【腎臓病の初期症状】尿の泡立ちが消えない クレアチニン値による腎機能(eGFR)早見表

【腎臓病の初期症状】尿の泡立ちが消えない クレアチニン値による腎機能(eGFR)早見表

腎臓は非常に「我慢強い臓器」で、慢性腎臓病になっても、ある程度進むまではほとんど自覚症状がありません。症状に気付いたら、早急に受診することが大切です。しかし、自覚症状が現れる前に、慢性腎臓病を見つけるほうがいいのはいうまでもありません。【解説】川嶋 朗(東京女子医科大学附属青山自然医療研究所クリニック所長)


自覚症状が現れる前に見つけるための検査項目

 腎臓は非常に「我慢強い臓器」で、慢性腎臓病になっても、ある程度進むまではほとんど自覚症状がありません。
 比較的早く表れる自覚症状としては、
「尿が泡立ちやすく、その泡がなかなか消えない」「尿の色が茶色っぽい、または赤っぽい」「頻尿(特に夜間)」などがあり、進むにつれて、むくみ、倦怠感、血圧上昇なども起こります。
 これらの症状に気付いたら、早急に受診することが大切です。しかし、自覚症状が現れる前に、慢性腎臓病を見つけるほうがいいのはいうまでもありません。そのための主な検査法には、以下のものがあります。

尿検査でわかる重要な項目

・尿たんぱく

 尿に含まれるたんぱく質の総量で、「-」「+-」「1+」「2+」「3+」「4+」で示します。健康な人でもある程度検出されることがありますが、原則的には、多いほど腎臓の大きなダメ―ジを示します。
 +の結果が出たら、必ず詳しい検査を受けましょう。その結果が異常なしでも、一度でも+になった人は、潜在的に腎機能が低下しやすい体質だと思われますので、年に一度は検査を受けることをお勧めします。
 また、たんぱく尿に加えて、血尿も出ている場合は、腎機能が急激に低下する病気の危険性もあるので、やはり早急に受診することが必要です。

・尿アルブミン値

 アルブミンは、血中に最も多いたんぱく質で、通常は尿にごく微量しか出ませんが、腎臓が障害されると出始めます。それが微量に出た段階でチェックできるのが、「微量アルブミン尿検査」です。
 尿たんぱくや、後述する血清クレアチニンより早く、腎機能の低下がチェックできます。特に、糖尿病で糖尿病性腎症が疑われる場合、早期に行うべき検査法です。

→初期腎症の進行がわかる微量アルブミン尿検査とは

血液検査でわかる重要な項目

・クレアチニン値

 クレアチニンは、筋肉が壊れて生じる老廃物で、本来、血液によって腎臓に運ばれ、こし採られて尿中に排出されます。しかし、腎臓のろ過機能が低下すると血中に増えてきます。血液1㎗中に、それが何㎎あるかを示すのがクレアチニン値です。この値は、腎臓のろ過能力を示し、高いほどその力が落ちていることを意味します。
 しかし、健康な状態を100%として、何%落ちているか、逆に言うと何%残っているかは、性別・年代によっても違うため、単に正常値との比較だけではわかりません。

・腎機能=eGFR (推算糸球体ろ過量)

 そこで、性別・年代別に、クレアチニン値によって、残存している腎臓のろ過能力がわかる早見表が作られています。それが下の表です。
 クレアチニン値は、職場や地域の健康診断で調べる場合が多いのですが、検査項目にない場合は、どこの医療機関でも簡単に調べられますので、定期的に調べてもらうといいでしょう。
 クレアチニン値がわかったら、上の表の中で、ご自分の性別・年代と、その数値に該当するところを見てください。それが、あなたの腎機能(ろ過能力)です。この値をeGFR(推算糸球体ろ過量)といい、単位は㎖/分/1・73㎡です(以下単位略)。
 図示したステージのうち、遅くともステージ2(eGFR60未満)になったら、医療機関を受診し、たんぱく質制限などの食事療法を始める必要があります。
 ステージ3以降は、腎臓専門医による治療が必要となり、ステージ4以降では透析療法の検討や準備が必要になります。

 とはいえ、種々の条件にもよりますが、この段階でもしっかりと危機感を持って食事・生活改善に取り組み、適切な治療を受ければ、腎機能を温存しながら透析療法を回避し、長く過ごせる場合も多いのです。
 ぜひ、今のご自分の腎機能を正確に把握し、早めに適切な対策をとってほしいと思います。

腎機能がひと目でわかる早見表(女性用)

腎機能がひと目でわかる早見表(男性用)

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【慢性腎臓病】悪化原因は「便秘」と「カリウム制限」?腸内環境を整える食事の重要性

【慢性腎臓病】悪化原因は「便秘」と「カリウム制限」?腸内環境を整える食事の重要性

腎臓は、体内のさまざまなバランスを調整する役割を持ち、不要な物質を排出する働きがあります。しかし、腎臓の機能が低下した慢性腎臓病では、尿として排泄すべき毒素(尿毒素)を十分に排出できません。慢性腎臓病の患者さんは、治療とともに腸内環境を整える食生活がとても重要です。【解説】内山葉子(葉子クリニック院長)


【慢性腎臓病】摂りたい食品・控えたい食品 ー 食事を変えたらステージ5から回復に!

【慢性腎臓病】摂りたい食品・控えたい食品 ー 食事を変えたらステージ5から回復に!

慢性腎臓病(CKD)を悪化させないためには、尿毒素をためないこと、そして炎症を抑えることがカギとなります。そのために心がけることとして、食事で腸内環境を整えることがとても重要です。腸が喜ぶ食生活が腎臓にもいかによいか、おわかりいただけると思います。【解説】内山葉子(葉子クリニック院長)


クレアチニン値が改善した!蛋白尿、血尿が止まった! 腎臓病の食事療法「玄米根菜食」とは?

クレアチニン値が改善した!蛋白尿、血尿が止まった! 腎臓病の食事療法「玄米根菜食」とは?

血液が汚れる食事ばかりしていると、当然、腎臓でのろ過に大きな負担がかかるようになります。腎機能が低下している人は、そうなる前に1日も早く玄米根菜食に切り替えてください。血液がきれいになれば、それはあたりまえのことだとわかってください。【解説】森下敬一(お茶の水クリニック院長・国際自然医学会会長)


【慢性腎臓病】を食事で改善!「減塩」ではなく「適塩」を名医が勧める理由とは

【慢性腎臓病】を食事で改善!「減塩」ではなく「適塩」を名医が勧める理由とは

人間は、食べ物によって病気にもなれば、食べ物によって病気を治すこともできます。慢性腎臓病もしかりで、毎日の食事によって改善させることができます。ポイントは、血液を汚す食事をやめて、腎臓に負担をかけない自然の食事に戻すことです。【解説】森下敬一(お茶の水クリニック院長・国際自然医学会会長)


慢性腎臓病(CKD)は早期発見・早期治療が重要!検査では「シスタチンC」にも注目!

慢性腎臓病(CKD)は早期発見・早期治療が重要!検査では「シスタチンC」にも注目!

慢性腎臓病(CKD)はなかなか自覚症状が現れません。「色」「におい」「泡立ち」「頻尿(特に夜)」などの異常があれば、早めに検査を受けたほうがいいでしょう。代表的な検査項目(アルブミン、クレアチニン等)の数値の見方について解説します。【解説】川嶋朗(東洋医学研究所附属クリニック自然医療部門医師・東京有明医療大学教授)


最新の投稿


【歌手・森山良子さん】のどの疲れを一掃し声帯まで潤う!ひとさじの蜂蜜は歌手の私に欠かせない

【歌手・森山良子さん】のどの疲れを一掃し声帯まで潤う!ひとさじの蜂蜜は歌手の私に欠かせない

19歳で歌手デビューし、気づいたら半世紀の月日が経ちました。私が、今もこうして皆様の前で歌えるのは、ハチミツの恩恵が大きいように思います。【体験者】森山良子(1948年生まれ。東京都出身。1967年、『この広い野原いっぱい』で歌手デビュー。)


【ダイエット成功】8kg楽痩せできた!リバウンドも怖くない!私の「酢玉ねぎ」レシピ

【ダイエット成功】8kg楽痩せできた!リバウンドも怖くない!私の「酢玉ねぎ」レシピ

酢タマネギをメインに据えつつ、タマネギをさまざまな料理に活用していたところ、意外な方面に変化が現れました。なんと、体重が減ってきたのです。もちろん、特にダイエットをしていたわけではありません。【体験談】井田貴美代(仮名・香川県・39歳パート)


【腰椎圧迫骨折が改善】ぎっくり腰、膝痛にも効果を発揮した「アザラシポーズ」Before&After

【腰椎圧迫骨折が改善】ぎっくり腰、膝痛にも効果を発揮した「アザラシポーズ」Before&After

高齢者でも簡単にでき、効果の高い動作を厳選した「アザラシポーズ」と「上体起こし運動」を採用し、さまざまな症例の患者さんにこの二つの体操を行ってもらったところ、想像以上の効果が得られました。しっかりと実践したすべての例で、腰痛が改善し、姿勢がよくなったのです。【解説】太田邦昭(太田整形外科院長)


【認知症とうつ病の違い】取り違えると悪化する恐れも 見分ける3つのポイントを伝授

【認知症とうつ病の違い】取り違えると悪化する恐れも 見分ける3つのポイントを伝授

認知症とうつ病は、どちらも高齢者に多く見られる病気です。高齢者のうつ病は、認知症を引き起こす原因の一つとされている一方、認知症がうつを併発することも少なくありません。認知症とうつ病の間には密接な関係があり、二つの病気には似た症状を呈する場合もあるので、取り違えやすいのです。【解説】長谷川洋(長谷川診療所院長)


頚椎捻挫【むち打ち症】痛みに効く「治し方」はある?

頚椎捻挫【むち打ち症】痛みに効く「治し方」はある?

半年ほど前にむち打ち症になり、それ以来、首の痛みが続いています。むち打ち症の痛みに効くセルフケアは効果があるでしょうか?【回答】竹谷内康修(竹谷内医院カイロプラクティックセンター院長)


ランキング


>>総合人気ランキング