【早見表】あなたの腎臓ろ過能力、何%残っている? ― 初期症状は尿の泡立ち、色に出る

【早見表】あなたの腎臓ろ過能力、何%残っている? ― 初期症状は尿の泡立ち、色に出る

腎臓は非常に「我慢強い臓器」で、慢性腎臓病になっても、ある程度進むまではほとんど自覚症状がありません。症状に気付いたら、早急に受診することが大切です。しかし、自覚症状が現れる前に、慢性腎臓病を見つけるほうがいいのはいうまでもありません。【解説】川嶋 朗(東京女子医科大学附属青山自然医療研究所クリニック所長)


覚症状が現れる前に 見つけるための検査項目

 腎臓は非常に「我慢強い臓器」で、慢性腎臓病になっても、ある程度進むまではほとんど自覚症状がありません。
 比較的早く表れる自覚症状としては、
「尿が泡立ちやすく、その泡がなかなか消えない」「尿の色が茶色っぽい、または赤っぽい」「頻尿(特に夜間)」などがあり、進むにつれて、むくみ、倦怠感、血圧上昇なども起こります。
 これらの症状に気付いたら、早急に受診することが大切です。しかし、自覚症状が現れる前に、慢性腎臓病を見つけるほうがいいのはいうまでもありません。そのための主な検査法には、以下のものがあります。

尿検査でわかる重要な項目

・尿たんぱく

 尿に含まれるたんぱく質の総量で、「-」「+-」「1+」「2+」「3+」「4+」で示します。健康な人でもある程度検出されることがありますが、原則的には、多いほど腎臓の大きなダメ―ジを示します。
 +の結果が出たら、必ず詳しい検査を受けましょう。その結果が異常なしでも、一度でも+になった人は、潜在的に腎機能が低下しやすい体質だと思われますので、年に一度は検査を受けることをお勧めします。
 また、たんぱく尿に加えて、血尿も出ている場合は、腎機能が急激に低下する病気の危険性もあるので、やはり早急に受診することが必要です。

・尿アルブミン値

 アルブミンは、血中に最も多いたんぱく質で、通常は尿にごく微量しか出ませんが、腎臓が障害されると出始めます。それが微量に出た段階でチェックできるのが、「微量アルブミン尿検査」です。
 尿たんぱくや、後述する血清クレアチニンより早く、腎機能の低下がチェックできます。特に、糖尿病で糖尿病性腎症が疑われる場合、早期に行うべき検査法です。

→初期腎症の進行がわかる微量アルブミン尿検査とは

血液検査でわかる重要な項目

・クレアチニン値

 クレアチニンは、筋肉が壊れて生じる老廃物で、本来、血液によ
って腎臓に運ばれ、こし採られて尿中に排出されます。しかし、腎臓のろ過機能が低下すると血中に増えてきます。血液1㎗中に、それが何㎎あるかを示すのがクレアチニン値です。この値は、腎臓のろ過能力を示し、高いほどその力が落ちていることを意味します。
 しかし、健康な状態を100%として、何%落ちているか、逆に言うと何%残っているかは、性別
・年代によっても違うため、単に正常値との比較だけではわかりません。

・腎機能=eGFR (推算糸球体ろ過量)

 そこで、性別・年代別に、クレアチニン値によって、残存している腎臓のろ過能力がわかる早見表が作られています。それが下の表です。
 クレアチニン値は、職場や地域の健康診断で調べる場合が多いのですが、検査項目にない場合は、どこの医療機関でも簡単に調べられますので、定期的に調べてもらうといいでしょう。
 クレアチニン値がわかったら、上の表の中で、ご自分の性別・年代と、その数値に該当するところを見てください。それが、あなたの腎機能(ろ過能力)です。この値をeGFR(推算糸球体ろ過量)といい、単位は㎖/分/1・73㎡です(以下単位略)。
 図示したステージのうち、遅くともステージ2(eGFR60未満)になったら、医療機関を受診し、たんぱく質制限などの食事療法を始める必要があります。
 ステージ3以降は、腎臓専門医による治療が必要となり、ステージ4以降では透析療法の検討や準備が必要になります。

 とはいえ、種々の条件にもよりますが、この段階でもしっかりと危機感を持って食事・生活改善に取り組み、適切な治療を受ければ、腎機能を温存しながら透析療法を回避し、長く過ごせる場合も多いのです。
 ぜひ、今のご自分の腎機能を正確に把握し、早めに適切な対策をとってほしいと思います。

腎機能がひと目でわかる早見表(女性用)

腎機能がひと目でわかる早見表(男性用)

これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに掲載しています。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

これらの記事にある情報は、効能や効果を保証するものではありません。専門家による監修のもと、安全性には十分に配慮していますが、万が一体調に合わないと感じた場合は、すぐに中止してください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【医師解説】糖質制限ダイエット 外食時に食べてもいいものはコレ!お勧めとNGメニュー

【医師解説】糖質制限ダイエット 外食時に食べてもいいものはコレ!お勧めとNGメニュー

外食でも、工夫しだいで糖質の制限は可能です。外食時のお勧めメニューは、ステーキ、焼き魚、刺し身、しゃぶしゃぶ、焼き肉、ハンバーグなど。コンビニで食品を選ぶさいには、栄養成分表示を確認しましょう。【解説】牧田善二(エージーイー牧田クリニック院長)


【医師解説】首の後ろを温めると、糖尿病、高血圧、顎関節症の改善に効果あり

【医師解説】首の後ろを温めると、糖尿病、高血圧、顎関節症の改善に効果あり

高血圧や糖尿病などの生活習慣病をはじめ、体に起こるさまざまな不調の原因は、脳幹と呼ばれる部位の機能低下にあると私は考えています。【解説】沼田光生(海風診療所院長)


医師が実践【食前キャベツ】血糖値が下がって正常化!33kgやせてウエストが36‌cm縮小

医師が実践【食前キャベツ】血糖値が下がって正常化!33kgやせてウエストが36‌cm縮小

私の専門は循環器内科で、主に心臓病の患者さんを診察しています。そうした患者さんの中には血糖値が上がり、動脈硬化の遠因となる糖尿病を併発しているかたも少なくないので、日ごろから糖尿病の治療も行っています。【解説】簗瀬正伸(国立循環器病研究センター移植部医師)


【首の後ろ】を押すと、さまざまな病気や症状が改善する不思議

【首の後ろ】を押すと、さまざまな病気や症状が改善する不思議

「ピンポイント療法」には、第1頸椎と第2頸椎の二つのポイントを押す方法があります。ここでは、それぞれの押すポイントの見つけ方と、ピンポイント療法のやり方を説明しましょう。【解説】松久 正(鎌倉ドクタードルフィン診療所院長)


【慢性腎臓病】透析患者にならないために心掛けたい、たった5つのポイント

【慢性腎臓病】透析患者にならないために心掛けたい、たった5つのポイント

「血糖値や血圧、肝機能値などは気にするけれど、腎臓のことはあまり気にしたことがない」人は多いのではないでしょうか。実は、腎臓病、なかでも腎臓の機能が落ちて十分に役割が果たせなくなる腎不全の患者さんは、近年、世界中で増加。日本も例外ではありません。【解説】川嶋 朗(東京女子医科大学附属青山自然医療研究所クリニック所長)


最新の投稿


【精神治療の現場より】ウォーキングは心の健康に効果有り ― うつ・不安障害・統合失調症の改善例

【精神治療の現場より】ウォーキングは心の健康に効果有り ― うつ・不安障害・統合失調症の改善例

ウォーキングには、特別な器具や場所が必要ありません。患者さんにも安心して勧められます。いつからでも簡単に始められますし、家にこもりがちな人には屋外に出るよい機会になります。【解説】大西 守(精神科医)


【足の爪の切り方】正しく切れば、冷えやむくみが解消 巻き爪も改善する

【足の爪の切り方】正しく切れば、冷えやむくみが解消 巻き爪も改善する

足の爪を切るとき、ほとんどの人は「短くすればいい」「形よく整えればいい」と考え、自己流で爪切りをしていると思います。しかし、爪切りは正しく行うと、巻き爪や角質など指先のトラブルが緩和されるだけでなく、全身の血の巡りが劇的に改善し、全身の健康にさまざまな効果をもたらします。【解説】室谷良子(日本フットケア協会師範)


【医師解説】野菜スープは強力な「解毒スープ」 放射能の健康被害も防ぐことができる

【医師解説】野菜スープは強力な「解毒スープ」 放射能の健康被害も防ぐことができる

私たちが日々食べる食品に、残留農薬、食品添加物、合成保存料、化学物質などが入っていないかどうかはとても気になるところです。理由は、それらが発がん物質になるからです。【解説】髙橋 弘(麻布医院院長・医学博士 ハーバード大学医学部元准教授)


【野菜スープ】食事制限なし!メタボや糖尿病をストレスなく解消できると医師が解説

【野菜スープ】食事制限なし!メタボや糖尿病をストレスなく解消できると医師が解説

私は、患者さんには厳しく制限をするよりも、ファイトケミカルたっぷりの野菜スープ(ファイトケミカルスープ)を生活の中に取り入れることによって、自然な形で食事の改善ができるように指導しています。【解説】髙橋 弘(麻布医院院長・医学博士 ハーバード大学医学部元准教授)


指圧名人が極意を伝授!脊柱管狭窄症の症状を改善する「腰のツボ」刺激

指圧名人が極意を伝授!脊柱管狭窄症の症状を改善する「腰のツボ」刺激

私の治療院にも、脊柱管狭窄症で悩んでいるかたがたくさんいらっしゃいます。そうした皆さんに試して、効果を上げているツボがあります。ここでは、その特効ツボを紹介します。【解説】佐藤一美(日本経絡指圧会会長)


ランキング


>>総合人気ランキング