【お腹やせ】排泄力を高める 即効「生大根ダイエット」のやり方

【お腹やせ】排泄力を高める 即効「生大根ダイエット」のやり方

多くのかたのダイエット相談を受ける中で、私はあることに気がつきました。おしっこやうんちなどの老廃物を体にため込んでいる人はやせにくく、体型もどんどん悪くなってしまう、ということです。【解説】蓮水カノン(キレイファクトリー主宰)


蓮水カノン先生
キレイファクトリー主宰。プロポーションの専門家。OL時代、自分自身の体型の変化をホームページで公開し、反響を呼んだことがきっかけで、プロポーションに悩む男女にアドバイスを始める。現在は、サロンでの直接指導、オンライン・カウンセリングなどを行っている。『朝7秒 メジャーで測るだけ! 腹ペタ☆ダイエット 』(メディアファクトリー)が好評発売中。http://abs.ceo-jp.com/

バストは2カップも大きくなった!

 私は、プロポーション作りの専門家として、「やせてきれいになりたい」「プロポーションをよくしたい」という願いをかなえるお手伝いをしています。

 多くのかたのダイエット相談を受ける中で、私はあることに気がつきました。おしっこやうんちなどの老廃物を体にため込んでいる人はやせにくく、体型もどんどん悪くなってしまう、ということです。
 あらためて、排泄に関するアンケートを取ってみたところ、女性は大半が便秘で、おしっこの出方も少ないという結果が出ました。男性の場合は、下痢の人が多く見られました。

 そこで、デトックスと肥満の関係について、専門書や研究書で調べてみると、おしっこの量や質、濃さによって、内臓の働きが違うことがわかったのです。質のいいおしっこをどんどん出せるようになると、血液の質や流れがよくなって老廃物がたまらないこともわかりました。それで、トイレ後や就寝前に温かいお茶やフルーツジュースを飲んで排尿リズムを高める、
通称「おしっこサイクル」をお勧めするようになりました。

 一方、うんちのサイクルには、食べ物でおなかを浄化することが大切で、おなかの浄化には食物繊維と酵素を含む生野菜が最も役立つことを知ったのです。
 生野菜の効果について、私自身がさまざまな野菜をたくさん食べて確認したところ、逆にお通じが悪くなり、なんとウエストが太くなってしまいました。

 ただ野菜をたくさんとればいいのではなく、適切な量と質が大切だったのです。少量で効果的な野菜を探したところ、酵素や食物繊維が豊富で、しかも水分の多い野菜にたどり着きました。日本の伝統野菜、大根です。
 自分で何度も試した結果、一般的な青首大根を輪切りにし、厚さ一㌢くらいの量を食べると、最もお通じがよくなることがわかりました。
 生の大根には、胃腸の働きを整える食物繊維と、便秘解消や整腸作用に優れた酵素が豊富に含まれます。酵素は、火を通すと壊れて効果が半減するので、大根を「少量」「生で」とることが、ダイエットの絶対条件になります。

 実は、私自身が便秘で腹痛を起こして救急車で運ばれたこともあるほどの便秘症で、便秘のせいで体重のわりに下腹が出ていました。
 生大根を毎日とったところ、一週間後には便秘が改善。その後に下腹がへこんで、腹囲が12cmも細くなりました。ウエストとヒップもそれぞれ5cmへり、逆にバストは2カップも大きくなったのです。
 一方、身長167cmで52kgの体重には変化がなく、現在もこのときの体重と体型を維持しています。

食べ物をへらすより、たまったものを出す

 ではあらためて、「出してやせる」生大根ダイエットのやり方をご説明しましょう。

 1日に1回、食前または食事中に、輪切りで1cm分の大根を、大根おろしにして汁ごと食べるか、大根スティック、せん切りや薄切りにして食べてください。生大根だけを単独でとるのもいいのですが、薬味、サラダ、和え物、漬物など、火を通さない料理の一部として食べるのがお勧めです。
 体重が過剰な人ほど、体内に多くの老廃物をため込んでいると考えられます。生大根を食べるのは、基本的に1日1回でじゅうぶんですが、へらしたい体重が5〜6kgの人は2回、7kg以上の人は3回にふやしてください。一度に食べる量ではなく、1日に食べる回数をふやすのがポイントです。

 あとは、朝昼晩の食事をバランスよくとり、食間を4時間以上空ける、食べすぎ飲みすぎは週に1日までにすることなど、排泄のリズムを乱さないように気をつければ、食事をへらす必要はありません。
 体を湯ぶねにたとえると、従来のダイエットでは蛇口を締めて「体に入れる食べ物の量をへらす」ことがメインでした。しかし、やせるうえでほんとうに大事なのは、湯ぶねの底の栓を抜いて「たまったものを出す」ことなのです。

 これまでに、早い人で3日、遅い人でも1週間で便通改善の効果を実感しています。
 排泄力が高まることで、早い人なら2週間で体型の変化を実感しています。体型の変化とともに体調がよくなり、むくみや疲労感が取れ、イライラしなくなるなど、精神的な余裕が出るといった声も少なくありません。
 最も多いのは、最初にウエストから下腹などのおなか周りが細くなる→太もものつけ根が細くなる→バストアップして背中のぜい肉が落ちる→体重がへり始めるというパターンです。

 皆さんも、生大根で「出せる体」にシフトし、理想のプロポーションを手に入れてください。

→生大根ダイエットのやり方はコチラ

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連するキーワード


生大根ダイエット お腹やせ

関連する投稿


【ぱいぱいでか美】玉ねぎヨーグルトダイエットでお腹ぽっこり解消 体重3kg ウエスト9cm減

【ぱいぱいでか美】玉ねぎヨーグルトダイエットでお腹ぽっこり解消 体重3kg ウエスト9cm減

私、ぱいぱいでか美の公式発表体重は、43kg(身長158cm)です。ところが、夜中にドカ食いをしていたら、6.3kgも太って、49.3kgになってしまいました。おなかのふくれ具合はまるで洋ナシ。ちょっと他人には見せられない状況になっていたのです。【体験談】ぱいぱいでか美(タレント・歌手)


【ダイエット】3日で便秘改善効果を実感!生大根で「出せる」体になって痩せた!

【ダイエット】3日で便秘改善効果を実感!生大根で「出せる」体になって痩せた!

多くのかたのダイエット相談を受ける中で、私はあることに気がつきました。おしっこやうんちなどの老廃物を体にため込んでいる人はやせにくく、体型もどんどん悪くなってしまう、ということです。【解説】蓮水カノン(キレイファクトリー主宰)


【便秘改善】生大根ダイエットのやり方

【便秘改善】生大根ダイエットのやり方

体重が過剰な人ほど、体内に多くの老廃物をため込んでいると考えられます。生大根を食べるのは、基本的に1日1回でじゅうぶんですが、へらしたい体重が5〜6kgの人は2回、7kg以上の人は3回にふやしてください。1度に食べる量ではなく、1日に食べる回数をふやすのがポイントです。【解説】蓮水カノン(キレイファクトリー主宰)


【1日1分】猫背が改善し小顔&ウエストやせも 「交差歩き」の効果

【1日1分】猫背が改善し小顔&ウエストやせも 「交差歩き」の効果

交差歩きは、まさに”歩く整体”といえます。腕を上げたり組んだりしながら足を交差して歩くことで、かたくなっていた骨盤や肩甲骨が大きく動くようになります。 交差歩きを毎日続けるうちに、これらの動きが柔軟になって、ゆがみが直るのです。【解説】花谷貴之(花谷接骨院院長)


『生大根ダイエット』のやり方

『生大根ダイエット』のやり方

体重が過剰な人ほど、体内に多くの老廃物をため込んでいると考えられます。生大根を食べるのは、基本的に1日1回でじゅうぶんですが、へらしたい体重が5〜6kgの人は2回、7kg以上の人は3回にふやしてください。1度に食べる量ではなく、1日に食べる回数をふやすのがポイントです。【解説】蓮水カノン(キレイファクトリー主宰)


最新の投稿


【ブロッコリーの栄養】茹ですぎに注意!便秘解消・シワ対策に効果のある食べ方・使い方

【ブロッコリーの栄養】茹ですぎに注意!便秘解消・シワ対策に効果のある食べ方・使い方

ブロッコリーは、野菜の中でも栄養が飛び抜けて豊富で、多くの健康効果や美容、ダイエットにも効果を期待できる、まさに「野菜の王様」です。体にいい成分の宝庫であるブロッコリーを、積極的に食生活に取り入れない理由はありません。【解説】木村至信(秋山眼科医院耳鼻咽喉科部長、木村至信BANDリーダー)


【肩こり・五十肩を改善】痛みやしびれをすぐに解消する体操「手首振り」

【肩こり・五十肩を改善】痛みやしびれをすぐに解消する体操「手首振り」

手のしびれ、肩こり、五十肩、腱鞘炎、腕や手の疲れとそれによる痛みなど、手・腕・肩のトラブルに悩まされている人は多いものです。わずか1〜2分で簡単にできるバンザイ手首振りは、血液とリンパ(体内の余分な水分や老廃物、毒素などを運び出す体液)の流れを劇的に改善させます。【解説】宮本啓稔(新宿西口治療院院長)


【直腸性便秘】便を出す効果的な方法「考える人のポーズ」 大腸肛門科専門医が実験で確認

【直腸性便秘】便を出す効果的な方法「考える人のポーズ」 大腸肛門科専門医が実験で確認

便秘は①大腸の動きが遅く便がなかなか直腸まで下りてこない②便は直腸まで下りてきているが、うまく排出できない のタイプです。②を「直腸性便秘」と呼びます。便意を感じにくくなる、便が非常に硬くなる、残便感がある、排便時に痛みや違和感があるなどの特徴があります。【解説】高野正太(大腸肛門病センター高野病院肛門科部長)


【生活習慣病を予防】漬けるだけで超簡単「酢ピーナッツ」の作り方

【生活習慣病を予防】漬けるだけで超簡単「酢ピーナッツ」の作り方

ピーナッツと酢を組み合わせた「酢ピーナッツ」は、さまざまな健康効果をいいとこ取りした食品です。カリカリ食感とほどよい酸味が絶妙で、お茶請けやお酒のおつまみなどにぴったり!漬けるだけでできる超簡単な酢ピーナッツを、ぜひ皆さんもお試しください!【料理・栄養計算・スタイリング】五十嵐ゆかり(料理研究家・管理栄養士)


【肝臓病とは】A型肝炎 B型肝炎 C型肝炎の違いは? 急性と慢性の違いは? (子供でも分かる大人の病気)

【肝臓病とは】A型肝炎 B型肝炎 C型肝炎の違いは? 急性と慢性の違いは? (子供でも分かる大人の病気)

肝臓は多数の肝小葉という単位が集まった臓器で、「人体の化学工場」といわれ、胆汁を生成して消化を助けるほか、栄養分の分解や貯蔵、解毒、排泄など、重要な働きをしています。【解説】川嶋朗(東洋医学研究所附属クリニック自然医療部門医師・東京有明医療大学教授)