【理学療法士】リハビリ・運動療法に 勉強会で大好評の「笑いヨガ」で症状が改善

【理学療法士】リハビリ・運動療法に 勉強会で大好評の「笑いヨガ」で症状が改善

私は、理学療法士として健康教室を開いていますが、その教室で笑いヨガを取り入れることにしました。すると、あっという間に地域で評判になり、介護予防や認知症予防のため、笑いヨガを教えてほしいという要望がふえていったのです。【解説】染谷明子(富山医療生活協同組合富山協立病院リハビリテーション科科長・理学療法士)


心からの笑顔を出せる!

優れた有酸素運動かつ柔軟体操としても有効

 私は、理学療法士として、病院に勤務しています。
 そんな私が「笑いヨガ」に出会ったのは、業務の一環で参加した接遇研修がきっかけでした。接遇研修とは、医療スタッフとして、どのように患者さんと接したらいいかを学ぶものです。
 その研修会で、紹介されていたのが笑いヨガでした。

 短い時間の説明でしたが、私は本能的に「これは、いい!」と感じたのです。
「白衣の天使」という言葉で代表されるように、医療現場で働いている人は、いつも笑顔で優しいイメージがあるかと思います。しかし残念ながら、実際の現場はそうではない場合も多いのです。日々の業務は多忙を極め、患者さんの命を預かるデリケートな仕事です。心に余裕がなくなると、顔や話し方が怖くなるスタッフもいます。
 その点、笑いヨガは、とにかく笑う体操です。まず、強引に笑顔を作ることで、職員が患者さんに対する接し方も改善するのではないか、と思ったのです。

 研修から1ヵ月後、私は早速、笑いヨガのリーダー養成講座に参加しました。
 幸運なことに、「日本笑いヨガ協会」の代表である高田佳子さんに教えてもらったのです。
 実際に、笑いヨガを体感してみると、理学療法士としての経験からも、とても優れた有酸素運動だということを実感しました。きっかけは、職員たちの接遇改善でしたが、笑いヨガを学んでいくうちに、患者さんの運動療法としても役立つと確信したのです。

 私の仕事は、患者さんに運動療法などのリハビリテーションを指導することです。しかし、すべての患者さんがスムーズに取り組んでくれるわけではありません。体の痛みが悪化するなど、調子が悪いときは、だれでも運動をやりたくはないものです。
 それでも、あの手この手を使って、リハビリに取り組んでもらう、それが理学療法士としてのスキルが問われるところです。
 しかし、笑いヨガは、だれでも簡単に実行できるうえ、とても楽しい体操。理学療法士としての専門的なスキルが不要で、有酸素運動としても優れているため、きっと私の仕事にも役立つはずです。また、体の動きも組み合わさっているので、柔軟体操としての効果も期待できます。

あっという間に地域で大評判!

新陳代謝が高まって、太りにくい体質に一変

【やり方】今すぐ一人でできる「笑いヨガ」写真図解

 私は、理学療法士として、地域で健康教室を月に2~3回開いていますが、まず手始めに、その教室で笑いヨガを取り入れることにしました。
 すると、手ごたえはバッチリ。あっという間に地域で評判になり、別の施設から、介護予防や認知症予防のために、笑いヨガを教えてほしいという要望がふえていったのです。

 職場でも、患者さんと一対一で笑いヨガをしています。私の期待どおり、運動療法としても、すばらしい力を発揮しています。
 例えば、呼吸器に問題を抱える患者さんは、すぐに息が切れてしまうため、ふだんのリハビリも困難な状態でした。しかし、私と笑いヨガを行ってもらったところ、無理なくできたうえ、呼吸が楽になってきたのです。
 呼吸器に問題がある人は、うつ状態に陥りやすい傾向がありますが、笑いヨガを行った患者さんは、呼吸が楽になったことで、気持ちが前向きになりました。自発的に散歩に出かけるなど、行動的になったのです。

 進行性核上性麻痺(脳の特定の部位の神経細胞が減少し、転びやすい、しゃべりにくいなどの症状を引き起こす病気)という難病の患者さんにも、笑いヨガが効果的でした。その患者さんは、症状が進行して、大きな声が出せないことが悩みでした。
 しかし、笑いヨガをやったところ、表情がやわらかくなり、大きな声が出るようになったのです。

 私自身も、毎朝、シャワーを浴びながら、20分ほど笑いヨガをしています。
 こうして笑いヨガを始めてから、長年の悩みだった肩こりが取れました。また、新陳代謝が高
まったようで、太りにくい体質に変わったのです。
 また、何よりうれしいのは、朝からスッキリとした気持ちで、仕事に出かけられるようになったことです。おかげで、出勤したとたん、心からの笑顔で、患者さんと接することができます。

運動療法としても優れた力を発揮!

「肩こりも取れた」と染谷先生

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【認知症とうつ病の違い】取り違えると悪化する恐れも 見分ける3つのポイントを伝授

【認知症とうつ病の違い】取り違えると悪化する恐れも 見分ける3つのポイントを伝授

認知症とうつ病は、どちらも高齢者に多く見られる病気です。高齢者のうつ病は、認知症を引き起こす原因の一つとされている一方、認知症がうつを併発することも少なくありません。認知症とうつ病の間には密接な関係があり、二つの病気には似た症状を呈する場合もあるので、取り違えやすいのです。【解説】長谷川洋(長谷川診療所院長)


【うつ改善】うつ病患者の共通点は「猫背」セロトニンを増やして姿勢を整える背骨ストレッチで元気が回復する!

【うつ改善】うつ病患者の共通点は「猫背」セロトニンを増やして姿勢を整える背骨ストレッチで元気が回復する!

うつ病患者さんの脳内では、セロトニンやノルアドレナリンなどの神経伝達物質が低下していることが知られています。セロトニンは、呼吸、体温調節、水分代謝など、血圧以外の自律神経系のほとんどを支配している物質です。東洋医学の考えに基づけば滞った気さえ通せばうつ病は治ります。【解説】高木智司(心神診療室院長)


【ストレス対策】「男脳」と「女脳」でこんなに違う!1万人の脳波解析から判明!

【ストレス対策】「男脳」と「女脳」でこんなに違う!1万人の脳波解析から判明!

人間のあらゆる生命活動は、脳のホルモンから出される電気信号によって制御されています。「脳波」を見ることで人の心が読めるのではないかという仮説のもと18年前から脳波の研究を行ってきました。そして人間の感情をその場で数値化する「感性アナライザ」の開発に成功しました。【解説】満倉靖恵(慶應義塾大学理工学部准教授)


【やり方】注射もリハビリも効かないひざ痛が改善!5カ所の「筋肉はがし」

【やり方】注射もリハビリも効かないひざ痛が改善!5カ所の「筋肉はがし」

ひざ痛を解決するには、炎症を抑えるのではなく、かたくなった筋肉をほぐし、軟骨にかかる圧力を軽減することが重要になります。この理論に納得した私は、すぐに天城流の「筋肉はがし」を治療に取り入れました。すると、患者さんのひざ痛がどんどん改善していったのです。【解説】平野薫(ひらの整形外科クリニック院長)


【妊娠糖尿病】MCTオイルで血糖値コントロールに成功 インスリン注射を回避

【妊娠糖尿病】MCTオイルで血糖値コントロールに成功 インスリン注射を回避

私が患者さんに指導しているのは、「高タンパク」「高脂肪」「低糖質」の食事です。この食事内容は、ケトン体を主力エネルギーとして使うケトン体質に導く「ケトン食」です。ケトン食が特に有効なのは、妊娠糖尿病です。全妊婦の約12%が罹患すると言われています。【解説】宗田哲男(宗田マタニティクリニック院長)


最新の投稿


【血糖値を下げる】ビタミン、ミネラルたっぷり!大人気料理店の秘伝沖縄ゴーヤレシピ(1)

【血糖値を下げる】ビタミン、ミネラルたっぷり!大人気料理店の秘伝沖縄ゴーヤレシピ(1)

ゴーヤは沖縄を代表する食材の1つ。東京・神田にある沖縄料理とインド料理の専門店「やいま」にご協力いただき、本場の沖縄料理のレシピを大公開します。「良薬は口に苦し」といわれるとおり、ゴーヤは、糖尿病の人の療養食として用いられるほど、血糖値の降下に役立つ食材です。【解説】玉城幾枝(八重山料理研究家)


【女性の薄毛(FAGA)・円形脱毛症】原因は「冷え」と「腸」にあり!皮膚科医が教える「髪が若返る秘訣」

【女性の薄毛(FAGA)・円形脱毛症】原因は「冷え」と「腸」にあり!皮膚科医が教える「髪が若返る秘訣」

近年、血流改善が薄毛の解消において重要であることは、確かなものとなっています。また、冷え症と並んで、薄毛解消において重要なのが、内臓の状態です。皮膚は内臓の鑑といわれています。つまり、内臓の不調は皮膚の一部である髪についても当てはまるのはいうまでもありません。【解説】荒浪暁彦(あらなみクリニック総院長)  


【管理栄養士】美容健康の有効成分たっぷり「人参」 食べるときの注意点とは?

【管理栄養士】美容健康の有効成分たっぷり「人参」 食べるときの注意点とは?

ニンジンのβカロテンには、強力な抗酸化作用があります。老化と病気の原因物質である活性酸素によって体がサビつくのを、防いでくれるのです。また、βカロテンは、体内でビタミンAに変化します。ビタミンAは、粘膜や皮膚の新陳代謝に欠かせない栄養素です。【解説】足立香代子(臨床栄養実践協会理事長・管理栄養士)


【睡眠時高血圧の見つけ方】血圧を下げる対策を医師が指南!お手本は「長野県」?

【睡眠時高血圧の見つけ方】血圧を下げる対策を医師が指南!お手本は「長野県」?

日中に血圧が高くなるのはあたりまえ。「早朝高血圧」が問題視されますが、朝は脱水状態で血液が濃くなっており心身を活動的にするために血圧を上げる必要があるので、早朝の血圧も高くてあたりまえです。問題となるのは、血圧が下がるべき睡眠時に血圧が下がらないことだったのです。【解説】浅輪喜行(アサワ医院院長)


【クレアチニン値を下げる運動】で腎臓病が改善!ネフローゼの尿たんぱくが陰性になった!

【クレアチニン値を下げる運動】で腎臓病が改善!ネフローゼの尿たんぱくが陰性になった!

多くの人は、太い動脈の血流には注意を払いますが、毛細血管の流れには無頓着です。しかし、全身の臓器が健康に働くためには、毛細血管がなにより大事。【解説者】渡辺完爾(渡辺医院院長)


ランキング


>>総合人気ランキング