朝食は「詰まった下水道」に水を流すのと同じ ― 私が人参ジュースを勧める理由

朝食は「詰まった下水道」に水を流すのと同じ ― 私が人参ジュースを勧める理由

生活習慣病は「食べすぎ」によるものだと、私は考えています。私たちは口から物を食べ、小腸で栄養素を取り入れ、大腸で老廃物を運びます。必要以上に食べ物を入れると、腸を痛める原因となります。特に、腸を傷つける原因となるのは、動物性のたんぱく質です。【解説】高木智司(心神診療室院長)


生活習慣病は「食べ過ぎ」によるもの

 生活習慣病は食べすぎによるものだと、私は考えています。

 世界レベルで見ると、1日2食の民族が非常に多いのです。日本でも、江戸時代に一部の人が1日3食を始めるまでは、1日2食でした。つまり、人間は1日2食で生活するようにできているのです。

 私たちは口から物を食べ、小腸で栄養素を取り入れ、大腸で老廃物を運びます。必要以上に食べ物を入れると、腸を痛める原因となります。特に、腸を傷つける原因となるのは、動物性のたんぱく質です。

 ところで、歯は、その動物が何を食べるかを表しています。草食動物は草を食べる門歯が、肉食獣は肉を食いちぎる犬歯が発達しています。
 人間は雑食ですが、32本の歯のうち、犬歯は4本しかありません。つまり、動物性たんぱく質の摂取量は、食事全体の32分の4、つまり8分の1が適当なのです。しかし、現代人はそれ以上のたんぱく質をとっています。腸に負担がかかるのは当然です。

 過剰に摂取されたたんぱく質は、腸の中で腐敗します。それが血液に再吸収され、血液を汚し、病気へとつながるのです。
 腐敗したたんぱく質は発ガン性があるため、まず大腸ガンの原因となります。また、毒素を処理する肝臓や腎臓にも負担がかかるので、肝臓ガンや腎臓ガンにもつながります。内臓で処理しきれなかった老廃物は皮膚から排出され、アトピー性皮膚炎となって現れます。

パーキンソン病やアルツハイマー病の原因にも

 腸が傷害を受けると、腸とかかわりの深い脳にも影響が出ます。パーキンソン病やアルツハイマー病は、腸の働きが悪くなり、たんぱく質のカスが脳の中にたまって起こる病気といえます。

 ですから、病気の改善や健康維持には、食べすぎを改め、腸にたまった老廃物を排出することが第一です。

 そのため、私はすべての患者さんに、朝食をニンジンリンゴジュースに替えることを勧めています。イシハラクリニック院長の石原結實先生が考案・推奨されている「石原式ニンジンリンゴジュース」です。

私がニンジンリンゴジュースを勧める2つの理由

 朝は、目ヤニが出たり、口臭が強くなったり、尿意を催したりするように、体内の老廃物を排出する時間帯です。このときに朝食をとると、腸が消化にエネルギーを使うことになり、排泄ができません。

 食べすぎの現代人は、腸に老廃物をため込んでいます。その状態で朝食をとったら、詰まった下水道に水を流し込むのと同じで、意味がないどころか、腸への負担が増すばかりです。
 「朝食をやめましょう」というと、必ず「力が出ません」という人がいます。しかし、野生の動物は、空腹時にしか狩りをしないし、力士は朝食をとらずに激しいけいこをします。朝食をとらないと動けないということは、決してありません。
 私がニンジンリンゴジュースを勧める理由は、二つあります。

 第1に、液体なら腸に負担をかけず、栄養素を摂取できるからです。ですから、ジュースを作るときはジューサーを使い、食物繊維を取り除いてください。ミキサーを使用する場合や、手ですりおろす場合は、ガーゼなどで食物繊維をこします。

 第2の理由は、ニンジンとリンゴが栄養価の高い食品だからです。リンゴのポリフェノール、ニンジンのカロテンは、数ある野菜や果物の中でも、ひときわ強い抗酸化力を持っています。さらに、リンゴのペクチンには、体内の毒素を排出する作用があるといわれています。

ニンジンリンゴジュースの作り方

【材料】
ニンジン…2本
リンゴ…1個

【作り方】
ニンジンとリンゴをジューサーにかけてジュースを作る。

*ミキサーを使用する場合や、手ですりおろす場合は、ガーゼなどでこす。
*レモン汁やショウガ汁、キャベツのしぼり汁などを加えてもよい。

 1回に飲むジュースの量は、コップ1杯(約200ml)です。朝食はこれだけにします。

 ニンジンとリンゴの割合は、しぼり汁が1対1になるぐらいが理想です。目安は、ニンジン2本とリンゴ1個ですが、大きさや水分量によって違うので、何度か試しながら、ちょうどいい分量を調整してください。

 レモン汁やショウガ汁、オリーブ油、キャベツのしぼり汁を加えてもいいでしょう。オレンジやグレープフルーツなどのかんきつ類は体を冷やすので、あまりお勧めしません。

 ジュースを飲むと体が冷えるという人は、湯せんして人肌程度(40度前後)に温めてもけっこうです。ただし、それ以上熱くすると、成分が変化してしまうので、注意してください。

 飲み方も大事です。ゴクゴク飲むのではなく、一口ずつ、よくかんでから飲みましょう。かむことで、消化器に「これから食べ物が入る」と合図を送るのです。こうした小さなことも、腸の健康につながります。

朝食ニンジンリンゴジュースは腸をきれいにする

 私の診療室では、朝食をニンジンリンゴジュースにする指導と、首と腰に枕をして自律神経を整える治療法で、多くの症状に効果を上げています。簡単に症例を紹介しましょう。

 26歳の男性Aさんは、全身のアトピー性皮膚炎で来院しました。彼は半年で全身のアトピーが消失し、肩こりと腰痛も改善しました。

 42歳のパーキンソン病の男性Bさんは、右ひじが曲がって伸びない状態でした。このかたも、朝食をニンジンリンゴジュースだけにしたところ、ひじが動くようになりました。

 朝食をニンジンリンゴジュースにすることで、腸がきれいになります。病気の有無にかかわらず、ぜひ実践してほしい健康法です。

これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに掲載しています。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

これらの記事にある情報は、効能や効果を保証するものではありません。専門家による監修のもと、安全性には十分に配慮していますが、万が一体調に合わないと感じた場合は、すぐに中止してください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【医師考案】寝たままできる究極のズボラヨガ

【医師考案】寝たままできる究極のズボラヨガ

健康のためには体を動かすこと――わかってはいるけど「めんどうくさい」「運動が苦手」「何をやっても長続きしなかった」という人はおおぜいいることでしょう。そんななか、究極のズボラ健康法を発見しました。なんと、ふとんの中で寝たままできるヨガが人気急上昇中なのです。【解説】橋本和哉(はしもと内科外科クリニック院長)


最新の投稿


【精神治療の現場より】ウォーキングは心の健康に効果有り ― うつ・不安障害・統合失調症の改善例

【精神治療の現場より】ウォーキングは心の健康に効果有り ― うつ・不安障害・統合失調症の改善例

ウォーキングには、特別な器具や場所が必要ありません。患者さんにも安心して勧められます。いつからでも簡単に始められますし、家にこもりがちな人には屋外に出るよい機会になります。【解説】大西 守(精神科医)


【足の爪の切り方】正しく切れば、冷えやむくみが解消 巻き爪も改善する

【足の爪の切り方】正しく切れば、冷えやむくみが解消 巻き爪も改善する

足の爪を切るとき、ほとんどの人は「短くすればいい」「形よく整えればいい」と考え、自己流で爪切りをしていると思います。しかし、爪切りは正しく行うと、巻き爪や角質など指先のトラブルが緩和されるだけでなく、全身の血の巡りが劇的に改善し、全身の健康にさまざまな効果をもたらします。【解説】室谷良子(日本フットケア協会師範)


【医師解説】野菜スープは強力な「解毒スープ」 放射能の健康被害も防ぐことができる

【医師解説】野菜スープは強力な「解毒スープ」 放射能の健康被害も防ぐことができる

私たちが日々食べる食品に、残留農薬、食品添加物、合成保存料、化学物質などが入っていないかどうかはとても気になるところです。理由は、それらが発がん物質になるからです。【解説】髙橋 弘(麻布医院院長・医学博士 ハーバード大学医学部元准教授)


【野菜スープ】食事制限なし!メタボや糖尿病をストレスなく解消できると医師が解説

【野菜スープ】食事制限なし!メタボや糖尿病をストレスなく解消できると医師が解説

私は、患者さんには厳しく制限をするよりも、ファイトケミカルたっぷりの野菜スープ(ファイトケミカルスープ)を生活の中に取り入れることによって、自然な形で食事の改善ができるように指導しています。【解説】髙橋 弘(麻布医院院長・医学博士 ハーバード大学医学部元准教授)


指圧名人が極意を伝授!脊柱管狭窄症の症状を改善する「腰のツボ」刺激

指圧名人が極意を伝授!脊柱管狭窄症の症状を改善する「腰のツボ」刺激

私の治療院にも、脊柱管狭窄症で悩んでいるかたがたくさんいらっしゃいます。そうした皆さんに試して、効果を上げているツボがあります。ここでは、その特効ツボを紹介します。【解説】佐藤一美(日本経絡指圧会会長)


ランキング


>>総合人気ランキング