【変形性股関節症】実はコリが原因 "お尻の横が痛い""内ももが痛む"はマッサージで改善

【変形性股関節症】実はコリが原因 "お尻の横が痛い""内ももが痛む"はマッサージで改善

股関節痛の正体は、お尻の筋肉のこりや太腿の筋肉のこりが原因のことが多いのです。股関節が痛いと感じるので、いかにも股関節そのものが痛むように感じてしまいますが、お尻や太ももの筋肉を「股関節ほぐし」でもみほぐせば、痛みは改善することが多いのです。【解説】松本正彦(松本深圧院グループ代表・理学療法士) 


筋肉が硬くなると関節の変形が進む

「筋・筋膜症候群」という病気をご存じですか。
 これはケガや疲労などが原因で筋肉が硬くなって縮み、痛む、筋肉の病気です。硬く縮んだ筋肉内にたまったセロトニンなどが発痛物質となり、痛みを引き起こします。

 日本では、筋肉の病気は、まだほとんど知られていません。ところが、この病気と股関節痛には深い関係があります。
 股関節痛は、変形した骨がこすれて生じる、多くの人がそう思うようです。ところが、股関節の変形と痛みの程度には、関連はほとんどありません。股関節が変形していてもあまり痛みを感じない人もいれば、変形がそれほど進んでいないのに、激痛に悩む人もいるのです。

 30年以上にわたって、理学療法士として、変形性股関節症に携わってきた私の経験から、股関節痛の原因のほとんどは、股関節を取り巻く筋肉の異常にあると考えます。
 この筋肉の異常が筋・筋膜症候群です。

 1985年にアメリカ・マイアミ医科大学が行った調査で、関節などに痛みを感じて、疼痛センターを受診した患者284名のうち、85%の患者の痛みの原因が、筋・筋膜症候群だったことが明らかになりました。

 変形性股関節症と筋・筋膜症候群との関係は、次のように考えられます。
 股関節は、大腿骨の頂点部分(大腿骨頭)が、骨盤下方の丸いくぼみ(寛骨臼)にはまり込む構造になっています。変形性股関節症では、生まれつき、寛骨臼などの骨の形が正常でない場合がほとんど。

 そのために周囲の筋肉が長期間にわたる疲労やケガなどの影響を受け、筋・筋膜症候群を発症しやすくなっているのです。
 また、筋・筋膜症候群によって硬く縮んだ筋肉は、関節の軟骨を圧迫します。押しつぶされた軟骨には栄養が十分に行き渡らず、徐々にやせていくのです。軟骨は体重をかけることによってすり減るのではないのです! 
 さらに、筋肉が硬くなって機能が落ちると、歩行などの衝撃が関節に直接伝わります。

 これらが、股関節の変形をさらに進めると考えられます。

ももやお尻の筋肉をほぐせば痛みが改善

 筋・筋膜症候群は、股関節痛のほか、肩こり、腰痛、ひざ痛なども引き起こすと考えられます。例えば、肩こりがひどくなると痛みを伴う場合がありますが、これも筋・筋膜症候群の可能性が高いといえるでしょう。

 股関節痛の正体は「ももこり」や「尻こり」ですが、いかにも股関節そのものが痛むように感じてしまいます。肩こりがあると肩の筋肉をほぐすのと一緒で、ももこりや尻こりも、ももやお尻の筋肉をほぐせばよいのです。硬く縮んだ筋肉をもみほぐせば、筋・筋膜症候群が改善し、痛みは和らぎます。

 そこで、私が勧めている、効果的、かつ安心して行えるストレッチ法である「股関節ほぐし」を自分で行って、股関節周辺の筋肉を十分にもみほぐしてみてください(詳しいやり方は下記参照)。

 股関節ほぐしで痛みが消えたら、痛くてかばっていたほうの足に体重をかけ、脳と筋肉に正常な筋肉の使い方を思い出させます。かばっていたほうの足に体重をかけることこそが、今、皆さんに必要な筋力トレーニングなのです!

 拙著『股関節痛は怖くない!』(ワニブックス)でも症例を紹介していますが、股関節ほぐしを行った結果、悩んでいた股関節痛が消失したり、軽減したりした患者さんは数多くいます。

 人工股関節の人も、術後2〜3ヵ月経過していれば行って構いません。皆さんも、ぜひ始めてみてください。

股関節ほぐしのやり方

 股関節ほぐしは、股関節痛の原因となる筋・筋膜症候群の改善に役立つストレッチ法です。もむときは、痛みを感じる程度の力で行いましょう。内ももは必ずほぐし、残りの4ヵ所も痛みがあればほぐしてください。もむ時間は1ヵ所につき1分程度を目安に、慣れてきたら5分程度ほぐしても構いません。手の代わりに、すりこぎや麺棒などの道具も使えます。

(1)内もも

(2)腰骨の下

(3)お尻(横)

(4)お尻(下)

(5)太もも

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


痛くて歩けない【変形性股関節症】が改善 "かかと体重ウォーキング" の効果

痛くて歩けない【変形性股関節症】が改善 "かかと体重ウォーキング" の効果

足が痛み、整形外科を受診したところ、先天性の「臼蓋形成不全」による変形性股関節症と診断されました。臼蓋形成不全とは、大腿骨の骨頭が、骨盤側のくぼみに、うまくはまっていない状態だそうです。そんな時、教えていただいたのが、かかとに体重をかけることを重視した歩き方でした。【体験談】塩原まゆみ(仮名・東京都・46歳会社員)


かかと体重?つま先体重?腰痛、股関節痛に効く「歩き方」の基本とは

かかと体重?つま先体重?腰痛、股関節痛に効く「歩き方」の基本とは

「痛みがある人は、物理的・骨格的に誤った体の使い方や立ち方、歩き方をしている。そのため体にゆがみが発生し、血管やリンパ管が圧迫される。結果、その人の最も弱い部位に痛みを発症する」と考えています。私が開発した「正しい歩き方」を紹介します。【解説】岡本啓司(一般社団法人プライマリーウォーキング指導者協会会長・鍼灸師)


【猫背を寝ながら治す】腰痛改善、肩こり解消ストレッチで痛みの原因を取り除く

【猫背を寝ながら治す】腰痛改善、肩こり解消ストレッチで痛みの原因を取り除く

腰痛、ひざ痛、肩こり……これらは、日本人の多くが抱える症状です。その最も大きな原因として考えられるのは、ズバリ「姿勢の悪さ」ではないでしょうか。こうした痛みやこりを引き起こす姿勢の悪さとは、両肩が内側に入り込み、上半身が前方に倒れる、いわゆる「ネコ背」の姿勢なのです。【解説】関口賢治(鍼灸整骨院やわら院長)


【やり方】ジグリング(貧乏ゆすり)の効果的なやり方 変形性股関節症が改善した人多数

【やり方】ジグリング(貧乏ゆすり)の効果的なやり方 変形性股関節症が改善した人多数

変形性股関節症とは、足の付け根にある大きな関節である「股関節」の関節軟骨がすり減り、痛みを起こす病気です。当院で、「貧乏ゆすり」を積極的に患者さんに実践してもらったところ、すり減った軟骨が再生した症例が続々と現れたのです。【解説】井上明生(柳川リハビリテーション病院名誉院長)


【足首が痛い】「股関節痛」との関係 痛みの改善には「テコ回し」がお勧め

【足首が痛い】「股関節痛」との関係 痛みの改善には「テコ回し」がお勧め

突然ですが、あなたの足首は軟らかいですか? まずチェックしてみましょう。実は、足首の柔軟性やゆがみは、「股関節痛」にも、大いに関係しているのです。【解説】岩間良充(鍼灸整骨院ホスピスト院長)


最新の投稿


【やり方】遠くの大切な人の体と心を癒す宗茂流「遠隔気功」

【やり方】遠くの大切な人の体と心を癒す宗茂流「遠隔気功」

他人の体を動かせるほどの強い気を身につけるにはかなりの鍛錬が必要ですが、この手のひらの気を自分や家族の健康に役立てることはできるかもしれません。手のひらから相手の体に気が入り、全身を巡っていくことをイメージしながら気を送ってみましょう。【解説】宗茂(宗茂気功健康塾塾長・元オリンピック男子マラソン代表)


【便秘を改善】腸内環境を整える「足の裏もみ」 揉んでる最中から便意を感じた!

【便秘を改善】腸内環境を整える「足の裏もみ」 揉んでる最中から便意を感じた!

皆さんのなかには、食事や運動に気を配ってもお通じがよくならない、という人も多いのではないでしょうか。これは、腸から脳への指令がうまく伝わっていないことが考えられます。【解説】劉勇(コリトレール治療院総院長・鍼灸師・医学博士)


【うつ改善・安眠効果】不安や恐怖、心の悩みが軽くなる「足裏タワシ」

【うつ改善・安眠効果】不安や恐怖、心の悩みが軽くなる「足裏タワシ」

実際にクリニックを開設し、日々、患者さんに接していると、「体が健康でないと、心も健康にならない」ことがわかります。例えば、「ストレスを感じると動悸がする」という患者さんは、「動悸がすると不安が強くなり、それがまた動悸につながる」といいます。【解説】木村昌幹(アイさくらクリニック院長)


【写真付き】自分に自信が持てる「アドラー式お片づけ」Before&After

【写真付き】自分に自信が持てる「アドラー式お片づけ」Before&After

衝撃の前後写真満載!生きる力と勇気がわく「アドラー式お片づけ」をご紹介します。アドラー心理学にある「目的論」の考え方。なりたい自分に向かって行動するからこそ、あなたの考え方が変わり、部屋が変わり、次第に人生が変わっていくのです。【解説】丸山郁美(勇気づけホームオーガナイザー)


【書き方】片付けスイッチをオンにする「アドラー式お片づけ練習帳」とは?

【書き方】片付けスイッチをオンにする「アドラー式お片づけ練習帳」とは?

家庭では「きれい」よりも「居場所があること」がたいせつ。完璧を目指すよりも、このサイクルを軽やかに回すことで、快適な自分たちならではの家が作られていくのです。【解説】丸山郁美(勇気づけホームオーガナイザー)