【笑いヨガ】変形性膝関節症による「ひざの痛み」が消え健康体に一変 私の健康法

【笑いヨガ】変形性膝関節症による「ひざの痛み」が消え健康体に一変 私の健康法

「いい大人が、子どものように大きな声で笑って……変だわ」これが、「笑いヨガ」の第一印象でした。2012年のある日、私は友人に誘われて、笑いヨガの体験会に参加したのです。正直にいうと、そのときは心の底から笑うことができず、今後も続けたいという気持ちにもなりませんでした。【体験談】中田智子(東京都・68歳・主婦)


ストレスによる間食やドカ食いが止まった!

「いい大人が、子どものように大きな声で笑って……変だわ」
 これが、「笑いヨガ」の第一印象でした。2012年のある日、私は友人に誘われて、笑いヨガの体験会に参加したのです。
 正直にいうと、そのときは心の底から笑うことができず、今後も続けたいという気持ちにもなりませんでした。

 しかし後日、テレビの健康番組を見ていたところ、「笑いヨガで免疫力が高まった」と紹介されていたのです。それは、笑いヨガを病気予防や治療に活用している、枝廣篤昌先生による実験報告でした。
 枝廣先生の話を聞いて、私は、はっとしました。自分が今やるべきことは、笑いヨガなのだと気づいたのです。

 私は、2010年3月に40年続けた仕事を引退しましたが、それ以降、体調をくずしてばかりいました。変形性膝関節症になって長時間歩けない、足腰に痛みが走る、手足が冷えてしびれる、といった症状に苦しめられていたのです。
 さらに、誤嚥(食べ物や飲み物が気管内に入り込んでしまうこと)による肺炎を起こしたこともあります。また、もともと肥満ぎみでしたが、運動不足でさらに太り、血圧も上がってしまったのです。また、仕事を辞めて、家にいるようになると、体調だけでなく、気力も落ちていきました。

 自分でも情けなくなるほど心身が弱ってしまい、これでは、退職後の第2の人生を楽しむどころではありません。だからこそ、笑いヨガで免疫力が高まると知り、「やるべきだ!」と思ったのです。
 不思議なもので、こういう意識を持って再チャレンジしてみると、前回とは違って、心の底から笑うことができました。自分の中の、かたい殻を脱ぎ捨て、子どもにかえることができたのです。
 その後、何十種類もある笑いの体操を覚えました。そして、娘とともに、笑いヨガのリーダーの資格も取って、他の人にも教えるようになったのです。

 もちろん、自宅でも毎日、娘といっしょに笑いヨガを実践しています。例えば、掃除機をかけながら「ホッホッハッ」。おふろでシャワーを浴びながら「ハッハッハッ」。
 煮物を作っているときは、スクワットのように腰を上下させながら、大きな声で笑っています。
 日常生活に笑いヨガを取り入れるようになってから、憂うつな気持ちが薄れていき、意味なくイライラすることもなくなりました。おかげで、ストレスによるドカ食いや、お菓子の間食もやめられたのです。

【やり方】今すぐ一人でできる「笑いヨガ」写真図解

12㎏の減量に成功!血管年齢は20代前半!

 さらに、全身の血流が格段によくなったようです。笑いヨガを始めてから1~2ヵ月で、いつも体がポカポカになり、手足の冷えもしびれも消えたのです。
 ひざや腰の痛みも軽くなりました。以前は、整形外科に通い、ひざにヒアルロン酸の注射をしてもらっていましたが、それも不要になったのです。

 足腰の調子がいいので、以前よりも長く歩けるようになりました。7~8㎞でも、休まずに歩くことができます。

 うれしいことに、ダイエットにも成功しました。1ヵ月に1㎏ずつ落ちていき、10ヵ月で10㎏減。さらに、その後の4ヵ月で2㎏やせて、合計で12㎏の減量を果たしたのです。
 体が引き締まり、アンダーバストとウエスト周りは、どちらも10㎝縮んでいます。それまで17号の洋服を着ていたのが、11号にまでサイズダウンしたのです。 

 驚いたことに、血圧も下がりました。150㎜Hgあった最大血圧が120㎜Hg台に、106㎜Hgあった最小血圧も80㎜Hgまで下がったのです(基準値は、最大血圧が140㎜Hg未満、最小血圧が90㎜Hg未満)。

 このように、笑いヨガを始めてから、体も心も絶好調です。その証拠に、最近受けた健康診断の結果は、すべて正常になりました。前回、要注意マークがついていた、血圧、中性脂肪値、コレステロール値は、すべて正常マークに変わり、さらに、血管年齢が20代前半といわれたのです。
 笑いヨガと出会えて、ほんとうに幸せです。これでやっと、第2の人生をスタートすることができます。

→【医師解説】「笑いヨガ」の健康効果についての記事はこちら

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【原因は猫背】姿勢の悪さが腰痛、めまい、うつ、脳梗塞をも招くと医師解説

【原因は猫背】姿勢の悪さが腰痛、めまい、うつ、脳梗塞をも招くと医師解説

よい姿勢とは、健康状態のバロメーターです。反対にネコ背は、あなたが想像する以上に、体全体に悪影響を及ぼします。ネコ背の悪影響として、最初に思い浮かべるのは見た目の悪さではないでしょうか。よい姿勢は、見た目の印象はもちろん、あなたの健康状態も左右するのです。【解説】平泉裕(昭和大学医学部整形外科学講座客員教授)


【腰痛改善】ウエストを引き締めながらリラックス「ハワイの朝日呼吸」のやり方

【腰痛改善】ウエストを引き締めながらリラックス「ハワイの朝日呼吸」のやり方

「ハワイの朝日呼吸」は、誰でも簡単にできる健康法です。準備運動の「丹田フラダンス」と組み合わせて行うことで、驚くほど心身が健康になります。リラックスしながら、ユラユラ~ッと、リズムよく体を動かしてください。【解説】藤麻美子(日本丹田呼吸法セラピー協会代表 ミラクルレインボー・スクール代表)


【腸内環境を整える】「酢ニンニク」の健康効果とは 活性酸素を除去して老化や便秘を撃退

【腸内環境を整える】「酢ニンニク」の健康効果とは 活性酸素を除去して老化や便秘を撃退

疲労解消にお私がお勧めする「酢ニンニク」はさっぱりおいしく食後にニンニク特有の強烈なにおいが残りません。毎日食べ続けると疲労が解消するばかりか、ニンニクの持つ強力な抗酸化作用が得られ、血液サラサラ、老化予防、腸内環境の改善といった様々な健康効果が期待できます。【解説】藤田紘一郎(東京医科歯科大学名誉教授・医学博士)


【ダイエット】腸内フローラを改善する「玉ねぎヨーグルト」の基本の食べ方

【ダイエット】腸内フローラを改善する「玉ねぎヨーグルト」の基本の食べ方

「“やせ酸”効果で、即やせる!」「血圧・血糖値・コレステロール値が改善!」「花粉症などのアレルギー症状に有効!」など幅広い健康効果が魅力の、玉ねぎヨーグルト。管理栄養士考案のおいしい食べ方をご紹介します。【解説】森崎友紀(管理栄養士・料理研究家)


【腰痛・膝痛が改善】痛みやしびれを改善する「操体法」とは ぎっくり腰もすぐ楽に

【腰痛・膝痛が改善】痛みやしびれを改善する「操体法」とは ぎっくり腰もすぐ楽に

「寝床で足をモゾモゾする」だけで病気や痛みが快方に向かう。こう言うと「えっ」と驚くかたもいると思います。しかし、これは実は「操体」という健康法の基本的な動きの1つです。では、操体とはどういうものなのでしょうか。【解説】北村翰男(奈良操体の会主宰・薬剤師・鍼灸師)


最新の投稿


【ブロッコリーの栄養】茹ですぎに注意!便秘解消・シワ対策に効果のある食べ方・使い方

【ブロッコリーの栄養】茹ですぎに注意!便秘解消・シワ対策に効果のある食べ方・使い方

ブロッコリーは、野菜の中でも栄養が飛び抜けて豊富で、多くの健康効果や美容、ダイエットにも効果を期待できる、まさに「野菜の王様」です。体にいい成分の宝庫であるブロッコリーを、積極的に食生活に取り入れない理由はありません。【解説】木村至信(秋山眼科医院耳鼻咽喉科部長、木村至信BANDリーダー)


【肩こり・五十肩を改善】痛みやしびれをすぐに解消する体操「手首振り」

【肩こり・五十肩を改善】痛みやしびれをすぐに解消する体操「手首振り」

手のしびれ、肩こり、五十肩、腱鞘炎、腕や手の疲れとそれによる痛みなど、手・腕・肩のトラブルに悩まされている人は多いものです。わずか1〜2分で簡単にできるバンザイ手首振りは、血液とリンパ(体内の余分な水分や老廃物、毒素などを運び出す体液)の流れを劇的に改善させます。【解説】宮本啓稔(新宿西口治療院院長)


【直腸性便秘】便を出す効果的な方法「考える人のポーズ」 大腸肛門科専門医が実験で確認

【直腸性便秘】便を出す効果的な方法「考える人のポーズ」 大腸肛門科専門医が実験で確認

便秘は①大腸の動きが遅く便がなかなか直腸まで下りてこない②便は直腸まで下りてきているが、うまく排出できない のタイプです。②を「直腸性便秘」と呼びます。便意を感じにくくなる、便が非常に硬くなる、残便感がある、排便時に痛みや違和感があるなどの特徴があります。【解説】高野正太(大腸肛門病センター高野病院肛門科部長)


【生活習慣病を予防】漬けるだけで超簡単「酢ピーナッツ」の作り方

【生活習慣病を予防】漬けるだけで超簡単「酢ピーナッツ」の作り方

ピーナッツと酢を組み合わせた「酢ピーナッツ」は、さまざまな健康効果をいいとこ取りした食品です。カリカリ食感とほどよい酸味が絶妙で、お茶請けやお酒のおつまみなどにぴったり!漬けるだけでできる超簡単な酢ピーナッツを、ぜひ皆さんもお試しください!【料理・栄養計算・スタイリング】五十嵐ゆかり(料理研究家・管理栄養士)


【肝臓病とは】A型肝炎 B型肝炎 C型肝炎の違いは? 急性と慢性の違いは? (子供でも分かる大人の病気)

【肝臓病とは】A型肝炎 B型肝炎 C型肝炎の違いは? 急性と慢性の違いは? (子供でも分かる大人の病気)

肝臓は多数の肝小葉という単位が集まった臓器で、「人体の化学工場」といわれ、胆汁を生成して消化を助けるほか、栄養分の分解や貯蔵、解毒、排泄など、重要な働きをしています。【解説】川嶋朗(東洋医学研究所附属クリニック自然医療部門医師・東京有明医療大学教授)