【医師解説】糖質制限ダイエット 外食時に食べてもいいものはコレ!お勧めとNGメニュー

【医師解説】糖質制限ダイエット 外食時に食べてもいいものはコレ!お勧めとNGメニュー

外食でも、工夫しだいで糖質の制限は可能です。外食時のお勧めメニューは、ステーキ、焼き魚、刺し身、しゃぶしゃぶ、焼き肉、ハンバーグなど。コンビニで食品を選ぶさいには、栄養成分表示を確認しましょう。【解説】牧田善二(エージーイー牧田クリニック院長)


 外食でも、工夫しだいで糖質の制限は可能です。
 例えば、ファミリーレストランでは、ごはんやパンを避け、単品メニューを組み合わせます。定食屋ではごはんを断り、物足りなければ、冷ややっこなどの単品を追加しましょう。

 外食時のお勧めメニューは、ステーキ、焼き魚、刺し身、しゃぶしゃぶ、焼き肉、ハンバーグなど。焼き肉は、糖質が多いたれよりも塩を選びましょう。
 避けたいメニューは、カレーライス、丼物、ラーメン・うどん・そばなどのめん類です。

 コンビニで食品を選ぶさいには、栄養成分表示を確認しましょう。ポイントは、炭水化物の含有量。炭水化物から食物繊維を引いたものが糖質の量です。
 最近は「糖類0」をうたう食品が販売されていますが、これはイコール「糖質0」ではありません。糖類とは、単糖類(ブドウ糖、果糖)と、二糖類(砂糖=ショ糖、乳糖)のこと。糖類0食品には、これら以外の糖質が入っている可能性があります。「糖質0」なら、糖質は確実に入っていません。

 また、ケーキなどのお菓子をどうしても食べたい場合は、午後3時などの食間に、少量を食べるようにしましょう。食後すぐに食べると、血糖値が急上昇し、太りやすくなります。

外食時にお勧めのメニュー

これは高糖質!NGメニュー

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連するキーワード


糖尿病対策 糖質制限食

関連する投稿


【砂糖をやめたら】腸の難病が大改善!「先住民食」で健康を取り戻した歯科医の体験談

【砂糖をやめたら】腸の難病が大改善!「先住民食」で健康を取り戻した歯科医の体験談

私は潰瘍性大腸炎という病気で何度もつらい思いをし、医師から大腸全摘手術まで勧められていました。しかし、そんな重症でも、食事を変えれば改善することができたのです。「先住民食」の最大の特徴は、砂糖(代替甘味料も含む)をいっさい絶つことです。【解説者】長尾周格(稲毛エルム歯科クリニック理事長)


【ケトン体とは】"数値が高いと危険"は誤解 糖尿病に効果的な糖質制限ダイエット

【ケトン体とは】"数値が高いと危険"は誤解 糖尿病に効果的な糖質制限ダイエット

これまで糖質制限の危険な面として糖質制限をした際に「ケトン体」が上昇する点が挙げられてきました。ケトン体が増えてケトアシドーシスになると、嘔吐、疲労感、脱力感など、さらに悪化すると死に至るとされてきました。しかし、それは誤解であり、数値を気にする必要はないのです。【解説】宗田哲男(宗田マタニティクリニック院長)


【酢納豆】糖質制限ダイエット中の私がお酢と納豆にハマる理由(福澤アナ)

【酢納豆】糖質制限ダイエット中の私がお酢と納豆にハマる理由(福澤アナ)

我が家は、全員納豆好きの「納豆家族」です。冷蔵庫には常に納豆が10パックは入っていて、食事にはたいてい納豆が登場します。利き酒師の資格を持っている妻が「納豆を酢で食べるとおいしいよ」というのですから、躊躇することなく食べました。これがほんとうにおいしい!以来、我が家の定番です。【体験談】福澤朗(アナウンサー) 


【アマニ油・えごま油の効果】良質な“油”の摂取で動脈硬化が改善!血管年齢が若返った!

【アマニ油・えごま油の効果】良質な“油”の摂取で動脈硬化が改善!血管年齢が若返った!

私のクリニックでは、糖質制限食を指導しつつ、こうした良質な脂質を摂取することをお願いしています。糖尿病の食事療法は、継続してもらわないと効果が現れません。良質な脂質をとるなど、満足感を得られる工夫をして、楽しい食事を続けていただきたいと思います。【解説】小早川裕之(小早川医院院長)


【医師解説】糖尿病の血管合併症を防ぐ ポイントは糖質制限と良質な脂質摂取

【医師解説】糖尿病の血管合併症を防ぐ ポイントは糖質制限と良質な脂質摂取

糖尿病とは、膵臓で作られるインスリン(血糖値を調節するホルモン)の分泌量が減ったり、その効果が損なわれたりすることで、慢性的に高血糖になる状態を指します。この状態が長期間続くと、糖尿病特有の血管合併症を招きやすくなるのです。【解説】小早川裕之(小早川医院院長)


最新の投稿


【ブロッコリーの栄養】茹ですぎに注意!便秘解消・シワ対策に効果のある食べ方・使い方

【ブロッコリーの栄養】茹ですぎに注意!便秘解消・シワ対策に効果のある食べ方・使い方

ブロッコリーは、野菜の中でも栄養が飛び抜けて豊富で、多くの健康効果や美容、ダイエットにも効果を期待できる、まさに「野菜の王様」です。体にいい成分の宝庫であるブロッコリーを、積極的に食生活に取り入れない理由はありません。【解説】木村至信(秋山眼科医院耳鼻咽喉科部長、木村至信BANDリーダー)


【肩こり・五十肩を改善】痛みやしびれをすぐに解消する体操「手首振り」

【肩こり・五十肩を改善】痛みやしびれをすぐに解消する体操「手首振り」

手のしびれ、肩こり、五十肩、腱鞘炎、腕や手の疲れとそれによる痛みなど、手・腕・肩のトラブルに悩まされている人は多いものです。わずか1〜2分で簡単にできるバンザイ手首振りは、血液とリンパ(体内の余分な水分や老廃物、毒素などを運び出す体液)の流れを劇的に改善させます。【解説】宮本啓稔(新宿西口治療院院長)


【直腸性便秘】便を出す効果的な方法「考える人のポーズ」 大腸肛門科専門医が実験で確認

【直腸性便秘】便を出す効果的な方法「考える人のポーズ」 大腸肛門科専門医が実験で確認

便秘は①大腸の動きが遅く便がなかなか直腸まで下りてこない②便は直腸まで下りてきているが、うまく排出できない のタイプです。②を「直腸性便秘」と呼びます。便意を感じにくくなる、便が非常に硬くなる、残便感がある、排便時に痛みや違和感があるなどの特徴があります。【解説】高野正太(大腸肛門病センター高野病院肛門科部長)


【生活習慣病を予防】漬けるだけで超簡単「酢ピーナッツ」の作り方

【生活習慣病を予防】漬けるだけで超簡単「酢ピーナッツ」の作り方

ピーナッツと酢を組み合わせた「酢ピーナッツ」は、さまざまな健康効果をいいとこ取りした食品です。カリカリ食感とほどよい酸味が絶妙で、お茶請けやお酒のおつまみなどにぴったり!漬けるだけでできる超簡単な酢ピーナッツを、ぜひ皆さんもお試しください!【料理・栄養計算・スタイリング】五十嵐ゆかり(料理研究家・管理栄養士)


【肝臓病とは】A型肝炎 B型肝炎 C型肝炎の違いは? 急性と慢性の違いは? (子供でも分かる大人の病気)

【肝臓病とは】A型肝炎 B型肝炎 C型肝炎の違いは? 急性と慢性の違いは? (子供でも分かる大人の病気)

肝臓は多数の肝小葉という単位が集まった臓器で、「人体の化学工場」といわれ、胆汁を生成して消化を助けるほか、栄養分の分解や貯蔵、解毒、排泄など、重要な働きをしています。【解説】川嶋朗(東洋医学研究所附属クリニック自然医療部門医師・東京有明医療大学教授)