【高齢化社会を救う“笑い”の効果】認知症の問題行動が改善!うつ緩和にも

【高齢化社会を救う“笑い”の効果】認知症の問題行動が改善!うつ緩和にも

私は、「笑いヨガ」と出会ってから、もう6年がたちます。きっかけは、毎年参加していた「日本笑い学会」の研究発表会でした。その中で、「日本笑いヨガ協会」の代表である高田佳子さんの講演があり、初めて笑いヨガの存在を知ったのです。【解説】枝廣篤昌(豊岡台病院院長)


枝廣篤昌
1962年生まれ。愛媛大学医学部医学科卒業後、精神科医師として、愛媛大学医学部附属病院、新居浜精神衛生研究所附属財団新居浜病院などを経て、現職に至る。大学時代には落語研究会に所属し、現在も精神保健福祉の啓蒙の一環として「チョーサ寄席」を毎年開催。「笑い」を生かした地域づくりを実践。また、「日本笑い学会」四国支部の代表であり、笑いの普及活動に努めている。

声を出して笑って発散することが大切

→「笑いヨガ」とは

 私は、「笑いヨガ」と出会ってから、もう6年がたちます。
 きっかけは、毎年参加していた「日本笑い学会」の研究発表会でした。その中で、「日本笑いヨガ協会」の代表である高田佳子さんの講演があり、初めて笑いヨガの存在を知ったのです。

 医師として、私が「笑い」に注目するようになったのは16年ほど前からです。そもそも学生のころの私は、落語研究会に所属していたほどの落語好きでした。それが高じて、自ら高座に立ったこともあります。
 しかし、精神科の医師として働き続けるうちに、自然と、落語と距離を置くようになりました。深刻な問題を抱えている患者さんや、その家族と接していく中で、「笑い=不謹慎」という思いが強くなったのです。

 そんなある日、心に問題を抱えている患者さんの家族会がありました。その際、私が落語を演じられることを知っているかたから、一席お願いされたのです。
 頼まれるままに演じてみると、皆さんの反応は、意外なものでした。ほとんどの人が笑顔になって、心から楽しんでもらえたのです。また、「明日からがんばれそうな気がします」という、前向きな感想もいただきました。
 それまで、私の中で、笑いと医療は対極の位置にありましたが、これをきっかけに、「笑いも捨てたものではない」と考えを改めるようになったのです。

 さて、偶然にも、その家族会に看護師のかたが同席していました。そのかたから、「笑いと健康」というテーマの講演と、落語を演じてほしいと依頼されたのです。こうして、現在も続けている、笑いと健康の話と、落語がセットになった講演会を定期的に開くようになりました。
 ときには、職場の雰囲気をよくするための、メンタルヘルスの一環として、企業に招かれることもあります。相手のほとんどは、中高年の男性です。いつものように落語を演じるのですが、なかなか笑顔を見せてくれません。心の中ではおもしろいと感じても、他人に感情を動かされたくないという防衛本能から、笑うという動作を押さえつけてしまうのです。

 数々の研究によって、笑いには優れた健康効果があることが判明しています。しかし、心の中で笑うだけでは、せっかくの効果が得られません。やはり、声に出して発散するのが大切です。
 そこで試しに取り入れたのが、笑いヨガでした。これは、ユーモアや冗談とは関係なく、笑いを運動として再現できる優れた体操です。また、年齢や性別に関係なく、だれでも簡単に笑うことができます。
 すると予想どおり、たくさんの人から大好評でした。その後、私の講演会の最後には、笑いヨガをするのが慣例になりました。今では、私の落語よりも人気があります(笑)。

患者さんの便秘薬の使用回数がへった!

 2012年、病院の看護師から、看護研究のテーマに何かいいものがないかと聞かれました。そこで勧めたのが、笑いヨガです。
 これが思いのほか好評で、今では、ほぼ毎日、笑いヨガを行うようになりました。昼食後、スタッフと入院患者さん約20名で、15分ほど行っています。

 病院の入院患者さんの状態は、認知症の高齢者を中心に、うつ症状などの問題を抱えるかたなど、実にさまざまです。しかし、笑いヨガは、症状や年齢も関係なく、だれでも実践できます。
 特に、認知症のかたには、効果的でしょう。なぜなら、笑いヨガで大切なのは、とにかく笑うこと。話の内容も、ネタも関係ありません。集中力も不要で、自分だけが話がわからない、という孤独感もないのです。
 実際、認知症の患者さんの生活に、いい影響が現れています。認知症になると、日中に動かないせいで、夜間に「せん妄」と呼ばれる意識障害に陥り、急に叫ぶなどの問題行動を起こす場合があります。しかし、笑いヨガを取り入れてから、日中の行動が活発になり、そうした行動がへったのです。

 また、病院全体として、患者さんに便秘薬を使う回数もへりました。これは、笑うことで自律神経(無意識に内臓や血管などを調整する神経)のバランスが整い、排便が促されたと考えられます。また、笑うという動作が横隔膜を上下させ、腸に刺激を与えたのでしょう。

 笑いヨガは、うつ症状の改善にも効果が期待できます。近年、うつ症状に効果が高いとして、リズム運動が注目を集めています。笑いヨガも、一定のリズムで横隔膜を動かすので、同様の効果が期待できるでしょう。
 これからの未来、高齢化社会がますます深刻です。人と人とのつながりは薄れ、孤独な高齢者がふえ続けていくことでしょう。
 そんな社会問題の救世主となりえるのが、笑いヨガなのかもしれません。

→「笑いヨガ」のやり方はコチラ

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連するキーワード


笑いヨガ 認知症 うつ

関連する投稿


【認知症・MCI】予防には「緑茶」が最適!飲む頻度も高いほど良いと追跡調査でわかった!

【認知症・MCI】予防には「緑茶」が最適!飲む頻度も高いほど良いと追跡調査でわかった!

調査開始時と追跡調査時のデータを解析したところ、調査開始時から日常的に緑茶を飲まない人と比べて、緑茶を飲んでいる人のほうが、認知症やMCIの発症率が低いことが判明したのです。【解説】山田正仁(金沢大学附属病院神経内科長・金沢大学神経内科学教授)


【認知症とうつ病の違い】取り違えると悪化する恐れも 見分ける3つのポイントを伝授

【認知症とうつ病の違い】取り違えると悪化する恐れも 見分ける3つのポイントを伝授

認知症とうつ病は、どちらも高齢者に多く見られる病気です。高齢者のうつ病は、認知症を引き起こす原因の一つとされている一方、認知症がうつを併発することも少なくありません。認知症とうつ病の間には密接な関係があり、二つの病気には似た症状を呈する場合もあるので、取り違えやすいのです。【解説】長谷川洋(長谷川診療所院長)


【セラピーキャットとは】認知症や精神疾患の患者さんに変化!「猫」は五感を刺激し心を癒す存在

【セラピーキャットとは】認知症や精神疾患の患者さんに変化!「猫」は五感を刺激し心を癒す存在

私たちにとって、猫は五感を心地よく刺激する存在です。見れば愛らしく、触ってなでれば快く、鳴けば美しい旋律となって、えもいわれぬ刺激となります。それは、病気のあるなしに関係なく、すばらしい経験だといえるでしょう。【解説】小田切敬子(NPO法人アニマルセラピー協会理事長・生物科学博士)


【糖尿病が改善】ウォーキング後の「チーズ」摂取で筋力がアップ!生活習慣病を予防できる

【糖尿病が改善】ウォーキング後の「チーズ」摂取で筋力がアップ!生活習慣病を予防できる

「ウォーキング後にチーズなどの乳製品を食べると、筋力がアップするうえに、生活習慣病の予防・改善にも役立つ」ことが、私たちの研究で判明しました。さらに最近の研究では、インターバル速歩後に乳製品をとると、実際に糖尿病や動脈硬化が改善することもわかりました。【解説】能勢博(信州大学大学院医学系研究科教授)


【認知症・軽度認知障害(MCI)とは】誤解や偏見を捨てよ!認知症改善の心構え

【認知症・軽度認知障害(MCI)とは】誤解や偏見を捨てよ!認知症改善の心構え

日本では、認知症に対する医療や社会の理解が非常に遅れています。結果、誤った対応によって症状がより深刻化し、ご本人や周りの人たちがつらい思いをしてしまうケースが後を絶ちません。医師や介護職の人はもちろん、家族も病気に対する正しい知識を持つ必要があります。【解説】長尾和宏(長尾クリニック院長)


最新の投稿


「キーン」と鳴り響く耳鳴りが「耳こすり」で解消し不眠改善!ぐっすり眠れる

「キーン」と鳴り響く耳鳴りが「耳こすり」で解消し不眠改善!ぐっすり眠れる

ストレスが積み重なったのでしょう。気がついたら「キーン」という高音の耳鳴り が聞こえるように。最もいやだったのは、寝るときでした。シーンと静かな中、キーンという音だけが聞こえるので不眠になってしまいました。そこで藤井先生の治療院に行き、教わったのが「耳こすり」でした。【体験談】長谷川真由美(会社員・33歳)


【咳止め効果】のどの炎症を抑え気管支を広げる「蜂蜜コーヒー」は薬並み!と呼吸の名医が推奨

【咳止め効果】のどの炎症を抑え気管支を広げる「蜂蜜コーヒー」は薬並み!と呼吸の名医が推奨

ハチミツには、優れた抗炎症作用、抗酸化作用があります。特に抗炎症作用により、のどの炎症が抑えられるため、セキが軽くなると考えられます。ハチミツ以外では、コーヒーにも、セキの予防効果があることが報告されています。【解説者】大谷義夫(池袋大谷クリニック院長)


退職後の検査・降圧剤はどこまで必要?「高血圧」との付き合い方を医師が指南

退職後の検査・降圧剤はどこまで必要?「高血圧」との付き合い方を医師が指南

人間の三大欲は、食欲・性欲・睡眠欲といわれています。それに加え、昨今は「健康長寿欲」に多くの人がとらわれています。2016年の調査で「欲しい物」の1位が「健康」で、「幸せ」を大きく上回ったのです。「幸せよりも健康が欲しい」という結果に私は衝撃を受けました。【解説】名郷直樹(武蔵国分寺公園クリニック院長)


【首が痛い!の原因】チェックリストで分かる症状、対処法はこれ!

【首が痛い!の原因】チェックリストで分かる症状、対処法はこれ!

首の痛みの場合、適切な対策をとり損ねるおそれがあります。首の骨が悪くなっているといわれれば、多くの患者さんは「それなら痛みが出るのもしようがない」「薬で痛みを抑えるしかないのだろうな」と考え、それ以上の対策を取らなくなってしまうからです。【解説】竹谷内康修(竹谷内医院カイロプラクティックセンター院長)


【健康レシピ】脳を活性化する「卵」アレンジ薬膳(卵黄みそ漬け)

【健康レシピ】脳を活性化する「卵」アレンジ薬膳(卵黄みそ漬け)

卵は、アミノ酸、ビタミン、ミネラルをバランスよく含んだ「完全栄養食品」といわれています。加熱しても、栄養価に大きな変化が見られず、どのように調理しても必要な栄養を摂取できるので、夏バテ撃退には最適な食材といえるでしょう。【解説・料理・栄養計算】検見﨑聡美(管理栄養士・料理研究家)


ランキング


>>総合人気ランキング