【医師解説】手術する前に!足の血管のボコボコ「下肢静脈瘤」は自分で治せる

【医師解説】手術する前に!足の血管のボコボコ「下肢静脈瘤」は自分で治せる

足の血管が浮き出て、こぶ状にふくらみ、痛みや重だるさ、潰瘍などを伴う「下肢静脈瘤」。とくに女性にとっては、見た目的にも気になるものです。一般的には「手術で治す病気」とされていますが、重度のものでない限り、自分で改善することができます。【解説】広川雅之(お茶の水血管外科クリニック院長)


広川雅之(ひろかわ・まさゆき)
1962年、神奈川県生まれ。87年、高知医科大学卒業。同年、同大第二外科入局。93年、ジョーンズホプキンス大学医学部。2003年、東京医科歯科大学血管外科助手。05年、東京医科歯科大学血管外科講師。同年、お茶の水血管外科クリニック院長。内視鏡的筋膜下穿通枝切離術(99年)、日帰りストリッピング手術(00年)、血管内レーザー治療(02年)など、下肢静脈瘤の新しい治療法の研究・開発を行っている。医学博士、外科専門医、脈管専門医、日本静脈学会理事、日本脈管学会評議員、日本血管外科学会評議員、関東甲信越Venous Forum会長

下肢静脈瘤とは何か(手術は必要?)

 下肢静脈瘤は、15歳以上の日本人の約43%に発症する頻度の高い病気です。それにもかかわらず、この病気には「血栓が脳や心臓に飛んで死ぬ」「足を切断しなければならない」といった誤った情報が広まっており、その点につけ込んで高額な手術をすすめる美容外科系のクリニックも跡を絶ちません。

 しかし、安心してください。下肢静脈瘤は決して怖い病気ではありません。下肢静脈瘤は良性の病気で、どんなに悪化しても治療すれば治ります。いくら足のコブが大きくなっても、静脈瘤が破裂することはありません。もちろん、血栓の心配はなく、全身への影響もありません。あわてて病院にかけ込む必要はまったくないのです。

下肢静脈瘤の原因は、足の血液が心臓に戻りにくくなること

 それでは、下肢静脈瘤はなぜ起こるのでもしょうか。それには、私たちの体をめぐる動脈と静脈がかかわってきます。

 動脈は、心臓から直接出て、心臓から押し出された血液が通る血管です。ゴムホースのように弾力があり、心臓の鼓動に合わせて脈がふれます。
 静脈は、動脈とは反対に、心臓へ流れ込む血液が通る血管です。静脈の壁は薄く、動脈のような弾力はなくて、脈はふれません。動脈よりも皮膚の浅い部分を通り、手や足の甲の皮膚の表面から青く見え、太いものは浮き出ています。静脈の役割は、動脈で運ばれて体の隅々で使われ、体内で不要になった老廃物や二酸化炭素を含んだ血液を心臓に戻すことにあります。

 川にたとえれば、上流が動脈で、下流が静脈です。上流の動脈は勢いよく流れてきますが、下流の静脈は流れもゆっくりです。流れの遅い静脈血が体の隅々から心臓に戻るとき、足の静脈血は心臓よりはるか下にあるため、重力に逆らって戻らなければなりません。それをスムーズにするのが、血液を心臓に戻す「静脈環流」という働きです。
静脈還流には、次のような三つのシステムが備わっています。


❶筋ポンプ作用
 歩いたり、しゃがんだりして足を動かすと、ふくらはぎの腓腹筋と、その下にあるヒラメ筋が収縮と弛緩をくり返し、足の静脈を圧迫して、足の血液を心臓のほうに押し上げます。この働きを筋ポンプ作用といいます。

❷逆流防止弁の働き
 静脈環流が筋ポンプ作用だけだと、重力に逆らって流れる足の静脈では、血液が逆流してしまいます。そのため静脈には、血液を逆流させないよう、逆流防止弁がついています。逆流防止弁は血管の内側にハの字型についている薄い膜で、血液が心臓に向かって流れるときだけ開き、通過するとピタッと閉じて、流れた血液が逆戻りしないような仕組みになっています。逆流防止弁は主に足の静脈にあり、この弁がなんらかの原因でこわれると、血液が逆流して下肢静脈瘤が起こります。

❸呼吸
 動脈血は心臓の拍動によって勢いよく流れ出ますが、静脈を流れる血液にその力はあまり及びません。それに代わる働きをになうのが呼吸です。息を吸うことによって胸郭が拡大され、胸部の内圧が下がることを利用して、静脈血が心臓に戻る働きを助けます。

 この三つのシステムのどれか一つがうまく機能しなくなっても、静脈環流に障害が起こり、足の血液が心臓に戻りにくくなって、足がむくんだり、だるくなったりします。この状態が長く続くと、下肢静脈瘤が起こったり、もともと下肢静脈瘤がある患者さんは悪化したりします。

下肢静脈瘤
広川雅之著『下肢静脈瘤は自分で治せる』 (足の血管のコブを退治する体操と生活)

下肢静脈瘤を改善する有効な体操は「ゴキブリ体操」

 下肢静脈瘤は、静脈の逆流防止弁がこわれ、血液が逆流して心臓に戻りにくくなり、足に血液がたまることで起こります。

 元のように血液が心臓にスムーズに戻るようにするためには、こわれた弁を直して逆流を止めるのがいちばんよいのですが、残念ながら一度こわれた弁は直せません。そこで、弁を直す代わりに、体操やマッサージで、たまった足の血液を心臓に戻して足の静脈の負担を軽くしたり、筋ポンプ作用を増強して血流をスムーズにさせたりすると、静脈瘤が改善します。

「足の血液を心臓に戻す」というと、すぐに思いつくのは「逆立ち」ではないでしょうか。逆立ちをすれば、重力で血液は足から心臓に自然に流れ込むので、とても効果的です。しかし、一般の人が逆立ちをするのはむずかしく、転倒の危険もあります。

そこで私がおすすめしたいのが、逆立ちと同じような効果があり、安全にできる「ゴキブリ体操」です。
ゴキブリ体操は、両手足を小きざみに動かすことで、その刺激が毛細血管の負担をへらし、より心臓への血液の戻りをよくします。数ある下肢静脈瘤に有効な体操のなかでも最も効果の高い体操です。

【ゴキブリ体操のやり方】

❶あおむけになって足は肩幅に開き、両手は体の横に置く


❷両手、両足を天井に向けて上げる。手足は床に対してできるだけ垂直になるようにする

❸手と足の力を抜いてリラックスした状態で、手足をブルブルと小きざみに30~60秒ゆすることを3回くり返す。両手両足を上げる姿勢がつらい場合は、足だけを上げるか、壁やイスを利用する

 生活スタイルに合わせて、昼に1度、午後から夕方にかけて1度、夜に1度の計3度程度行ってください。

→【関連記事】下肢静脈瘤に効果あり「弾性ストッキング」の記事はコチラ

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【下肢静脈瘤】足の血管がボコッと浮き出る病気 重症になるとどうなる? 改善法は?

【下肢静脈瘤】足の血管がボコッと浮き出る病気 重症になるとどうなる? 改善法は?

下肢静脈瘤とは、足の静脈が浮き出て、ふくらはぎ、ひざ裏、すねなどにこぶ状のものがボコボコとできる、足の血管の病気です。下肢静脈瘤を専門に治療する私のクリニックでは、セルフケアとしてゴキブリ体操を勧めることがあります。【解説】広川雅之(お茶の水血管外科クリニック院長・東京医科歯科大学血管外科講師)


【医師解説】夜間頻尿を改善し「隠れ心不全」まで防ぐゴキブリ体操

【医師解説】夜間頻尿を改善し「隠れ心不全」まで防ぐゴキブリ体操

高齢者の夜間頻尿ですが、実はその原因の多くが、日中の「水の飲み過ぎ」によるものなのです。年を取ると、唾液の分泌が減ってのどが渇きやすくなり、脱水症状を恐れて必要以上に水を飲む高齢者が増えて、それが夜間の頻繁な排尿につながっている、というわけです。【解説】菅谷公男(北上中央病院副院長・日本排尿機能学会理事)


最新の投稿


【医師】私はコレで糖尿病を克服した! ― 46kgの減量に成功した辛くない食事法

【医師】私はコレで糖尿病を克服した! ― 46kgの減量に成功した辛くない食事法

私は幼少時から、おいしいものが大好きで、物心がついたころから太っていました。大人になってお酒を覚え、ますます肥満に拍車がかかって、ピーク時には、身長が181㎝で体重が146㎏もあったのです。当然ながら糖尿病になり、血糖値を下げるインスリン注射をしないといけない毎日でした。【解説】内場 廉(長野市国保大岡診療所所長)


【奥で響くサイレン音】耳もみで耳鳴りとふらつきを解消

【奥で響くサイレン音】耳もみで耳鳴りとふらつきを解消

朝早く布団から起き上がったその瞬間、頭がふらついて倒れそうになりました。めまいとも立ちくらみとも違う、初めての経験で、「これはおかしい」と思いました。【体験談】福島県◎86歳◎主婦 佐藤トヨ子


ストレスを取り耳鳴り、めまい、難聴の症状に効果「耳の3点もみ」公開

ストレスを取り耳鳴り、めまい、難聴の症状に効果「耳の3点もみ」公開

首や肩のコリは、耳の後ろと鎖骨を結ぶ、胸鎖乳突筋がこることで血流が悪化し、発症しやすくなります。胸鎖乳突筋がこると、耳がついている側頭骨周辺の筋肉もかたくなります。その結果、側頭骨と後頭骨の間を通る神経や血液の流れが悪化し、耳鳴りやめまいが起こりやすくなるのです。【解説】村山哲郎(戸塚鍼灸院院長)


【キーン、ジージー】幼少期からの耳鳴りが「耳たぶさすり」で改善

【キーン、ジージー】幼少期からの耳鳴りが「耳たぶさすり」で改善

私は幼いころから、耳鳴りの症状がありました。今思えば、そのきっかけとなったのは小学生のときに発症した中耳炎でしょう。【体験談】愛知県◎41歳◎主婦 金田やすえ(仮名)


【実験で判明】ココアは強力な温めドリンク ― 不眠やうつ症状改善にも有効

【実験で判明】ココアは強力な温めドリンク ― 不眠やうつ症状改善にも有効

ココア豆乳は、体の冷えや自律神経の乱れに悩んでいるかたにお勧めしたい飲み物です。冷えは今や女性特有の症状ではなく、子どもや男性まで、年齢や性別を問わず見られる症状になりました。東洋医学では、「冷えは万病の元」とも言われ、体の不調を知らせるシグナルだと捉えられています。【解説】南雲久美子(目黒西口クリニック院長) 


ランキング


>>総合人気ランキング