【酢玉ねぎの食べ方】アレンジが豊富な「活用レシピ」はこれ

【酢玉ねぎの食べ方】アレンジが豊富な「活用レシピ」はこれ

酢タマネギの効能を得るためには、日々続けることが重要です。でも、たまにはちょっと目先を変えたい……。そんなふうに思うかたもいるかもしれません。酢タマネギにほんの少しアレンジを加えると、食感や味が変わり、料理の幅が広がります。【料理・レシピ】若宮寿子(若宮ヘルシークッキングスタジオ主宰)


アレンジ酢タマネギ
共通のポイント

●漬けて2~3時間後から食べられるが、2日目以降のほうが味がなじんでおいしい。
●保存は冷蔵庫で10日間ほど。
●アレンジ酢タマネギを入れる容器は、あらかじめ熱湯をかけるなどして消毒しておくとよい。

刻み酢タマネギ

◆材料(作りやすい分量)
タマネギ……1個
酢(米酢、黒酢、穀物酢など)……2½カップ
ハチミツ……大さじ2~3
(大さじ2が目安。好みで増減してもよい)

◆作り方
❶ タマネギは皮をむいてみじん切りにする。
❷ 保存容器に①のタマネギと酢、ハチミツを加えて混ぜれば出来上がり。

刻み酢タマネギの長所!
★タマネギをみじん切りにすることで食べやすくなる。
★ドレッシングやスープをはじめ料理にも応用しやすい。

刻み酢タマネギと トマトのさっぱりスープ

◆材料(約2人分)
トマト……中1個  卵……1個
刻み酢タマネギ……大さじ2
A 鶏ガラスープの素……小さじ1
  水……300㎖
塩・コショウ……各少々 パセリ(みじん切り)……少々

◆作り方
❶ トマトはざく切りにする。
❷ 鍋にAを沸かし、①と刻み酢タマネギを加え、再沸騰したら卵を溶き入れる。
❸ 塩、コショウで味を調えて器に注ぎ、パセリを散らす。

アボカドと豆腐のアジアンサラダ

◆材料(約2人分)
木綿豆腐……200g  アボカド……1/2個
A 刻み酢タマネギ……大さじ2
  オリーブ油……大さじ1
  ナンプラー……小さじ1/2
パクチー……適量  クコの実(あれば)……適量

◆作り方
❶ 木綿豆腐はペーパータオルに包んで15分置き、2㎝角に切る。
❷ アボカドは種と皮を除き、約2㎝角に切る。
❸ パクチーは葉をつまみ取り、軸は2㎝に切る。
❹ ボウルにAを入れてよく混ぜる。
❺ ①と②を器に盛って④を回しかけ、③と、あれば水で戻したクコの実を散らす。

刻み酢タマネギの カレー風味ドレッシング

◆材料(約2人分)
刻み酢タマネギ……大さじ2
マヨネーズ……大さじ2
豆乳……大さじ2
カレー粉……小さじ1
塩・コショウ……各少々

◆作り方
ボウルにすべての材料を入れて混ぜ合わせる。

栄養士、FCAJ認定フードコーディネーター、米国(NSF)HACCPコーディネーター。
企業で8年間栄養指導・給食管理を行い、栄養改善にて東京都知事賞を受ける。退職後、若宮ヘルシークッキングスタジオを主宰。農水省食育レシピの栄養監修に携わるほか、あらゆる世代に向けてのヘルシーレシピを紹介している。『決定版!作りおきお手軽ダイエットレシピBEST123』など著書多数。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


皮ごと摂取で飛蚊症改善!ダイエットや関節痛にも高い効果を発揮する【ショウガ氷】

皮ごと摂取で飛蚊症改善!ダイエットや関節痛にも高い効果を発揮する【ショウガ氷】

ショウガに含まれる、ジンゲロールとショウガオール(ショウガを加熱または乾燥すると、ジンゲロールがショウガオールに変化する)という二つの薬効成分が、病気や症状を改善する優れた効能をもたらします。【解説】石原新菜(イシハラクリニック副院長)


【糖尿病、不整脈、突発性難聴に著効】“脳”を温める「脳幹マッサージ」

【糖尿病、不整脈、突発性難聴に著効】“脳”を温める「脳幹マッサージ」

美容院でシャンプー後、蒸しタオルを後ろ首に当てるサービスがあるでしょう。後ろ首の内部にあるのは「脳幹」という脳の一部です。脳幹は自律神経や免疫、ホルモン分泌など生命を維持する機能の中枢を担っています。私は体調不良の原因は脳幹の機能低下にあると考えています【解説】沼田光生(日本自律神経免疫治療研究会会員・海風診療所院長)


【医師の体験手記】薬に頼らない「低糖質食」でヘモグロビンA1cが大幅に改善

【医師の体験手記】薬に頼らない「低糖質食」でヘモグロビンA1cが大幅に改善

私は15年前、50歳で糖尿病患者の仲間入りをしました。血液検査を受けると、空腹時血糖が300㎎/㎗、ヘモグロビンA1cが7・4%と、りっぱな糖尿病になっていたのです。そこで、私が考えたのが「低糖質食」というものです。【解説】田中瑞雄(田中整形外科病院元院長 )


【医師解説】糖質制限ダイエット 外食時に食べてもいいものはコレ!お勧めとNGメニュー

【医師解説】糖質制限ダイエット 外食時に食べてもいいものはコレ!お勧めとNGメニュー

外食でも、工夫しだいで糖質の制限は可能です。外食時のお勧めメニューは、ステーキ、焼き魚、刺し身、しゃぶしゃぶ、焼き肉、ハンバーグなど。コンビニで食品を選ぶさいには、栄養成分表示を確認しましょう。【解説】牧田善二(エージーイー牧田クリニック院長)


【医師解説】首の後ろを温めると、糖尿病、高血圧、顎関節症の改善に効果あり

【医師解説】首の後ろを温めると、糖尿病、高血圧、顎関節症の改善に効果あり

高血圧や糖尿病などの生活習慣病をはじめ、体に起こるさまざまな不調の原因は、脳幹と呼ばれる部位の機能低下にあると私は考えています。【解説】沼田光生(海風診療所院長)


最新の投稿


【口をぱくぱく】夜も眠れないほどの腰痛が「口ぱくぱく法」で改善

【口をぱくぱく】夜も眠れないほどの腰痛が「口ぱくぱく法」で改善

3年前に、ヘルニアで腰痛がひどくなったときに参加した、筒井重行先生の講習会で「口ぱくぱく法」を教わりました。口をぱくぱくと開け閉めするだけで、全身を支配している迷走神経の働きがよくなり、体が本来あるべき健康な状態に戻るための動きが起こるのだそうです。【体験談】主婦・32歳 阿川 望(仮名)


【口をぱくぱく】開け閉めすると…内臓、血管、筋肉、神経が元気になるってホント?

【口をぱくぱく】開け閉めすると…内臓、血管、筋肉、神経が元気になるってホント?

口をぱくぱくと開け閉めすると、体と心の中にいる「インナードクター(内なる医師)」が呼び起こされ、腰痛、不眠、肩こり、高血圧、胃腸炎、頻尿、便秘、顎関節症、アトピー性皮膚炎、更年期障害など、さまざまな病気や不調が改善する可能性があるのです。【解説】筒井重行(風楽自然医療研究所所長)


食事制限なし運動なしで糖尿病・痛風を克服!実践した「耳もみ」のやり方とは

食事制限なし運動なしで糖尿病・痛風を克服!実践した「耳もみ」のやり方とは

私の治療室ではフランスのノジェ博士が提唱した「耳介医学」に沿って、耳針治療をしています。私が特に注目しているのは、耳の中央付近にある「星状神経節」に対応するポイントです。私は自分の糖尿病も耳への刺激治療で治しました。また、血糖値の高い患者さんに「耳もみ」を勧め効果を上げているのです【解説】塚見史博(塚見鍼灸治療室院長)


皮ごと摂取で飛蚊症改善!ダイエットや関節痛にも高い効果を発揮する【ショウガ氷】

皮ごと摂取で飛蚊症改善!ダイエットや関節痛にも高い効果を発揮する【ショウガ氷】

ショウガに含まれる、ジンゲロールとショウガオール(ショウガを加熱または乾燥すると、ジンゲロールがショウガオールに変化する)という二つの薬効成分が、病気や症状を改善する優れた効能をもたらします。【解説】石原新菜(イシハラクリニック副院長)


今日からあなたもジンジャラー!体の機能を高める【ショウガ氷】基本の作り方

今日からあなたもジンジャラー!体の機能を高める【ショウガ氷】基本の作り方

ショウガは、漢方薬の材料としても使われ、体のさまざまな機能を高めてくれることはよく知られています。ショウガを日常的に活用している人を「ジンジャラー」と呼びますが、私自身、自他ともに認めるジンジャラーです。1日に取るショウガの量は、およそ30g。さまざまな料理にショウガを使います。【解説】浜内千波(料理研究家)


ランキング


>>総合人気ランキング