【特効ツボ】糖尿病が改善 ヘモグロビンA1cが8%から6%に下がった「手の甲もみ」

【特効ツボ】糖尿病が改善 ヘモグロビンA1cが8%から6%に下がった「手の甲もみ」

かつての日本では、糖尿病はまれな病気でした。しかし、2016年には、糖尿病が疑われる成人の推計数が1000万人を超えました。これは、厚生労働省の調査で判明したもので、いまや、糖尿病は国民病といえるでしょう。実は、かくいう私も、10年来、糖尿病に悩んできました。【解説】佐藤一美(東京都指圧師会会長) 


血糖値は250ミリを超え、入院を勧められた

 かつての日本では、糖尿病はまれな病気でした。しかし、2016年には、糖尿病が疑われる成人の推計数が1000万人を超えました。これは、厚生労働省の調査で判明したもので、いまや、糖尿病は国民病といえるでしょう。実は、かくいう私も、10年来、糖尿病に悩んできました。

 最初に糖尿病を指摘されたとき、ヘモグロビンA1c(過去1~2ヵ月の血糖状態がわかる指標。基準値は4・6~6・2%)が、なんと12%もあったのです。本来、110㎎/㎗未満でなければならない血糖値にいたっては、250㎎/㎗を超えていました。

 こんな結果になったのは、当時仕事が大変忙しく、検査をする時間がなかったからです。さらに、いわゆる糖尿病の自覚症状とされる、口の渇きや頻尿、体のだるさといった症状が、全く感じられませんでした。
 気づかないうちに、どんどん悪化してしまったわけです。医師も驚いて、すぐに入院するよう勧めました。しかし私は、仕事の関係で休むわけにはいきませんでした。そこで、薬や食事療法などを併用して治療に当たったのです。その後、ヘモグロビンA1cは、なんとか8%台までは下がりましたが、それ以下にはどうしても下がらなくなりました。それが今から5年ほど前の状況でした。

 しかしその後、私の数値はゆっくり下がり始めます。そして、ついにヘモグロビンA1cは7%を切り、6%台になり、ほぼ正常値になりました。薬をいくら使っても、8%は切れませんでしたから、この成果の理由は別のところにあるのです。

 それは、私の専門であるツボ刺激です。手の甲にあるツボを刺激することで、数値が大幅に改善しました。

 東洋医学においては、生命エネルギーの一種である気があるとされています。その気の通り道が経絡です。経絡は全部で14本あり、そのうち糖尿病は、肺経、腎経、脾経という3本の経絡が関連しています。

 また、東洋医学では糖尿病は、「消喝」といわれ、渇きの病であると考えられています。腎が熱を発して肺に熱がこもると、体に微熱が生じてほてるようになります。その結果、糖尿病の自覚症状としてよく知られている、のどの渇きや多飲、多尿などの症状が現れてくるのです。

 こうした症状にいいとされるのが、手の親指のつけ根にある「魚際」というツボを刺激することです。

魚際のツボ刺激のやり方

肺にこもる熱を抑えて糖尿病の不定愁訴を解消

 魚際の位置を確認しましょう。親指のつけ根のふくらみの上で、手のひらと手の甲の境目です。少しくぼんだところに魚際があります。

 まず、左手の親指を右手の4本の指でつかみます。そして、右手の親指を魚際に当てて、五つ数えながら押し込み、ゆっくり離します。同じように右手の魚際も刺激して、左右合わせて3分程度行うといいでしょう。入浴中に行うと、より効果的です。

 魚際は、肺経に属するツボです。ここを毎日刺激するうちに、肺経の気の流れがよくなるので、肺にこもった熱を抑え、糖尿病に伴うさまざまな不定愁訴が解消していくでしょう。

 また、魚際と合わせて、いっしょに刺激するといいゾーンがあります。手の甲の指の骨(中手骨)と骨の間を観察してみてください。糖尿病のかたは、そこを通る血管がぷっくりとふくらんでいるのではないでしょうか。これは、消化器点と呼ばれる、糖尿病に対応するゾーン(反射区)と考えられます。

 臓器などに悪いところがあると、それに対応した手足の特定部分に反応が現れます。そのゾーンを反射区と呼びます。その反応が現れているゾーンを刺激することで、不調を起こしている元の臓器などによい影響を与えることができるのです。

 この場合もそうです。手の甲にふくらんだところが見つかったら、その盛り上がりを押しもみしてみましょう。嫌な痛みがあるはずです。もんでいるうちに、その嫌な感じがなくなってきます。それが解消の一つの目安になります。魚際と並んで、このゾーンも刺激するといいでしょう。

 ここでご紹介した手の甲への刺激に加えて、食事療法や運動療法も組み合わせれば、より大きな成果が得られると思います。私の場合は、食前にキャベツをとる習慣を続けた結果、血糖値もほぼ正常値の辺りで推移しています。糖尿病でお悩みのかたは、ぜひ魚際のツボ刺激をお試しになってください。

体験者でもある佐藤先生

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【突然死】急性心不全を防ぐ入浴法「和温療法」の効果とやり方

【突然死】急性心不全を防ぐ入浴法「和温療法」の効果とやり方

心不全の治療ガイドラインに「和温療法」はクラス1の補助療法として推奨されています。健康な人はもちろん、慢性心不全の予備軍である高血圧や糖尿病、脂質異常症がある人や、軽い心臓病、慢性疲労症候群のような患者さんにお勧めの入浴法が自宅でできる「和温療法」です。【解説】村松俊裕(埼玉医科大学国際医療センター心臓内科診療部長)


【オクラ水とは】作り方と効果 血圧や血糖値、便秘解消に 動脈硬化も改善

【オクラ水とは】作り方と効果 血圧や血糖値、便秘解消に 動脈硬化も改善

「オクラ水」とは、オクラを一晩漬けた水を飲む健康法です。これを飲み続けて、糖尿病や高血圧が改善したり、血管の詰まりが取れたりするなど、数々の奇跡が起こっています。血流が悪くなりがちな人にぴったり。オクラ水の効果をご紹介します。【レポート】『壮快』編集部


140ミリの血糖値が90ミリに!膝痛が改善し、仕事復帰後の体調も良好なのは「オクラ水」のおかげ

140ミリの血糖値が90ミリに!膝痛が改善し、仕事復帰後の体調も良好なのは「オクラ水」のおかげ

糖尿病の投薬治療を受けていたものの血糖値は150〜160mg/dLと、高い状態が続きました。追い打ちをかけるように、「ひざの軟骨が壊死してはがれ落ちている」といわれたのです。私が始めたのは「オクラ水」でした。血糖値が、なんと90mg/dLに下がったのです。【体験談】越田隆憲(兵庫県・51歳・トラック運転手) 


【冷え性を改善する方法】入浴前に「○○を温める」と湯冷めしない!

【冷え性を改善する方法】入浴前に「○○を温める」と湯冷めしない!

高血圧や脳疾患、心疾患といった生活習慣病や、うつ病や不眠症などの精神疾患の予防・改善にも、耳を温めることは極めて重要です。なぜ、耳を温めることが、病気の予防・改善につながるのでしょうか。【解説】班目健夫(青山・まだらめクリニック院長)


「手遅れ」と宣告された詰まった冠動脈が開通!オクラ水で妻の下肢静脈瘤も治った

「手遅れ」と宣告された詰まった冠動脈が開通!オクラ水で妻の下肢静脈瘤も治った

4年前のことです。妻に連れられて病院へ行き、カテーテルを用いた検査を受けると、3本ある心臓の冠動脈のうち、2本が詰まっていることがわかりました。医師によると、「もう手遅れ」とのこと。さらに糖尿病も見つかったのです。知人にすすめられ、私が行ったのは「オクラ水」でした。【体験談】名引文葊(兵庫県・76歳・住職) 


最新の投稿


【痔の治し方】9割は手術なしで治ると名医が断言!対策は“きな粉牛乳”

【痔の治し方】9割は手術なしで治ると名医が断言!対策は“きな粉牛乳”

痔の治療というと、薬や手術を思い浮かべる人が多いことでしょう。しかし、実はたいていの痔は切らずに、日常生活でのセルフケアで治せます。その際、大きな力になってくれるのが、「きな粉ドリンク」です。【解説】平田雅彦(平田肛門科医院院長)


【きな粉の栄養】ガン予防効果は食品トップクラス 大豆摂取で効果が期待できる病気は?

【きな粉の栄養】ガン予防効果は食品トップクラス 大豆摂取で効果が期待できる病気は?

きな粉は、焙煎した大豆を砕いて粉末にした食品です。豆腐や納豆、みそといった大豆食品と違い、ほかの物質や成分を加えておらず、大豆の栄養成分がほぼまるごと受け継がれています。栄養成分的には、「きな粉=大豆」と考えてよいでしょう。【解説】三浦理代(女子栄養大学栄養学部教授)


【便秘・骨粗鬆症予防】効果が倍増する“きな粉”のちょい足し食材は「牛乳、バナナ、ヨーグルト、みそ汁」

【便秘・骨粗鬆症予防】効果が倍増する“きな粉”のちょい足し食材は「牛乳、バナナ、ヨーグルト、みそ汁」

きな粉を使ったレシピを難しく考える必要はありません。ここでは、毎日簡単に続けられる4大・きな粉レシピを紹介します!【監修】三浦理代(女子栄養大学栄養学部教授)


【体験談】「マインドフルネス呼吸法」で夫婦ゲンカ激減した!気持ちが落ち込まなくなった

【体験談】「マインドフルネス呼吸法」で夫婦ゲンカ激減した!気持ちが落ち込まなくなった

マインドフルネス呼吸法は、ウツウツとするときや、クヨクヨするときに行えば、気持ちを切り替えることができます。また、軽いうつの人であれば、症状が軽減すると言われています。「マインドフルネス呼吸法」を実際に行った人の体験例3名をご紹介しましょう。【解説】石井朝子(ヒューマンウェルネスインスティテュート代表、心理学博士)


【沖ヨガの効果】“足”への刺激は自分で「治る力」を高める 「足裏たたき」を医師が推奨

【沖ヨガの効果】“足”への刺激は自分で「治る力」を高める 「足裏たたき」を医師が推奨

人間は、よほどのことがない限り、自分で自分の体を治す力を持っています。足の刺激法などのほうが、薬よりはるかに上であって、まず試すべきものです。足を刺激することによって、その人が本来持っている、治る力を活性化させることができるからです。【解説】樋田和彦(ヒダ耳鼻咽喉科院長)