専門医【便秘解消にきな粉】イボ痔や切れ痔の予防に「きな粉ドリンク」効果

専門医【便秘解消にきな粉】イボ痔や切れ痔の予防に「きな粉ドリンク」効果

痔を引き起こす最大の要因が便秘です。かたくなった便が肛門を傷つけ、それが痔の原因となります。もともと便は、強いアルカリ性の老廃物です。便秘によって肛門が傷つけられると、その傷口から細菌が入って炎症を起こすのです。痔の改善や予防には便秘を解消し、毎日いい排便をすることが大切です。【解説】平田雅彦(平田肛門科医院院長) 


痔を引き起こす最大の要因は便秘

 痔を引き起こす最大の要因が便秘です。

 かたくなった便が肛門を傷つけ、それが痔の原因となります。もともと便は、強いアルカリ性の老廃物です。便秘によって肛門が傷つけられると、その傷口から細菌が入って炎症を起こすのです。しかも、便秘でトイレの時間が長くなると、必要以上におなかに力を入れていきみます。このときの腹圧は200㎜Hg以上。脳の血管なら破れてしまうような圧が、肛門周囲の血管にかかります。これも痔を誘発する要因となります。

 痔にならないためにも、また、できてしまった痔を悪化させずに、快方へ導くためにも、便秘を解消し、毎日いい排便をすることが大切です。

 ちなみに、下痢ならだいじょうぶかというと、実は、下痢もよくありません。下痢の水様便が激しくなると、これも肛門粘膜を傷つけ、そこから便が染み込み、炎症を起こすからです。

具だくさんみそ汁や煮物で野菜摂取量を増やそう

 便秘解消のため、最も重要なのが食事です。特に腸を刺激し、同時に便の材料ともなる食物繊維の摂取は欠かせません。食物繊維には、水に溶けない不溶性食物繊維と、水に溶ける水溶性食物繊維があります。

 不溶性食物繊維は、穀類、野菜、豆類、イモ類などに多く含まれています。便のかさを増やして腸管を刺激し、腸のぜん動運動(便を先へ送る動き)を活発化して便秘を解消します。便とともに有害物質を排出する働きもあります。

 水溶性食物繊維は、果物や納豆、海藻類(ワカメ、ノリ、コンブなど)に多く含まれています。便をやわらかくして、滑りをよくし、スムーズに便を外に出すのに役立ちます。また、腸内でビフィズス菌を増加させて、腸内環境を整え、便秘や下痢を抑制する効果もあります

 不溶性と水溶性の両方の食物繊維を、バランスよくとることが大切です。また、毎日、自分が食べている食品に食物繊維がどれくらい含まれているか、おおよその量をチェックしながら食事をするといいでしょう。日本人の食物繊維の必要摂取量は、1日当たり男性19g以上、女性17g以上です。しかし、この量を生野菜サラダだけでとろうとすると、難しいかもしれません。トマトなら10~20個、キュウリなら20本以上が必要です。

 そこで、私は野菜を加熱して、かさを減らし、摂取できる食物繊維量を増やすことをお勧めしています。煮物、具だくさんのみそ汁やスープなどです。

 そして私が、便秘解消のために患者さんに必ずお勧めしているのが「きな粉ドリンク」です。

便秘解消にお勧めの「きな粉ドリンク」

きな粉は、100g中に、16・9gの食物繊維を含んでいます。これは、全食品中でも、トップクラスの量。きな粉大さじ1杯(約10g)で、1・69gもあります。食物繊維が豊富といわれている玄米ご飯の約1杯分、白米なら約3杯分です。
 しかも、きな粉は、不溶性と水溶性の両方の食物繊維がバランスよく含まれている点も優秀です。

きな粉ドリンクの作り方

便秘を解消して痔が改善する人も少なくない

 朝、起き抜けに、コップ1杯のきな粉ドリンクを飲む習慣をつけましょう。空っぽの胃に飲食物が入ると、その刺激が自律神経(意志とは無関係に血管や内臓をコントロールする神経)を通じて大腸に伝わり、ぜん動運動を起こします。これが、「胃・結腸反射」という現象です。これによって、強い便意が引き起こされます。
 それに加えて、きな粉の不溶性と水溶性の両方の食物繊維の働きで腸の動きが活性化するので、この点でも便通を促進してくれます。

 腸内環境をよくするためには、ほかにも善玉菌を増やす食生活を心がけることが重要です。善玉菌を増やすための食品としては、発酵食品のみそやぬか漬け、納豆、甘酒などがあり、オリゴ糖を多く含むゴボウやタマネギなどもお勧めです。きな粉ドリンクを飲んで、腸内環境をよくする食事を意識してとっていれば、便秘を解消し、痔の症状が改善する人も少なくありません。

 きな粉ドリンクは、簡単に作れて続けやすい点も優れています。寒い季節は、きな粉ドリンクを温めて飲んでもいいでしょう。痔でお悩みの人は、早速今日からでも始めてみてはいかがでしょうか。

平田雅彦
1981年、筑波大学医学部専門学群卒業。1985年、社会保険中央総合病院大腸肛門病センターに入り、大腸肛門科の臨床経験を積む。現在は、平田肛門科医院の3代目院長。著書に『痔の9割は自分で治せる』(マキノ出版)など多数。

【私も治した】切れ痔とイボ痔を自分で治した医師の体験談

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


関節の痛みや咳が改善!乳製品や小麦製品をやめたら頑固な便秘も治った

関節の痛みや咳が改善!乳製品や小麦製品をやめたら頑固な便秘も治った

私は40歳を過ぎたころから複数の病気に襲われるようになりました。特につらいのは、慢性関節リウマチです。45歳で左手の薬指が痛みだし、症状が広がっていきました。そんな私を心配してくれた知人が、北九州市の葉子クリニックに連れていってくれたのです。【体験談】山本洋子(熊本県・75歳主婦)


「かかと体重」で変形性膝関節症の痛みが消失し手術を回避!外反母趾も改善

「かかと体重」で変形性膝関節症の痛みが消失し手術を回避!外反母趾も改善

私は、登山中、ぬかるみに足を取られて、左ひざをひねってしまい変形性ひざ関節症と診断されました。「手術しないと治らない」といわれた私が手術を回避できたのは、歩き方を変える「かかと体重」を実行したからなのです。【体験談】菊池明子(仮名・京都府・88歳主婦)


黒くてかたいコロコロ便がバナナ便に一変!「切り干しダイコン」で体重も2kg減

黒くてかたいコロコロ便がバナナ便に一変!「切り干しダイコン」で体重も2kg減

年齢とともに腸の働きが悪くなってきたようで、便秘に悩んでいました。お通じは2日に1回はあるもののトイレに入っても便意は起こりません。そんなときに、あるテレビ番組で「便秘の改善に効果抜群」と紹介されていたのが、切り干しダイコンでした。変化が現れたのは3日めくらいだったでしょうか。【体験談】中田孝子(茨城県・52歳主婦) 


うんちが残ってる感じ【残便感】がスッキリ!薬が効かない便秘に「この体操」

うんちが残ってる感じ【残便感】がスッキリ!薬が効かない便秘に「この体操」

当時、高血圧と高血糖で受診していた病院の医師に勧められ飲み始めた便秘薬で便秘症になってしまったのです。便秘薬のほかにも何か方法はないか、と思っていたところ、偶然目にした週刊誌に「便秘に効く体操」というのが載っていました。すぐにできそうだったので、早速始めました。【体験談】大塚幸信(仮名・愛知県・82歳無職)


頑固な便秘が解消しニキビが消失!いびきも改善したのは 日課の「わき腹呼吸」のおかげ

頑固な便秘が解消しニキビが消失!いびきも改善したのは 日課の「わき腹呼吸」のおかげ

短大に入って独り暮らしをしたとき、食生活の乱れからひどい便秘になってしまったのです。さらに肌荒れもあり、初恋の人から「ニキビだらけの人はちょっと──」と断られたときはショックでした。私は、「便秘の決定打」を探し続け「わき腹呼吸」と出合ったのです。【体験談】奥村三和子(仮名・岡山県・38歳パート勤務)


最新の投稿


「キーン」と鳴り響く耳鳴りが「耳こすり」で解消し不眠改善!ぐっすり眠れる

「キーン」と鳴り響く耳鳴りが「耳こすり」で解消し不眠改善!ぐっすり眠れる

ストレスが積み重なったのでしょう。気がついたら「キーン」という高音の耳鳴り が聞こえるように。最もいやだったのは、寝るときでした。シーンと静かな中、キーンという音だけが聞こえるので不眠になってしまいました。そこで藤井先生の治療院に行き、教わったのが「耳こすり」でした。【体験談】長谷川真由美(会社員・33歳)


【咳止め効果】のどの炎症を抑え気管支を広げる「蜂蜜コーヒー」は薬並み!と呼吸の名医が推奨

【咳止め効果】のどの炎症を抑え気管支を広げる「蜂蜜コーヒー」は薬並み!と呼吸の名医が推奨

ハチミツには、優れた抗炎症作用、抗酸化作用があります。特に抗炎症作用により、のどの炎症が抑えられるため、セキが軽くなると考えられます。ハチミツ以外では、コーヒーにも、セキの予防効果があることが報告されています。【解説者】大谷義夫(池袋大谷クリニック院長)


退職後の検査・降圧剤はどこまで必要?「高血圧」との付き合い方を医師が指南

退職後の検査・降圧剤はどこまで必要?「高血圧」との付き合い方を医師が指南

人間の三大欲は、食欲・性欲・睡眠欲といわれています。それに加え、昨今は「健康長寿欲」に多くの人がとらわれています。2016年の調査で「欲しい物」の1位が「健康」で、「幸せ」を大きく上回ったのです。「幸せよりも健康が欲しい」という結果に私は衝撃を受けました。【解説】名郷直樹(武蔵国分寺公園クリニック院長)


【首が痛い!の原因】チェックリストで分かる症状、対処法はこれ!

【首が痛い!の原因】チェックリストで分かる症状、対処法はこれ!

首の痛みの場合、適切な対策をとり損ねるおそれがあります。首の骨が悪くなっているといわれれば、多くの患者さんは「それなら痛みが出るのもしようがない」「薬で痛みを抑えるしかないのだろうな」と考え、それ以上の対策を取らなくなってしまうからです。【解説】竹谷内康修(竹谷内医院カイロプラクティックセンター院長)


【健康レシピ】脳を活性化する「卵」アレンジ薬膳(卵黄みそ漬け)

【健康レシピ】脳を活性化する「卵」アレンジ薬膳(卵黄みそ漬け)

卵は、アミノ酸、ビタミン、ミネラルをバランスよく含んだ「完全栄養食品」といわれています。加熱しても、栄養価に大きな変化が見られず、どのように調理しても必要な栄養を摂取できるので、夏バテ撃退には最適な食材といえるでしょう。【解説・料理・栄養計算】検見﨑聡美(管理栄養士・料理研究家)


ランキング


>>総合人気ランキング