ガスが排出されずに体内にたまります。実は、炭酸ガスには麻酔作用があります。
 つまり、死に際には、死の苦しみを防いでくれるさまざまなしくみがあるのです。それなのに、鼻チューブ栄養や胃ろう、点滴注射、酸素吸入などで飢餓・脱水・酸欠状態になることを防ごうとするのは、穏やかな死をじゃますることにほかなりません。
 年配の葬儀社の人に聞くと、「今の遺体は重い」と言います。最後の最後まで点滴漬け、水漬けで、いわば”溺死“の状態だからです。
 昔は飢餓・脱水を経て枯れて亡くなっていくので、「遺体は軽かった」と言うのです。

 それほど今の「死」は、本来あるべき形から遠のいているということではないでしょうか。
「死」は、自然の営みです。繁殖という、生きものとしての役割をまだ終えていない若者ならいざしらず、役割を終えた年寄りであれば、いつ寿命がきてもおかしくありません。
 食べ物や飲み物を受け付けないのは、もう必要ないからです。であれば、余計なことをせず、自然に任せておけばよいのです。
 そうすれば、痛みや苦しみ、恐ろしさや寂しさも感じず、幸せムードに満たされ、まどろみのうちに、この世からあの世へ移行することができるはずです。

 医療が濃厚関与しない限り、死は、皆さんが恐れるほど苛酷なものではないのです。

中村仁一
1940年長野県生まれ。社会福祉法人老人ホーム「同和園」附属診療所所長、医師。京都大学医学部卒業。財団法人高雄病院院長、理事長を経て、2000年2月より現職。1985年10月より、京都仏教青年会(現・薄伽梵KYOTO)の協力のもとに、毎月「病院法話」を開催する。医療と仏教連携の先駆けとなる。1996年4月より市民グループ「自分の死を考える集い」を主宰。主な著書に『老いと死から逃げない生き方』『幸せなご臨終ー「医者」の手にかかって死なない死に方』(ともに講談社)がある。近著『大往生したけりゃ医療とかかわるなー「自然死」のすすめ』(幻冬舎新書)は50万部超の大ベストセラーになる。

これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに掲載しています。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

これらの記事にある情報は、効能や効果を保証するものではありません。専門家による監修のもと、安全性には十分に配慮していますが、万が一体調に合わないと感じた場合は、すぐに中止してください。

この健康情報のエディター

関連するキーワード


自然死 延命 大往生

関連する投稿


「自分はどう死にたいか」を考えると「今後どう生きるべきか」が自ずと見えてくる

「自分はどう死にたいか」を考えると「今後どう生きるべきか」が自ずと見えてくる

「今をどう生きるべきか」それは、私がいちばん大切にしているテーマです。1996年4月に、私は「自分の死を考える集い」を発足させました。「死を考える」とありますが、集いの目的は、「生き方」を考えることです。【解説】中村仁一(社会福祉法人老人ホーム「同和園」附属診療所所長)


「自分の死を考える」ための具体的な行動【15ヵ条】

「自分の死を考える」ための具体的な行動【15ヵ条】

死を視野に入れて、今の生き方を見直してみるとき、頭の中で漠然と考えるだけではあまり現実味がありません。そこで、私が提案しているのが、「自分の死を考えるための具体的な行動十五ヵ条」です。【解説】中村仁一(社会福祉法人老人ホーム「同和園」附属診療所所長)


死ぬなら「がん」がいい ― ベストセラー医師が教える、死に方指南

死ぬなら「がん」がいい ― ベストセラー医師が教える、死に方指南

皆さんは、がんとは強烈に痛むもの、と思っていませんか? 私も老人ホームに移った当初は、そう思っていました。けれども、これまで60〜70名の高齢のがん患者を老人ホームで診てきましたが、麻薬を使うほど痛んだケースは一例もありません。【解説】中村仁一(社会福祉法人老人ホーム「同和園」附属診療所所長)


最新の投稿


【精神治療の現場より】ウォーキングは心の健康に効果有り ― うつ・不安障害・統合失調症の改善例

【精神治療の現場より】ウォーキングは心の健康に効果有り ― うつ・不安障害・統合失調症の改善例

ウォーキングには、特別な器具や場所が必要ありません。患者さんにも安心して勧められます。いつからでも簡単に始められますし、家にこもりがちな人には屋外に出るよい機会になります。【解説】大西 守(精神科医)


【足の爪の切り方】正しく切れば、冷えやむくみが解消 巻き爪も改善する

【足の爪の切り方】正しく切れば、冷えやむくみが解消 巻き爪も改善する

足の爪を切るとき、ほとんどの人は「短くすればいい」「形よく整えればいい」と考え、自己流で爪切りをしていると思います。しかし、爪切りは正しく行うと、巻き爪や角質など指先のトラブルが緩和されるだけでなく、全身の血の巡りが劇的に改善し、全身の健康にさまざまな効果をもたらします。【解説】室谷良子(日本フットケア協会師範)


【医師解説】野菜スープは強力な「解毒スープ」 放射能の健康被害も防ぐことができる

【医師解説】野菜スープは強力な「解毒スープ」 放射能の健康被害も防ぐことができる

私たちが日々食べる食品に、残留農薬、食品添加物、合成保存料、化学物質などが入っていないかどうかはとても気になるところです。理由は、それらが発がん物質になるからです。【解説】髙橋 弘(麻布医院院長・医学博士 ハーバード大学医学部元准教授)


【野菜スープ】食事制限なし!メタボや糖尿病をストレスなく解消できると医師が解説

【野菜スープ】食事制限なし!メタボや糖尿病をストレスなく解消できると医師が解説

私は、患者さんには厳しく制限をするよりも、ファイトケミカルたっぷりの野菜スープ(ファイトケミカルスープ)を生活の中に取り入れることによって、自然な形で食事の改善ができるように指導しています。【解説】髙橋 弘(麻布医院院長・医学博士 ハーバード大学医学部元准教授)


指圧名人が極意を伝授!脊柱管狭窄症の症状を改善する「腰のツボ」刺激

指圧名人が極意を伝授!脊柱管狭窄症の症状を改善する「腰のツボ」刺激

私の治療院にも、脊柱管狭窄症で悩んでいるかたがたくさんいらっしゃいます。そうした皆さんに試して、効果を上げているツボがあります。ここでは、その特効ツボを紹介します。【解説】佐藤一美(日本経絡指圧会会長)


ランキング


>>総合人気ランキング