【やり方】3秒反らすだけ!「これだけ体操」で腰痛は改善できる

【やり方】3秒反らすだけ!「これだけ体操」で腰痛は改善できる

腰痛で受診すると多くの場合、痛みが治まったらストレッチや筋トレをするよう指導されます。私自身も、以前は患者さんにそのように勧めていましたが真の腰痛対策にはなかなか結び付いていない現実が、あったのです。【解説】松平 浩(東京大学医学部附属病院22世紀医療センター運動器疼痛メディカルリサーチ&マネジメント講座特任准教授)


松平 浩
1992年順天堂大学医学部を卒業後、東京大学医学部整形外科教室に入局。1998年、東京大学医学部附属病院整形外科の腰椎・腰痛グループチーフに就任。同大学にて博士号を取得。2008年、英国サウサンプトン大学疫学リサーチセンターに留学後、2009年に関東労災病院勤労者筋・骨格系疾患研究センターセンター長に就任。2014年より現職。著書に『「腰痛持ち」をやめる本』(マキノ出版)、『新しい腰痛対策Q&A21』(産業医学振興財団)など。

非特異的腰痛の発症・悪化・再発を防ぐ「これだけ体操」とは

非特異的腰痛に「まず安静」は逆効果

→【非特異的腰痛・特異的腰痛】チェックリストはコチラ

 腰痛の大部分を占める非特異的腰痛に対して、「まず安静」と考えるのは、逆効果の場合が多いという話をしました。

 もう一つ、従来から提唱されている「腰痛体操」などが、真の腰痛対策にはなかなか結び付いていない現実があります。
  
 腰痛で受診すると、多くの場合、痛みが治まったら、ストレッチや筋トレをするよう指導されます。私自身も、以前は患者さんにそのように勧めていました。これらを持続すれば、筋力がついて体が柔軟にもなり、再発防止に効果的だからです。


従来の腰痛体操の問題は「続かない」ことだった

 しかし、最大の問題は「続かない」ということです。

いくら効果的でも、ごく少数の人しか持続できないのでは、よい腰痛対策とはいえません。また、やっている途中に腰を痛めるケースもあり、「もっと安全かつ効果的で持続可能な運動療法はできないか」というのが、私の中での課題になっていました。

 そんな中で、マッケンジー法(ニュージーランドの理学療法士、ロビン・マッケンジー氏が考案したエクササイズ)の理論をベースに考案したのが、今回ご紹介する「これだけ体操」です。1回3秒くらいで行える体操ですが、非特異的腰痛の発症・悪化・再発を防ぐのに、大きな効果が期待できます。

腰にかかった負担をこまめにとるのが重要

 やり方は、下記でご紹介しているとおり、とても簡単です。それなのに、腰痛対策として高い効果があるのは、腰痛の発症や悪化につながる腰への負担を、軽いうちに素早くリセットできるからです。

 現段階では仮説ですが、私は非特異的腰痛が起こるメカニズムの一つとして、腰椎(背骨の腰の部分)の「髄核のずれ」が大きなポイントになると考えています。

 背骨は、椎骨という短い骨が連なってできています。椎骨と椎骨の間には、クッション役をする椎間板が挟まっています。その椎間板の中央にあるのが、ゼリー状の髄核です。
 髄核の周囲は、線維輪という硬い組織で囲まれていますが、中にある髄核は、姿勢の変化や動作で移動しやすい性質を持っています。

 パソコン作業やデスクワークなどで長時間前かがみの姿勢を続けたり、もともとネコ背だったり、体の前で重い荷物を持ったりすると、髄核は椎間板の後ろ側に向かってずれてきます。

 長時間立ち仕事をしたり、歩いたり、腰を反り気味に立つクセがあったりすると、椎間板の前側に向かってずれます。左右に偏った動作を続けたり、姿勢がゆがんでいたりすると、左右にずれることもあります。

 ずれを放置したまま腰への負担を重ねると、ギックリ腰などの本格的な腰痛、重い腰痛へとつながります。また、ずれたまま安静にすると、かえってその状態で固まってしまうので、よくありません。

髄核を正位置に戻す3タイプの「これだけ体操」

 そうならないよう、その場で髄核を正しい位置にリセットするのが「これだけ体操」です。3タイプあり、以下のように使い分けます。

腰を反らす「これだけ体操」

座り姿勢や前かがみの姿勢、荷物を持つ動作が多い人、ネコ背の人=腰を反らす体操

腰をかがめる「これだけ体操」

長く立ったり歩いたりする人、腰を反らし気味に立つクセがある人=腰をかがめる体操

腰を横に曲げる「これだけ体操」

右に偏った動作や姿勢の人、腰の左右に違和感がある人=腰を横に曲げる体操

「これだけ体操」のポイント

 これだけ体操は、腰に重さや違和感を感じたときや、腰に負担をかける動作をした後などに行います。また、腰に負担をかける動作をする前にやるのもよい方法です。髄核の正しい位置と、そのときのずれをイメージし、正しい位置に戻す意識で行うのがコツです。

 髄核のずれは、例えて言えば借金のようなものです。腰に負担をかける動作で「借金(ずれ)」を作ったら、その借金が増えないうちに、早めに「返済(ずれを正す)」するほど、簡単に戻せます。

 腰に負担をかける動作の前にこれだけ体操を行っておくのは、逆に「貸し」を作っておくようなものといえます。

介護士への聞き取り調査でわかった「これだけ体操」の腰痛改善効果

 私たちは、これだけ体操の効果を調べるために、ある社会福祉法人の協力を得て、高齢者福祉施設で働く介護士を対象に調査を行いました。

 介護士は前かがみの作業が圧倒的に多く、高齢者の体を支えるので、常に腰痛のリスクを抱えています。そこで仕事中に、腰を反らすのを中心としたこれだけ体操を、習慣的に行ってもらいました。

 1年後に聞き取り調査を行ったところ、体操を実行した群は、しなかった群に比べ、明らかに腰痛の起こり方が改善していました、また、腰痛で通院や休業する人も減少しました。

 日ごろの診療では、非特異的腰痛をくり返す患者さんたちにお勧めして、「腰痛を起こしにくくなった」「軽くなった」と喜ばれています。

 痛みそうだと思ったら、安静にし過ぎないで、これだけ体操をしっかり行ってください。それにより、腰痛を効果的に防げるようになるので、腰痛を悪化させる「恐怖回避思考」からの脱却にもつながります。

これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに掲載しています。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

これらの記事にある情報は、効能や効果を保証するものではありません。専門家による監修のもと、安全性には十分に配慮していますが、万が一体調に合わないと感じた場合は、すぐに中止してください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【医師解説】脊柱管狭窄症は自分で治せる 名医が勧める「たった二つの運動法」

【医師解説】脊柱管狭窄症は自分で治せる 名医が勧める「たった二つの運動法」

脊柱管狭窄症は、安静にしているときには症状が出ないことも多く「どうも長く歩けない」「たまに足がしびれる」という訴えから始まることがほとんどです。症状が出始めたら日ごろからセルフケアを行いましょう。【解説】松平浩(東京大学医学部附属病院22世紀医療センター運動器疼痛メディカルリサーチ&マネジメント講座特任教授) 


【自分で治せる】耳に刺激を加え、腰痛や坐骨神経痛の痛みやしびれの症状を取る「耳介療法」

【自分で治せる】耳に刺激を加え、腰痛や坐骨神経痛の痛みやしびれの症状を取る「耳介療法」

私はダイエットやアンチエイジング、腰痛などの痛みの治療に、「耳介療法」を取り入れています。現代の腰痛の二大疾患である、脊柱管狭窄症と椎間板ヘルニアの症状改善にも、耳への刺激がすばらしい効果を発揮するのです。家庭療法として行う方法としては、「耳つまみ」が最適です【解説】長谷川亮(長谷川亮・鍼灸院院長)


【ネコ歩き】脊柱管狭窄症によく効く!体のゆがみを取り神経の圧迫を緩和!

【ネコ歩き】脊柱管狭窄症によく効く!体のゆがみを取り神経の圧迫を緩和!

脊柱管狭窄症という病気は、体がゆがみ、筋膜が非常にかたくなることが一因といえます。特に、高齢者の場合、筋膜の硬化が顕著です。このように、筋膜がかたくなると神経や血液の流れが悪くなるため、痛みやしびれが起こるのです。今回は脊柱管狭窄症を改善する体操「ネコ歩き」をご紹介しましょう。【解説】筒井朗晏(三起均整院院長)


 【医師解説】夜間頻尿の対策に お尻を温める「仙骨カイロ」がよく効く

【医師解説】夜間頻尿の対策に お尻を温める「仙骨カイロ」がよく効く

冷えや低体温の高齢者の患者さんに、私はお尻を温めることをお勧めしています。「夜間頻尿が解消」「腰痛が改善」「便秘が改善」などといった声が聞かれます。お尻を温める対策だけで、なぜこんなに幅広い効果が得られるのでしょうか。やり方を紹介しましょう。【解説】上田ゆき子(日本大学医学部附属板橋病院東洋医学科外来医長)


【整形外科医】脊柱管狭窄症の9割は足指の変形が原因!「足の骨ぎわはがし」で痛み、しびれが改善

【整形外科医】脊柱管狭窄症の9割は足指の変形が原因!「足の骨ぎわはがし」で痛み、しびれが改善

足がしびれる、太ももの外側からお尻にかけて痛む、間欠性跛行がある―このような症状を訴えて病院へ行くと、多くの場合、脊柱管狭窄症と診断されます。脊柱管狭窄症とは、腰椎の中を通る馬尾神経の空間(脊柱管)が狭くなり、神経が圧迫されて、痛みやしびれが起こる病態です。【解説】平野薫(ひらの整形外科クリニック院長)


最新の投稿


【精神治療の現場より】ウォーキングは心の健康に効果有り ― うつ・不安障害・統合失調症の改善例

【精神治療の現場より】ウォーキングは心の健康に効果有り ― うつ・不安障害・統合失調症の改善例

ウォーキングには、特別な器具や場所が必要ありません。患者さんにも安心して勧められます。いつからでも簡単に始められますし、家にこもりがちな人には屋外に出るよい機会になります。【解説】大西 守(精神科医)


【足の爪の切り方】正しく切れば、冷えやむくみが解消 巻き爪も改善する

【足の爪の切り方】正しく切れば、冷えやむくみが解消 巻き爪も改善する

足の爪を切るとき、ほとんどの人は「短くすればいい」「形よく整えればいい」と考え、自己流で爪切りをしていると思います。しかし、爪切りは正しく行うと、巻き爪や角質など指先のトラブルが緩和されるだけでなく、全身の血の巡りが劇的に改善し、全身の健康にさまざまな効果をもたらします。【解説】室谷良子(日本フットケア協会師範)


【医師解説】野菜スープは強力な「解毒スープ」 放射能の健康被害も防ぐことができる

【医師解説】野菜スープは強力な「解毒スープ」 放射能の健康被害も防ぐことができる

私たちが日々食べる食品に、残留農薬、食品添加物、合成保存料、化学物質などが入っていないかどうかはとても気になるところです。理由は、それらが発がん物質になるからです。【解説】髙橋 弘(麻布医院院長・医学博士 ハーバード大学医学部元准教授)


【野菜スープ】食事制限なし!メタボや糖尿病をストレスなく解消できると医師が解説

【野菜スープ】食事制限なし!メタボや糖尿病をストレスなく解消できると医師が解説

私は、患者さんには厳しく制限をするよりも、ファイトケミカルたっぷりの野菜スープ(ファイトケミカルスープ)を生活の中に取り入れることによって、自然な形で食事の改善ができるように指導しています。【解説】髙橋 弘(麻布医院院長・医学博士 ハーバード大学医学部元准教授)


指圧名人が極意を伝授!脊柱管狭窄症の症状を改善する「腰のツボ」刺激

指圧名人が極意を伝授!脊柱管狭窄症の症状を改善する「腰のツボ」刺激

私の治療院にも、脊柱管狭窄症で悩んでいるかたがたくさんいらっしゃいます。そうした皆さんに試して、効果を上げているツボがあります。ここでは、その特効ツボを紹介します。【解説】佐藤一美(日本経絡指圧会会長)


ランキング


>>総合人気ランキング