【緑内障・白内障の前兆】老眼が軽くなったら…目の前の"おかず" に気づかなかったら…

【緑内障・白内障の前兆】老眼が軽くなったら…目の前の"おかず" に気づかなかったら…

白内障や緑内障といった目の病気には、特徴的な前兆や症状があります。目の変調を見逃さず、早期に眼科を受診することが、視力を守ることにつながります。以下の項目に該当するものがないかどうか、皆さんもいっしょにチェックしてみてください。【解説】宮永嘉隆(東京女子医科大学名誉教授 西葛西・井上眼科名誉院長)


老眼が軽くなったら白内障を疑え!

 白内障や緑内障といった目の病気には、特徴的な前兆や症状があります。目の変調を見逃さず、早期に眼科を受診することが、視力を守ることにつながります。

以下の項目に該当するものがないかどうか、皆さんもいっしょにチェックしてみてください。

 白内障とは、カメラでいえばレンズに該当する、水晶体という部分が濁る病気です。多くの場合、加齢に伴って発症し、代表的な症状としては、極端なまぶしさ、かすみ目が挙げられます。

 例えば、天気のいい日に外に出ると、まぶしくて周囲が見えない。あるいは、天気が悪い日や家の中のほうが、物が見えやすい。こういった人は、白内障の可能性が非常に高いといえます。

 メガネの度数を調整しても、視界がぼんやりしているような場合も、やはり白内障を疑ったほうがいいでしょう。
 また、物が二重、三重に見えるようになったので、乱視だと思っていたら、白内障が原因だったというケースも少なくありません。

 意外な前兆もあります。水晶体の中心(核)が濁るタイプの白内障の場合、一時的に近視の状態になり、近くがよく見えるようになるのです。老眼が軽くなったように感じたら、要注意です。このまま白内障が進行すると、最終的には目のかすみなどが現れ、全体が見えにくくなります。

白内障が疑われる症状

早期発見に役立つ 「目隠しチェック」

 一方、緑内障は、高くなった眼圧が視神経を圧迫するなどして、視野が欠ける、つまり見える範囲が狭くなる病気です。初期には、鼻側の視野が欠け始めるので、片側の目の視野が欠けた状態でも、反対側の目がそれを補い、多くの人は異常に気づきません。緑内障の早期発見が難しいのは、このためです。

 緑内障によって視野が欠けると、正面にある物に、頭や体をぶつけることが多くなります。ぶつかった後、「あれ、こんな物はなかったはずなのに」と思ったら、緑内障の疑いがあります。

 また、食事中に、目の前にあるおかずに手をつけていない人がいたら、これも要注意です。好き嫌いや満腹で手をつけなかったのではなく、その部分が見えていない可能性があるからです。

 緑内障による視野の欠けは、視野の内側(鼻側)から上、下、そして外側へと進行していく場合がほとんどなので、こういった前兆を見逃さないようにすることが、とても大切です。


緑内障が疑われる症状

 緑内障の早期発見のために、自分でできる簡単なチェック方法もあります。それは、正面を向いて片方の目を手で隠し、眼球を動かさずに、どのぐらいの範囲が見えるか、どのように見えているのか、ふだんから覚えておく「目隠しチェック」です。

 左右の目で見え方が違う、いつもより狭く感じるなど、違和感があったらすぐ眼科を受診しましょう。

 なお、このチェック法は、加齢黄斑変性症の早期発見にもつながります。黄斑変性症とは、物がゆがんで見えたり、視界の中心部がぼやけて見えたりする病気です。チェックの際に、障子の桟など、大きさが一定の格子状のものを眺めるようにすると、ゆがみなど見え方の異常に気づきやすくなります。

自分の「持ち眼圧」を 知っておく

 緑内障を早期発見するために、四十歳を過ぎたかたに私がお勧めしているのが、眼科で眼圧を測る習慣をつけることです。

 緑内障の中には、「正常眼圧緑内障」というものがあります。これは、単に眼圧が正常な緑内障、という意味ではありません。眼圧がたとえ正常値(10〜21ミリ)以内でも、その人にとっては視神経に負担がかかる、高い数値であることを意味しているのです。

 これとは反対に、一見、高い眼圧でも、視神経に全く影響がない場合もあります。

 つまり、眼圧や、視神経の眼圧の影響の受けやすさは、人によって大きく異なるものなのです。だからこそ、ふだんの自分の眼圧、いわば「持ち眼圧」を把握することが大切です。

 ふだんから自分の「見え方」を意識すること、少しでも変化や違和感があったらすぐ眼科を受診すること、自分の「持ち眼圧」を知ること。まずはこの3点を心がけて、目の健康を維持していきましょう。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【腸から超健康になる】酢人参「えごま油」レシピ

【腸から超健康になる】酢人参「えごま油」レシピ

ニンジンを酢漬けにした「酢ニンジン」は、酢とニンジンの栄養がダブルでとれるうえ、さまざまな料理に使いやすい便利食材です。ここでは、家庭でよく使われる、エゴマ油を使った酢ニンジンレシピをご紹介します。【料理・栄養計算】足立香代子(臨床栄養実践協会理事長・管理栄養士)


【飛蚊症・ドライアイが改善】「おでこ伸ばし」のやり方とは 私は老眼が回復!

【飛蚊症・ドライアイが改善】「おでこ伸ばし」のやり方とは 私は老眼が回復!

心と体の不調を改善する特効ポイントは「おでこ」であると発見しました。おでこは、脳に近いとても重要な場所です。「おでこ伸ばし」で様々な症状が改善します。近視や眼精疲労、かすみ目、ドライアイ、飛蚊症といった幅広い目の症状に対して有効です。【解説】中川忠男(萬生健康治療院院長)


【老眼・近視】原因は「顎」のズレ?顎を正位置に戻す「アウアウ体操」で視力が回復した!

【老眼・近視】原因は「顎」のズレ?顎を正位置に戻す「アウアウ体操」で視力が回復した!

私は、あごのズレている患者さんに、あごを正しい位置に戻す治療(丸山咬合医療・MFA治療)を行っています。体のバランスが整い、腰やひざの痛みがよくなり転倒しにくくなります。ここでは自宅でできる「アウアウ体操」を紹介します。【解説者】丸山剛郎(大阪大学名誉教授・日本咬合臨床研究所所長・特定非営利活動法人日本咬合学会理事長)


【スマホ老眼・近視が改善】子どもの「仮性近視」にも効果!100円ショップの○○を使った視力回復法とは

【スマホ老眼・近視が改善】子どもの「仮性近視」にも効果!100円ショップの○○を使った視力回復法とは

老眼や近視の患者さんに私がお勧めしているセルフケア「100円メガネ」視力回復法をご紹介します。100円メガネとは、100円ショップで売っている老眼鏡です。お子さんが行っても効果的で、「仮性近視」には特に効果を発揮するので、ぜひ役立ててください。【解説】平松類(彩の国東大宮メディカルセンター眼科部長)


【網膜血管閉塞症】を改善する「酢納豆」のパワー!高血圧にもお勧め

【網膜血管閉塞症】を改善する「酢納豆」のパワー!高血圧にもお勧め

眼科医である私は、患者さんに納豆を広く勧めてきました。なかでも積極的に勧めているのは、「網膜血管閉塞症」という症状に対してです。納豆に酢を加えた「酢納豆」を特にお勧めします。酢には、血液をサラサラにして血行を促進させる効果があるので、血栓の予防・改善にはまさに最適。【解説者】玉井嗣彦(日野病院名誉病院長)


最新の投稿


【セラピーキャットとは】認知症や精神疾患の患者さんに変化!「猫」は五感を刺激し心を癒す存在

【セラピーキャットとは】認知症や精神疾患の患者さんに変化!「猫」は五感を刺激し心を癒す存在

私たちにとって、猫は五感を心地よく刺激する存在です。見れば愛らしく、触ってなでれば快く、鳴けば美しい旋律となって、えもいわれぬ刺激となります。それは、病気のあるなしに関係なく、すばらしい経験だといえるでしょう。【解説】小田切敬子(NPO法人アニマルセラピー協会理事長・生物科学博士)


首こり・肩凝り 症状別【チェックリスト】あなたの頚椎症は軽症?重症?

首こり・肩凝り 症状別【チェックリスト】あなたの頚椎症は軽症?重症?

頸椎症スペクトラムの全体像がわかったところで、あなたの首がいま、どんな状態にあるかチェックしてみましょう。チャートの「スタート」から始め、イエスかノーか答えながら進んでください。ゴールは1~5のどれになりましたか。それが、あなたの現在の首の状態の目安です。【解説】竹谷内康修(竹谷内医院カイロプラクティックセンター院長)


【美白・美肌を作る】アンチエイジングには「はと麦酒」がお勧め!その効果は化粧品同等 ダイエット効果も

【美白・美肌を作る】アンチエイジングには「はと麦酒」がお勧め!その効果は化粧品同等 ダイエット効果も

ハトムギは、昔から「肌にいい」といわれ、ヨクイニンという生薬として使われています。そこで、私たちはまず、ハトムギの肌への効果に着目しました。その結果、ハトムギには紫外線ダメージによる肌の乾燥や、シミを防ぐ働きのあることが明らかになったのです。【解説】清水邦義(九州大学農学部研究院森林圏環境資源科学研究分野准教授)


【血管強化食材】動脈硬化を撃退する絶品「ローストピーナッツ」レシピ

【血管強化食材】動脈硬化を撃退する絶品「ローストピーナッツ」レシピ

ピーナッツといえば、「太る」「ニキビができる」など、健康とは縁遠い食材だと思われがち。しかし、最近、その豊富な栄養素が、巷で大きな話題を集めています。便秘が解消して、やせやすくなる、血管も肌も若返ると、まさにピーナッツは優良健康食材なのです。【料理・栄養計算・スタイリング】五十嵐ゆかり(料理研究家・管理栄養士)


血糖値が正常値に下がった!「玉ねぎのオイル漬け」は親子三代に伝わる健康常備食!

血糖値が正常値に下がった!「玉ねぎのオイル漬け」は親子三代に伝わる健康常備食!

タマネギのオイル漬けを口にしているおかげか、我が家は皆、いつも元気に過ごせています。今年はインフルエンザが猛威を振るっていましたが、長男はカゼひとつ引かず、無事に受験を乗り切ることができました。【解説】奥津純子(フードデザイナー・「タラゴンの挿し木」主宰)


ランキング


>>総合人気ランキング