歯周病や口臭、歯の痛みが改善!頬のたるみも解消!歯科医師推奨【歯ぐきの血管マッサージ】

歯周病や口臭、歯の痛みが改善!頬のたるみも解消!歯科医師推奨【歯ぐきの血管マッサージ】

私たちの体を巡り、生命活動を支えている血液は、心臓から送り出された後、動脈を通って全身に届けられます。しかし、末梢の血管に行くほど圧力は弱くなり、じゅうぶんな血液が届きにくくなります。そうした末梢部の1つが、歯の周りの血管です。【解説】倉治ななえ(クラジ歯科医院院長・日本歯科大学附属病院臨床教授)


倉治ななえ
1979年、日本歯科大学卒業。同大学補綴学教室第2講座入局。
1983年、クラジ歯科医院開設。日本歯科医師会常務理事。歯学博士。日本歯科大学附属病院臨床教授。歯科医師として日々患者に接しながら、子育て歯科、マタニティ歯科など予防に熱心に取り組んでいる。『歯がいい人はボケにくい』(角川SSC新書)など著書多数。

健康的な歯を保つには歯の血流促進が必要

 私たちの体を巡り、生命活動を支えている血液は、心臓から送り出された後、動脈を通って全身に届けられます。しかし、末梢の血管に行くほど圧力は弱くなり、じゅうぶんな血液が届きにくくなります。
 そうした末梢部の1つが、歯の周りの血管です。歯に送られる血液の通り道である歯肉や歯周組織の周辺は毛細血管ばかりで、そこに届く血液の量はごくわずか。しかも、あごの骨の中など、狭く硬いところを通るため、血流が滞りやすいのです。

 こうした歯の血流悪化を軽視してはいけません。歯を支える歯根膜などの組織に酸素や栄養が行き渡らなくなって、抵抗力が低下し、歯周病の症状が悪化するなどの恐れがあるからです。また、神経の処置をした歯の痛みや、原因不明の痛み、歯のぐらつきなどにもつながることがあります。

 私は、このような状態を便宜的に「歯の冷え症」と呼んでいます。歯そのものが冷たくなるわけではありませんが、血流の悪化が原因となって、さまざまなトラブルにつながるという点で、手足の冷え症と共通点があり、患者さんも理解しやすいと考えるからです。
 健康的な歯を保つには、口腔内の血流が滞らないようにすることが欠かせません。そのために、私が考案し、実際に歯周病などを患う患者さんにお勧めしている方法が「歯ぐきの血管マッサージ」です。

「抜歯しかない」と思いつめた人でも劇的に症状が改善

 歯ぐきの血管マッサージは、歯ブラシの柄の部分を口の中に入れて、歯ぐきと頬の内側の境目付近の、血管が集中しているところを軽く押すというマッサージ法です。

 その目的は、刺激を加えることで、口腔内の上・下唇動脈など、比較的太い血管の働きを促し、その先の毛細血管にまで血液が行き届くようにすることにあります。マッサージを施すと、血流が活性化して、歯ぐきの血色が健康的になるのがよくわかります。また、口腔内を刺激することで唾液が分泌されやすくなり、ドライマウスや、それに伴う口臭の改善も期待できます。

 指でも同様のマッサージはできますが、奥歯周辺まで届く長さや、粘膜を傷つけない程度の硬さと形状を考えると、柄の先端が丸みを帯びた歯ブラシが最適でしょう。やり方は、下の解説図をご覧ください。

 私が担当する患者さんは、原因不明の痛みや動揺などから「もう抜歯するしかない」と思いつめて来院されるかたが少なくありません。そんなかたでも、このマッサージを行って、痛みや歯のぐらつきなどの症状が劇的に改善するケースが少なくありません。歯ぐきへの刺激により、治癒に必要な酸素や栄養を含む動脈血が、末梢部まで届くようになったためと考えられます。

 このマッサージは、歯の周囲の血流を促進し、歯のトラブルを予防することを目的に提唱したものですが、実践された患者さんからは、「歯以外にもよい変化があった」という報告が数多く寄せられています。
 なかでも、よく耳にするのが、顔の肌の変化です。マッサージをする前と比べて、肌にハリや潤いが増し、頬がリフトアップしほうれい線が薄くなったかたが多いようです。
 これはおそらく、歯周辺の血管と同時に顔面の血管も刺激され、肌への血行も促されたためでしょう。そうした患者さんを見て、健康的で美しい肌になったとびっくりさせられることもあります。

 私自身、毎朝、歯ぐきの血管マッサージを実践しています。皆さんも、いつまでも健康な歯を保つため、このマッサージを日々のオーラルケアに取り入れてください。

これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに掲載しています。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

これらの記事にある情報は、効能や効果を保証するものではありません。専門家による監修のもと、安全性には十分に配慮していますが、万が一体調に合わないと感じた場合は、すぐに中止してください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【医師が警告】インフル、アトピー、無気力まで…その原因はこれだった

【医師が警告】インフル、アトピー、無気力まで…その原因はこれだった

これから紹介する一覧表は、口呼吸をしていることで起こる可能性のある主な病気です。私は、病気の約7割は口呼吸がもたらすものと考えています。口呼吸によって起こる弊害は、病気だけではありません。口の中での舌の位置が下がると、歯並びや姿勢、顔つきが悪くなります。【解説】今井一彰(みらいクリニック院長)


【超簡単】万病を防ぐ口の体操「あいうべ」のやり方

【超簡単】万病を防ぐ口の体操「あいうべ」のやり方

口の体操「あいうべ」は、どうして「あいうえ」ではないのでしょう。「あ」「い」「う」という口の動きは、口の周囲の筋肉を鍛える動きです。そして、「べー」と舌を出すことで、舌の筋肉が鍛えられます。舌の筋肉を鍛えることは、舌を正しい位置に引き上げるために重要です。【解説】今井一彰(みらいクリニック院長)


【ため息は鼻で】鼻の機能って本当にスゴイ!まさに天然マスク!

【ため息は鼻で】鼻の機能って本当にスゴイ!まさに天然マスク!

私たち人間は、本来、口と鼻を、その機能によって使い分けるようにできています。口は、しゃべったり、味わって食事をしたりするところ。鼻は、においをかぐだけでなく、息を吸ったり吐いたりと、呼吸をするところだったはずです。しかし、最近は、このルールが守られていません。【解説】今井一彰(みらいクリニック院長)


【図解】風邪予防にはこれが一番!睡眠時には「口テープ」を

【図解】風邪予防にはこれが一番!睡眠時には「口テープ」を

朝起きたとき、口の中が乾燥していたり、のどがヒリヒリしたりする人は、間違いなく口呼吸になっています。就寝時は、ただでさえ唾液の分泌量が少なくなるので、体への害を考えたら、一刻も早く口テープを行い、鼻呼吸にするべきです。【解説】今井一彰(みらいクリニック院長)


「口」が壊れると心や脳も崩壊する ポイントは2つ

「口」が壊れると心や脳も崩壊する ポイントは2つ

私の診療所では、保険診療をやめ、口腔内の治療以外に、食事改善の指導などを行っています。【解説】松見哲雄(松見歯科診療所院長・日本自律神経免疫治療研究会会員)、松見千奈美(松見歯科診療所食養指導管理士)


最新の投稿


【精神治療の現場より】ウォーキングは心の健康に効果有り ― うつ・不安障害・統合失調症の改善例

【精神治療の現場より】ウォーキングは心の健康に効果有り ― うつ・不安障害・統合失調症の改善例

ウォーキングには、特別な器具や場所が必要ありません。患者さんにも安心して勧められます。いつからでも簡単に始められますし、家にこもりがちな人には屋外に出るよい機会になります。【解説】大西 守(精神科医)


【足の爪の切り方】正しく切れば、冷えやむくみが解消 巻き爪も改善する

【足の爪の切り方】正しく切れば、冷えやむくみが解消 巻き爪も改善する

足の爪を切るとき、ほとんどの人は「短くすればいい」「形よく整えればいい」と考え、自己流で爪切りをしていると思います。しかし、爪切りは正しく行うと、巻き爪や角質など指先のトラブルが緩和されるだけでなく、全身の血の巡りが劇的に改善し、全身の健康にさまざまな効果をもたらします。【解説】室谷良子(日本フットケア協会師範)


【医師解説】野菜スープは強力な「解毒スープ」 放射能の健康被害も防ぐことができる

【医師解説】野菜スープは強力な「解毒スープ」 放射能の健康被害も防ぐことができる

私たちが日々食べる食品に、残留農薬、食品添加物、合成保存料、化学物質などが入っていないかどうかはとても気になるところです。理由は、それらが発がん物質になるからです。【解説】髙橋 弘(麻布医院院長・医学博士 ハーバード大学医学部元准教授)


【野菜スープ】食事制限なし!メタボや糖尿病をストレスなく解消できると医師が解説

【野菜スープ】食事制限なし!メタボや糖尿病をストレスなく解消できると医師が解説

私は、患者さんには厳しく制限をするよりも、ファイトケミカルたっぷりの野菜スープ(ファイトケミカルスープ)を生活の中に取り入れることによって、自然な形で食事の改善ができるように指導しています。【解説】髙橋 弘(麻布医院院長・医学博士 ハーバード大学医学部元准教授)


指圧名人が極意を伝授!脊柱管狭窄症の症状を改善する「腰のツボ」刺激

指圧名人が極意を伝授!脊柱管狭窄症の症状を改善する「腰のツボ」刺激

私の治療院にも、脊柱管狭窄症で悩んでいるかたがたくさんいらっしゃいます。そうした皆さんに試して、効果を上げているツボがあります。ここでは、その特効ツボを紹介します。【解説】佐藤一美(日本経絡指圧会会長)


ランキング


>>総合人気ランキング