「死」は穏やかで安らかなもの ― ベストセラー医師からの提言

「死」は穏やかで安らかなもの ― ベストセラー医師からの提言

現在、日本人は「死」というものをまるで考えなくなってしまっています。それどころか、死を考えたり、語ったりすることは「縁起でもない」と、タブー視している風潮すら見受けられます。おそらく、「死=恐ろしいもの、苦しいもの」と思っているからでしょう。【解説】中村仁一(社会福祉法人老人ホーム「同和園」附属診療所所長)


医療が死に関与し過ぎる

 これから私が語るのは、「死」に関する話です。なぜそんな話をするのかといいますと、死を考えることで、「生」が充実したものになると思うからです。
「死に方」とは「逝き方」。「逝き方」を考えることは、つまり「生き方」を考えることなのです。

 現在、日本人は「死」というものをまるで考えなくなってしまっています。それどころか、「死」を考えたり、語ったりすることは「縁起でもない」と、タブー視している風潮すら見受けられます。
 それはおそらく、「死=恐ろしいもの、苦しいもの」と思っているからでしょう。果たして、「死」とはそんなに苛酷なものなのでしょうか。

 私は60歳を機に、それまで勤めていた病院を辞め、現在は特別養護老人ホームの常勤医師として働いています。
 病院では、食べられなくなれば鼻から入れた管や、胃ろうによって栄養を与えたり、脱水を起こせば点滴注射、呼吸が弱くなれば酸素吸入と、最後までできる限り手を尽くすのが普通です。

 ところが、老人ホームでは、「年も年なので、もう何もしてもらわなくてけっこうです」という家族の意向で、これらの処置を行わないケースが多々あります。
 ですから、私は老人ホームに勤務して初めて、最後まで点滴注射も、酸素吸入も一切行わない「自然死」というものを経験しました。
 その数は、12年間で300例以上に及びます。
 そのような死を見させていただいてわかったことは、「死」とは本来、穏やかで安らかなものであるということです。
 今は医療が濃厚に関与し過ぎて、「死」を悲惨で、非人間的なものに変えてしまっているのです。

飢餓状態になると幸せムードに満たされる

 自然死の実体とはどういうものか、説明しましょう。

 自然死は、いわゆる”餓死“(飢餓・脱水)です。
 餓死というと、非常につらく、悲惨な響きがあります。それは、空腹なのに食べ物がない、のどが渇いたのに水がない、という情景を想像するからでしょう。 しかし、死に際のそれは、そのような状況とは違います。命の火が消えかかっているときは、腹も減らないし、のども渇かず、体が「もういらない」と言っているのです。
 そして、何が起こるかというと、人間は飢餓状態になると、脳内にモルヒネ様物質が分泌され、気持ちのよい、幸せムードに満たされるようです。

 また、脱水状態になると、血液が濃く煮詰まります。すると、意識レベルが下がり、ぼんやりとしたまどろみ状態になります。
 さらに、死に際には、呼吸状態も悪くなります。呼吸状態が悪くなると、酸欠状態になります。酸欠状態のときも、脳内にモルヒネ様物質が分泌されるといわれています。
 柔道に絞め技というのがありますが、この技をかけられた人はみんな異口同音に「気持ちよかった」と言います。これは、酸欠状態で脳内にモルヒネ様物質が出ている証拠だと思います。

 もう一つ、呼吸状態が悪いと、炭酸ガスが排出されずに体内にたまります。実は、炭酸ガスには麻酔作用があります。
 つまり、死に際には、死の苦しみを防いでくれるさまざまなしくみがあるのです。それなのに、鼻チューブ栄養や胃ろう、点滴注射、酸素吸入などで飢餓・脱水・酸欠状態になることを防ごうとするのは、穏やかな死をじゃますることにほかなりません。
 年配の葬儀社の人に聞くと、「今の遺体は重い」と言います。最後の最後まで点滴漬け、水漬けで、いわば”溺死“の状態だからです。
 昔は飢餓・脱水を経て枯れて亡くなっていくので、「遺体は軽かった」と言うのです。

 それほど今の「死」は、本来あるべき形から遠のいているということではないでしょうか。
「死」は、自然の営みです。繁殖という、生きものとしての役割をまだ終えていない若者ならいざしらず、役割を終えた年寄りであれば、いつ寿命がきてもおかしくありません。
 食べ物や飲み物を受け付けないのは、もう必要ないからです。であれば、余計なことをせず、自然に任せておけばよいのです。
 そうすれば、痛みや苦しみ、恐ろしさや寂しさも感じず、幸せムードに満たされ、まどろみのうちに、この世からあの世へ移行することができるはずです。

 医療が濃厚関与しない限り、死は、皆さんが恐れるほど苛酷なものではないのです。

中村仁一
1940年長野県生まれ。社会福祉法人老人ホーム「同和園」附属診療所所長、医師。京都大学医学部卒業。財団法人高雄病院院長、理事長を経て、2000年2月より現職。1985年10月より、京都仏教青年会(現・薄伽梵KYOTO)の協力のもとに、毎月「病院法話」を開催する。医療と仏教連携の先駆けとなる。1996年4月より市民グループ「自分の死を考える集い」を主宰。主な著書に『老いと死から逃げない生き方』『幸せなご臨終ー「医者」の手にかかって死なない死に方』(ともに講談社)がある。近著『大往生したけりゃ医療とかかわるなー「自然死」のすすめ』(幻冬舎新書)は50万部超の大ベストセラーになる。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連するキーワード


自然死 延命 大往生

関連する投稿


【「看取る」とは】家族を穏やかに見送るための3つの心得

【「看取る」とは】家族を穏やかに見送るための3つの心得

親しい人や家族を看取るとき、どうすればいいのか。「できる限り手を尽くしてあげたい」は「できるだけ苦しめる」とほぼ同義で、せっかくの自然死をじゃますることになります。では、できるだけ穏やかに逝かせてあげるために、家族ができることを考えてみましょう。【解説】中村仁一(社会福祉法人老人ホーム「同和園」附属診療所所長)


「自分はどう死にたいか」を考えると「今後どう生きるべきか」が自ずと見えてくる

「自分はどう死にたいか」を考えると「今後どう生きるべきか」が自ずと見えてくる

「今をどう生きるべきか」それは、私がいちばん大切にしているテーマです。1996年4月に、私は「自分の死を考える集い」を発足させました。「死を考える」とありますが、集いの目的は、「生き方」を考えることです。【解説】中村仁一(社会福祉法人老人ホーム「同和園」附属診療所所長)


「自分の死を考える」ための具体的な行動【15ヵ条】

「自分の死を考える」ための具体的な行動【15ヵ条】

死を視野に入れて、今の生き方を見直してみるとき、頭の中で漠然と考えるだけではあまり現実味がありません。そこで、私が提案しているのが、「自分の死を考えるための具体的な行動十五ヵ条」です。【解説】中村仁一(社会福祉法人老人ホーム「同和園」附属診療所所長)


死ぬなら「がん」がいい ― ベストセラー医師が教える、死に方指南

死ぬなら「がん」がいい ― ベストセラー医師が教える、死に方指南

皆さんは、がんとは強烈に痛むもの、と思っていませんか? 私も老人ホームに移った当初は、そう思っていました。けれども、これまで60〜70名の高齢のがん患者を老人ホームで診てきましたが、麻薬を使うほど痛んだケースは一例もありません。【解説】中村仁一(社会福祉法人老人ホーム「同和園」附属診療所所長)


最新の投稿


【ダイエット効果】14kgやせて二段腹解消!「太学功ストレッチ」で冷え症も便秘も改善した

【ダイエット効果】14kgやせて二段腹解消!「太学功ストレッチ」で冷え症も便秘も改善した

「気(一種の生命エネルギー)が不足しているから、エネルギーを得ようとして食べ過ぎてしまうんです」太学功の先生の説明に、私は「なるほど」と大きくうなずいていました。というのも、当時の私は銀行で営業をしており、激務に心身とも疲れ切っていました。【体験談】富谷直子(主婦・40歳)


【名医が解説】カイロプラクティックとは?最も得意とするのは「首の痛み」

【名医が解説】カイロプラクティックとは?最も得意とするのは「首の痛み」

頸椎症は、カイロプラクティックが得意とする症状の一つです。整形外科とカイロプラクティックとの診断法は、共通している部分もありますが、一つ大きな違いがあります。それは、カイロプラクティックでは「触診」を非常に重視することです。【解説】竹谷内康修(竹谷内医院カイロプラクティックセンター院長)


【糖尿病を改善】トマトの「リコピン」でインスリンの効きがよくなる!コレステロールも下がる「ホットトマト」

【糖尿病を改善】トマトの「リコピン」でインスリンの効きがよくなる!コレステロールも下がる「ホットトマト」

私は糖尿病の専門医として、患者さんたちに食事や運動の指導をしています。なかでも食事指導は最も重要です。私のクリニックで柱となるのは1日に摂取する糖質の量を150g以内に抑える糖質制限食です。この食事療法を実践する際に、補助手段として私がお勧めしているのが、トマトです。【解説】泰江慎太郎(銀座泰江内科クリニック院長)


薄皮ごと活用!ピーナッツ簡単自在レシピ(和風・洋風)

薄皮ごと活用!ピーナッツ簡単自在レシピ(和風・洋風)

ピーナッツに含まれる油は、体内の脂肪を減らす手助けをし、薄皮に含まれるポリフェノールは高い抗酸化作用で体の老化を防いでくれます。健康を意識する人にこそ食べてほしい、薬効高い食材です。【料理・栄養計算】検見﨑聡美(管理栄養士・料理研究家)


【鎮痛剤の種類】痛み止めの強さ ロキソニンとカロナールの違い リリカは切り札

【鎮痛剤の種類】痛み止めの強さ ロキソニンとカロナールの違い リリカは切り札

よく使われるようになった鎮痛薬。その一つが「プレガバリン」という薬で、商品名は「リリカ」といいます。中枢神経系に働きかける薬ですが、アセトアミノフェンとは違うメカニズムで痛みを止めます。従来の鎮痛薬に比べると、鎮痛作用の強いのが特徴です。【解説】竹谷内康修(竹谷内医院カイロプラクティックセンター院長)


ランキング


>>総合人気ランキング