【動脈硬化の原因と症状】犯人はシネディ菌!? 血管に侵入しアテロームをためる細菌

【動脈硬化の原因と症状】犯人はシネディ菌!? 血管に侵入しアテロームをためる細菌

動脈硬化とは、弾力を失い、硬く、もろくなった動脈の状態を差します。心筋梗塞や脳卒中を引き起こす原因になります。偏った食事など、さまざまな生活習慣の乱れが動脈硬化の進行に関わっていますが、近年は、細菌やウイルス感染も原因の一つではないかと見られています。【解説】赤池孝章(東北大学大学院医学系研究科・環境保健医学分野教授)


血管内に入り込んで炎症を起こす細菌

 弾力を失い、硬く、もろくなった動脈は「動脈硬化」と呼ばれ、心筋梗塞や脳卒中のような重大な病気を引き起こす原因になります。
 偏った食事など、さまざまな生活習慣の乱れが動脈硬化の進行にかかわっています。また近年、細菌やウイルスの感染も、動脈硬化を進行させる要素の1つではないかと考えられるようになりました。

 これまでにも、歯周病菌やピロリ菌など、いくつかの細菌が動脈硬化にかかわっているのではないかと指摘されてきました。しかし、どの細菌がどのようなメカニズムで動脈硬化の進行を促すかは、まだ明らかになっていません。その解明には大きな注目が集まっています。

 実は細菌には、それぞれすみつきやすい臓器があります。そこで私たちの研究チームは、動脈硬化を促す細菌は、血管に侵入して生息しやすい種類だろうと考えました。
 しかも、私たちの体に入り込んだ細菌は、通常は体を防御する免疫の働きで排除され、ほとんど目立った影響を及ぼさなくなります。
 したがって、動脈硬化にかかわるような細菌は、あまり激しい活動をする細菌ではないと考えられます。つまり、免疫に排除されずに血管内でゆっくり増殖し、長期にわたって弱い炎症を起こすようなタイプであると想定されるわけです。

 そうした性質を持つ細菌として、私たちが着目したのが、シネディ菌(ヘリコバクター・シネディ)です。
 シネディ菌は、1984年に初めて人への感染が確認された細菌です。血管に侵入しやすい菌ですが、腸の中に多く見られ、軽い発熱や下痢などを引き起こす場合があることが知られています。
 私たちは、健康な人でも、10〜20%がこの菌を保有していることを調査で確認しています。ただし、ほかに組織的な調査が行われた例は見られません。実際には、より多くの人がこの菌を保有しているのではないかとも推測されます。

写真は大動脈の横断面で、赤く染まった部分が動脈硬化の生じた部分です。シネディ菌に感染したマウスは、感染していないマウスに比べて脂肪の蓄積が多く、動脈硬化が促進されていることがわかります(提供/東北大学・赤池孝章教授)。

白血球の一種が脂肪を蓄積しやすくなる

 以前にも私たちは、動脈硬化を起こしている血管にシネディ菌が感染していることを確認していました。

 そこで今回は、シネディ菌が動脈硬化の進行にどのようにかかわっているのかを調べる実験を行いました。動脈硬化を起こしやすい実験用のマウスにシネディ菌を感染させ、血管への脂肪の蓄積を、感染していないマウスと比較したのです。

 その結果、シネディ菌に感染して8週間後のマウスの血管には、感染していないマウスの約2倍の脂肪が蓄積していることがわかりました(上の写真を参照)。つまり、シネディ菌に感染すると、血管に脂肪が蓄積する量が増え、動脈硬化の進行が促されることが確認できたのです。

 動脈硬化にはいくつかタイプがありますが、脂肪の蓄積が関係しているのは主にアテローム硬化というタイプです。この動脈硬化は、白血球の一種であるマクロファージが、血管の壁に入り込んだ酸化コレステロールを取り込み、その部分に大量にたまることで進行します。

 私たちは、培養したマクロファージを用いて実験を行い、脂肪が蓄積するしくみも調べました。この実験によって、シネディ菌に感染したマクロファージでは、コレステロールを取り込むたんぱく質が増え、反対にコレステロールを排出するたんぱく質が減ることがわかりました。

 シネディ菌に感染したマクロファージは、脂肪をため込みやすくなり、それが血管壁に蓄積することで動脈硬化が促されるというわけです。
 動脈硬化への細菌やウイルスのかかわりは、これまで否定的に見られてきた傾向があります。しかし、私たちが行った実験の結果から、シネディ菌が動脈硬化を促進させる要因の1つであることは、ほぼ間違いないと言えるでしょう。

今後さらに研究を進めていきたい

 日本人の死因のうち、心臓病と脳血管疾患を合わせると、死亡数全体の約4分の1を占めます。その原因となる動脈硬化の予防には、禁煙や運動、食生活の見直しなど、生活習慣の改善が必要です。
 ただし、生活習慣の改善という基本だけで、動脈硬化の予防にじゅうぶんだとは言えません。今回の私たちの実験は、動脈硬化の予防法や治療法の開発に向けた新たな一歩だと考えています。

 最近、シネディ菌による感染症の症例も、数多く報告されるようになっています。しかし、これまでシネディ菌の本格的な研究は行われてきませんでした。

 私たちの実験をきっかけとして、シネディ菌の研究がさらに進んでいけば、動脈硬化との関係がより明らかになっていくことでしょう。私たちも、いっそう研究を深めて、動脈硬化の予防法や治療法の開発に貢献したいと考えています。

赤池孝章
1984年、熊本大学医学部卒業。91年、熊本大学大学院医学研究科博士課程修了、同年熊本大学医学部助手。92年、同講師。93年、トーマスジェファーソン医科大学客員教授。94年、熊本大学医学部助教授。01年、アラバマ大学バーミングハム校客員教授。03〜06年、文部科学省研究振興局学術調査官併任。05年、熊本大学大学院生命科学研究部微生物学分野教授。08〜12年、文部科学省新学術領域研究『活性酸素シグナル』領域代表。11年、熊本大学医学科長(副医学部長)。13年4月より現職。研究テーマ・専門分野は酸化ストレス、感染・慢性炎症病態の解明。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連するキーワード


動脈硬化 シネディ菌

関連する投稿


【血管強化食材】動脈硬化を撃退する絶品「ローストピーナッツ」レシピ

【血管強化食材】動脈硬化を撃退する絶品「ローストピーナッツ」レシピ

ピーナッツといえば、「太る」「ニキビができる」など、健康とは縁遠い食材だと思われがち。しかし、最近、その豊富な栄養素が、巷で大きな話題を集めています。便秘が解消して、やせやすくなる、血管も肌も若返ると、まさにピーナッツは優良健康食材なのです。【料理・栄養計算・スタイリング】五十嵐ゆかり(料理研究家・管理栄養士)


【玄米食】で要介護度が改善した患者が続出!自らも痛風を克服した医師が指南「米ぬかの食べ方」

【玄米食】で要介護度が改善した患者が続出!自らも痛風を克服した医師が指南「米ぬかの食べ方」

体は食べた物からできているので食事の内容は重要です。玄米には、多くの栄養素と有効成分が含まれていて、高血圧・動脈硬化・脂質異常症・糖尿病などの生活習慣病や、便秘、ガン、認知症、花粉症・アトピー・ぜんそくなどのアレルギー症状に対し、強力な予防・改善効果を発揮します。【解説】島村善行(島村トータル・ケア・クリニック院長)


【ダイエット・便秘を改善】10kg20kgスルリと痩せた「玄米スープ」滋味レシピ(2)

【ダイエット・便秘を改善】10kg20kgスルリと痩せた「玄米スープ」滋味レシピ(2)

「年末年始、食べ過ぎて体が重い」「じわじわ体重が増え続け、何をしてもやせない」「慢性的に便秘」「疲れが取れない」。そんな人にぜひお勧めしたいのが、体を優しく健康にする「玄米スープ」です。【解説者】勝部美佳(マクロビオティック料理研究家)


【糖尿病が改善】糖質制限中は「ピーナッツ食」がオススメ 腎硬化症も予防できる!

【糖尿病が改善】糖質制限中は「ピーナッツ食」がオススメ 腎硬化症も予防できる!

糖質制限食の基本は血糖値を上げる糖質(炭水化物)を減らし、減らした分をたんぱく質と脂質で補うことです。ピーナッツにはたんぱく質そして良質な脂質が豊富です。私のクリニックの患者さんに糖質制限食やピーナッツを食べるよう指導してから糖尿病やメタボが改善するなど、すばらしい成果が出ています。【解説】小早川裕之(小早川医院院長)


【乳がんを克服した医師】患者さんにお勧めの食材は「玉ねぎ」 健康効果ベスト5を解説

【乳がんを克服した医師】患者さんにお勧めの食材は「玉ねぎ」 健康効果ベスト5を解説

実は私は、50歳のときに、乳ガンを発症しました。ガンは手術で切除しましたが、抗ガン剤や放射線治療は受けず、かわりに食事と生活を徹底的に見直すことで、ガンを克服することができたのです。そんな私が、患者さんに特にお勧めしている食材の一つが、タマネギです。【解説】星子尚美(クリニック真健庵院長)


最新の投稿


【セラピーキャットとは】認知症や精神疾患の患者さんに変化!「猫」は五感を刺激し心を癒す存在

【セラピーキャットとは】認知症や精神疾患の患者さんに変化!「猫」は五感を刺激し心を癒す存在

私たちにとって、猫は五感を心地よく刺激する存在です。見れば愛らしく、触ってなでれば快く、鳴けば美しい旋律となって、えもいわれぬ刺激となります。それは、病気のあるなしに関係なく、すばらしい経験だといえるでしょう。【解説】小田切敬子(NPO法人アニマルセラピー協会理事長・生物科学博士)


首こり・肩凝り 症状別【チェックリスト】あなたの頚椎症は軽症?重症?

首こり・肩凝り 症状別【チェックリスト】あなたの頚椎症は軽症?重症?

頸椎症スペクトラムの全体像がわかったところで、あなたの首がいま、どんな状態にあるかチェックしてみましょう。チャートの「スタート」から始め、イエスかノーか答えながら進んでください。ゴールは1~5のどれになりましたか。それが、あなたの現在の首の状態の目安です。【解説】竹谷内康修(竹谷内医院カイロプラクティックセンター院長)


【美白・美肌を作る】アンチエイジングには「はと麦酒」がお勧め!その効果は化粧品同等 ダイエット効果も

【美白・美肌を作る】アンチエイジングには「はと麦酒」がお勧め!その効果は化粧品同等 ダイエット効果も

ハトムギは、昔から「肌にいい」といわれ、ヨクイニンという生薬として使われています。そこで、私たちはまず、ハトムギの肌への効果に着目しました。その結果、ハトムギには紫外線ダメージによる肌の乾燥や、シミを防ぐ働きのあることが明らかになったのです。【解説】清水邦義(九州大学農学部研究院森林圏環境資源科学研究分野准教授)


【血管強化食材】動脈硬化を撃退する絶品「ローストピーナッツ」レシピ

【血管強化食材】動脈硬化を撃退する絶品「ローストピーナッツ」レシピ

ピーナッツといえば、「太る」「ニキビができる」など、健康とは縁遠い食材だと思われがち。しかし、最近、その豊富な栄養素が、巷で大きな話題を集めています。便秘が解消して、やせやすくなる、血管も肌も若返ると、まさにピーナッツは優良健康食材なのです。【料理・栄養計算・スタイリング】五十嵐ゆかり(料理研究家・管理栄養士)


血糖値が正常値に下がった!「玉ねぎのオイル漬け」は親子三代に伝わる健康常備食!

血糖値が正常値に下がった!「玉ねぎのオイル漬け」は親子三代に伝わる健康常備食!

タマネギのオイル漬けを口にしているおかげか、我が家は皆、いつも元気に過ごせています。今年はインフルエンザが猛威を振るっていましたが、長男はカゼひとつ引かず、無事に受験を乗り切ることができました。【解説】奥津純子(フードデザイナー・「タラゴンの挿し木」主宰)


ランキング


>>総合人気ランキング