【医師解説】納豆に酢を加える「酢納豆」 ー 血糖値、高脂血症に効果あり!肌トラブルも回避

【医師解説】納豆に酢を加える「酢納豆」 ー 血糖値、高脂血症に効果あり!肌トラブルも回避

私は、総合病院の麻酔科に勤める医師です。同時に、健診センターにも籍を置き、健康診断の結果説明や、簡単なアドバイスもしています。患者さんのなかには、食に対して勘違いをしているかたもいて、それが病気や不調を引き起こしているケースも少なくありません。【解説】河埜玲子(済生会松阪総合病院医師・料理家) 


河埜玲子
滋賀医科大学医学部医学科卒業。麻酔科医として臨床に携わるなか、予防医学と食育の普及の必要性を感じ、健診業務にも携わる。また家族の食生活を管理してきた経験を生かし、実践しやすい健康レシピを提供し、食育講座の講師なども務める。著書に「忙しい人のための一品で栄養バランスが取れるレシピ」(SBクリエイティブ)がある。

私の納豆レシピの ほとんどに酢が入る

 私は、総合病院の麻酔科に勤める医師です。同時に、健診センターにも籍を置き、健康診断の結果説明や、簡単なアドバイスもしています。患者さんのなかには、食に対して勘違いをしているかたもいて、それが病気や不調を引き起こしているケースも少なくありません。

 幼少期から、「きちんとバランスよく食べること」を身につけてほしい。「それが健康な体をつくる」ということを伝えたい。その思いから、料理家としての活動も行い、簡単でおいしく、栄養バランスが取れるレシピを紹介しています。
 私のレシピに、頻繁に登場するのが納豆です。私自身、ほぼ毎日欠かさず納豆を食べています。夫と小学生の娘も食べるので、毎日でも飽きないようにアレンジしています。

 例えば、水で戻した切り干しダイコンとキムチを納豆に混ぜ、添付のたれと酢を加えると、歯ごたえのよい一品になります。朝食によく登場するのは、納豆にせん切りキャベツ(生でも、レンジで加熱してもOK)を混ぜ、たれと梅干しを和えた物。アボカドとヤマイモを混ぜたり、チーズを小さく切って入れたりもします。味つきのメカブを混ぜるだけでも、目先が変わっておいしいものです。

 幸いなことに、我が家は全員納豆が好きですが、「においが嫌い」「粘りが苦手」というかたも多いようです。そこで私は、納豆を食べやすくする工夫として、「酢を加えること」をお勧めしています。

 納豆に酢を加えると、独特のにおいが軽減してさっぱりした味になります。また、粘りが緩んでサラッとし、食べやすくなるのです。ですから、私の紹介する納豆レシピのほとんどに、酢が入っています。納豆1パック(50g)に対し、酢は大さじ半分程度なので、酸っぱ過ぎることはありません。

腸内環境を整える働きや 成分がそろっている

 納豆は、良質のたんぱく質を豊富に含むダイズを、納豆菌で発酵させた食品です。ダイズが本来持つ栄養成分のほか、発酵の過程で生まれた新たな有効成分を持つ優秀な食材です。

 納豆を毎日食べるようになったとき、最初に実感できるのは、便通の改善でしょう。それもそのはず。納豆には、腸内環境を整えるための働きや成分がそろっているからです。

 私たちの腸には、重さにして1㎏もの細菌が棲んでいるといわれます。これらの腸内常在菌には、人体に有益な物(善玉菌)と有害な物(悪玉菌)のほか、腸内環境によってどちらにもなる日和見菌があります。

 腸内において納豆菌は、活性酸素(老化の元凶物質)を分解する酵素と、善玉菌のえさとなる栄養分を作りだし、善玉菌の増加を強力にサポートします。

 ただし、納豆菌は腸内常在菌ではないため、定期的に口からとり入れる必要があります。毎日食べるのをお勧めするのは、そのためです。
また、納豆に含まれるダイズオリゴ糖は、胃で消化されにくく腸まで届くので、腸内細菌のえさになって腸内環境を整えます。血糖値や中性脂肪値の上昇を抑える作用もあります。

 さらに納豆には、食物繊維も豊富です。便のかさを増して便通をよくする不溶性食物繊維と、善玉菌のえさになる水溶性食物繊維の両方を、バランスよく含んでいます。

 このように、納豆は腸内環境を良好にし、便秘を予防・改善するわけです。結果として、便秘に伴う吹き出物などの肌トラブルも回避できるでしょう。

 納豆に含まれるダイズペプチドや食物繊維は、コレステロールを吸着して排出する作用を持ちます。その結果、血中のコレステロールも減少し、動脈硬化を予防するといわれています。

 さらに、納豆には、女性ホルモンに似た働きを持つダイズイソフラボンや、骨の材料となるカルシウム、そのカルシウムを骨に定着させるビタミンK、貧血を予防する鉄も豊富です。

また、納豆は、植物性食品には珍しく、ビタミンB2を含みます。ビタミンB2は、食べ物から摂取した脂質やたんぱく質を、効率よくエネルギーに変える働きをします。欠乏すると、口内炎や肌荒れを引き起こすので、そうした体のサインに早めに気づき、納豆で体調管理をしましょう。

 私の祖父は肉が大好きで、野菜や豆、海藻などをほとんど食べない人でした。祖父が脳梗塞で倒れたとき、私はまだ医師ではありませんでしたが、「健康も病気も、食べ物がつくるのだ」と思った記憶があります。

 酢納豆を食べるだけで万病が防げるわけではありませんが、納豆の持つ健康効果を正しく理解し、酢を加えて毎日食べてみてください。ほかの食材との組み合わせを考えているうちに、食生活が整ってくるでしょう。

これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに掲載しています。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

これらの記事にある情報は、効能や効果を保証するものではありません。専門家による監修のもと、安全性には十分に配慮していますが、万が一体調に合わないと感じた場合は、すぐに中止してください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【我が家の定番】利き酒師の妻が「納豆を酢で食べると美味しいよ」と言うのです

【我が家の定番】利き酒師の妻が「納豆を酢で食べると美味しいよ」と言うのです

我が家は、全員納豆好きの「納豆家族」です。冷蔵庫には常に納豆が10パックは入っていて、食事にはたいてい納豆が登場します。利き酒師の資格を持っている妻が「納豆を酢で食べるとおいしいよ」というのですから、躊躇することなく食べました。これがほんとうにおいしい!以来、我が家の定番です。【体験談】福澤 朗(アナウンサー) 


最新の投稿


【精神治療の現場より】ウォーキングは心の健康に効果有り ― うつ・不安障害・統合失調症の改善例

【精神治療の現場より】ウォーキングは心の健康に効果有り ― うつ・不安障害・統合失調症の改善例

ウォーキングには、特別な器具や場所が必要ありません。患者さんにも安心して勧められます。いつからでも簡単に始められますし、家にこもりがちな人には屋外に出るよい機会になります。【解説】大西 守(精神科医)


【足の爪の切り方】正しく切れば、冷えやむくみが解消 巻き爪も改善する

【足の爪の切り方】正しく切れば、冷えやむくみが解消 巻き爪も改善する

足の爪を切るとき、ほとんどの人は「短くすればいい」「形よく整えればいい」と考え、自己流で爪切りをしていると思います。しかし、爪切りは正しく行うと、巻き爪や角質など指先のトラブルが緩和されるだけでなく、全身の血の巡りが劇的に改善し、全身の健康にさまざまな効果をもたらします。【解説】室谷良子(日本フットケア協会師範)


【医師解説】野菜スープは強力な「解毒スープ」 放射能の健康被害も防ぐことができる

【医師解説】野菜スープは強力な「解毒スープ」 放射能の健康被害も防ぐことができる

私たちが日々食べる食品に、残留農薬、食品添加物、合成保存料、化学物質などが入っていないかどうかはとても気になるところです。理由は、それらが発がん物質になるからです。【解説】髙橋 弘(麻布医院院長・医学博士 ハーバード大学医学部元准教授)


【野菜スープ】食事制限なし!メタボや糖尿病をストレスなく解消できると医師が解説

【野菜スープ】食事制限なし!メタボや糖尿病をストレスなく解消できると医師が解説

私は、患者さんには厳しく制限をするよりも、ファイトケミカルたっぷりの野菜スープ(ファイトケミカルスープ)を生活の中に取り入れることによって、自然な形で食事の改善ができるように指導しています。【解説】髙橋 弘(麻布医院院長・医学博士 ハーバード大学医学部元准教授)


指圧名人が極意を伝授!脊柱管狭窄症の症状を改善する「腰のツボ」刺激

指圧名人が極意を伝授!脊柱管狭窄症の症状を改善する「腰のツボ」刺激

私の治療院にも、脊柱管狭窄症で悩んでいるかたがたくさんいらっしゃいます。そうした皆さんに試して、効果を上げているツボがあります。ここでは、その特効ツボを紹介します。【解説】佐藤一美(日本経絡指圧会会長)


ランキング


>>総合人気ランキング