緑内障の眼圧が正常化!老眼鏡も不要!視力もアップする「視力回復爪もみ」

緑内障の眼圧が正常化!老眼鏡も不要!視力もアップする「視力回復爪もみ」

日本人の多くが抱える近視は、実は、交感神経(体を活動状態にする神経)の緊張を背景に発症・進行する病気といえます。近視は、屈折異常の一つです。本来は網膜上に焦点を結ぶ光が、網膜の手前で焦点が結ばれるため、遠くの物がぼやけて見えにくくなってしまうのです。【解説】本部千博(ほんべ眼科院長)


ストレスが近視を進行させている!

 日本人の多くが抱える近視は、実は、交感神経(体を活動状態にする神経)の緊張を背景に発症・進行する病気といえます。

 近視は、屈折異常の一つです。本来は網膜上に焦点を結ぶ光が、網膜の手前で焦点が結ばれるため、遠くの物がぼやけて見えにくくなってしまうのです。
 その際、解剖学的に問題とされるのは、角膜表面から網膜までの距離(眼軸)です。「眼軸が伸びるほど近視も強くなる」と、一般にはいわれています。

 しかし、近視の度数=屈折度が同じでも、視力が同じとは限りません。屈折度に合わせた同じ眼鏡をかけて1・0が見える人がいれば、0・5しか見えない人もいます。
 そこで、かかわってくるのが自律神経です。自律神経は、体の諸機能を無意識のうちに調整している神経で、交感神経と、副交感神経(体を休息状態にする神経)とがバランスを取って働き合っています。
 自律神経のバランス状態は、眼球に入る光の量を調整している瞳孔(瞳)の大きさを見るとわかります。瞳は、交感神経が優位になると周囲の虹彩が縮んで小さくなるしくみになっているからです。

 実際、近視の人の目を観察すると、総じて瞳が大きく、交感神経優位の体調にあるようです。また、自律神経の働きを虹彩の反応で測定する器械で調べても、近視が進行するときは交感神経が過度に緊張し、副交感神経の働きが抑制されていることが確認されています。
 このように瞳が開いた状態では、焦点深度が浅くなり、ピント合わせに余計な力がかかります。すると、調節力をつかさどる毛様体筋も徐々に疲弊・緊張していき、視力の低下を招いてしまうのです。

 交感神経を過度に緊張させる原因は、ストレスです。そもそも自律神経は、日中は交感神経が優位に、夜から明け方にかけては副交感神経が優位に働くようにプログラムされています。
 夜更かしや寝不足などが、自律神経のバランスを乱す最大のストレスです。こうした生活習慣に精神的ストレスが加わると、交感神経はより緊張度を増し、近視も進みやすくなります。
 眼球内は房水と呼ばれる細胞外液で満たされています。房水は毛様体筋でつくられ、角膜と水晶体に栄養・酸素を運びながら、隅角(虹彩と角膜の角)に流れ、シュレム管と呼ばれる小さな管を通って、眼球外の血管に吸収されます。

 この房水にはもう一つ、眼圧の調整という役割があります。その働きをコントロールしているのが自律神経で、交感神経が優位になると隅角、シュレム管が拡張して眼圧は下がります。
 つまり、交感神経の緊張が続くと、房水の排出は滞り、眼球も強く圧迫され続けます。こうした眼球の圧迫が角膜の突出、眼軸の延長などを引き起こし、屈折異常を促進させるのではないでしょうか。

眼圧が25mmHgから19mmHgに降下!

 ところで、近視は緑内障発症の一因にも挙げられています。緑内障も、眼圧によって網膜の視神経が圧迫・障害される病気です。眼圧の上昇が近視の発症・進行に影響しているなら、緑内障になりやすいのも当然でしょう。

 正常眼圧緑内障の患者には冷え症の合併症が多く、自律神経のバランスが悪くなっていると考えられます。
 そこで、お勧めしたいのが爪もみです(爪もみは福田医院の福田稔医師が考案)。神経はネットワークを作って働き合っています。爪の生え際は神経が密集する部位なので、爪もみをすると、刺激が瞬時に自律神経に伝わり、交感神経と副交感神経のバランスが整えられるのです。
 事実、反応の早い人なら、爪もみを終えた瞬間に目の前が明るくなり、物が見えやすくなっているのがわかるでしょう。1日2〜3度を目安に、根気よく続けてください。

 では最後に、実際に爪もみが効いた例をご紹介しましょう。
 Hさん(女性・70代)は、五年前に眼圧が25mmHgもあるとわかり、眼科医に緑内障と診断されました(眼圧の基準値は、10〜21mmHg)。それ以来、定期的に病院へ通って検査を受け、緑内障の目薬による治療を受けたそうです。

 ちょうどそのころ、Hさんは健康雑誌で知った爪もみを開始。両手の指の爪の生え際を、親指から順番に小指まで、もう一方の指で強くもむのです。小指は40秒、そのほかの指は20秒ずつもみました。
 すると、2ヵ月後、目がチラチラしたり、涙が出たりすることがなくなりました。今では、眼圧も19mmHg前後に下がっているそうです。

 また、Sさん(女性・60代)は、55歳ごろから視力が低下し、眼科へ行くと、右目は0・7、左目は0・2でした。また、老眼にもなっていたので、老眼鏡を作りました。
 それが、爪もみを始めたら徐々に物がよく見えるようになり、半年後、老眼鏡なしでも、小さな文字が読めるようになったのです。爪もみを始めて2年目には、0・2だった左目の視力が0・5に、3年目には、1・2まで向上しました。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【老眼・近視】原因は「顎」のズレ?顎を正位置に戻す「アウアウ体操」で視力が回復した!

【老眼・近視】原因は「顎」のズレ?顎を正位置に戻す「アウアウ体操」で視力が回復した!

私は、あごのズレている患者さんに、あごを正しい位置に戻す治療(丸山咬合医療・MFA治療)を行っています。体のバランスが整い、腰やひざの痛みがよくなり転倒しにくくなります。ここでは自宅でできる「アウアウ体操」を紹介します。【解説者】丸山剛郎(大阪大学名誉教授・日本咬合臨床研究所所長・特定非営利活動法人日本咬合学会理事長)


【網膜血管閉塞症】を改善する「酢納豆」のパワー!高血圧にもお勧め

【網膜血管閉塞症】を改善する「酢納豆」のパワー!高血圧にもお勧め

眼科医である私は、患者さんに納豆を広く勧めてきました。なかでも積極的に勧めているのは、「網膜血管閉塞症」という症状に対してです。納豆に酢を加えた「酢納豆」を特にお勧めします。酢には、血液をサラサラにして血行を促進させる効果があるので、血栓の予防・改善にはまさに最適。【解説者】玉井嗣彦(日野病院名誉病院長)


【スマホ老眼の対処法】眼精疲労やドライアイを予防・改善する整膚「まぶたつまみ」とは

【スマホ老眼の対処法】眼精疲労やドライアイを予防・改善する整膚「まぶたつまみ」とは

整膚による大幅な血流の改善によって、患部に新たな酸素と栄養素が供給されます。もしも、そこにコリや痛みがあるなら、血液循環の改善によって、緩和されていくでしょう。【解説】蔡晶(世界整膚連盟整膚美容師会会長・整膚通信学院院長)


【目の症状別】飛蚊症・緑内障が改善した!目に効くツボを刺激する「顔さすり」

【目の症状別】飛蚊症・緑内障が改善した!目に効くツボを刺激する「顔さすり」

目の特効ツボが数多く存在する場所は、顔です。顔を手の指でさする顔さすりは、最も簡単かつ効果的なセルフケア法といえます。緑内障・白内障・ドライアイ・眼精疲労・老眼・近視・斜視、それぞれの症状に対応したやり方をご紹介します。【解説】内田輝和(倉敷芸術科学大学教授・鍼メディカルうちだ院長)


【医師解説】円形脱毛症の原因はストレスと血流低下 対策は「爪もみ」が有効

【医師解説】円形脱毛症の原因はストレスと血流低下 対策は「爪もみ」が有効

爪もみは、交感神経の緊張を改善し、頭皮の血流を向上させるので、円形脱毛症に有効です。さらに、指先の血流もアップするので、髪と同じ組織である爪の状態も改善します。【解説】永野剛造(永野医院院長)


最新の投稿


【女性の薄毛(FAGA)・円形脱毛症】原因は「冷え」と「腸」にあり!皮膚科医が教える「髪が若返る秘訣」

【女性の薄毛(FAGA)・円形脱毛症】原因は「冷え」と「腸」にあり!皮膚科医が教える「髪が若返る秘訣」

近年、血流改善が薄毛の解消において重要であることは、確かなものとなっています。また、冷え症と並んで、薄毛解消において重要なのが、内臓の状態です。皮膚は内臓の鑑といわれています。つまり、内臓の不調は皮膚の一部である髪についても当てはまるのはいうまでもありません。【解説】荒浪暁彦(あらなみクリニック総院長)  


【管理栄養士】美容健康の有効成分たっぷり「人参」 食べるときの注意点とは?

【管理栄養士】美容健康の有効成分たっぷり「人参」 食べるときの注意点とは?

ニンジンのβカロテンには、強力な抗酸化作用があります。老化と病気の原因物質である活性酸素によって体がサビつくのを、防いでくれるのです。また、βカロテンは、体内でビタミンAに変化します。ビタミンAは、粘膜や皮膚の新陳代謝に欠かせない栄養素です。【解説】足立香代子(臨床栄養実践協会理事長・管理栄養士)


【睡眠時高血圧の見つけ方】血圧を下げる対策を医師が指南!お手本は「長野県」?

【睡眠時高血圧の見つけ方】血圧を下げる対策を医師が指南!お手本は「長野県」?

日中に血圧が高くなるのはあたりまえ。「早朝高血圧」が問題視されますが、朝は脱水状態で血液が濃くなっており心身を活動的にするために血圧を上げる必要があるので、早朝の血圧も高くてあたりまえです。問題となるのは、血圧が下がるべき睡眠時に血圧が下がらないことだったのです。【解説】浅輪喜行(アサワ医院院長)


【クレアチニン値を下げる運動】で腎臓病が改善!ネフローゼの尿たんぱくが陰性になった!

【クレアチニン値を下げる運動】で腎臓病が改善!ネフローゼの尿たんぱくが陰性になった!

多くの人は、太い動脈の血流には注意を払いますが、毛細血管の流れには無頓着です。しかし、全身の臓器が健康に働くためには、毛細血管がなにより大事。【解説者】渡辺完爾(渡辺医院院長)


【チーズの健康効果ベスト6】ダイエットには運動後60分以内に摂取がお勧め!虫歯を防ぐ効果も

【チーズの健康効果ベスト6】ダイエットには運動後60分以内に摂取がお勧め!虫歯を防ぐ効果も

チーズは良質のたんぱく質とカルシウムの供給源で、筋力や骨の強化を助ける食品。ダイエット効果、筋力をつける効果、骨粗鬆症を防ぐ効果、血圧を下げる効果、虫歯を防ぐ効果、認知症を防ぐ効果など代表的なチーズの健康効果をお話ししましょう。【解説】齋藤忠夫(東北大学大学院農学研究科教授)


ランキング


>>総合人気ランキング