【酢納豆の作り方】酢納豆とは 納豆に酢を加えて腸内環境を整える食べ物 高脂血症に効果

【酢納豆の作り方】酢納豆とは 納豆に酢を加えて腸内環境を整える食べ物 高脂血症に効果

納豆に酢を加えると、独特のにおいが軽減してさっぱりした味になります。また、粘りが緩んでサラッとし、食べやすくなるのです。ですから、私の紹介する納豆レシピのほとんどに酢が入っています。納豆1パック(50g)に対し、酢は大さじ半分程度なので、酸っぱ過ぎることはありません。【解説】河埜玲子(済生会松阪総合病院医師・料理家) 


河埜玲子
滋賀医科大学医学部医学科卒業。麻酔科医として臨床に携わるなか、予防医学と食育の普及の必要性を感じ、健診業務にも携わる。また家族の食生活を管理してきた経験を生かし、実践しやすい健康レシピを提供し、食育講座の講師なども務める。著書に「忙しい人のための一品で栄養バランスが取れるレシピ」(SBクリエイティブ)がある。

私の納豆レシピの ほとんどに酢が入る

 私は、総合病院の麻酔科に勤める医師です。同時に、健診センターにも籍を置き、健康診断の結果説明や、簡単なアドバイスもしています。患者さんのなかには、食に対して勘違いをしているかたもいて、それが病気や不調を引き起こしているケースも少なくありません。

 幼少期から、「きちんとバランスよく食べること」を身につけてほしい。「それが健康な体をつくる」ということを伝えたい。その思いから、料理家としての活動も行い、簡単でおいしく、栄養バランスが取れるレシピを紹介しています。
 私のレシピに、頻繁に登場するのが納豆です。私自身、ほぼ毎日欠かさず納豆を食べています。夫と小学生の娘も食べるので、毎日でも飽きないようにアレンジしています。

 例えば、水で戻した切り干しダイコンとキムチを納豆に混ぜ、添付のたれと酢を加えると、歯ごたえのよい一品になります。朝食によく登場するのは、納豆にせん切りキャベツ(生でも、レンジで加熱してもOK)を混ぜ、たれと梅干しを和えた物。アボカドとヤマイモを混ぜたり、チーズを小さく切って入れたりもします。味つきのメカブを混ぜるだけでも、目先が変わっておいしいものです。

 幸いなことに、我が家は全員納豆が好きですが、「においが嫌い」「粘りが苦手」というかたも多いようです。そこで私は、納豆を食べやすくする工夫として、「酢を加えること」をお勧めしています。

 納豆に酢を加えると、独特のにおいが軽減してさっぱりした味になります。また、粘りが緩んでサラッとし、食べやすくなるのです。ですから、私の紹介する納豆レシピのほとんどに、酢が入っています。納豆1パック(50g)に対し、酢は大さじ半分程度なので、酸っぱ過ぎることはありません。

腸内環境を整える働きや 成分がそろっている

 納豆は、良質のたんぱく質を豊富に含むダイズを、納豆菌で発酵させた食品です。ダイズが本来持つ栄養成分のほか、発酵の過程で生まれた新たな有効成分を持つ優秀な食材です。

 納豆を毎日食べるようになったとき、最初に実感できるのは、便通の改善でしょう。それもそのはず。納豆には、腸内環境を整えるための働きや成分がそろっているからです。

 私たちの腸には、重さにして1㎏もの細菌が棲んでいるといわれます。これらの腸内常在菌には、人体に有益な物(善玉菌)と有害な物(悪玉菌)のほか、腸内環境によってどちらにもなる日和見菌があります。

 腸内において納豆菌は、活性酸素(老化の元凶物質)を分解する酵素と、善玉菌のえさとなる栄養分を作りだし、善玉菌の増加を強力にサポートします。

 ただし、納豆菌は腸内常在菌ではないため、定期的に口からとり入れる必要があります。毎日食べるのをお勧めするのは、そのためです。
また、納豆に含まれるダイズオリゴ糖は、胃で消化されにくく腸まで届くので、腸内細菌のえさになって腸内環境を整えます。血糖値や中性脂肪値の上昇を抑える作用もあります。

 さらに納豆には、食物繊維も豊富です。便のかさを増して便通をよくする不溶性食物繊維と、善玉菌のえさになる水溶性食物繊維の両方を、バランスよく含んでいます。

 このように、納豆は腸内環境を良好にし、便秘を予防・改善するわけです。結果として、便秘に伴う吹き出物などの肌トラブルも回避できるでしょう。

 納豆に含まれるダイズペプチドや食物繊維は、コレステロールを吸着して排出する作用を持ちます。その結果、血中のコレステロールも減少し、動脈硬化を予防するといわれています。

 さらに、納豆には、女性ホルモンに似た働きを持つダイズイソフラボンや、骨の材料となるカルシウム、そのカルシウムを骨に定着させるビタミンK、貧血を予防する鉄も豊富です。

また、納豆は、植物性食品には珍しく、ビタミンB2を含みます。ビタミンB2は、食べ物から摂取した脂質やたんぱく質を、効率よくエネルギーに変える働きをします。欠乏すると、口内炎や肌荒れを引き起こすので、そうした体のサインに早めに気づき、納豆で体調管理をしましょう。

 私の祖父は肉が大好きで、野菜や豆、海藻などをほとんど食べない人でした。祖父が脳梗塞で倒れたとき、私はまだ医師ではありませんでしたが、「健康も病気も、食べ物がつくるのだ」と思った記憶があります。

 酢納豆を食べるだけで万病が防げるわけではありませんが、納豆の持つ健康効果を正しく理解し、酢を加えて毎日食べてみてください。ほかの食材との組み合わせを考えているうちに、食生活が整ってくるでしょう。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


最強の海藻【アカモク】の効能と食べ方 便秘、内臓脂肪解消に 納豆やみそ汁がお勧め

最強の海藻【アカモク】の効能と食べ方 便秘、内臓脂肪解消に 納豆やみそ汁がお勧め

アカモクとは、北海道東部を除き全国に分布している海藻です。最近では、大手スーパーでも売られるようになりました。アカモクには便秘を解消する効果だけでなく、内臓脂肪を減らす効果、糖尿病の改善効果、ダイエット効果、免疫力を高める効果も期待できるからです。【解説】田島眞(実践女子大学名誉教授・農学博士)


関節の痛みや咳が改善!乳製品や小麦製品をやめたら頑固な便秘も治った

関節の痛みや咳が改善!乳製品や小麦製品をやめたら頑固な便秘も治った

私は40歳を過ぎたころから複数の病気に襲われるようになりました。特につらいのは、慢性関節リウマチです。45歳で左手の薬指が痛みだし、症状が広がっていきました。そんな私を心配してくれた知人が、北九州市の葉子クリニックに連れていってくれたのです。【体験談】山本洋子(熊本県・75歳主婦)


「かかと体重」で変形性膝関節症の痛みが消失し手術を回避!外反母趾も改善

「かかと体重」で変形性膝関節症の痛みが消失し手術を回避!外反母趾も改善

私は、登山中、ぬかるみに足を取られて、左ひざをひねってしまい変形性ひざ関節症と診断されました。「手術しないと治らない」といわれた私が手術を回避できたのは、歩き方を変える「かかと体重」を実行したからなのです。【体験談】菊池明子(仮名・京都府・88歳主婦)


【お酢の健康パワー】酢納豆が血圧を下げる 納豆嫌いでも酢をかけると食べやすい

【お酢の健康パワー】酢納豆が血圧を下げる 納豆嫌いでも酢をかけると食べやすい

酢には多くの健康効果がありますが、その代表的なものが血圧の降下作用でしょ う。酢の主成分である酢酸は、血圧上昇にかかわる「レニン・アンジオテンシン 系」というホルモンの調節機構を、緩やかに抑制するのです。ぜひ、酢納豆にして、健康効果を高めてください。【解説者】小泉幸道(東京農業大学名誉教授)


【高血圧対策レシピ】血圧を下げる食べ物は「バナナ酢、酢ピーナッツ、酢牛乳」

【高血圧対策レシピ】血圧を下げる食べ物は「バナナ酢、酢ピーナッツ、酢牛乳」

お酢の健康効果として代表的なのが、高めの血圧を下げる降圧作用です。今回は、お酢を毎日の食生活に取り入れやすくする、四つの方法をご紹介します。【解説】小泉幸道(東京農業大学応用生物科学部醸造科学科教授)、岡田研吉(銀座・研医会診療所漢方科)、村上祥子(料理研究家・管理栄養士)


最新の投稿


【ダイエット効果】14kgやせて二段腹解消!「太学功ストレッチ」で冷え症も便秘も改善した

【ダイエット効果】14kgやせて二段腹解消!「太学功ストレッチ」で冷え症も便秘も改善した

「気(一種の生命エネルギー)が不足しているから、エネルギーを得ようとして食べ過ぎてしまうんです」太学功の先生の説明に、私は「なるほど」と大きくうなずいていました。というのも、当時の私は銀行で営業をしており、激務に心身とも疲れ切っていました。【体験談】富谷直子(主婦・40歳)


【名医が解説】カイロプラクティックとは?最も得意とするのは「首の痛み」

【名医が解説】カイロプラクティックとは?最も得意とするのは「首の痛み」

頸椎症は、カイロプラクティックが得意とする症状の一つです。整形外科とカイロプラクティックとの診断法は、共通している部分もありますが、一つ大きな違いがあります。それは、カイロプラクティックでは「触診」を非常に重視することです。【解説】竹谷内康修(竹谷内医院カイロプラクティックセンター院長)


【糖尿病を改善】トマトの「リコピン」でインスリンの効きがよくなる!コレステロールも下がる「ホットトマト」

【糖尿病を改善】トマトの「リコピン」でインスリンの効きがよくなる!コレステロールも下がる「ホットトマト」

私は糖尿病の専門医として、患者さんたちに食事や運動の指導をしています。なかでも食事指導は最も重要です。私のクリニックで柱となるのは1日に摂取する糖質の量を150g以内に抑える糖質制限食です。この食事療法を実践する際に、補助手段として私がお勧めしているのが、トマトです。【解説】泰江慎太郎(銀座泰江内科クリニック院長)


薄皮ごと活用!ピーナッツ簡単自在レシピ(和風・洋風)

薄皮ごと活用!ピーナッツ簡単自在レシピ(和風・洋風)

ピーナッツに含まれる油は、体内の脂肪を減らす手助けをし、薄皮に含まれるポリフェノールは高い抗酸化作用で体の老化を防いでくれます。健康を意識する人にこそ食べてほしい、薬効高い食材です。【料理・栄養計算】検見﨑聡美(管理栄養士・料理研究家)


【鎮痛剤の種類】痛み止めの強さ ロキソニンとカロナールの違い リリカは切り札

【鎮痛剤の種類】痛み止めの強さ ロキソニンとカロナールの違い リリカは切り札

よく使われるようになった鎮痛薬。その一つが「プレガバリン」という薬で、商品名は「リリカ」といいます。中枢神経系に働きかける薬ですが、アセトアミノフェンとは違うメカニズムで痛みを止めます。従来の鎮痛薬に比べると、鎮痛作用の強いのが特徴です。【解説】竹谷内康修(竹谷内医院カイロプラクティックセンター院長)


ランキング


>>総合人気ランキング