【私も治した】いぼ痔と切れ痔 市販の漢方薬と腹巻きで自然治癒(女医の体験談)

【私も治した】いぼ痔と切れ痔 市販の漢方薬と腹巻きで自然治癒(女医の体験談)

研修医を務めていた時期、便秘が原因の切れ痔とイボ痔に悩まされました。痔が痛むとき、私は、内服に血行を改善する「桂枝茯苓丸」を、外用には「紫雲膏」という漢方薬を使いました。いずれも、薬局で入手可能です。紫雲膏は、肛門の中にも周りにも塗れる軟膏で、炎症を抑えてくれます。【解説】石原新菜(イシハラクリニック副院長)


「半年で治った!」と石原先生

相談した父から大量の 腹巻きが送られてきた!

今から10数年前、医学生を経て研修医を務めていた時期は、目の回るような忙しさでした。

 36時間勤務が週に3回あるうえ、勉強で徹夜をする日もあり常に寝不足。親元を離れていたため食生活は乱れ、入浴はシャワーだけ。運動の習慣もなかったので、今より10㎏も重く、締まりのない体形でした。そんな不摂生な毎日でしたから、体調が悪く、頑固な肩こりや頭痛に加え、変な動悸もありました。多汗症もひどく、わきの下がびっしょりぬれて服の色が変わるほど。グレーのシャツなど、とても着られません。

 さらに便秘と、痔にも悩まされていたのです。便がかたいため切れ痔になったのでしょう。排便のたびに、ピシャッと肛門が切れて、相当に痛みました。また、外に飛び出すほどではありませんでしたが、イボ痔もありました。
 生理痛もつらく、周期が不順なのを気にしていたら、ついに生理が止まってしまいました。それで初めて、「このままでは子供を産めなくなるかも」という危機感を抱いたのです。

 こうした不調を、父である医師・石原結實に相談したところ「体を冷やす生活を改めるように」と、叱咤されました。加えて、『天才バカボン』のパパがしているような腹巻きが、大量に送られてきました(笑)。

私の不調はいずれも「瘀血」から生じていたもの

 当時の私の不調はいずれも、東洋医学でいう「瘀血」から生じていたものでした。瘀血とは血行の悪さと血液の汚れが、合わさった状態。「汚血」といい換えると、わかりやすいかもしれません。瘀血になる原因は、主に五つあります。

❶体の冷え
❷食べ過ぎ
❸運動不足
❹ストレスの多い生活
❺水分のとり過ぎ

 原因と反対のことを実行すれば、瘀血が改善されるはず。そこで私は、体を温めて、少食を心がけ、スポーツジムに入会し、ストレスは極力避け、水分をとり過ぎないよう注意しました。すると、半年ほどであらゆる症状が治まりました。もちろん、切れ痔やイボ痔とも、サヨナラできたというわけです。

「おケツの痔は瘀血から治す!」

皆さんに、体験者としてアドバイスをしましょう。

 体を温めるのに手っ取り早いのは、なんといっても腹巻きです。24時間着用し、おなか周りを温めることで、腸の動きがよくなり、全身の血流改善に役立ちます。腹巻きの上から、腰やお尻にカイロを貼るのも、即暖性があるので効果的です。体を内側から温めることも、忘れずに。ニンジンなどのセリ科の食物は体を温める作用があるので、ニンジン2本とリンゴ1個をジューサーでしぼったジュースがお勧めです。そうはいっても冷たい飲み物が苦手な人は、温かい紅茶におろしショウガと黒砂糖を少量加えた、ショウガ紅茶を飲みましょう。朝食を、これらのいずれかにすると決めれば、自然と食べ過ぎを防ぐことができます。

 運動不足とストレスの解消には、ランニングがとても有効です。私も毎朝、走っています。
 また、水分のとり過ぎは体を冷やしますが、控え過ぎも便秘の元。のどが渇いたら、温かい物を飲むようにしましょう。

 薬の助けが必要なほど、痔が痛むときもあります。私は、内服には血行を改善する「桂枝茯苓丸」を、外用には「紫雲膏」という漢方薬を使いました。いずれも、薬局で入手可能です。紫雲膏は、肛門の中にも周りにも塗れる軟膏で、炎症を抑えてくれます。ただ、濃い紫色なので、黒色の下着を選んだり、女性ならパンティーライナーを使用したり、工夫をするといいでしょう。

 恥ずかしくて、つい受診をためらいがちな痔の症状。でも、軽症なら自力で治すことも可能です。「おケツの痔は、瘀血から治す!」を合言葉に、生活を改善して、根本的な治癒を目指しましょう。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


私が【切れ痔】を克服した方法を公開!「使い捨てカイロ」と「便の出始め」が肝心

私が【切れ痔】を克服した方法を公開!「使い捨てカイロ」と「便の出始め」が肝心

さまざまな原因によって、肛門周辺の毛細血管に血行障害が生じ、それが痔を引き起こすのです。そこで、痔の予防、あるいは、痔の症状を和らげるためには、肛門周辺の血行障害を改善することが欠かせません。血流障害を改善することを心がけた結果、ついに切れ痔を克服することができたのです。【解説】日野勝俊(ヒノヘルスオフィス院長)


頻尿の悩みを解消する【1円玉療法】のやり方

頻尿の悩みを解消する【1円玉療法】のやり方

陰包、三陰交、照海、崑崙は服の下に隠れるので、日中でも安心してはっておけます。夜間頻尿にお困りの方は、睡眠時に列缼にも加えてはると、尿意で目を覚ますことも防げます。私の患者さんでは、平均して3日ほどはり続けていたら、トイレに行く回数が減ったとおっしゃいます【解説】川村昇山(弘漢療法院院長)


【トイレの回数が激減】過活動膀胱の頻尿が大改善した「1円玉療法」

【トイレの回数が激減】過活動膀胱の頻尿が大改善した「1円玉療法」

私はトイレが近いのが悩みで、医師に過活動と診断され、薬をもらったこともあります。しかし、薬の効果はあまり実感できませんでした。1円玉療法は『安心』で知りました。夜間頻尿のかたの手記を見て、私も試してみたくなったのです。雑誌を参考に、崑崙、陰包、三陰交のツボに1円玉をはりました。【体験談】草川やよい(仮名・主婦・80歳)


【足の裏もみ】排尿機能アップ!頻尿や尿もれ、残尿感を改善させる方法はこれ

【足の裏もみ】排尿機能アップ!頻尿や尿もれ、残尿感を改善させる方法はこれ

頻尿や夜間頻尿、尿もれ、残尿感など、尿のトラブルに悩んでいる人に、ぜひお勧めしたい健康法があります。それは、「足の裏もみ」です。足の裏は、反射区と呼ばれる、体の各器官に対応したゾーンが集まる場所です。【解説】折田充(日本足部反射区健康法協会会長・治療室ピエドール・鍼灸師) 


【夜、何度もおしっこ】夜間頻尿の原因によく効き熟睡できる「腰ツボ体操」のやり方

【夜、何度もおしっこ】夜間頻尿の原因によく効き熟睡できる「腰ツボ体操」のやり方

高齢になると頻尿に悩む人が増えます。私のところにも頻尿の悩みで来られる患者さんが多くその多くが女性です。頻尿のなかでも、特につらいのは「夜間頻尿」でしょう。私は頻尿で困っている患者さんに、背中と腰のツボを押しながら体を動かす「腰ツボ体操」を勧めています。【解説】内田輝和(倉敷芸術科学大学教授・鍼メディカルうちだ院長) 


最新の投稿


「キーン」と鳴り響く耳鳴りが「耳こすり」で解消し不眠改善!ぐっすり眠れる

「キーン」と鳴り響く耳鳴りが「耳こすり」で解消し不眠改善!ぐっすり眠れる

ストレスが積み重なったのでしょう。気がついたら「キーン」という高音の耳鳴り が聞こえるように。最もいやだったのは、寝るときでした。シーンと静かな中、キーンという音だけが聞こえるので不眠になってしまいました。そこで藤井先生の治療院に行き、教わったのが「耳こすり」でした。【体験談】長谷川真由美(会社員・33歳)


【咳止め効果】のどの炎症を抑え気管支を広げる「蜂蜜コーヒー」は薬並み!と呼吸の名医が推奨

【咳止め効果】のどの炎症を抑え気管支を広げる「蜂蜜コーヒー」は薬並み!と呼吸の名医が推奨

ハチミツには、優れた抗炎症作用、抗酸化作用があります。特に抗炎症作用により、のどの炎症が抑えられるため、セキが軽くなると考えられます。ハチミツ以外では、コーヒーにも、セキの予防効果があることが報告されています。【解説者】大谷義夫(池袋大谷クリニック院長)


退職後の検査・降圧剤はどこまで必要?「高血圧」との付き合い方を医師が指南

退職後の検査・降圧剤はどこまで必要?「高血圧」との付き合い方を医師が指南

人間の三大欲は、食欲・性欲・睡眠欲といわれています。それに加え、昨今は「健康長寿欲」に多くの人がとらわれています。2016年の調査で「欲しい物」の1位が「健康」で、「幸せ」を大きく上回ったのです。「幸せよりも健康が欲しい」という結果に私は衝撃を受けました。【解説】名郷直樹(武蔵国分寺公園クリニック院長)


【首が痛い!の原因】チェックリストで分かる症状、対処法はこれ!

【首が痛い!の原因】チェックリストで分かる症状、対処法はこれ!

首の痛みの場合、適切な対策をとり損ねるおそれがあります。首の骨が悪くなっているといわれれば、多くの患者さんは「それなら痛みが出るのもしようがない」「薬で痛みを抑えるしかないのだろうな」と考え、それ以上の対策を取らなくなってしまうからです。【解説】竹谷内康修(竹谷内医院カイロプラクティックセンター院長)


【健康レシピ】脳を活性化する「卵」アレンジ薬膳(卵黄みそ漬け)

【健康レシピ】脳を活性化する「卵」アレンジ薬膳(卵黄みそ漬け)

卵は、アミノ酸、ビタミン、ミネラルをバランスよく含んだ「完全栄養食品」といわれています。加熱しても、栄養価に大きな変化が見られず、どのように調理しても必要な栄養を摂取できるので、夏バテ撃退には最適な食材といえるでしょう。【解説・料理・栄養計算】検見﨑聡美(管理栄養士・料理研究家)


ランキング


>>総合人気ランキング