【専門医監修】糖尿病の人のための「超簡単」おいしいレシピ

【専門医監修】糖尿病の人のための「超簡単」おいしいレシピ

やせる、健康になると長野市で話題の「サキベジ運動」。医師の内場廉先生と、管理栄養士の的場明子先生にお勧めのサキベジレシピを伺いました。野菜やキノコがたっぷりの、驚くほど簡単でおいしい料理です。【解説】内場 廉(長野市国保大岡診療所所長)、的場明子(管理栄養士・健康運動指導士) 、古澤靖子(料理・スタイリング)


野菜ゴロゴロスープ

◆材料(スープ皿8~10杯分)
ニンニク……ひとかけ、タマネギ……大1個
ニンジン……中1本、ジャガイモ……中5~6個
季節の野菜4~5種類……合わせて800g
オリーブオイル……大さじ1、白ワイン……150㎖
野菜ジュース(無添加のもの)……1ℓ
水……適量(全体がひたひたになる量)
大豆の水煮……150g
塩……適量(足りなければ粉チーズで調整)
レモンの皮(あれば無農薬のもの)……適量
粉チーズ……適量、コショウ……適量

◆作り方
❶ ニンニクはみじん切りにする。その他の野菜は、スプーンにのる程度の大きさに切る。
❷ 大きめの鍋にニンニクとオリーブオイルを入れる。弱火にし、オリーブオイルにニンニクの香りが移るまで炒める。
❸ ②に①の残りの野菜をすべて加え、オリーブオイルがなじむまで炒める。
❹ ③に白ワイン、野菜ジュースを入れ、野菜がかぶる程度の水を加える。沸騰したら弱火にして、野菜が軟らかくなるまで煮る。
❺ ④に大豆の水煮を加え、味が足りなければ塩を足す。
❻ 器に盛り付け、千切りにしたレモンの皮、粉チーズ、お好みでコショウをかけて出来上がり。

内場廉先生の一言コメント
「季節の野菜は何でも構いませんが、モヤシは食感が悪くなり、カボチャは溶けてスープの色が悪くなるのでお勧めしません。我が家では、キノコ類やズッキーニ、冬ならハクサイをよく入れます。白ワインは安物で構いません」

キノコだらけのオムライス

◆材料(2人分)
タマネギ……½個
シメジ……1½パック(150g)
エノキタケ……1½パック(150g)
オリーブオイル……適量
冷やごはん……茶わん1膳強(150~200g)
野菜ジュース(無添加のもの)……300㎖
卵……2個
粉チーズ……大さじ2
ソーセージ(ひと口大に切っておく)……2本
スライスチーズ(ちぎって固まりにしておく)……2枚

◆作り方
❶ タマネギをみじん切りにする。シメジとエノキタケは細かく切る。
❷ フライパンにオリーブオイルを熱し、タマネギを炒める。火が通ったらシメジとエノキタケも加え、炒め合わせる。
❸ ②に冷やごはん、野菜ジュースを加え、リゾット状になるまで炒めて火を止める。
❹ 別のフライパンに卵を溶いて入れ、薄焼き卵を2枚作る。
❺ 皿を2枚用意し、④をそれぞれのせる。その上に③をのせ、粉チーズ、ソーセージ、スライスチーズをまばらに並べる。
❻ お好みでコショウを振り、薄焼き卵を折り返してオムライスの形にし600Wの電子レンジで5分間加熱して出来上がり。お好みでケチャップ(分量外)をかけてもよい。

内場廉先生の一言コメント
「1人分の重さは600gほどあってボリューム満点なのに、キノコばかりなので低カロリーで低脂肪です。冷めたときは、600Wの電子レンジで4~5分加熱すれば中がトロトロのオムライスになります。お弁当にするのもお勧めです」

パプリカの 甘酢炒め

◆材料(2人分)
パプリカやピーマン……合わせて200g
ハム……2枚、オリーブオイル……大さじ1
砂糖……大さじ1弱、酢……大さじ1

◆作り方
❶ パプリカ(ピーマン)とハムを、5㎜幅に切る。
❷ フライパンにオリーブオイルを熱し、ハムを炒める。香りが立ってきたらパプリカを入れて、油がなじむまで炒める。
❸ 砂糖と酢を混ぜ合わせて、②に入れる。軽く炒めて出来上がり。

内場廉先生の一言コメント
「黄色や赤のパプリカ、ピーマンを混ぜると彩りがよくなります」

コールスロー サラダ

◆材料(2人分)
キャベツの千切り……½個分
(パック入りのものなら3パック)
ベーコンこま切れ……60g
卵……2個、マヨネーズ……45g
しょうゆ……大さじ2
コショウ……お好みで
水にさらしたタマネギ……お好みで適量

◆作り方
❶ 大きめのボウルに千切りにしたキャベツを入れる。
❷ フライパンを熱し、ベーコンをカリカリになるまで炒める。そこに卵を割り入れ、黄身が半熟になったら火を止める。
❸ ①に②と残りの材料をすべて入れ、全体がなじむまで混ぜ合わせ出来上がり。

内場廉先生の一言コメント
「出来上がった後、1時間くらい置くとキャベツから水分が出て味がなじみます。そのときに味が足りなければ調整してください。私はごはんやパンに、たっぷりのせて食べるのがお気に入りです」

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


皮ごと摂取で飛蚊症改善!ダイエットや関節痛にも高い効果を発揮する【ショウガ氷】

皮ごと摂取で飛蚊症改善!ダイエットや関節痛にも高い効果を発揮する【ショウガ氷】

ショウガに含まれる、ジンゲロールとショウガオール(ショウガを加熱または乾燥すると、ジンゲロールがショウガオールに変化する)という二つの薬効成分が、病気や症状を改善する優れた効能をもたらします。【解説】石原新菜(イシハラクリニック副院長)


【糖尿病、不整脈、突発性難聴に著効】“脳”を温める「脳幹マッサージ」

【糖尿病、不整脈、突発性難聴に著効】“脳”を温める「脳幹マッサージ」

美容院でシャンプー後、蒸しタオルを後ろ首に当てるサービスがあるでしょう。後ろ首の内部にあるのは「脳幹」という脳の一部です。脳幹は自律神経や免疫、ホルモン分泌など生命を維持する機能の中枢を担っています。私は体調不良の原因は脳幹の機能低下にあると考えています【解説】沼田光生(日本自律神経免疫治療研究会会員・海風診療所院長)


【医師の体験手記】薬に頼らない「低糖質食」でヘモグロビンA1cが大幅に改善

【医師の体験手記】薬に頼らない「低糖質食」でヘモグロビンA1cが大幅に改善

私は15年前、50歳で糖尿病患者の仲間入りをしました。血液検査を受けると、空腹時血糖が300㎎/㎗、ヘモグロビンA1cが7・4%と、りっぱな糖尿病になっていたのです。そこで、私が考えたのが「低糖質食」というものです。【解説】田中瑞雄(田中整形外科病院元院長 )


【医師解説】糖質制限ダイエット 外食時に食べてもいいものはコレ!お勧めとNGメニュー

【医師解説】糖質制限ダイエット 外食時に食べてもいいものはコレ!お勧めとNGメニュー

外食でも、工夫しだいで糖質の制限は可能です。外食時のお勧めメニューは、ステーキ、焼き魚、刺し身、しゃぶしゃぶ、焼き肉、ハンバーグなど。コンビニで食品を選ぶさいには、栄養成分表示を確認しましょう。【解説】牧田善二(エージーイー牧田クリニック院長)


【医師解説】首の後ろを温めると、糖尿病、高血圧、顎関節症の改善に効果あり

【医師解説】首の後ろを温めると、糖尿病、高血圧、顎関節症の改善に効果あり

高血圧や糖尿病などの生活習慣病をはじめ、体に起こるさまざまな不調の原因は、脳幹と呼ばれる部位の機能低下にあると私は考えています。【解説】沼田光生(海風診療所院長)


最新の投稿


【口をぱくぱく】開け閉めすると…内臓、血管、筋肉、神経が元気になるってホント?

【口をぱくぱく】開け閉めすると…内臓、血管、筋肉、神経が元気になるってホント?

口をぱくぱくと開け閉めすると、体と心の中にいる「インナードクター(内なる医師)」が呼び起こされ、腰痛、不眠、肩こり、高血圧、胃腸炎、頻尿、便秘、顎関節症、アトピー性皮膚炎、更年期障害など、さまざまな病気や不調が改善する可能性があるのです。【解説】筒井重行(風楽自然医療研究所所長)


食事制限なし運動なしで糖尿病・痛風を克服!実践した「耳もみ」のやり方とは

食事制限なし運動なしで糖尿病・痛風を克服!実践した「耳もみ」のやり方とは

私の治療室ではフランスのノジェ博士が提唱した「耳介医学」に沿って、耳針治療をしています。私が特に注目しているのは、耳の中央付近にある「星状神経節」に対応するポイントです。私は自分の糖尿病も耳への刺激治療で治しました。また、血糖値の高い患者さんに「耳もみ」を勧め効果を上げているのです【解説】塚見史博(塚見鍼灸治療室院長)


皮ごと摂取で飛蚊症改善!ダイエットや関節痛にも高い効果を発揮する【ショウガ氷】

皮ごと摂取で飛蚊症改善!ダイエットや関節痛にも高い効果を発揮する【ショウガ氷】

ショウガに含まれる、ジンゲロールとショウガオール(ショウガを加熱または乾燥すると、ジンゲロールがショウガオールに変化する)という二つの薬効成分が、病気や症状を改善する優れた効能をもたらします。【解説】石原新菜(イシハラクリニック副院長)


今日からあなたもジンジャラー!体の機能を高める【ショウガ氷】基本の作り方

今日からあなたもジンジャラー!体の機能を高める【ショウガ氷】基本の作り方

ショウガは、漢方薬の材料としても使われ、体のさまざまな機能を高めてくれることはよく知られています。ショウガを日常的に活用している人を「ジンジャラー」と呼びますが、私自身、自他ともに認めるジンジャラーです。1日に取るショウガの量は、およそ30g。さまざまな料理にショウガを使います。【解説】浜内千波(料理研究家)


【インフルエンザ予防に】ミカン丸ごと美味レシピ(2)

【インフルエンザ予防に】ミカン丸ごと美味レシピ(2)

ミカンの持つ、驚くべき薬効を知ったら、できれば皮ごとミカンを食べたくなってしまいますよね。そこで、このレシピでは、ミカンを皮ごとおいしくいただくレシピをご紹介します!どれも短時間で簡単に作れるものばかりです。【料理・レシピ考案】神田美紀(薬膳料理研究家)


ランキング


>>総合人気ランキング