【看護師】リウマチの症状に悩む私の「心の持ちよう」が変わった 笑いヨガに感謝

【看護師】リウマチの症状に悩む私の「心の持ちよう」が変わった 笑いヨガに感謝

リウマチの症状は、主に関節痛です。特に私の場合、手首や足首、肩、首などに、激しい痛み、腫れ、むくみが現れていました。さらに、全身の倦怠感にも襲われます。症状の変動も激しく、気圧が低下すると悪化するなど、天候や季節にも左右されます。【解説】池田由紀(名古屋市立大学看護学部准教授)


池田由紀
1956年、三重県生まれ。三重大学医学部附属看護学校を卒業後、看護師として13年間働く。その後、看護教育の場に移り、現在、名古屋市立大学看護学部で教員を務める。「日本笑い学会」の理事の一人として、笑いの健康効果について講演活動をしている。主な研究として、慢性呼吸器疾患患者への笑いヨガのリラクゼーションプログラムの効果を検討している。

万人が共通して笑うことができる

【やり方】今すぐ一人でできる「笑いヨガ」写真図解

 私が「日本笑い学会」に加入したのは、今から16年前です。「日本笑い学会」では、年に1回、研究報告会を行っていますが、2010年の報告会で紹介されたのが「笑いヨガ」でした。

 もともと私は、笑いがもたらす健康効果について関心がありました。笑いの効果をなんとか研究できないかと、看護師を対象に、笑いを用いてストレスを軽減する特別なプログラムを作り、実践した結果を学会で発表したこともあります。
 また、大阪で、笑いのイベントに参加した人々にご協力いただき、「笑いの実験」を行いました。 皆さんには、漫才を聞いてもらい、その前後で唾液の酸化還元を測定したのです。その結果、あまり笑えなかった人の唾液は酸化する傾向があり、たくさん笑った人の唾液は還元する傾向を示したのです。
 この結果は、予想外でした。楽しいはずの漫才を聞いても、あまり笑えなかった人は、唾液が酸化し、体によい影響があったとはいえないからです。

 こうした経験から学んだのが、一方的な笑いの刺激は、人によって反応が異なるため、注意が必要だということでした。
 おもしろいと感じる、いわゆる笑いのツボは、人によって千差万別です。漫才や落語、喜劇など、さまざまな娯楽が存在しますが、万人が共通して笑えるツールというものは見当たりません。

 私の研究も、そうした高い壁に阻まれ、なかなか進んでいませんでした。
 そんなときに出会ったのが、笑いヨガだったのです。
 当時は、笑いがもたらす健康効果について、多くの研究が実施され、報告されるようになったころでした。ある研究では、表情だけで笑う、いわゆる「つくり笑い」でも、おもしろいと感じて笑うことと、脳への刺激が同じであることが判明していました。

 笑いヨガは、おもしろい・おもしろくないという感情は関係なく、だれでも簡単に行うことができる笑いの体操です。おもしろいから笑うのではなく、大事なのは、子どもの気持ちになって、とにかく笑うこと。この発想は、目からうろこでした。
 実際に笑いヨガをやってみると、ストレスの緩和につながることはもちろん、有酸素運動としても優れていることがわかりました。「これはいい!」と思った私は、すぐに「日本笑いヨガ協会」が主催するリーダー養成講座に参加し、リーダーの資格を取ったのです。

 私は、年に数回、健康講座を行っていますが、その内容は、笑いと健康効果についての講演と、笑いヨガの体験会をセットにしたものです。
 笑いの健康効果についてお話しした後、実際に、その笑いの効果を体感していただくためのツールとして、笑いヨガは実に優れています。また、その場かぎりで終わらず、笑いを継続することが大切なのですが、笑いヨガはその点でも優秀です。
 参加者の中には、私の健康講座をきっかけに、笑いヨガに興味を持ってくださるかたもたくさんいるのです。効果を感じやすく、毎日続けるのも苦ではない、すばらしい体操だと思います。

「何事も前向きに考えられる」と池田先生

リウマチの痛みが軽減した報告もある

 そもそも、私が笑いに興味を持ったのは、自身の病気がきっかけでした。実は、20代からリウマチを抱えています。
 リウマチは、遺伝的な素因や、自己免疫システムの異常が引き金になる病気です。発病したのは、ちょうど看護師として働き始めたころでした。看護師という仕事は、ほんとうに激務です。日々のストレスによって、自己免疫システムが乱れたことが一因なのかもしれません。

 リウマチの症状は、主に関節痛です。特に私の場合、手首や足首、肩、首などに、激しい痛み、腫れ、むくみが現れていました。さらに、全身の倦怠感にも襲われます。症状の変動も激しく、気圧が低下すると悪化するなど、天候や季節にも左右されます。いつ悪化するかわからず、決定的な治療法もない難病です。 
 そして、何よりつらいのが、人には理解されにくい病気ということでしょう。気持ちが落ち込んだり、元気になったりするなど、気分の浮き沈みも激しくなります。

 そんなとき知ったのが、笑うことでリウマチの痛みが軽減するという研究報告でした。これがきっかけで、笑いについての研究を始めるようになったのです。

 私は、毎朝10分ほど、一人でできる笑いヨガを行っています。長年の症状なので、関節の痛みに効果があったとはいえませんが、心の持ちようが変わりました。以前よりも気分の浮き沈みが穏やかになり、何事も前向きに考えられるようになったのです。リウマチというのは、人によって症状が異なりますが、笑いヨガを試す価値はあるといえるでしょう。
 私は、看護師として13年働いた後、看護師を育てる立場に移りました。
 現在も、大学で看護教育を行いながら、笑いの研究を続けています。今後、この研究分野で、笑いヨガがますます注目されることでしょう。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連するキーワード


笑いヨガ リウマチ

関連する投稿


【リーキーガット症候群とは】5cmの卵巣嚢腫が消えた人も 医師が勧める食事療法

【リーキーガット症候群とは】5cmの卵巣嚢腫が消えた人も 医師が勧める食事療法

腸に炎症が起こると、腸粘膜が本来体内に通すべきでないものを通してしまいます。すると、体の中で免疫の過剰反応が起こり、アトピー性皮膚炎・アレルギー性鼻炎・ぜんそくなどのアレルギー性疾患や、関節リウマチ・潰瘍性大腸炎・クローン病などを引き起こしてします。【解説】内山葉子(日本自律神経免疫治療研究会会員・葉子クリニック院長)


【医師解説】爪もみの疑問にズバリ回答 ― 「やりすぎるとどうなる?」「薬指はもんでいいの?」

【医師解説】爪もみの疑問にズバリ回答 ― 「やりすぎるとどうなる?」「薬指はもんでいいの?」

「やりすぎると害はある?」「薬指はもんでいいの?」爪もみの疑問にズバリ回答!爪もみは、ときとして劇的な変化をもたらすことがあります。とはいえ、この療法の基本は、小さな変化を積み重ねながら、少しずつ体調を向上させることです。【解説】永野剛造(永野医院院長)


【手首の腱鞘炎】痛み解消には「直接揉む」のはNG!炎症は「遠隔刺激」で鎮静できる

【手首の腱鞘炎】痛み解消には「直接揉む」のはNG!炎症は「遠隔刺激」で鎮静できる

指を伸ばせない、曲がらないなど、腱鞘炎の症状は、つらいものです。痛みが出ているときは、手のひらや手首の筋肉や腱がこわばり、炎症が起こっています。炎症のある患部を直接刺激するのは得策ではなく、むしろ、大本のコリを取ってやることが大事なのです。【解説者】班目健夫(青山・まだらめクリニック院長自律神経免疫治療研究所所長)


【医師解説】テニスひじ、関節の痛みが軽快する 力こぶほぐしのやり方

【医師解説】テニスひじ、関節の痛みが軽快する 力こぶほぐしのやり方

上腕二頭筋の下端は、ひじ関節をまたぎ、橈骨と尺骨に付着しています。上腕二頭筋をもみほぐして、上腕の血流がよくなると、肩関節周辺とひじ関節周辺の血行がよくなります。その結果、患部の緊張が緩んで、ひじの痛みや肩のコリが軽減すると考えられるのです。【解説者】班目健夫(青山・まだらめクリニック院長 自律神経免疫治療研究所所長)


【笑いヨガ】変形性膝関節症による「ひざの痛み」が消え健康体に一変 私の健康法

【笑いヨガ】変形性膝関節症による「ひざの痛み」が消え健康体に一変 私の健康法

「いい大人が、子どものように大きな声で笑って……変だわ」これが、「笑いヨガ」の第一印象でした。2012年のある日、私は友人に誘われて、笑いヨガの体験会に参加したのです。正直にいうと、そのときは心の底から笑うことができず、今後も続けたいという気持ちにもなりませんでした。【体験談】中田智子(東京都・68歳・主婦)


最新の投稿


【糖尿病予防の極意】「糖質制限」を医師が解説! ― ケトン体とは何か?数値が高いと危険?

【糖尿病予防の極意】「糖質制限」を医師が解説! ― ケトン体とは何か?数値が高いと危険?

これまで糖質制限の危険な面として糖質制限をした際に「ケトン体」が上昇する点が挙げられてきました。ケトン体が増えてケトアシドーシスになると、嘔吐、疲労感、脱力感など、さらに悪化すると死に至るとされてきました。しかし、それは誤解であり、数値を気にする必要はないのです。【解説】宗田哲男(宗田マタニティクリニック院長)


【やり方】注射もリハビリも効かないひざ痛が改善!5カ所の「筋肉はがし」

【やり方】注射もリハビリも効かないひざ痛が改善!5カ所の「筋肉はがし」

ひざ痛を解決するには、炎症を抑えるのではなく、かたくなった筋肉をほぐし、軟骨にかかる圧力を軽減することが重要になります。この理論に納得した私は、すぐに天城流の「筋肉はがし」を治療に取り入れました。すると、患者さんのひざ痛がどんどん改善していったのです。【解説】平野薫(ひらの整形外科クリニック院長)


【医師解説】ストレスの原因はパンツ!?下着を脱いで眠ればよく眠れる、血圧が下がる!

【医師解説】ストレスの原因はパンツ!?下着を脱いで眠ればよく眠れる、血圧が下がる!

昼から夜へ移行するとき、交感神経から副交感神経へと自然にスイッチが切り替わります。しかし、その切り替えを妨げるものがあります。有力な原因の一つが、社会的なストレスです。そして、もう一つ。それが、「パンツストレス」です。【解説】丸山淳士(五輪橋産婦人科小児科病院名誉理事長・医学博士)


【股関節痛の改善】名鍼灸師が太鼓判「腰ひも療法」は骨盤が整い痛みが取れる理にかなった方法!

【股関節痛の改善】名鍼灸師が太鼓判「腰ひも療法」は骨盤が整い痛みが取れる理にかなった方法!

これまで私は30年以上にもわたり、5万人を超える人を施術してきました。そのなかで、特に多い悩みが、腰や股関節、ひざなどの慢性的な痛みです。そして、慢性痛を抱える多くのかたに共通しているのが、「骨盤が整っていない」ということです。【解説】福辻鋭記(アスカ鍼灸治療院院長)


【作り方&やり方】47歳の超美肌モデルが毎日実践する「米クリームパック」

【作り方&やり方】47歳の超美肌モデルが毎日実践する「米クリームパック」

47歳とはとても思えない、色白美肌の持ち主としても知られる、モデルの水谷雅子さん。そんな水谷さんの美の秘訣が、今回ご紹介する「米クリームパック」です。【解説】水谷雅子(美容研究家・主婦モデル)


ランキング


>>総合人気ランキング