【薬に頼らない医師】私が超元気なのは「血圧が高い」から

【薬に頼らない医師】私が超元気なのは「血圧が高い」から

私は38年間、小児科医として働いてきた経験からいえるのは、子供たちの病気は、薬や注射より、日本の伝統的な食事や自然な生活リズムなどの環境を整えるほうが、自然と癒えるということ。治療すべき高血圧と、治療の必要のない本態性高血圧がありますが、大切にすることは子供たちの場合と同じです。【解説】真弓定夫(真弓小児科医院院長)


真弓定夫
1931年、東京都生まれ。東京医科歯科大学卒業後、佐々病院小児科医長を務めた後、1974年、真弓小児科医院を開設。“薬を出さない・注射をしない”自然流の子育てを提唱。『自然にかえる子育て』(芽生え社)、『長寿の条件』(桃青社)、『子どもは病気を食べている』(家の光協会)など著書多数。

原因不明の高血圧に薬は必要ない

 私は東京・吉祥寺に自分の医院を開業して以来、38年間、小児科医として働いてきました。

 私の経験からいえるのは、子供たちの病気は、薬や注射よりも、日本の伝統的な食事、自然な衣類、自然な住居、自然な生活リズムなどの環境を整えるほうが、自然と癒えていくということです。

 さて、今回のテーマである高血圧になったとき、私たちはどうしたらよいでしょうか。
「血圧が高いですね」と医師から注意を受けた際、大切にすべきことは、子供たちの場合となんら変わりがありません。
 私自身、50代から最大血圧が200ミリを超えていて、250ミリあたりまで上がったこともあります。最小血圧も100~110ミリ程度あります。これほど血圧が高いと、たいていの医師は降圧剤を勧めますが、私は降圧剤を飲みません。

治療すべき高血圧症と、治療しなくていい高血圧

 高血圧は、治療すべき高血圧症と、治療しなくていい高血圧と二つに分けることができます。

 一つは、ほかに病気があって、そのために高血圧症になっているケース。昔なら腎臓病、今なら、例えば糖尿病といった病気が挙げられます。この場合、まず腎臓病や糖尿病の治療を優先しなければいけません。そのために、薬を飲む必要もあるでしょう。

 もう一つは、高血圧の約90%を占めるといわれる本態性高血圧です。これは原因不明とされている高血圧です。私自身も、この本態性高血圧です。
 本態性高血圧の場合、たとえ血圧が高くても、降圧剤を飲む必要はないのです。本態性高血圧は、病気ではありません。むしろ、なんらかの必要があって、血圧が高くなっていると考えるべきでしょう。その人にとっては血圧が高いことが自然なのです。それを薬で無理やり下げては、体にいいはずがありません。

私が38年間元気なのは「血圧が高いから」

 この38年間、私が休診したのはたった一日。六年前、妻の告別式のときだけです。私は長い年月、休むこともなく、元気に働き続けてきました。皆さん、私がいつも元気なのにびっくりされますが、その理由は血圧が高いからなんですね。

 それに、高血圧の基準値が改変された経過を見れば、いかにそれが無根拠なのものかがわかるはずです。1955年には、最大血圧160ミリ以上が要注意とされていました。ところが、その基準値がどんどん下がりだしました。150ミリになり、いつの間にか140ミリに下がったのです。基準値が140ミリまで下がると、要注意の人が日本で3700万人にもなります。

 要するに、医師が経営を成り立たせるため、患者さんをへらさないように基準値を下げ、新たに患者さんを作っているだけなのです。それが今では、130ミリを基準値としています。

 同様に、コレステロールの基準値もどんどん下げられています。これはアメリカがやりだしたことですが、日本もそれに追随しているのです。
 ですから、血圧が基準値を超えたからといって、医師にいわれるまま薬を飲んではいけません。高齢になれば、血圧やコレステロール値に限らず、なんらかの検査で基準値を超える値が出るのは、あたりまえのことです。それでも健康に日常生活が送れるなら、それが自分の正常値と思えばいい。

高血圧のお悩みには「戦前の生活様式」がお勧め

昔の生活がオススメ

 では薬を飲まずに、私たちはどんな生活をすればよいでしょうか。私が皆さんにお勧めしたいのは、昭和20年以前の日本人の生活です。

 その当時の生活と、今の生活を比べてみましょう。

 まず、赤ちゃん。昔は自宅分娩で、母乳で育てました。今は病院分娩で、人工・混合栄養です。おむつは、昔が布おむつで、今が石油おむつ(紙おむつ)。

 衣服も、昔はいずれも通気性のある素材である木綿、麻、絹でした。今は通気性のない、石油化学繊維の衣服が大半です。
 住居は、昔が通気性の高い木造建築。暖房器具は火のこたつ、火鉢、いろり、湯たんぽ。夏には打ち水をして、うちわやせんすであおぐだけでした。今は密閉性の高い鉄筋の部屋には、暖房冷房がきいています。

 炊事は薪で、洗濯も洗濯板を使って手洗いでした。掃除はほうき、はたき、ちり取りを使いました。一方、今は、炊事は電気炊飯器や電子レンジ、電磁調理器が使われ、洗濯は電気洗濯機、掃除は電気掃除機です。

 食事は、その土地で取れた食べ物、旬の物、自然の恵みを受けた物が食卓に並び、腹八分目でした。今は、他国の食べ物、季節外れの食べ物、防腐剤・保存料・食品添加物の入った腐らない食べ物が食卓に並び、飽食するまで食べています。

 これだけ見ても、昔と今とでは非常に大きな違いがあることがわかるでしょう。私自身、冷暖房をいっさい使いません。また、さまざまな病気の引き金になる、電磁波を生みだす電化製品を極力少なくしています。
 高血圧で悩んでいるかたは、試しに、戦前の生活様式を実践してみてはいかがでしょうか。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【血圧を下げる】おなかの「しこり」をほぐすと本態性高血圧・腎性高血圧が改善する

【血圧を下げる】おなかの「しこり」をほぐすと本態性高血圧・腎性高血圧が改善する

私の治療院に見える患者さんのなかには、重篤な病気や痛みを抱えているかたが少なくありません。症状はさまざまですが共通しているのは、おなかにコリがあること。このコリをほぐすことで不調が改善したり痛みが軽減したりします。高血圧の患者さんもおなかにしこりのようなコリがあります。【解説】宮原周(源義堂宮原鍼灸治療院院長)


【睡眠時高血圧の見つけ方】血圧を下げる対策を医師が指南!お手本は「長野県」?

【睡眠時高血圧の見つけ方】血圧を下げる対策を医師が指南!お手本は「長野県」?

日中に血圧が高くなるのはあたりまえ。「早朝高血圧」が問題視されますが、朝は脱水状態で血液が濃くなっており心身を活動的にするために血圧を上げる必要があるので、早朝の血圧も高くてあたりまえです。問題となるのは、血圧が下がるべき睡眠時に血圧が下がらないことだったのです。【解説】浅輪喜行(アサワ医院院長)


【突然死】急性心不全を防ぐ入浴法「和温療法」の効果とやり方

【突然死】急性心不全を防ぐ入浴法「和温療法」の効果とやり方

心不全の治療ガイドラインに「和温療法」はクラス1の補助療法として推奨されています。健康な人はもちろん、慢性心不全の予備軍である高血圧や糖尿病、脂質異常症がある人や、軽い心臓病、慢性疲労症候群のような患者さんにお勧めの入浴法が自宅でできる「和温療法」です。【解説】村松俊裕(埼玉医科大学国際医療センター心臓内科診療部長)


【オクラ水とは】作り方と効果 血圧や血糖値、便秘解消に 動脈硬化も改善

【オクラ水とは】作り方と効果 血圧や血糖値、便秘解消に 動脈硬化も改善

「オクラ水」とは、オクラを一晩漬けた水を飲む健康法です。これを飲み続けて、糖尿病や高血圧が改善したり、血管の詰まりが取れたりするなど、数々の奇跡が起こっています。血流が悪くなりがちな人にぴったり。オクラ水の効果をご紹介します。【レポート】『壮快』編集部


【医師解説】最大血圧の適正値は「年齢+90ミリ」で問題なし 200ミリ以下なら降圧剤は不要

【医師解説】最大血圧の適正値は「年齢+90ミリ」で問題なし 200ミリ以下なら降圧剤は不要

基準値を少し超えただけで高血圧の診断が下され、降圧剤を飲むとどうなるでしょう。これは、「本来下げる必要のない血圧を下げている」ことになります。その結果、めまい、しびれ、息切れ、倦怠感、肩こりなど、多くの体の不調が起こってきます。【解説】松本光正(サン松本クリニック院長)


最新の投稿


【歯科医解説】歯ぎしりと逆流性食道炎の不思議な関係性 歯ぎしりは止めない方がいい?

【歯科医解説】歯ぎしりと逆流性食道炎の不思議な関係性 歯ぎしりは止めない方がいい?

歯ぎしりは、口腔内の悪習癖の一つではありますが、実は、役立っている面もあります。その一つが、「唾液の分泌を促す」ということです。試しに、今、少し上下の歯をすり合わせたり、カチカチさせたりしてみてください。唾液が出てくるのがわかるでしょう。【解説】野村洋文(木下歯科医院副院長)


【元サッカー日本代表・川淵キャプテン】足腰を鍛えるには「つま先立ち」がお勧め 古傷の痛みが解消した!

【元サッカー日本代表・川淵キャプテン】足腰を鍛えるには「つま先立ち」がお勧め 古傷の痛みが解消した!

私はJリーグのチェアマン時代からスポーツを通じた健康づくりや地域のスポーツ振興を訴えてきましたが、「つま先立ち体操」の推奨も、その一環と考えています。私が「つま先立ち体操」を続けるようになったのは、娘の一言がきっかけでした。【解説】川淵三郎(日本サッカー協会最高顧問・日本バスケットボール協会エグゼクティブアドバイザー)


【骨粗鬆症を予防】昆布と酢を合わせるとでカルシウム吸収率がアップ!ご飯に混ぜるとダイエット効果も

【骨粗鬆症を予防】昆布と酢を合わせるとでカルシウム吸収率がアップ!ご飯に混ぜるとダイエット効果も

コンブの食物繊維と酢は、食後の血糖値の急上昇を防いでくれます。血糖値が急に上がると、インスリンというホルモンが過剰に出て、細胞によけいなものを取り込み肥満につながるのです。【解説】白澤卓二(白澤抗加齢医学研究所所長・医学博士)


【肝臓病とは】肝硬変ってどんな病気? 症状は? 予防に効果的な食べ物は?  (子供でも分かる大人の病気)

【肝臓病とは】肝硬変ってどんな病気? 症状は? 予防に効果的な食べ物は? (子供でも分かる大人の病気)

肝臓は本来、再生能力の高い臓器です。例えば、手術で一部を切除しても、時間がたてば肝細胞が再生し、元の大きさに戻ります。しかし、慢性肝炎などが進行すると、肝細胞が次々に破壊され、再生が追いつかなくなります。【解説】川嶋朗(東洋医学研究所附属クリニック自然医療部門医師・東京有明医療大学教授)


【心を磨く掃除術】人生を変える“掃除の心得”を空間診断士が伝授

【心を磨く掃除術】人生を変える“掃除の心得”を空間診断士が伝授

僕は今、世界でただ一人の「空間診断士」という肩書きで仕事をしています。 掃除のやり方を教えているのではなく、掃除に向き合うときの心のあり方をお伝えしています。例えば、誰かが怒っていたり、悲しんでいたりした部屋は、何となく“空気が重い”と感じませんか?【解説】船越耕太(空間診断士)